ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

基本的な質問ですみません。大きく分けて二つわからないことがあるんですが、ネットとかでみてもよくわかりません。どなたかわかる方わかりやすく教えていただけないでしょうか?

(1)つ目は、一般管理費とは一体どうゆうものでしょうか?製品の部品などを取引などした場合に発生するのですが。。どういった基準で管理費というものも決まるのでしょうか?

(2)つ目は金型償却費とはどういったものでしょうか?一般的に製品代に金型代を乗せて、売る場合と金型費と製品代とは別にする場合とありますがお互いにどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか?

どなたかわかるかたいらっしゃいましたら一つでもいいので教えて頂けないでしょうか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)一般管理費・・・・企業の費用を部門別にみると、製造部門は製造原価に、販売部門は販売費に示され、残りの総務・財務など全般的な管理部門の費用が一般管理費としてとらえる事になる。

本社費とも言う。

(2)金型(鍜造)の減価償却費を言います。金型の取得価格に耐用年数に応じた(定率法)(定額法)を乗じて金型の減価償却費を計算して取得価格ー減価償却費=簿価を算出します。翌年は簿価ー減価償却費累計=簿価になります。

※一般的に製品に金型代は乗せない。製品が商品になったものだけを売る。金型は会社の資産であり繰り返し使用するはずです。

※金型費とは言わない。金型(鍜造)は会社の資産です。費という言葉は紙器のように付随する物です。例えばクレープに巻きつける紙(消耗品費)など。

※製品から商品になって売る場合。
(Dr)売掛金 00000 / (Cr)商品売上 00000
それから製品を売る事はありません。あくまでも商品で売りますから言葉の使い方を誤らないように、この仕訳から金型(鍜造)代や費用を売る事はない。

※よってメリット・デメリットを回答できない。それより費用・収益・資産・負債・資本を理解してください。

※内容がいまいちなので実際の現場を見ていれば良いのですが、参考にしてください。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金型の経理処理

自社の商品のために、仕入先に金型を製作させ、その製作費用を当社が負担する場合、その費用は、金型として、耐用年数2年で償却すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

金型の会計処理はかなり大変です。
その金型を使ってできた商品を販売するときにユーザーから金型代を受け取っていますか?すなわち、商品の売価の構成に金型使用代が含まれているかどうかということです。多分、含まれているだろうと思われます。その場合はその固定資産から生ずる減価償却費は販売管理費ではなく売上原価になります。また、途中で除却した場合も特別損失でなく売上原価になります。
また、単価が20万円に満たない場合も、同じ内容で販売する場合は販売管理費でなく売上原価にします。
さらに、これらの減価償却費等は総仕入高の比例高分の金額を期末の在庫に加えます。(金型使用商品のみです)
これは金型を使用するということに対して債権があり、それを売価に含めているので当然の会計処理となります。
つまり、固定資産として減価償却費を発生させますが、それは仕入高勘定として処理するということです。

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q金型の除却について

金型は法定耐用年数は2年だとおもうのですが、それ以後も部品供給のために保有をしなければなりません。
部品補給の義務年限から判断すると、かなり長期にわたって保有することとなり、実際はほとんど使われない金型が資産として残ってしまいます。
何か、除却をする合理的な解釈があるのでしょうか?

Aベストアンサー

それが使用できる状態である限り、固定資産となります。
ただし、法定除却年数を過ぎると、機械装置類は5%の資産で良いはずです。

ですから、この御質問は5%資産としても、
置いておきたくない(または、固定資産税を払いたくない)という
内容だと判断します。

除却してからそれが社内にあったときに、これが生産に役立たない事を
証明する必要が出ますが、これはすごく困難です。
「使わないのなら壊せますね」って、言われたら終わりですよね。

たとえば、金型の保管会社を立ち上げたらどうでしょう。
無償で引き取って、必要なときに売り渡すのです。
無償引き取りなら取得価格は無料です。
売り渡すときに価格は金型を使用する側の
合理的価格でいけます。
で、使い終わったらまた無償引き取り。

もちろん、この金型使用価格分は収入となりますから
それだけは払って下さい。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q金型はなぜあんなに高い値段になるの??

10円くらの樹脂部品の金型が500万円もするといわれました。なぜそんなに高いのですか?

Aベストアンサー

私は、プラスチックの成形工です。
金型は、客先と、話が決まり、実行に移すと、色んなトラブルが、でます。
で、基本、大量生産してないので、オーダーメイドな訳です。
そこに、何度も、改良して、初めて、10円の部品が出来るわけです。

そこには、只、形だけでなく、
技術としてのノウハウも入ってます。
ですんで、型屋さん、そして、製造の、技術との、打合わせ、
生産者の、ノウハウ
全てが、詰まってます。
金属の値段だけでは、金型屋は、食って行けません。

ちなみに、当社では、詳しく書けませんが、
3000万円の、金型が、何個も、有るんですよ。
他社で、聞いた話では、
車のバンパーも、射出で、成形してるそうです。

多分、5000万とかしてると、思います。
高い理由、ご理解頂けましたか?

QSPHCとSPCCに違いについて

SPHCとSPCCに違いについてお聞かせください。
SPHCとSPCCに違いで、冷間と熱間の差は何でしょうか。
デメリット、メリットがあれば回答お願いいたします。

また、SGCCについてもお聞かせください。

Aベストアンサー

いまいちお尋ねの内容が整理されていないようですので、一般的な違いについてのみ記します。

SPHC、すなわち熱延鋼板は、冷間圧延プロセスを通らない分、安価で板厚が厚く、自動車のフレームといった骨組み材や強い圧力を受ける配管などに使用されるにに対し、SPCC、すなわち冷延鋼板は、表面が滑らかできれいなことや加工性がよいことなどの特徴があるため、自動車や家電製品などの外板や深絞り製品に使われてます。メリットとデメリットの要素になるのは加工性と価格です。同じ板厚なら冷延鋼板の方が加工性に優れますが、熱延鋼板よりも工程が多い分、価格もあがります。

また、SGCCは溶融亜鉛めっき鋼板の事です。耐食性などに優れます。亜鉛めっき鋼板には電気亜鉛めっき鋼板(SECC)もあります。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?

Q一般に言う「生産高」とは? 計算方法を教えて下さい。

「生産高」とは、ある期間に、会社が生産をした量(ボリューム)を
金額に換算した量だと言うことはわかるのですが、具体的に、どういう
計算方法で求めるのが正しいのでしょうか?
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫
  →この計算では、製品を完成させた量の金額が計算できます
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫+期末仕掛品-期首仕掛品
  →この計算では、製品を完成させた量というよりは、製造途中の
   製品も生産高に反映される事になると思います。製造途中の
   ものも生産活動の結果ですので、ある意味生産高に反映される
   べきだとも思うのですが、どうなんでしょうか?

この辺りの計算について、詳しい方がおられましたら、ご教授いただ
けると有り難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

製品アイテムを原単位として原価計算させれば生産高を金額表示できるのは理論としては可能です。しかし、実際は受注生産だと同品種でもワンロットの内数が違うこともありますし、見込み生産でも稼動日数によって製品原価がぶれますし、歩留まりの問題もあります。人員数による場合とか作業者個人の出来高の個人差や、賃率も加給賃率とミックスされているケースもあります。
という理由から原価で表現するよりも売価で表現するほうが、金額決めについて管理しやすいので無難に思われます。ただ、学問としては生産高は原価で表示するのが原則となっています。
売価で表示する場合は完成品も売価、仕掛品も売価X進捗率で表示できます。ただし、この種の計算については一般的なものは存在しないと思いますよ。


人気Q&Aランキング