1、
創作で以下のような状況を考えているのですが、そのときの死因(直接死因~原死因)は、どのようなものが考えられるでしょうか。

―――
首吊り自殺を図るも、死亡する前に発見される。
発見後すぐに病院に搬送されるが、意識不明の重体。
3日後(首吊りから約75時間後)、死亡。
―――

原死因については「首吊り」でよいのでしょうか?


2、
上記のような状況で、通常、病院では手術を行うものなのでしょうか?


回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

直接死因は 低酸素脳症 原死因は縊頚になりますね。


首吊りとは死亡診断書には書きません。

2のほうは、問題の意味が良くわかりませんが,ほかに開放骨折などあっても脳症が重症で回復の見込みがなければ手術はしないのが普通です。
    • good
    • 3

死因:溢頸(いっけい)


手術:普通しない

この回答への補足

回答ありがとうございます。

それは、直接死因が「溢頸」であるということでしょうか。
その場合は、原死因も「溢頸」(同一)ということなのでしょうか。

補足日時:2008/02/21 23:10
    • good
    • 1

死因は低酸素脳症で良いんじゃね?


http://www.jaam.jp/html/report/dictionary/word/0 …

現場での適切な処置と、救急車での救急救命士の気道確保等の最善の処置を施して、病院では人工呼吸器を装着した上で心臓は復活。
数日後に脳死状態を確認って感じでおkだと思う。
人工呼吸器装着のための気道切開ぐらいの手術ぐらいしか無いと思うけど、脳死後に臓器移植をするならそれなりに。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

では、直接死因は「低酸素脳症」、原死因は「首吊り」ということでよいのでしょうか。

また、その間の因果関係を示す原因として考えられるものには、何があるでしょうか。
それとも低酸素脳症の直接の原因が首吊りということでよいのでしょうか。

補足日時:2008/02/21 23:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低酸素脳症と考えられる入院中の祖母について質問です

先日心不全により祖母が低酸素脳症と診断されました
容態として
初日
・通報後2~3分で救急車到着。かかりつけ病院に連絡済みのため搬送までのタイムロスはおそらく30秒以下だったはず。自宅から病院までの間でAEDを使用し、4~5分の間心臓マッサージの継続
・発見時、心室細動の状態(息はあったのかは不明・指を終えるかと聞いて目を左右に動かす運動あり)→救急車到着後病院搬送中心停止→その後カテーテル治療などにより心拍回復
・心臓を動かす作用の薬を使用した(現状では薬を使わなくても心臓は動いている 正常心拍の状態)

現状(丸2日目)
・心拍数62 内部血圧112/32 外部血圧132/42 体温34度弱
・SPO2は100をキープ
・自発呼吸のみで呼吸可能 近日中には呼吸器を喉にうつせるとのこと
・ICUから1週間以内で出られるのではないかとのこと
・喉から栄養食のようなものを入れていけるとのこと
・瞳孔反射は現在あり
・瞳孔は病院到着時は6mmほど開いていたが現在では正常に戻っている
・痛みに対しての反応はいまだなし
・意識は回復していない
・けいれんを抑える薬のおかげでけいれんは抑制されている
・手足のむくみはなく、爪の色はピンク
・氷嚢などにより34度以下の低体温を維持している
・手を握るなどの反応はなし
・尿も正常量でており、排便もあり、目に黄疸なし
・目を閉じることができており、眠っているような姿
・医師によると最悪の事態は回避したとのこと
・これから先、低酸素脳症の患者をケアできる病院やリハビリ施設を探す話も出てきている
・意識を回復するかは本人の次第とのこと

■さてここからが質問なのですが
・低酸素脳症の治療が有効手がないとは知ってますが、効くのではないかといわれる治療、または期待されてる治療などを知っていたら教えてください。
・他の原因でもいいので低酸素脳症で目覚めた事例や自身の体験などがあったら知っていて不都合でなかったら教えてください。
・目覚めるとするとどのようなきっかけで目覚めることがあるのか体験や事例を知っていたら教えてください
・祖母の状態についてなにか言えるようなことがありましたら教えてくださるとうれしいです。

長くなりましたが、どうかお答えしてもらえると幸いです。

先日心不全により祖母が低酸素脳症と診断されました
容態として
初日
・通報後2~3分で救急車到着。かかりつけ病院に連絡済みのため搬送までのタイムロスはおそらく30秒以下だったはず。自宅から病院までの間でAEDを使用し、4~5分の間心臓マッサージの継続
・発見時、心室細動の状態(息はあったのかは不明・指を終えるかと聞いて目を左右に動かす運動あり)→救急車到着後病院搬送中心停止→その後カテーテル治療などにより心拍回復
・心臓を動かす作用の薬を使用した(現状では薬を使わなくても心臓は動いてい...続きを読む

Aベストアンサー

 脳神経外科医です。

 今回、くも膜下出血や脳出血・脳梗塞が原因で倒れられたということでなければ、心停止後の低酸素脳症ということで辻褄は合うだろうと思います。質問文を読んだ限り、現在行われている処置や病院からの説明は妥当なものだと私は思います。

 まだ入院されて2日ですし体温も低いままなので、今後意識が戻るかどうかを現時点で判断することは難しいと思います。少なくとも、対光反射が保たれていて自発呼吸もあることから、脳幹機能は残っていると言えますから、ひとまず脳死の状態は避けられたのでしょう。ただし現在のような状態だと肺炎を合併したりその他の臓器に障害を生じたりすることもあり、それが原因で致命的な状況になる可能性も十分あります。従って今暫くは油断のできない状態が続くのではないかと思います。

 もう数日たてば徐々に低体温を解除していくことになると思いますが、体温を戻した状態の下、入院から2-3週間経過した時点で多少なりとも意識の改善が見られて、簡単ながらもコミュニケーションが取れるくらいまで回復してくるようであれば、その後の改善も期待できるのではないかと思います。一方その時点でも全く眼を開けず反応に乏しいようであれば、重篤な意識障害が遷延する可能性が非常に高くなってくるのではないかと思います。

 一旦低酸素脳症により障害されてしまった脳の機能を改善させることは困難です。従って決定的な治療法というのは残念ながらありません。数少ない根拠のある治療法は超早期の低体温療法ですが、これは既に行われているようですね。

 急性期が過ぎて全身状態が落ち着いてきたらできるだけ外部からの刺激を与えてください。全身状態が許せばベッドを起こしてみたり、車いすに乗せてみたり、話しかけてみたり、ご本人が好きだった音楽をイヤホンで聞かせてみたり・・・。そういったことが有効かも知れません。勿論、主治医の許可が出てから行って欲しいと思いますが。

 尚、自発呼吸があるのに人工呼吸器を装着しているのはおかしい、という指摘が他の回答者からありましたが、決してそんなことはありません。自発呼吸があっても体内の酸素化や患者さん自身の換気量が不十分であったり、二酸化炭素が貯留してしまったりする場合には、補助喚起や持続的に気道内に陽圧をかけておくことを目的に、人工呼吸器を装着することは普通にあると思います。



 

 脳神経外科医です。

 今回、くも膜下出血や脳出血・脳梗塞が原因で倒れられたということでなければ、心停止後の低酸素脳症ということで辻褄は合うだろうと思います。質問文を読んだ限り、現在行われている処置や病院からの説明は妥当なものだと私は思います。

 まだ入院されて2日ですし体温も低いままなので、今後意識が戻るかどうかを現時点で判断することは難しいと思います。少なくとも、対光反射が保たれていて自発呼吸もあることから、脳幹機能は残っていると言えますから、ひとまず脳死の状態は避けら...続きを読む

Q高齢者の死亡原因に占める自殺の割合

老年期うつ病についてのレポートを書くに当たり,高齢者の自殺による死亡率を知りたいのですが,うまく捜せません。
高齢者の死因についての統計の在り処を御存じの方,至急教えて下さるようお願いします。

Aベストアンサー

平成10年の厚生省発表資料(参考URL)ですが、お役に立ちますでしょうか?

参考URL:http://members.tripod.co.jp/tinochi/newpage15.htm

Q意識レベルについてです【脳低酸素脳症】

たびたび質問させていただきます
脳低酸素脳症で入院中の祖母ですが
意識レベルがJCS200とJCS300を行き来します(基本JCS200)
自発呼吸も弱々しくたまに止まってしまうとのことです。
動向反射はあるのですがこれもまだよわく
足ツボを押すと指を動かすことがあります

私が今恐れているのは祖母がこのまま脳死になってしまうのではないかということです。
心臓専門の病院なので脳外科もないのですごく不安でしかありません
どうか何かご教授してくださると助かります
もう考え過ぎてご飯ものどを通りません・・・

Aベストアンサー

質問者様は、繰り返し「脳神経外科」と述べられていることから、
心臓外科医が低酸素脳症の患者の治療に当たっていることに、
相当な不信感があるようです。
つまり、低酸素脳症に対して、脳神経外科医ならば特別な治療が
可能である、という意識が質問者様にあるようです。
しかし、現実には、低酸素脳症に対する特別な治療方法は存在しません。

御祖母様が入院されている病院には、心臓外科があり、
救急搬送を受け入れているようですから、心臓外科医には、
心不全で低酸素脳症になっている患者の経験は相当数あると
考えるのが妥当です。
その医師がはじめて低酸素脳症の患者を診るというのならば、
不安があるのが当然でしょうが、現実は、違うと思います。

No.1で脳神経外科医がコメントしているように、
低酸素脳症により障害された脳機能を改善させる方法はありません。
今回の場合、低体温にしたのは、心機能が改善するまでの
単なる時間稼ぎです。
低体温にするのは、血液の循環が良くない状態(=今回は心不全)での
脳の損傷を防ぐためであって、低体温を維持すれば、
そのうちに脳が元気になるということはありません。
現在は、心機能がある程度回復したので、体温を戻して、
損傷していない脳機能の回復を待つ……という段階です。

脳死の懸念については、医師とご相談ください。

質問者様は、繰り返し「脳神経外科」と述べられていることから、
心臓外科医が低酸素脳症の患者の治療に当たっていることに、
相当な不信感があるようです。
つまり、低酸素脳症に対して、脳神経外科医ならば特別な治療が
可能である、という意識が質問者様にあるようです。
しかし、現実には、低酸素脳症に対する特別な治療方法は存在しません。

御祖母様が入院されている病院には、心臓外科があり、
救急搬送を受け入れているようですから、心臓外科医には、
心不全で低酸素脳症になっている患者の経験は相当数...続きを読む

Q息子5歳の漏斗胸手術を考えているのですが?

 5歳の息子は漏斗胸です。今年になってからプールのときに、お友達に胸のことを言われたようで、気にするようになりました。そして、いろいろ調べてみると、手術をするなら、小学校に上がる前が良いとのこと。心の成長の妨げになることなど・・・。
 先日、総合病院で診察してもらったところ、息子の漏斗胸の程度は手術した方が良いということになりました。しかし、手術は美容的な要素が強く、手術しなくても健康を害することはあまりないということでした。
 しかし、胸のへこみは息子のにぎりこぶしが軽くはいるくらいあり、現在私たちは夫婦は手術をする方向で考えています。
 実際に手術を経験された方、されなかった方、又専門家のみなさまいろいろなご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

両方のパターンを知っています。
小3の男の子の場合。
 医師が、看護婦の母に選択を任せ、母親は、様子を見るということで、今に到る。現在は、少し太ったため、筋肉と脂肪とが盛り上がり、スイミング教室に通っていても、他の子と差異なし。

小5の男児。
 6年前、別の病気で入院中の同室の子。年長の間に、手術することを選択。術後すぐは、ベットから動くことも出来ず、付き添う親が、大変だったが、動いてもいいという許可が出ると、安静を保つことが、困難なほど、回復は早く、退屈な入院生活をいかに楽しく過ごすかで、同室の私も一緒に遊びました。今は、手術したつらさは、遠い記憶のかなたの様。
どちらの選択でも、親は悩みますよね。大変でしょうが、頑張ってください。

Q脳出血後の痺れ等の後遺症について

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるようです。

最近は、「後遺症だから仕方がない、時間がたてばもう少し楽になる」と父は
思うようにしているのですが、どんどん痺れをひどく感じるようになっており、
見ているととても辛く感じます。
また、痺れがひどいときは、家族や周りへの八つ当たりも出てきてしまいます。
‘なんとかしてあげたい’、という気持ちでいっぱいです。

そこで、ご経験者や専門家の方々に下記の件をお教えいただければ幸いに思います。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
 (発症直後は感じなかった痺れは、今後ひどくなっていくものなのかどうか)

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?

大変お手数ではございますが、どうぞお教えいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるよう...続きを読む

Aベストアンサー

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、痺れではありません。この痺れは、感覚を伝える神経細胞の周りにある細胞が、壊れた細胞を修復しようとして過剰な神経放電をおこしてしまい生じるものです。ですので、脳が自分を治そうとすればするほど出てくるのです。だからやっかいです。

視床付近が脳出血を生じた時、後から出現する痺れを予防するためにいくつかの予防的治療を行うのですが、日本では、上記にような痺れのメカニズムさえ理解していない医者が多いので、痺れが出る前に予防的措置がとられることは極めて稀です。

何もしなければ、だいたい脳出血の1年後くらいまでは、痺れはひどくなっていきます。繰り返して言いますが、後遺症ではなく、脳は自分を直そうとするための反応だからです。

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?
主治医に言って「安定剤」の種類の薬を処方してもらいつつ、理学療法のうち電気刺激療法など、痺れの今後の増加を食い止めるような処置を考えてもらうことです。既に1年を経過していますので、効果は限定的かもしれません。

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?
少なくとも「痺れを気にする」ことが非常によくないのです。運動の障害が少なければ、どんどん運動をして麻痺側をどんどん使い痺れを無視するトレーニングを積むことです。
本人も周りも「痺れているから」といたわることは、全く逆効果です。いずれにせよ「立ち向かう」という積極的姿勢が無いと改善していきません。

「痺れる痺れる・・・。後遺症だから・・・。」と言い続けて何もせず、できることもしなくなって過ごしてしまうパターンが非常に多いのも事実なのです。

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、...続きを読む

Q腕を 手術で切断したいと考えているのですが

腕を 手術で切断したいと考えているのですが
どのような病院ならそういった手術を
していただけるのでしょうか。(整形外科?)

また、切断にかかる費用などは
どの程度になるのか、ご存知の方は
教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

医療のカテゴリーでの質問ですよね?理由などが不明ですので適切な回答はつかないと思います。
切断するというのは医師の診断のもと行われる医療行為ですので費用についてもここでは回答は無理ではないでしょうか?
理由が病気等なら医療機関を受診し相談してください。

Q後遺症診断書について

皆様、お忙しいところすいません 質問させてください、去年の6月末に信号待ちのところ飲酒運転の方に追突され10日ほど入院し8ヶ月ほど通院し医師にこれ以上治療してもあまり良くならないだろうと症状固定になり後遺症診断書を頂きました ただあまりにもつらいので仕事をしながら時間のゆるす限りに自費で病院で治療しています、これからいつまでこの症状がつずくのか不安で仕方がありません そこで質問なんですが只今後遺症診断書等写真を保険会社に送ったのですが 僕の症状が後遺症に認定されるのでしょうか? ・事故当初レントゲン写真に以上はないと・後遺症診断書には自覚症状1頚部痛・頚椎可動痛・肩甲部痛・肩こり2上肢・指の痺れ・頭痛 他覚症状1頚部痛・頚部可動痛・肩甲部通・肩こり2頭痛・上肢指の痺れの後頭神経領域の神経症状が頑固に残存するとの記載になっています 医師も認定されるだろうと言っていますが どちら様か詳しい方教えてください
ちなみに入院10日通院8ヶ月で140日ですよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

交通事故による後遺障害になる様なお怪我お見舞い申し上げす。事故や保険に関するご質問で一番難しいのが後遺障害のご相談です。後遺傷害は此のご質問の範囲で簡単にご回答は出来るような問題ではないのです。良く回答者が弁護士や損保協会に相談したらどうですかと言うのを拝見致しますが、彼らも専門家ではありませんので解からないでしょう。ましてあなたのご質問にあります様に「医師も認定されるだろう」と答えている様に断定はしていませんね。私が良く回答してますが、審査をするのは自動車保険料率算定会の調査事務所です、此処の事務所に相談室がありますので、そこで相談するのが一番ベストです。各地区に必ずありますのでそこで相談して下さい。

Qレーシック手術後の白内障手術について

レーシック手術後の白内障手術について

今から10年ほど前にレーシック手術を受けました。
先日、左目の調子がおかしく(蛍光灯等の光がやけに眩しいため)
眼科に行ったところ、若年性白内障との診断結果でした。

ここで質問ですが、白内障手術(多焦点レンズ)を受ける場合、
レーシック手術を受けた病院で白内障手術を受けた方が良いでしょうか?
先進医療を実施している病院ならば、どの病院で受けても
一緒でしょうか?

Aベストアンサー

どの病院でも可能ですが、レーシックを受けたときのデータの提出が必要になります。
しかし、データを提出しても詳細が分からない場合があります。
なので、出来ることならどのような手術をしたのか分かっているレーシックを受けた病院での手術がいいです。

Q交通事故での後遺症診断書の料金は誰が払うのですか?

前日交通事故にあい腰痛(ヘルニア)で半年ほど治療していました、
その後、相手の保険会社から、治療を症状固定で
打ち切りたいから後遺症診断書をもらってくれ、
あとは後遺症として対応するとの事で後遺症診断書をもらいました。
保険会社の言われるまま診断書を送ったのですが、
後遺症とは認められないという結果が出てしまいました。
相手の保険屋は、不服があるならもう一度医者に後遺症診断書を書いてもらって下さいとの事。

書いてもらおうとしたのですが、前回の分も、後遺症にならないと診断書代は払えないと言われました。
1回書いてもらうのに10500円の為、躊躇しています。

質問は
1.保険屋から後遺症診断書をもらってきてくれと言われたのに、後遺症と認められないと診断書料は自腹なのか?
2.もう一度医者に診断書を書いてもらう事に意味があるのか?
3.後遺症診断書10500円は普通なのか?
です。

こちらは任意保険に入っておらず、相手の保険屋と直接やり取りしています。過失割合は9対1で相手が悪いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 後遺障害に成る様なお怪我にお見舞申し上げます。
通常人身事故の場合はご自分で人身障害保険に入っていなければ、相手の保険会社と直接話し会うのが普通です。さてご質問の回答ですが。
後遺障害は自賠責の調査事務所が認定(認定の場合は等級を決める)か非認定かを決めます。
1.「後遺症診断書」の料金は認定された場合は自賠責保険から支払われます。非認定の場合は原則として自己負担です。しかし交渉で相手の任意保険で支払う場合もあります。
2.同じ様な「後遺症診断書」の内容なら認定は難しいでしょう。そこで自賠責保険に対して「異議申立て」と云う方法があります。それには認定されるような医師の意見書など添付して新たな証明をする事になります。
3.診断書代は地域や病院によって違うでしょうが1通5,250円が多い様です。

Q教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術で

教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術での金額はいくら位でしょうか?だいだいでいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮化させます。

植皮は極力避けたいと思っていられるのでしたら、先日このサイトで、同じような低温火傷での植皮の質問に、2回連続で詳しく回答していますので、参考にされると良いと思います。

http://okwave.jp/qa/q5820150.html

現在は、偶然にも受診した病院が湿潤療法を行っていたり、ネット等で調べて湿潤療法の病院へ転院された方はラッキーで、医師の言われるまま「ガーゼ治療は痛いのが当たり前なので我慢して続ける事」を正しいと信じて受けている方はアンラッキーといった状況です。
正しいと思っていた治療が間違っていた事がわかっても、大きな病院や熱傷専門病院は各種の事情ですぐに湿潤療法に切り替えられず、医療の現場も混乱しているくらいです。

何年か後には、湿潤療法が主流になりますが、その時には植皮の痕はもう戻りません。

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報