出産前後の痔にはご注意!

準確定申告をするにあたり、検索していて付表の事を知りました。
似たような質問の回答を拝見していましたが、色々な回答がありどうすればいいのか理解出来ず悩んでいます。
準確定申告の期限は4ヶ月ですが、申告期限までに分割協議が済んでいなくても申告は可能でしょうか?(還付予定)

法定相続人は2人です。まだ協議中で相続が決まっていない状態で申告をし、還付金を代表者である妻の口座に振り込んでもらう場合、
どのように付表を記入すればいいか教えて下さい。
付表には、必ず法定相続人2名を書かなくてはいけないのですか?
まだ相続するか判らない法定相続人でも署名押印さえあれば構わないのか、それとも代表者の妻のみの署名押印だけを記入すれば構わないのか?など教えて頂ければと質問させて頂きます。
出来れば、手戻りなく1回で申告を終えたいと考えておりますのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相続が開始した日、というのはよっぽどの事が無い限り、死亡日と同日ということはご理解下さい。



さて、準確定期日は#2さんの通り、分割の・未分割にかかわらず死亡日から4ヶ月後の応答日ですね。
分割割合とか、法定の割合は空欄でOK。
さて、還付金のある場合には、相続人全員の連署とともに、各相続人の還付金受領の委任状が求められます。

 税務署に所定の用紙がありますから、そこからもらってくればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

委任状も必要になるんですね。申告までに相続が確定すれば問題ないのですが。
用紙は税務署に確認してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/22 14:28

#1です。

回答を追加します。

かりに法定相続人であっても相続権を放棄する人も居ます。相続権を放棄すれば相続人ではないので準確定申告義務は生じません。

いずれにせよ、相続を開始して(具体的には預金や不動産の名義の変更があって)初めて準確定申告を行えば良い訳です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

1人が相続放棄をすれば、相続人が1人になり問題なく準確定申告も出来る訳ですね。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/22 14:35

おかしな回答があります



相続を知った日と 遺産分割が確定した日を混同しています

申告期限は 質問者の理解の通りです
相続を知った日とは 一般には被相続人の死亡の日ですが、相続人によっては、何日も後に知らされる(知る)こともあります、その場合には知らされた日です
(相続は 被相続人が死亡した日に開始されています、分割協議がまとまるまでは、相続人全員が法定相続分で相続していると見なされます)

相続放棄を申告しなかった相続人全員の連署が望ましいです
(原則は相続人全員の意思の確認が必要です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.1さんの回答だけを読んですぐ「誤解していた」とお礼を投稿してしまいましたが、「誤解」じゃなかったんですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/22 14:24

誤解のないように!!



準確定申告の期限は、前年分、本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内です。被相続人の死亡日から4か月以内ではありません。

『相続の開始』、つまり相続人は、実際に遺産を相続をして、初めて準確定申告の義務が発生するのです。

複数の相続人が居て相続遺産の詳細について合意に達するまでは、「相続を開始」することはできません。二年、三年と長期化することもあり得ます。「相続が開始」するまで何年経ってもその間は準確定申告の義務がないのでご安心下さい。

だって、そうでしょう。準確定申告とは故人に代わって確定申告するものです。故人名義の財産(預金など)を自分名義に変えないと申告納税できないじゃないですか。だったら、「相続が開始」するまでは準確定申告しなくても良い、という訳です。

国税庁>>準確定申告
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2022.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

知った日=亡くなった日だと思っていました。
相続が確定してから4ヶ月以内でいいんですね。
誤解していました、ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/22 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q準確定申告書 (所得税) 付表の書き方についての質問です。

父が亡くなり、現在 遺産分割協議書を作成中です。
上記の手続きが完了後に税務署にて 準確定申告書を
提出する予定なのですが、その時にいっしよに提出する
「所得税の確定申告書付表」の中に 5- (7)相続財産の価額
という欄があります。
そちらに記載する具体的な金額はどのように算出すれば
よいのでしょうか?

父の資産は遺産分割協議書上では家と土地のみです。
(遺産分割協議書に記載のない財産はすべて母が相続するとの
表記があります。)

という事は、手元にある 「土地と家の評価通知書にある
評価額を合計した金額」 を付表の5- (7)相続財産の価額に
記入すればよいのでしょうか?
世帯主が亡くなるとそれはそれはたくさんの手続きを
しなくてはいけないので、かなり大変です。
母はまったくのお手上げ状態ですので、代わって
娘の私が質問させて頂きました。
それではどなたかお知恵をお貸しくださいます様、
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

付表のその部分は空欄でかまいません。
納付税額が確かに納付され、または還付のケースであれば相続人代表者1人に受領を委任する委任状と印鑑証明を添えて提出すれば大丈夫です。

だって準確定は相続開始4月以内ですが、それまでに財産確定なんてそもそも無理ですから。

Q準確定申告の還付金受取について

準確定申告の処理をしています。
妻子がおり、相続人等に関する事項には全員記載をしていますが、受取は一人に絞っても問題ないでしょうか?
記載例を見ると相続割合に応じた受取の事例しか記載がなく、戸惑っています。

Aベストアンサー

準確定申告は、亡くなった日までの所得税を清算するということですから、所得税を納めるにしろ、還付金を受け取るにしろ遺産です。
従って、相続人全員が責任を負います。

本当なら、確定申告は本人がしなければなりませんので、結果については本人へ、ということになりますが、本人が亡くなっていてできないので、代わりに誰かがする、結果については相続人全員で、ということですね。

還付金を受ける場合は、相続人の誰かが受け取って、それを相続財産に組み込んで、後で遺産分割協議の内容に従って処理すればよいです。

まあ、準確定申告をする前に、相続人全員の了解を貰っておけば確実です。
万一疑義がでたとしても、「申告書の控え」がありますから、どれだけの還付があったのかは明らかですし、どのような形でそれを受け取ったのかも分かるはずです。

Q準確定申告の納付書

準確定申告の納付書記入で困っています。納付書の氏名は亡くなった申告者(被相続人)で氏名欄・整理番号は記入すればいいのでしょうか、それとも事業を承継した相続人(実際の納付者)で記入するのでしょうか?どなたか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと面倒ですが、納付書は各相続人ごとに自分の負担する税額分ずつのものを作成し、納付すると思います。

例えば被相続人(山田太郎)で30万円の税額の場合、相続人が妻(花子)と子供2人(次郎・良子)とすると・・

>氏名欄「被相続人 山田太郎  相続人 山田花子」 
>金額欄「15万円」←妻なので、法定相続2分の1相当額
これが1枚。

>氏名欄「被相続人 山田太郎  相続人 山田次郎」
>金額欄「7万5千円」←子供2人なので、法定相続2分の1の半分相当額
もう一人の子供の分(山田良子)も同様に作成します。これで子供の分は2枚。

合計3枚作成となります。整理番号は3枚とも被相続人のものを記入します。

例えばこの準確定申告の提出が期限後だとすると、こうして分けておかないと、延滞税や加算税を計算するとき基礎となる金額が不利になる場合があるそうです。
以前このように指導を受けたことがあります。



 

Q年金受給者が亡くなった場合の確定申告

老齢年金受給額 年間240万 配偶者あり 子供二人

相続税のかかるような資産はありませんが一旦配偶者が全て相続し、
配偶者が亡くなった場合に子供同士で改めて相続する予定。

年金のみで源泉徴収されている所得税は毎年確定申告を行い還付。

この場合で10月に亡くなった場合、準確定申告は必要になりますか?

全てを相続した配偶者と死亡者の2段書きで通常の確定申告でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

本人の代わりに作成提出するのが「準確定申告」です。
年金収入のみで、それが400万円以下の場合には確定申告を要しません(所得税法第121条第3項)。
義務はないが、権利として確定申告書を出して源泉徴収された所得税の還付を受けることができます。

申告書氏名は「被相続人○○、相続人代表▼▼」となります。
相続人が3名ですので、死亡した者の確定申告書の付表を添付します。
これは相続人が何人いて、それらのうち▼▼が代表して還付金を受け取りますというものです。
各相続人の押印が必要です。
「準確定申告の付表」と云います。

Q準確定申告の付表と納付する人と納付書

もう、そろそろ準確定申告の期限が迫ってきたので、付表も書いたのですが、まだ、遺産をどうするか決まっていない場合、法定で分けて納付するようになっているのですが、長男である父がとりあえず、全部払って置くそうです。今年送られてきた確定申告の書類の中に入っている納付書は使えるのでしょうか。名前とかを父の名前に書き換えて、全額を一括で書くのはどうでしょう?
ダメな場合は、納付書を送ってもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

管轄の税務署に電話で聞かれるのが、一番確かだと思いますが。

ただ、私もこの前、準確定申告をしないといけなくて、その時にはまだ、もう一人の相続人である兄が行方不明だったので、困りました。
税務署にどうしたらいいのか聞いたら、
「相続が決まっていない場合、とりあえずどなたかが代表相続人になっていただき、代わって税金を納めていただくようになります。」
と言われてましたよ。

なので、お父様が納めるのは問題ないと思います。
ただ、書き方として、亡くなられた方の名前の前に「被相続人」と書き加えたり、お父様の名前の前に「代表相続人」とか書いたりするのではないかと思うので、書き方など税務署の電話相談でお聞きになった方がいいと思います。

ちなみに私の場合、父の所得税はわずかながら還付になる予定でしたので、
「その場合は、急ぎませんので、ちゃんとお兄様を探して、話し合いなど済ませてから出してください。」
と、代表者では受け取れないと言われました(T_T)

納める方は誰でもいいから早く、返すのはきちんと決まってからだそうです。

Q準確定申告の付表の相続分の記入について

今年(今月)父が亡くなり、父の確定申告をすることになりました。調べると準確定申告というのを知りました。また普通の申告の他に付表というのを添付するとのことで、用紙を入手しました。そこで質問なのですが、その中の欄の、相続人等に関する事項の「相続分」にはどのように計算した数字を記入するものでしょうか?はじめてのことでさっぱりわかりません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

相続の分割が決定していれば、その相続内容に沿って記入すれば良いのです。
もし、まだ分割内容が決まってないようでしたら、未記入でも問題ありません。

Q「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」を届け忘れていた場合の措置

平成19年分の売り上げ(平成20年確定申告)が1000万を超えたため、今年初めて消費税の確定申告を行います。
どうかご教示ください。

平成20年12月末に簡易課税の届出を出しております。
白色申告です。

色々聞きたいことはあるのですが、一点重大なことに気付いたことがありますので、教えてください。

平成20年、21年と、フリーランスから会社員になった関係で、売り上げは当然1000万にも満たない状態なのですが、私は来年(平成23年)の確定申告からは消費税の申告は行わなくて良いものと思っておりました。
しかし、「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」の存在を先程知りまして、これを出していない場合は来年以降も消費税の申告を行わなければならないのかと現在悩んでおります。

もしもこれが過去に遡って記述できる場合、下記記入欄にはどのように書けばよいかご教示いただけますと助かります。

・(1) この届出の適用開始課税期間
・(2) (1)の基準期間
・(3) (2)の課税売上高
・納税義務者となった日

初歩的で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

平成19年分の売り上げ(平成20年確定申告)が1000万を超えたため、今年初めて消費税の確定申告を行います。
どうかご教示ください。

平成20年12月末に簡易課税の届出を出しております。
白色申告です。

色々聞きたいことはあるのですが、一点重大なことに気付いたことがありますので、教えてください。

平成20年、21年と、フリーランスから会社員になった関係で、売り上げは当然1000万にも満たない状態なのですが、私は来年(平成23年)の確定申告からは消費税の申告は行わなくて良いものと思っておりまし...続きを読む

Aベストアンサー

平成19年の課税売上が1000万を超えたため、21年は消費税課税となりました。
しかし20年の売上が1000万に満たないので、今年は免税ですね。
この場合、ご懸念の通り本来は「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」を出すことになります。

しかしこの届出書を出さないからといって、22年分の消費税を納税する必要はありません。
ご心配はいりません。自動的に納税義務ははずれるのです。
多分、税務署から提出して欲しい旨の通知が来ますから、そのときは出してあげてください。

なお、簡易課税の廃止届は「絶対に」出してはいけません。
もし計算間違い等で消費税を納税する必要が出たときに困るのです。
廃止になっていると原則課税で多分消費税が大幅に高くなりますよ。

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q消費税の準確定申告の書き方について

被相続人の消費税の確定申告書においても、所得税と同じように、確定申告書の前に「準」を追記したり、個人の名前の前に「被相続人」を追加する必要はあるのでしょうか?あと、通常の消費税の申告書と異なる点(たとえば、期間の終了は相続開始日になる等)あれば、教示いただけると幸甚です。

Aベストアンサー

とりあえず、所得税と同じにしておけばいいと思っています。
正式かどうか分からないけど、税務署員だって多少のエラーはくみ取ってもらえるだろうと、あまり気にせず、「準」とか「被相続人」とか付け加えて対処しています。

消費税の事業承継がある場合には相続人の簡易課税の選択の有無が問題となるのではないでしょうか?
相続による承継であっても、提出期限は前年末は変わらない、ということ。

Q亡くなった親の生命保険料控除証明書について

はじめて、質問致します。
今年、亡くなった父の生命保険料控除証明書が届きました。何か手続きする必要性があるのでしょうか。もし、あった場合それを行うことで遺族に何か償還などがあるのでしょうか。また、すでに母も他界しています。親族は第一親族は自分と弟です。どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、お教え頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

生命保険料控除証明書とは、確定申告などの際納税者の所得税を幾らか割り引いて貰うために必要な書類(証明書)です。

給与所得者の時で、自分がその生命保険料を払っていた時は一般に年末調整などの書類を会社(税務署)に出す時に、一緒に処理してもらえますが、今回はあなた様のそれには該当しないのでは無いでしょうか。

お父様の所得税の提出分に添付して所定の項目に記入すると良いでしょう。
なお、今回は年の途中でなくなられたということですから、生命保険会社の方に支払額の清算や証明額の確認を取っておいた方が賢明です。
(既に保険会社でもチェック済かもしれませんが)


人気Q&Aランキング