人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

どうぞよろしくお願い致します。私、八年前に乳癌を患いました。現在四ヶ月程、腰痛に悩まされています。MRI検査までしたのですが、ハッキリと骨転移とは言い切れないという所見でした。しばらく様子見という事で、とりあえず鎮痛剤を処方してもらっています。最初はコデイン末20mgを一日5~8袋で効いていたのですが、あまり効かなくなり先日は40mg(一包)を7袋(一日量)とレスキューに塩酸モルヒネ10mg(一包)を処方してもらいました。モルヒネを試してみようと思い、10mg(一包)の半分の5mgから始めようと、家にある金属計り(商売柄、金などを量る計り)があるので、計りましたら、コデイン40mg(一包)は、4.3gありましたが(納得したのですが)、塩酸モルヒネ10mg(一包)は、0.7g、本日処方してもらった塩酸モルヒネ60mg(一包)は1.1gしかありません。6倍も多いのに不思議です。薬剤師の方の説明だと、コデインは100倍散で、モルヒネは10倍散なので、ちゃんと濃度としては入っていますよとの事でした。よくわからないのですが、単純にモルヒネ10mgは、1gで、60mgは6gではないのでしょうか?どうも100倍散とか10倍散が、よくわかりません。自分は一体何グラムのモルヒネで効いてくるのかも知りたいので、どなたか教えて頂けませんか?濃度の問題で、モルヒネが90mgになろうが、グラムには比例しないものなのでしょうか?あとなぜコデイン40mgは100倍散なのでしょうか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

倍散と書くと難しく感じますね、やはり。

希釈率の問題です。
「コデイン100倍散を1g(=1000mg)飲む」はコデイン原薬10mgに990mgの何か(薬の希釈薬。ここでは仮にブドウ糖とします)を加えたものを飲んでいるのです。

 質問者さんが計った「100倍散コデイン40mg」は「コデイン40mgとブドウ糖3960mg、計4000mg」と「その他(ANo.1で書いてあるような成分)300mg」が加わった薬剤ということでしょう。
 質問者さんが計った「10倍散モルヒネ10mg」は「モルヒネ10mgとブドウ糖90mg、計100mg」と「その他600mg」が加わったものでしょう。
 質問者さんが計った「10倍散モルヒネ60mg」は「モルヒネ60mg」とブドウ糖540mg、計600mg」と「その他500mg」が加わったものでしょう。

コデインが100倍散である理由は、100倍散製剤だと麻薬指定を受けない為、扱いやすいという理由だと思います。

mg単位の計算がしてあるものを、g単位や0.1g単位での測定では誤差があると思います。参考値とするのはよいかもしれませんけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼遅くなりまして申し訳ありません。とても解りやすいご説明ありがとうございます。なんとなくですが、理解できました。これで安心して飲む事が出来ます。専門家のご意見が聞けるなんて、なんてお礼を申し上げてよいやら・・です。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/03/01 16:51

こんにちは。


薬は、全て単一の成分じゃありません。
xx散というのは、主な作用をする成分と、それによる副作用を押さえる成分などを併せているので、単純に量をxx倍すればいいという事にはなりません。
コデインは合っていたというのは偶然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すみません。ちょっと専門的すぎて、まだ理解できません。コデインが偶然だったというのも。むずかしいですね。
今度は塩酸モルヒネ錠剤にしてもらえば、わかりやすいかもと思っています。

お礼日時:2008/02/29 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリン酸コデイン

咳が長引いているので、
病院に行ったら、
「リン酸コデイン20mg」を
処方されました。

コデインって麻薬ですよね?
単なる咳でこんなに簡単に麻薬を処方するものなのですか?
ちょっと怖いです。

専門家の方教えてください。

Aベストアンサー

まず。
(訂正)1%リン酸コデイン散は、麻薬ではありませんが、劇薬でした。つい口、いや指が滑りましてすみません。「麻薬や毒薬とかひどいのじゃないよ」という気持ちが、ちょっと間違いを引き起こしました。

>リン酸コデイン20mgというのは、何パーセントになるのでしょうか?
>麻薬でも劇薬でもないのでしょうか?

20mgは、リン酸コデインの100%ピュアな原薬が20mg(0.02g)と言う意味です。
一般的に使われる製品には、10%(10倍に薄めたもの)で麻薬扱いのものと、1%(100倍に薄めたもの)で劇薬扱いのもの(麻薬ではありません)があります。
20mgとは、原薬で20mg分の薬が入っていることですので、10%製剤なら0.2g、1%製剤なら2gに相当することになります。
もし、もらわれた薬が1回分20mgで処方されているなら、通常、その1包分は、袋を含めて約2.5gであろうと思われます。(多分、非麻薬製剤を使っていると思いますので。)そして、60mgを3回に分割経口投与というのが、通常用量ですので、1回20mgというのは、妥当な処方であると思います。

まず。
(訂正)1%リン酸コデイン散は、麻薬ではありませんが、劇薬でした。つい口、いや指が滑りましてすみません。「麻薬や毒薬とかひどいのじゃないよ」という気持ちが、ちょっと間違いを引き起こしました。

>リン酸コデイン20mgというのは、何パーセントになるのでしょうか?
>麻薬でも劇薬でもないのでしょうか?

20mgは、リン酸コデインの100%ピュアな原薬が20mg(0.02g)と言う意味です。
一般的に使われる製品には、10%(10倍に薄めたもの)で麻薬扱いのものと、1%(100倍に薄めたも...続きを読む

Q力価計算の方法を教えてください

就職してもうすぐ3年になる薬剤師です。
3月から職場の移動で調剤薬局に配置される事になりました。
近くの病院が小児科の為、力価計算等粉薬の処方が多いようです。
お恥ずかしい話ずっと調剤から離れていた為、力価計算って何?ぐらいの勢いです。
あと数日で移動となってしまいますが、友人にも恥ずかしくて相談できません。
力価の計算方法やそれについてのテキスト、小児調剤でのその他注意点等ありましたら教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

力価計算はそんなに難しくないですよ。
力価をパーセントで割って100を掛ければいいのです、
例えば、テオドールDS20%(1回4mg/kg) 80mg 分2 5日分なら 
1日 80(mg)÷20(%)×100=400mg=0.4g
5日 2.0g
となり、2gを10pに分ければいいのです。
あとは薬剤別プロキロと上限量を憶えるだけです。薬剤によって1回量と1日量があるので注意してください。その他は内規があるでしょう。がんばって下さい。

Q処方箋の見方を教えてください

処方箋の見方がわかりません。
一見(少なくとも私には)過量を処方されているように見えますが、
問い合わせると「問題ありません」とのこと。

処方箋
ジゴシン10000倍散 0.06mg (成分量)

実際に薬局で処方されたもの
ジゴシン散0.1% 0.06g

ジゴシン散0.1%はジゴシン1000倍散ですよね?
だから10倍の濃度の薬が1000倍の量処方されているみたいですが、 これで問題なし?
「成分量」というのがくせものですね?

先天性心疾患の娘に与えるので納得できないと心配で。
過量投与で事故も起こっているようですし。

ご存知の方、ぜひ教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

問題ないです。
成分のほかに錠剤形成剤が入っていますので成分量の1000倍が薬となります。

>ジゴシン散0.1% 0.06g
は0.06g中に0.1%(1/1000)の成分ですので0.06mg(m:ミリ:1/1000)ということです。

保健薬の場合は投与量が1000倍に間違えるとかなるような企画は認可されません。GMPで認可された定めた方法でしか製造できません。
医療監査もありますので,規定投与量を処方することもある場合を除いては違反として処罰を受けます。もちろん患者は保障を受けることになります。
医薬品医療機器総合機構(厚生労働省薬事審査機構)サイト:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2113003F1057_1_12/
商品メーカーの能書き:http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/450045_2113003F1057_1_12.pdf
良いサイトとはいえませんがこちらのほうが分りやすいかも,添付URLご参照ください

参考URL:http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=3645,

問題ないです。
成分のほかに錠剤形成剤が入っていますので成分量の1000倍が薬となります。

>ジゴシン散0.1% 0.06g
は0.06g中に0.1%(1/1000)の成分ですので0.06mg(m:ミリ:1/1000)ということです。

保健薬の場合は投与量が1000倍に間違えるとかなるような企画は認可されません。GMPで認可された定めた方法でしか製造できません。
医療監査もありますので,規定投与量を処方することもある場合を除いては違反として処罰を受けます。もちろん患者は保障を受...続きを読む

Q薬剤師の方へ。調剤の仕方について教えてください。

現在治療中で、病院で薬(ステロイド)を処方してもらっています。薬剤師の方の話によると、薬の量が微量過ぎて量れない(?)為、乳糖というものが混ぜてあるそうです。そこで質問ですが、薬は一回分ずつ袋に入っていますが、そのひとつひとつはどうやって作っているのでしょうか。ある一定量の乳糖と本来の薬1日分を混ぜ、3等分(1日3回服用です)しているのでしょうか?だとすると、その全体の中で、本来の薬が均等に混ざっているとは限らないのではないでしょうか?つまり、朝と昼と夜で、口に入る薬の量が違ったりしないのでしょうか?1か月分まとめてもらっていますが。まさか乳糖の中に1か月分の薬を入れ、84等分(28日×1日3回分)しているのでしょうか?ちなみに薬の量より乳糖の量の方がはるかに多いです。とても的外れなことを言っているかもしれませんがご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

#2です。
そこまで疑われてしまうと、作る側も説明を口でするのは難しいですね。現物をみてもこれが証拠というほどには目に見えませんし・・。もし薬剤師の賦形を疑うのならば、もっと大量の粉から小さい粒に成分を押し込めている錠剤1錠の方がもっと疑わしいことになってしまいます。錠剤だって賦形されていますので。
なぜ、乳糖で賦形するのかは簡単に書かれているサイトを見つけましたのでご欄下さい。
http://www.akiyaku.or.jp/hyakuyaku/hyakuyaku.html?pmid=85
ここでは、混合性を確認するために劇薬、毒薬には色をつけると書かれています。しかし、劇薬でも毒薬でもないものは色をつける義務はありません。質問者さんの薬には色はつけていないと思います。残念ながら。
混合は、少量ならば乳鉢、乳棒で混ぜます。大量ならば機械で混合している所もあります。#3さんも書かれているように、全部を混ぜるにしても少量ずつ混ぜていきます。お料理でそういうことをしたことはありませんか?いきなり大量と大量を混ぜると、均等になっているか分からないので、少量ずつまぜて量を増やしてゆきます。そのやり方は「調剤指針」という指針で色々と決まりごとがあり、薬剤師はそれに従って調剤をしています。その指針は多くの積み重ねられた実績の元に作られた指針なので信憑性はあると思いますよ。
といっても、現物でここまで均等ですと目で確認させて上げられないので、質問者さんに安心していただくことは到底できないですね。すみません。
ステロイドの1mg錠の件ですが、成分名が書かれていないので断言できませんがプレドニゾロンのことをおっしゃっているのなら、製品はあります。

#2です。
そこまで疑われてしまうと、作る側も説明を口でするのは難しいですね。現物をみてもこれが証拠というほどには目に見えませんし・・。もし薬剤師の賦形を疑うのならば、もっと大量の粉から小さい粒に成分を押し込めている錠剤1錠の方がもっと疑わしいことになってしまいます。錠剤だって賦形されていますので。
なぜ、乳糖で賦形するのかは簡単に書かれているサイトを見つけましたのでご欄下さい。
http://www.akiyaku.or.jp/hyakuyaku/hyakuyaku.html?pmid=85
ここでは、混合性を確認するために劇...続きを読む

Q麻薬の日数制限

医療事務に詳しい方、どうか教えてください。
麻薬には処方の日数制限があり、その日数を超えて処方されると保険で切られるそうですが、頓用の場合はどうなるのでしょうか?その日数と同じ回数しか保険に通らないのでしょうか?ご回答どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

■麻薬のみならず、全ての薬で一日の最大投与量が決まっています。その投与量と最大日数を越える処方はできません。

例:1日3錠までの薬で2週間の最大投与日数であれば頓用でも3×14=42錠が上限です。服用の仕方にかかわらず、一度に処方できるのは42錠が上限となります。麻薬でも他の薬でも同じです。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q1Frは何mm?

吸引カテーテルなどの12Fr、1Frは何mmになりますか?(さっきの、質問に引き続きさせて頂きます)

Aベストアンサー

チューブ類のサイズ表示はFrは外径で、mmは内径です。

一般的には1Frは1/3mm(0.33mm)、3Frが約1.0mmです。
これは計算しやすく四捨五入されている数字です。

Fr÷3=mm(外径!)です

普通使うのは単純計算の1/3で十分ですが、本当ならチューブの厚みでの違いも入ってくるとmmの外径と内径の差が出てきますね。

例えば15Frのチューブと同じ太さのものは5mm(外径)
ですが、医療用に使われているチューブのmm表示は内径なので、5mmのものと15Frのものを比べると5mmの方が若干太いのではないでしょうか?

ちなみに挿管チューブは内径mm表示で吸引チューブは外径Fr表示です。
カテとかは内径mm・外径Fr両方が表示されているものもありますね。

Q等電点電気泳動って何?

等電点電気泳動とは一体何なのでしょうか。等電点なのに陽、陰極のどちらかに移動することですか。分からないので、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

電気泳動とはpHによってある特定の物質を分離するときなどに使用します。アミノ酸を例に取ると
グリシンの等電点は5.97、アルギニンは10.76、アスパラギン酸は2.77です。
このとき、pHを5.97にし、電極を入れると、グリシンは溶液中で動き回ります。アルギニンは-極、アスパラギン酸は+極に引き寄せられます。
これは、等電点よりも酸性側のpHであるか、アルカリ性側のpHであるかによってきまります。
等電点よりpHが酸性側であるということはH+が物質にふかし、結果的に物質全体が+の電荷を帯びるために、-極に引き寄せられます。
等電点よりpHがアルカリ側であるということはH+が物質から引き抜かれ、結果的に物質全体が-の電荷を帯びるために、+極に引き寄せられます。
等電点とpHが一緒であれば、物質の電荷が文字通り等しい電荷を帯びるため、+極にも-極にも引き寄せられず、溶液中をさまよいます。

Q統計学に良く用いられる「個体内変動」と「個体間変動」について

統計学に良く用いられる「個体内変動」と「個体間変動」の意味が分からなくて困っています、「個体内変動」と「個体間変動」とはいったい何なんでしょうか?知識をお持ちの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

車を購入して運転するとします。
毎日同じように運転したつもりでも、道路の混雑状況や荷物の積み込み具合で燃費が変わってしまいます。これを個体内変動といいます。

ある日車を買い替えて、あろうことか全く同じ車を買ったとします。同一車種だから燃費は当然同じだろうと思って運転したら、、、微妙に違います。同じ車種で同じように運転したつもりなのに、前の車と比べてちょっと悪くなってる。あるいは、荷物を多く積んだ日に限って前の車より大幅に悪くなってる。このように、同じ種類の別固体を同じように使ったつもりでも、何がしかの原因で違ってしまうことを個体間変動といいます。個体差とか、よく言いますがあれと同じです。

メーカーの工場では、他に(数学上の正式な名前は知りませんが)ロット間変動という言葉もあります。前回、エンジンの材料でA社の材料を購入して作った車5000台と、今回B社の同じ筈の材料を購入して作った車5000台とで、燃費に差が出たとします。5000台(数字はテキトーです)のひとかたまりを1ロットと呼びますが、この差をロット間変動といいます。固体内→個体間→ロット間、、、とだんだん話が大きくなっていきます。

車を購入して運転するとします。
毎日同じように運転したつもりでも、道路の混雑状況や荷物の積み込み具合で燃費が変わってしまいます。これを個体内変動といいます。

ある日車を買い替えて、あろうことか全く同じ車を買ったとします。同一車種だから燃費は当然同じだろうと思って運転したら、、、微妙に違います。同じ車種で同じように運転したつもりなのに、前の車と比べてちょっと悪くなってる。あるいは、荷物を多く積んだ日に限って前の車より大幅に悪くなってる。このように、同じ種類の別固体を同じよ...続きを読む

Qmm3とμl

看護の勉強をしています。
 赤血球の数値が問題集にはmm3と書いてあり、教科書にはμlで書いてあり、どちらかに合わせて比べたいのですが、何倍だとか関係を教えてください。

Aベストアンサー

どっちも百万倍してみましょう。

まず、
1μLの百万倍は、当然1L
(μは百万分の1を表すので)

次に、
1mm^3 は一辺が1mmの立方体の体積ということですが、
百万倍するということは、すなわち、6桁上がるということです。
体積が6桁上がるということは、立方体の一辺が2桁上がるということ。
つまり、1mm^3 の百万倍は
(1mmの2桁上)^3 = (100mm)^3
  = (10cm)^3
ところが、1Lは一辺10cmの立方体の体積なので、
  = 1L


というわけで、
どちらも百万倍したら1Lになりましたので、1μLと1mm^3 は同じ体積です。


人気Q&Aランキング