酸化された銅を塩酸に入れると光沢が戻ると思いますが
そのときに起こっている反応を化学式を交えて教えてもらえないでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

塩酸」に関するQ&A: 塩酸と硫酸の判別方法

A 回答 (6件)

masa1000rx さんが回答されている通りです。



 空気中の酸素との反応によって銅は表面が酸化されて,酸化銅の被膜ができます(2Cu + O2 → 2CuO 銅の酸化数が 0 から +2 になるので酸化反応です)。

 この状態のものを塩酸に入れると,masa1000rx さんが回答されている反応が起こって,塩化銅ができ溶解します。この反応をもう少し細かく書くと,CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O となります。この時,銅の酸化数は +2 から +2 と変化しないので,この反応は酸化還元反応ではありません。

 一方,金属の銅はイオン化傾向が水素よりも弱いため,水素イオン(H+)に代わってイオン(Cu2+)になる事ができません。

 結果として,金属の銅が表面に現れて光沢が戻ります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かなり分かってきたような気がするのですが
追加で質問させていただいてよろしいでしょうか?。
 1.CuOはなぜCu2+とO2-にわかれるのでしょうか?。
 2.塩化銅は塩酸に溶けるのですか?。
教えてください。
お願い致します。

お礼日時:2001/02/09 23:19

rei00 です。

お礼拝見しました。お返事が遅くなりましたが,もう問題は解決しましたでしょうか。

>rei00さんはこの分野にとても詳しいので
いえそんな事はありません。むかし高校と大学の教養課程で学んだ事を思い出しつつ,若干の検索結果を元に回答しているだけです。あ,「経験者」っていうのは昔勉強したって事で,銅関係の仕事や研究の経験者ではありません。あしからず。

>甘えるようで申し訳ないのですが再び質問をさせてください。
質問はいくらしていただいてもかまいません。遠慮なさらずに。ただ,私が回答できるとは限りませんので,別質問とされた方が良いかも知れません。

>1.CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2Oのように反応が起こるのはなぜですか?。このようになった方がエネルギー的に安定するのでしょうか?。
エネルギ-的に安定するといえばそうです。本当の所は私にもよくわかりません。お許し下さい。

>2.[Cu(H2O)6]2+ は錯イオンっていうものですか?。また、[Cu(H2O)5]2+でもなく、[Cu(H2O)7]2+でもなく[Cu(H2O)6]2+の形を取るのはなぜでしょう?。
そうです。錯イオンです。なぜ [Cu(H2O)6]2+ の形を取るかですが,銅イオンの周りには電子対(2個の電子)が入る軌道と呼ばれるものが,6個空の状態であります。ここに電子対が入ったほうが安定になるので,電子対を持ったものが存在すると錯イオンを形成します。

>3.塩素は単にCl-の形で存在しているのですか?。
H3O+ などの+のものが近くにいるかも知れませんが,殆どその影響は考えなくてもよいと思います。

他の関連質問も拝見しましたが,中々勉強熱心な方とお見受けいたします。この際ですから,高校か大学教養程度のレベルから少し勉強されてはいかがですか。今お持ちの疑問点と照らしあわせながら勉強すれば,そんなに難しくありませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

rei00さんご回答ありがとうございました。
数回に分けてとても詳しく説明いただいたので
ほぼ理解することができました。
他の質問にも答えていただいて恐縮です。。。

他の質問もそうなのですが
私が今、化学関係の記述を見ていて一番引っかかるのは
「次のように反応が進みます。」と反応式が書かれているのですが
(例えば今回のCuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O)
なぜその反応式のように反応が進むのかが理解できないことです。
rei00さんのおっしゃるように
高校の化学からやりなおしてみます(ちょっと面白くなってきたので)。
といっても高校ではあまり化学やらなかったのですが。。。
もちろん大学ではやっていません、、、

ちなみに大学教養レベルで良い教科書あったらご紹介いただけませんか?。
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/02/22 21:27

rei00 です。

お礼拝見しました。
「かなり分かってきたような気がする」との事,回答してよかったです。

>1.CuOはなぜCu2+とO2-にわかれるのでしょうか?。
CuO という一つの分子があって,Cu2+ と O2- に別れるのではありません。CuO は分子式ではなく組成式です。酸化銅という物質の中に Cu2+ イオンと O2- イオンが 1:1 で存在すると言う事を示しているだけです。つまり,Cu と O は元々 Cu2+ と O2- の状態で存在しているわけです。ただ,水に溶けにくいため固体として表面にくっついているわけです。

>2.塩化銅は塩酸に溶けるのですか?。
塩酸に溶けるのではなく,水に溶けるのです。下の回答で「CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O」と書きましたが, Cu2+ イオンの周りには水分子が存在して実際は [Cu(H2O)6]2+ の形になっています。この [Cu(H2O)6]2+ の形が酸化銅(CuO)からはできにくく,水に溶けない訳です。しかし,塩化銅(CuCl2)から [Cu(H2O)6]2+ の形が簡単にできるため,塩化銅は水(この場合塩酸)に溶けます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

追加質問にも丁寧に回答していただいて感謝しています。
rei00さんはこの分野にとても詳しいので
甘えるようで申し訳ないのですが再び質問をさせてください。
なにぶん化学の知識がないもので回答をいただくと
その内容についても疑問が出てしてしまいます。。。
 1.CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2Oのように反応が起こるのはなぜですか?。
  このようになった方がエネルギー的に安定するのでしょうか?。
 2.[Cu(H2O)6]2+ は錯イオンっていうものですか?。
 また、[Cu(H2O)5]2+でもなく、[Cu(H2O)7]2+でもなく
  [Cu(H2O)6]2+の形を取るのはなぜでしょう?。
 3.塩素は単にCl-の形で存在しているのですか?。
いろいろ質問してすみませんがお願いします。 

お礼日時:2001/02/15 20:14

2Cu+2HCl→H2+2CuCl


ってところですね。 銅が溶け、水素が発生します。

しかし、酸化銅が還元されるわけではなく「銅の表面が一層溶けて綺麗な面が出てくる」というだけの事で、酸化銅やその他の不純物は、ビーカーの底に沈んでいるはずです(あるいは、酸化銅自体でイオン化するのでしょうか? この点については、不勉強で判りません)。
ですから、汚れた銅板が塩酸に漬けたらきれいになるという現象は、銅板表面をヤスリで削って鏡面加工するのと原理的にはかわらない、物理的な現象です。 それ自体を化学式ではあらわせません。

実際の酸化銅の還元については、下のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.tamagawa.ac.jp/gakubu/CHUGAKU/micohp/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ただ、銅は塩酸には溶けないようです。。。
イオン化傾向が関係しているみたいですね。

お礼日時:2001/02/09 23:08

 酸化銅は塩酸に溶けますが、銅が普通の条件では塩酸に溶けないため、表面の酸化銅のみが除去され、金属銅の光沢が見えてくるのが原因です。



 このときの 反応は
CuO + 2HCl -> CuCl2 + H2O
ですよね。

 もし、レポートなのだったらなぜ銅が溶けないのかも書いてみれば、評価アップかも知れません。「金借るな、まあ当てにすな、ひどすぎる借金。」って習いませんでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徐々に分かってきたような気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/09 23:07

回答といえるかどうかわかりませんが、一例としてハンダ付けの際のフラックスの役目についての解説が下記のURLにあります。

参考になればよいのですが。

参考URL:http://lab.ee.uec.ac.jp/text/soldering/flux.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、ちょっと違うみたいです。
でも、「参考URL」は参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/02/09 23:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食塩水と塩酸の比重

 食塩水と塩酸の比重を濃度別にグラフか表で教えてください.あとできればプラスチックの代表的なものの比重も教えていただけるとありがたいです.

Aベストアンサー

 ご質問の意図は何でしょうか。比重は温度にも依存して変化しますので,ここに書くのは困難だと思います(グラフは書けませんから,各数値を書き込まねばなりません)。

 確認してませんので実際に載っているかどうかはわかりませんが,「化学便覧」や「理科年表」等をお調べになるとあるかも知れません。

Q酸化還元の化学反応式について

あるものとあるものの科学反応式を求めよってやつでまずeみたいな記号を消してそのあとに何かを加えるんですが何を加えたらいいかってどうやってわかるんですか?

Aベストアンサー

>>最後にKをいれましたけど、どこにKを入れたらいいっていうのがわかるんですか?
はじめは陰イオンと陽イオンは釣り合っていましたね。
最後も同じように釣り合います。ですから、最後にカリウムを入れた場所はみんな、一つ前の式で(-)マイナスイオンが残っている場所です。カリウムイオンを入れて釣り合わせただけです。
#1のはじめの方にも書きましたがカリウムイオンは水の中で完全に陰イオンと分かれてしまうため、考えなくて良いのです。電荷さえ釣り合っていればそれで構いません。
>>一番最後に4O(2_)が4k2Oになるんですか教えて下さい。
O(2-)は酸素原子が電子二つを貰った、酸化物イオンです。実際には水の中では存在しませんが、この式の中に水を書き加えるとややこしいので除いてしまってあります。カリウムイオンが付くとK2O:酸化カリウム、水と反応すると2つの水酸化カリウムになります。
K2O + H2O→2KOH
KOHもこの形で水の中には存在せず、K+とOH-に分かれています。

Q比重を使った熱化学の計算

塩化水素3.55gを水に溶かし塩酸1995gを調整し,25℃に保たれた断熱容器に入れた。
この塩酸に水酸化ナトリウム5.00gを加えて溶解させたとき,水溶液の温度は何℃上昇するか。
塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱を56.5(kj/mol),水酸化ナトリウムの溶解熱を44.5(kj/mol)とし
水溶液の比熱を4.18(j/g.℃),比重を1.00とする。
反応によって生じた熱はすべて溶液の温度上昇に利用されるものとする。

この問題の比重はどう使うんでしょうか。

水酸化ナトリウムの溶解熱と塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱の和が,
Q=(44.5×5.00/40 + 56.5×5.00/40)×1000(j)

Q=4.18×(1995+5.00)×?℃

では間違いですか?
そもそも比重となんなのか・・・
検索してみても「基準物質と比べた密度比」「密度と比重は違う」「比重は単位を含めた数」などとでてきました。・・・ちんぷんかんぷんです。

「1Lの塩酸(比重1.05)の質量は1.05kg」と書いてあった文があったので,
比重の単位は(kg/l)なのかとも思いましたが・・・
基準物質によって単位が変わるなら,上の問題での比重の単位はどうなるんでしょう。

教えてください。(+o+)

塩化水素3.55gを水に溶かし塩酸1995gを調整し,25℃に保たれた断熱容器に入れた。
この塩酸に水酸化ナトリウム5.00gを加えて溶解させたとき,水溶液の温度は何℃上昇するか。
塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱を56.5(kj/mol),水酸化ナトリウムの溶解熱を44.5(kj/mol)とし
水溶液の比熱を4.18(j/g.℃),比重を1.00とする。
反応によって生じた熱はすべて溶液の温度上昇に利用されるものとする。

この問題の比重はどう使うんでしょうか。

水酸化ナトリウムの溶解熱と塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱の和が,
Q=(4...続きを読む

Aベストアンサー

密度は単位体積あたりの質量と定義され通常はg/cm^3などの形で使われますね。それに対して。比重は、基準となる物質の密度を1としたとき、その物質がいくつになるかを比で求めたものです。液体の場合では物質の質量と、その物質の同一の体積を有し、かつ圧力 1気圧 の下における純粋の水の質量との比として表わされます。ここでは比重が1としていますので、水の密度と同じということになります。したがって反応が行われても水の系で考えればよいということを述べていることになりますね。
ところで問題の内容ですが次のようになりますね。
初めに調製した塩酸溶液に含まれる塩酸の物質量は塩化水素のモル質量が36.5ですから
3.55 / 36.5 = 0.0973 mol
水の量は 1995 - 3.55 = 1992 g
加えた水酸化ナトリウムの量は5.00gですから物質量は
5.00 / (23.0+17) = 5.00 / 40.0 = 0.125 mol
溶液中に含まれた塩酸に比べて加えた水酸化ナトリウムの量は多く、中和した水酸化ナトリウムの量は0.0973 mol となります。また、中和反応によって生成した水の量は
0.0973 * 18 = 1.75 g
そこで発熱量の件ですが初めに水酸化ナトリウムが水に溶ける時の溶解熱を求めます。
水酸化ナトリウム0.125 molが溶解するのですから
0.125 * 44.5 *1000 = 5563 J
中和反応に使われた塩酸や水酸化ナトリウムの物質量は 0.0973 mol ですから
0.0973 * 56.5 * 1000 = 5497 J
したがって発生した総熱量は
5563 + 5497 = 11060 J
この溶液に含まれる水の量は
1992 + 1.75 = 1994 g
水1gの温度を1℃高めるのに必要とする熱量は4.18 Jであるので
この溶液に含まれる水を1℃高めるのに必要な熱量は
1994 * 4.18 J
したがって11060 Jの熱量がすべて水の温度上昇に使われたとすれば
11060 / (1994 * 4.18) = 1.33 ℃初めの温度が25℃ですから中和反応後の溶液の温度は26.3となります。

密度は単位体積あたりの質量と定義され通常はg/cm^3などの形で使われますね。それに対して。比重は、基準となる物質の密度を1としたとき、その物質がいくつになるかを比で求めたものです。液体の場合では物質の質量と、その物質の同一の体積を有し、かつ圧力 1気圧 の下における純粋の水の質量との比として表わされます。ここでは比重が1としていますので、水の密度と同じということになります。したがって反応が行われても水の系で考えればよいということを述べていることになりますね。
ところで問題の内容です...続きを読む

Q塩化銅水溶液に電流を流して電極に起こる変化を調べる実験なんですけど、

塩化銅水溶液に電流を流して電極に起こる変化を調べる実験なんですけど、結果は
塩化銅を水溶液にすると、銅イオンと塩素イオンに分離することはわかります。
ただ、それがどうやってわかるのですか?
褐色の銅が出てくるんでしょうか・・・・
塩素、銅だとなぜわかるのか教えてください。
中学3年生のレベルでお願いします。

Aベストアンサー

 ちょっと違います。
 塩化銅は、水溶液状態で銅イオンと塩化物イオンに電離します。
 これに電流を流すと、負極に銅イオン、正極に塩化物イオンが近づいていき、負極で銅イオンは電子を受け取って銅単体に、正極で塩化物イオンは電子を放出して塩素単体になります。
 これを、それぞれ分析します。
 負極には銅に特有の、赤銅色の金属が表れます。
 正極は泡が出てきて、それを集めると塩素特有のにおいがします。
 これ、他のものにはない特徴なので、塩素だ、銅だとわかるというわけですが。

 一応、高校レベルになると物質特有の検出方法というものが取り上げられると思いますが、中学レベルではこのあたりでしょうか。

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。

Q銅めっきとニッケルめっきの反応式

硫酸化銅水溶液と銅、鉄板を用いた銅めっきと硫酸ニッケル水溶液とニッケル、銅板を用いたニッケルめっきの両極での化学反応式を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>両極での化学反応式
硫酸銅溶液に鉄板を浸すと、鉄が溶け銅が析出してきます。でもこの場合、鉄が溶け出す部分が出来るので、完全なメッキにはなりません。
また銅板と鉄板を電線でつなぎますと鉄はどんどん溶け出し、銅板の上に銅が析出するばかりで全く銅メッキにはなりません。(電池になります)
形式的にはニッケルも同じことが起きます。しかし鉄ほど速くは起きません。

これらのメッキには電気が必要です。
銅メッキ
銅極(+) Cu →Cu2+ + 2e-
鉄局 (-) Cu2+ + 2e- → Cu↓

ニッケルメッキ
ニッケル極 (+) Ni → Ni2+ + 2e-
銅極 (-) Ni2+ + 2e- → Ni↓

Q比重について

「希塩酸は塩酸の濃度が約10w/w%溶液である。希塩酸を作るためには、濃塩酸と水を体積比1:3で混合する。希塩酸の比重を求めよ。ただし、水の密度を1.0g/cm3とする。」という問題なのですが、考え方と答えがわからないので教えてください。

Aベストアンサー

例えば400mLの希塩酸を作りましょう。
すると濃塩酸100mLと水300mLを加えます。
濃塩酸の中の塩化水素の濃度は100mL×10wt%なので10g
400mLの希塩酸中に塩化水素10gが含まれていますから、410g/400mL
が密度になるはずです。

Q化学反応について

学校でリナパス(しょうどく)とハンドソープを混ぜたら、水よりも泡が消えるのが早いです。
科学反応を起こしたのでしょうか?
成分によってって違うと思いますが、何と何が科学反応を起こしたのでしょうか?
いろいろ質問が多いですが、回答よろしくお願いします。
カテゴリが違うかも知りませんがよろしくお願いします
長文すいません

Aベストアンサー

消毒薬に含まれるエタノールが水と混ざって表面張力が下がり、泡が消えたと思われます。

Q濃度と密度と比重の関係

(1)密度0.01g/cm^3の食塩水のwt%とモル濃度、
(2)比重が1.18,濃度が36wt%の濃塩酸のモル濃度、
 をもとめたいのですが、いまいち関係がわからなくて、それぞれの単位は分かっているのですがうまく変換できなくて計算ができません。どなたか求め方を教えてください。

Aベストアンサー

(1)#1さんがおっしゃってるとおりこの密度はありえません。ちなみに密度のみからwt%とモル濃度を求めることは不可能です。

(2)#1さんの回答は間違ってますね。ちょっと詳しく書くと↓こんな感じになります。
このHClの1Lに含まれているHClの量は、
1000*1.18*0.36=424.8(g)
塩酸のモル重量は36.5g/molですから、
424.8(g)/36.5(g/mol)=11.6(mol)
となるわけです。

Q家庭でできる化学反応の実験

夏休みの宿題で化学反応に関する実験をするのですが、何も見つからないのです。
何か家庭でできる簡単な化学反応の実験を知りませんか?
知ってたら教えてください

Aベストアンサー

1 水の電気分解。水素と酸素ガスを作る。

2 食塩水とアルミ箔を使った電池。

3 ドライアイスを使ってロウソクの火を消す実験。

4 食用油を使った石けんの製作。
  水酸化ナトリウムなどが手に入らなければ、食塩水を電気分解するか、バーベキューで残った炭の灰の水溶液を使う。

5 パラフィンを使ったロウソクの製作。パラフィンの性質を知る。

 ざっとこんなもんかな。劇薬は手に入らないのでね。制約が多いです。それぞれの方法は、キーワードでネットで捜して調べてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング