ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

もしも特定調停などで債務整理をした後、現在住んでいるマンションの賃貸契約は続行および更新されるのでしょうか? 現在、借金があり自己破産以外のなんらかの方法で債務を整理しようと考えています。 しかしながら、債務整理をして借金免責を受けた事実が発覚すると、現在住んでいるマンションの賃貸契約を解除されてしまうのではないかという心配があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは!


大手不動産屋さんが介入している様な物件にお住まいで、クレジットカードでの支払い(家賃)となるとまずいでしょう・・・。
振込みや手渡し等の支払い方法であればバレる事も無く問題ありません。
自分は特定調停後、2年で債務を完済して完済後から3年経過している者です。ずっと賃貸(前後と同じ場所)に住んでおります。
住み替えるなら、町の不動産屋さんの物件がお勧めです。
保証人さえ立てれば問題なく契約出来ます!!
早く綺麗になって愚かな頃の自分にさよならしましょう!!
    • good
    • 0

補足です。


特定調停などの債務整理をされたとしても賃貸契約の続行や更新にはまったく影響ありません。債務整理をされたとしても誰にも知られることはありません。マンションの賃貸契約の解除というのは考えられません。
    • good
    • 0

もしかすると、債務整理すると契約解除の理由にされてしまうかもしれません。

質問者のかたがマンションの家賃を滞納していたり、マンションの中で問題になっているのであれば。しかし、そうでないなら、大家さんは質問者の方がでていくと次に入る方を探さなくてはなりませんし。その間、家賃も入りません。ですから、債務整理後、きちんと債務整理後支払いをし。家賃も遅れることがなければ賃貸契約解除にはならないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にご回答頂きありがとうございました。

家賃は滞納してはいませんが・・・心配です。

お礼日時:2008/03/14 02:59

債務整理は法律上、賃貸契約の解除の理由にはなりません。

賃貸契約書には債務整理を行なった場合、契約を解除されてしまうのかなとおもわれる記述があります。ですが、大家さんにとっては質問者の方が債務整理後、支払いをきちんとこなして、家賃を毎月支払っていればなんら問題ないと思います。
詳しくはご相談を無料で受けていただけるボランティア団体もあります。「にじの会 過払い」でYAHOOで検索されると、トップに出てきます。話されてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にご回答頂きありがとうございました。

ボランティア団体の情報まで頂きありがとうございます。

お礼日時:2008/03/14 02:56

 大家しています。



 契約書をご覧下さい。大抵『借主の破産等の場合』の記載があると思われます。通常はこの規定に則ります。

 ただ、大家や管理会社は官報を見ているわけではありませんので借主が破産したり債務整理したことは一次的にはわかりません。

 ただ、保証会社が介在している物件ですと更新時の保証の再契約が出来なくなることは考えられます。通常これは契約解除の理由になります。

 又、借主から預かっている敷金は差し押さえの対象となりますので大家にそこから連絡があり、大家の知るところとなる場合もあります。契約上、破産や債務整理が契約解除の条件となっていればこれでアウトです。

 一般には、破産や債務整理に至る過程やその後には家賃の滞納が発生しますが、いずれにしてもそのまま住み続けるには経済的に無理が生じてくるのではないでしょうか。生活の質を落とさずに債務整理を考えても余程寛大な債権者でない限り、それは債権者が許さないでしょう。債務者にとって免責は火災の中から命からがら逃げ出したようなものですが、債権者にとっては“合法的な泥棒”に遭ったみたいなものですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にご回答頂きありがとうございました。

回答者様がおっしゃる通り、契約書に借主の破産等の場合の記載が
あったため、心配になって今回質問するにいたりました。

私の場合、保証会社が介在している物件なのでやはり債務整理後の
賃貸契約続行は難しいのですね。

もう一度よく考えてみます。

お礼日時:2008/03/14 02:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産で管財人が付いた場合

自己破産で管財人が付いた場合

困っています。
自己破産申請中です。
自己破産で管財人が付いた場合どんなことが起きるのでしょうか?
不安で仕方ありません。
財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。

一般的に、不動産等高額な財産がある場合は管財人が選任されますが、財産も少額で負債も少額な場合(数百万円程度)は、管財人の選任は実務ではないです。
その場合は、破産宣告と同時に「廃止決定」と云う決定がなされ、それで破産は終結します。
後は、免責申請して、認められれば終わりです。
管財人が選任された場合の管財人の仕事は、その不動産の調査等、債権者と債務者両方の利益を考え進めますので、予納金だけでも最低200万円ほど積む必要があり、長期間かかります。
一般的には、財産、負債とも数千万円から数億円以上の場合です。

Q自己破産者の賃貸契約について

現在25歳 女性

3年程前に家の事情で自己破産をし、免責を取りました。
生活も落ち着き、6月から正社員として就職することができ現在住んでいる実家をでて一人暮らしを始めようと考えています。
両親が高齢の為、兄が連帯保証人になるのですが・・・
初めて部屋を探すので、賃貸契約の審査が通るかどうかが心配です。

去年は派遣社員として働いていて、収入の証明もできます。
今年の給与明細も手元にあり、(手取りで17~18万程度ですが)正社員で就職できたのでボーナスも出ます。

保証会社の審査があるところは避け、クレジットカードを作らなければならないところも避けて探しています。

その他、注意すべき点があればアドバイスをお願いします。

できることなら不動産会社にその事実を伝えずに契約したいと考えています。

Aベストアンサー

結論から申しますと、問題なく借りられる物件も多数御座います。
マンション(家主)によっては、家賃をカード支払で指定してくる物件もあるので、そういった所は避けた方が無難でしょう。
賃貸保証についても、そんなに問題は無いです。
極端な話、カードのブラックリストに入っている方でも審査が通る賃貸保証会社も多数御座います。
不動産屋によってはカード支払の物件を出してくることももちろんあるでしょうが、借金を肩代わりした…などと適当な理由でカードはダメと、あらかじめ言っておいても問題はないでしょう。
仲介業者はあくまで契約を取るのが仕事ですので、門前払いされるということはまず無いですしね。
破産はそれほど重要視する部分ではないので、ひとまずは御安心下さい♪

Qアパートの契約更新について

住んでいるアパートの契約更新について教えてください。
私は今求職中で無職です。
契約更新は2回目なのですが、無職でも更新はできますか?
もしくは退職したことは言わずに勤務先に前職の会社名を書いたほうがいいでしょうか。更新時、会社に在籍確認はされるのでしょうか。
虚偽の内容を書くのは良くないことは分かっています。
銀行の預金残高の証明書を発行してもらって…という意見もどちらかで読みましたが、それは難しいです。
積和不動産が管理している物件です。
すぐに仕事をするつもりでいたので、決まったら更新手続きしようと思っていたのですが、なかなか仕事が決まらず更新期限がせまってきたので、ここで相談させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大家してます

無職...契約時は審査で重要な項目ですが更新時には無関係です

大家は入居者が無職であることを理由にしての更新の拒絶は出来ません
なので「更新時、会社に在籍確認」もしません

それが出来ると定年退職者は住むところが無くなります

ただ、緊急連絡先や日中の連絡先に指定されているなら連絡先を変更してください

>銀行の預金残高の証明書を発行してもらって・・・

契約時の事では?

勤務先欄には「求職中」で構いません
格好悪ければ「自営業」にされては?

うちでは更新時に改めてこちらから勤務先を聴くことは有りません

契約書本体にも「勤務先欄」は無いと思いますよ
有っても別紙でしょう

Q任意整理依頼中。債権者に訴訟を起こされました。

7件400万弱の借金を抱えている多重債務者です。
昨年の10月に弁護士に任意整理を依頼しました。
現在は、弁護士が債権者と交渉してくれています。
弁護士に問い合わせても回答が得られなかったので教えてください。

実は、昨日、裁判所から訴状が届きました。
「原告:モビット」「被告:私」です。
昨日の昼に弁護士事務所の方と話をしており
「全ての債権者と順調に話が進んでいるので、
3月中旬には全ての債権者と和解が成立するだろう」
と言われたばかりでしたので、家に帰って訴状が届いていたのに
非常に驚いてしまいました。

弁護士との契約時に「訴訟を起こされることもある」とは聞いていましたが、
どういった場合なのかは聞いても教えてくれませんでした。
「例えばの話で構わないので、一例だけでも教えてください」と言っても、
回答はありませんでした。
今朝、弁護士に訴状が届いたことと、転送することを伝える電話をし、
その際にも「どういう状況なのか、今後の流れは?」
「債権者側の意図は何か?」など聞いてみましたが、
やはり回答は得られませんでした。

債権者側が訴訟を起こすのは、どのようなケースなのでしょうか?
ただ単に弁護士の和解の提案に応じられないということですか?
「任意整理後に支払ができなくなった場合に備え、
給与等の差し押さえをすることができるよう、債権者が訴訟を起こす」
という記述をネットでみかけたのですが、これは正しい情報ですか?

でも、もしこのような理由だったら、弁護士が教えてくれてもよさそうですよね。
今朝は、あまりにも露骨に話をそらされたので、
何か深刻な状況でもあるのではないかと不安に思っています。

7件400万弱の借金を抱えている多重債務者です。
昨年の10月に弁護士に任意整理を依頼しました。
現在は、弁護士が債権者と交渉してくれています。
弁護士に問い合わせても回答が得られなかったので教えてください。

実は、昨日、裁判所から訴状が届きました。
「原告:モビット」「被告:私」です。
昨日の昼に弁護士事務所の方と話をしており
「全ての債権者と順調に話が進んでいるので、
3月中旬には全ての債権者と和解が成立するだろう」
と言われたばかりでしたので、家に帰って訴状が届いていた...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。
  http://sim.fc2web.com/rooba/seiri/nin-toku.html
  この中で、「裁判訴状が来た」に具体的な対処方法が出ています。

では。

Q賃貸契約更新時の連帯保証人について

初めて賃貸契約したアパートの更新手続きの書類が届き。
必要事項に連帯保証人のサインと、印鑑証明が必要と記載されておりました。
契約時は兄妹に連帯保証人になってもらったのですが、仕事などでなかなか会えないため。
パート勤めの母親に変更しようとしたところ、管理会社に相談をしたら「保証人を変えると再審査になる」と言われました。

上記の事を踏まえて2点教えて頂きたいのですが…
1)賃貸契約更新時に保証人を変更すると再審査になるのは一般的なのでしょうか?
2)賃貸契約更新時に連帯保証人の印鑑証明が必要なのは一般的でしょうか?

契約は2年ごとでして。
物件は気にいっているので、出来れば長く住みたいのですが。
もし、毎回契約更新時に印鑑証明が必要であれば、ここに住み続けるべきか悩みます。
あと、これが一般的でないようでしたら、引越すべきなのかなとも考えております。

上記の審査のせいか、たしかに今のアパートで騒音や困ったことに出会わず。
快適なのですが…。

Aベストアンサー

こんにちは

ごくごく一般的な更新のシステムですね

特別に厳しいわけでもないので、そのせいでトラブルがないわけではなく、優良物件なんでしょう
個人的には、それだけで引っ越すのはもったいような気がします


1)賃貸契約更新時に保証人を変更すると再審査になるのは一般的なのでしょうか?

入居審査の際、保証人さんの内容も記入されたと思います

質問者さんだけでなく、保証人さんのお仕事、年収等も含めて、「審査OK」になっていますので
保証人を変える場合、再審査になるのは仕方のないことです

保証人は借主と同等の義務を負う、契約上、非常に重要な存在ですので
簡単に変えたり、辞めたりできるものではありません

よく滞納してしまった知り合いの保証人をやめたいというご相談がありますが
オーナーが承諾しない限り、何ヶ月滞納しようと、契約解除になるまでは辞められません


合意の上での契約ですので、保証人を変えるには、「貸主の承諾」が必要です

お家賃や、オーナー・管理会社の方針にもよりますが
「身内で固定収入のある人(できれば正社員)」が原則のケースが多いので
パートのお母様では、残念ながら、審査が通らないかもしれません

どうしても書類のやり取りがご面倒なら、「保証会社」を使うという手もあります
個人の保証人をつけるより安心と考えるオーナーも多いので、変更しやすいと思います

有料にはなりますが、保証会社が保証人を引き受けてくれますので
書類のやり取りは不要な場合が多いです

管理会社がどの保証会社を使っているかで違いますので、確認してみてください


2)賃貸契約更新時に連帯保証人の印鑑証明が必要なのは一般的でしょうか?

一般的です
更新で再度契約書を作るので、書式上必要なのもありますが
安請け合いで出せるような書類ではないので、「保証人の契約意思確認」の意味もあります


以上、参考になれば幸いです

こんにちは

ごくごく一般的な更新のシステムですね

特別に厳しいわけでもないので、そのせいでトラブルがないわけではなく、優良物件なんでしょう
個人的には、それだけで引っ越すのはもったいような気がします


1)賃貸契約更新時に保証人を変更すると再審査になるのは一般的なのでしょうか?

入居審査の際、保証人さんの内容も記入されたと思います

質問者さんだけでなく、保証人さんのお仕事、年収等も含めて、「審査OK」になっていますので
保証人を変える場合、再審査になるのは仕方のないことです

保...続きを読む

Q家賃保証会社から更新の案内が来たのですが

一年程前に仲介屋を通じて、敷金、礼金などなしで賃貸アパートを借りましたが、
その際に入った(仲介屋か管理会社に強制的に入らされた)家賃保証会社から更新の案内が来たのですが更新する義務はあるのでしょうか。
一年前に契約するときに親に保証人としては判を押してもらっているうえで、入らされた経緯があり、また、入居後1ヶ月程で管理会社も売り払ったようで、現在は家賃を別の管理会社に支払っている経緯があります。

Aベストアンサー

不動産会社の者です。

ご参考下さい。

賃料保証会社の加入とご両親が連帯保証人になっている事とは関係ないと思います。
なぜなら、賃貸借契約の条件に「賃貸借期間発生中の加入義務」があれば
保証人の有無にかかわらず加入しなければ違約となります。

保証会社=連帯保証人と考えている方が多いようですが、私の見解は「別物」です。

多くの保証会社は、借主の「賃料債務」の保証を行い、連帯保証人は「全ての債務」を
保証するという場合が多いと思われます。

従って 責任範囲が 保証会社<連帯保証人と考えるわけです。

弊社の契約書では・・・
「本契約は、借主と保証会社である●●●●との間に保証委託契約が成立している事を前提に締結されている為、保証委託契約が満期解約・中途解約・未更新となった場合、貸主の同意が得られない限り本契約は即時解除となることを借主は了承しました」と記載を入れてます。

尚、1カ月後であれ、3日後であれ前貸主様が新貸主様に当該物件を売却した場合、賃貸借契約の条件はそのまま引き継がれます。従って管理会社の変更等があっても振込先や連絡先が変更になるだけで「賃貸借契約そのもの」に影響しません。

逆に貸主様や管理会社の変更時に「賃貸借契約の条件や内容」を簡単に変られるのであれば、借主様に「不利」な内容にも変更出来てしまいませんか? 例えば新貸主に変更時に今までなかった費用の請求や、連帯保証人だけだったのに保証会社も加入して下さいとか・・・

結論:原契約(一番初めに交わした契約)優先で、貸主変更されても基本何も変らないと言う事です。

不動産会社の者です。

ご参考下さい。

賃料保証会社の加入とご両親が連帯保証人になっている事とは関係ないと思います。
なぜなら、賃貸借契約の条件に「賃貸借期間発生中の加入義務」があれば
保証人の有無にかかわらず加入しなければ違約となります。

保証会社=連帯保証人と考えている方が多いようですが、私の見解は「別物」です。

多くの保証会社は、借主の「賃料債務」の保証を行い、連帯保証人は「全ての債務」を
保証するという場合が多いと思われます。

従って 責任範囲が 保証会社<連帯保証人と...続きを読む


人気Q&Aランキング