【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

英語版Youtubeのトップページにビデオを紹介するコーナーとして
Videos being watched right now 
とありますが、
質問(1)この「being watched right now」は分詞の後置修飾であると解すべきか、それとも、Videosが動名詞being watchedの主語である
とするのか、わかりません。

ここで分詞の後置修飾であるとすると、疑問が浮かびます。
「being」の存在とその意味です。
本来、他動詞を過去分詞にすることによって受動態のニュアンスがでる
ので
質問(2)「being」を抜いた Videos watched right now でも良いと思うのですが、問題はあるのでしょうか。
(そもそも、分詞の後置修飾でbeing done はありえない と思っています)

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これは、後置修飾という説明でもいいのかもしれませんが、一般に新聞の見出しやタイトルなどに見られる文体で、名詞(主語)の後にくるbe動詞を省略した形だと考えるのがより自然だと思います。



例えば、http://club.japantimes.co.jp/special/jt/ の真ん中よりやや下にある「英字新聞を読み解くポイントとなる見出しのルール」の3、「be動詞は省略」にあるとおりです。

つまり、件の場合、Videos are being watched right now. の見出しヴァージョンだと思います。日本語ですと、「ヴィデオ放映中」とか、「視聴可能ヴィデオ」ぐらいはどうでしょう。 

Beingの意味についてはご回答#1の方もおっしゃっているように、現在進行形の受け身ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見出しのルールにbe動詞の省略があるとは知りませんでした
納得できました。ありがとうございました

お礼日時:2008/03/10 19:22

>質問(1)この「being watched right now」は分詞の後置修飾であると解すべきか、それとも、Videosが動名詞being watchedの主語である


とするのか、

分詞の後置修飾の場合は、修飾される名詞に意味の中心があります。
動名詞の意味上の主語のときは、動名詞のほうに意味の中心があります。

分詞の後置修飾の例:The vace broken by Tom was worth ten dollars.
動名詞の意味上の主語:His father was pleased at his going to America.

>Videos being watched right now
は、あくまで、ビデオのことを言っているので分詞の後置修飾です。

>質問(2)「being」を抜いた Videos watched right now でも良いと思う

それでは、意味が多分混乱します。right now は、just nowと違って、「今正に」と言う意味ですから、現在進行形との相性がいいのです。just nowなら、「たった今」と言うことでほんのちょっと前の過去を表しますから、Videos watched just now「たった今見られたビデオ」の意味でOKです。

>分詞の後置修飾でbeing done はありえない

後置修飾ではないですが、「アメリカで生まれたので、彼は英語がうまい。」は、Born in America, he is a good English speaker. ですが、
これを、Being born in America...とやってしまうと、「今、正にアメリカで生まれている」の意味になってしまいます。
これと同じで、「今、正にそうだ」の意味を出すには、進行形しかないので、受身の進行形もありえます。the letter being read aloud なら、「正に声に出して読まれている手紙」の意味になりますし、the letter read aloud なら「声に出して読まれた手紙」です。
    • good
    • 2

Videos being watched right now 


見られていたビデオ

Videos watched right now
見られたビデオ 

受動態の進行形で行けませんか。
    • good
    • 1

分詞の後置修飾でいいと思います。


このbeing は受動態の進行形ということを表していますね。
videos (which are) being watched right now
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分詞構文で、コンマがある場合とない場合があるのは

どうしてかよくわかりません。参考書の中に、次の2つの例文が出ていました。
I walked around the town taking pictures. (コンマなし)
写真を撮りながら、私は町を散策した。

We sat up all night, talking on the phone. (コンマあり)
電話で話しながら、私たちは夜を明かした。

コンマがある場合とない場合で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語はIのままですね。

I walked around the town taking pictures.

I walked around the town with my friend taking pictures.
上記例題2の分詞構文と同じでtaking picutureの主語はmy friendとなる。

I walked around the town with my friend who was taking picutres.
故に、カンマを省略してはいけないが、

I walked around the town taking picutures.
の場合は本来ならば、上記の解釈のようにtaking picturesの主語はtownになるべきである。しかし、町は写真など撮れないために, 主語はIでカンマが省略されているであろうと読み手が考えるだけ。

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

Aベストアンサー

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなったものとあきらめる」

2 in general, of late, in short, in vain のような慣用句は日本の辞書では
general, late などを例外的にこの句の場合のみ名詞と扱っていますが,
英英辞典ではそのまま形容詞とみなしています。

3 from bad to worse のように相関的に用いる場合

これらはいずれも形容詞が名詞化したと考えることもできれば,
前置詞の後に形容詞がくると柔軟にみることもできます。

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなっ...続きを読む


人気Q&Aランキング