皇居って昔は江戸城ですよね。

つまり400年以上お城だったわけですから

その地下ってトンネルやら隠れ場所やらとピラミッドみたいに

いろいろな秘密の部屋があってもおかしくないと思うのですが

確かなことじゃなくてもいいのでいろんな説でもかまいません

教えてください。ちなみに北朝鮮には工作員のために地下に東京都市

そっくりの模擬地下都市とつくって土地勘をならすために訓練している

ってテレビで紹介してました。地下にはいろんなものがあるんでしょうね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>皇居の地下は何かあるんでしょうか?



幕藩時代の江戸城には、徳川一族脱出用の抜け穴が存在したようですね。
家康は、甲州武田家臣団で土木技術者を大量に雇用しています。
当時の武田家臣団は、土木技術に優れ、城攻撃時にも相手側本丸まで地下に穴を掘って爆薬をしかけたりdしています。
大坂城攻撃時にも、地下に穴を掘っています。
(真田の抜け穴と言われる穴は、家康側の攻撃用地下通路との説が有力)

江戸城の場合、3代まで伊賀者が地下通路を警備していたようです。
先代旧事記には、常にお庭番が本丸・西の丸に常駐し警備・管理していたとの記録があります。
彼らは、一生涯「勤務場所から外出する事が出来ず、婚姻も同僚間で行なった」程、外部との接触を断ち外部に秘密が漏れる事を恐れていたようですね。

明治期には、各都道府県から石を集め、地下駐車場を設けています。
この駐車場は、一種の防空壕だったようです。
(実際に地下駐車場には入れませんでしたが、宮内庁から説明があった)
昭和期には、爆弾の性能が向上した為、石造りの防空壕では耐えられないとの理由でセメント作りの防空壕になりました。
最終的には、松代に皇族用の防空壕建設が始まります。

現在も、この地下駐車場は健在です。
防空壕は非公開ですが、各都道府県から集めた石で作った地下駐車場の屋根部分(皇居への通路)は渡る事が可能です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

いろいろあるんですね。

大変勉強になりました。

世界中にいろんな秘密地下がありそうですね。

お礼日時:2008/03/16 23:13

大真面目に答えれば、コンクリートも電気もない時代のトンネルというのは、余りに危険なシロモノであります。

崩落の危険がありますし、穴を通すにも大変な労力が必要です。よく時代劇なんかで佐渡の金山送りなんてやっていますが、鉱山労働がいかに危険であったかということでもあります。
たぶん万が一に備えて秘密の脱出路くらいはあったでしょうが、それこそ極秘中の極秘であったでしょうね。

昭和以降となると、土木技術の発達もありますから、まあ防空壕とかそういうものは作られていたでしょうね。

個人的にはもし国家存亡の危機のときには皇居の一部がウイインと開いて日本を守る巨大ロボが発進してほしいものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

皇居は世界中にしられてますから

防空壕ぐらいにして、秘密の地下

は他のわかんないとこにありそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/16 23:08

江戸時代には、江戸城の本丸から湯島天神、また西の丸からは、牛込八幡と日枝神社へと掘られた計3本の抜け穴があったという話がありますが、真実かどうかは分かりません。



現在でも地下シェルターがあるとか、どこぞに繋がっている地下通路があるという噂はあります。

私は読んでいないのですが、秋葉俊さんというジャーナリストで作家の方が東京の地下について色々と本を出されているので、これを読めば参考になるかもしれません。皇居の下にも何かあるようで・・・

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

こんな本あったんですね。

おもしろそうです。こそっと進入してみたいです。

やりませんが。

お礼日時:2008/03/15 23:43

戦争中に陸軍が天皇のために作った防空壕が残っている筈です。

詳しくは下記をどうぞ。

参考URL:http://www.sengokushi.com/column/i0060405.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

興味深くみさせていただきました。

でも400年もあったら他にもありそうなんですが

僕の妄想しすぎでしょうか?

お礼日時:2008/03/14 17:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皇居の地下トンネル

皇居の地下トンネルって何処まで続いてたんですか?今でもあるんでしょうか?

Aベストアンサー

どこまで続いてたかは、当時の国家機密。

現在は、首都高の地下部分の工事により寸断、埋没したと言われている。

Qピラミッドの地下へ行ける梯子は当時作られたのか?

エジプトのピラミッドの中には地下に部屋があり、
20メートル下へも梯子で降りれるようになってますが、
その梯子も当時作られたものなのか、発見されてから作られたのかが
わかりません。
もし梯子は当時無かったとしたらどうやって下へ降りられたのかも
謎ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

テレビで幾つか番組をやってましたね。

発掘調査が入ってますので、調査隊が掛けた梯子でしょう。
と勝手に思ってました。疑問に思いませんでした。

観光客に公開されていない場所でも調査隊が入ってます。
テレビ取材班が入った場所はどこも、照明用の電線が壁に張り巡らされていましたよね?

建造当時の工事中は上り下りできるようにしていたのでしょうし、
完成後、人を入れないようにしたかったのならば梯子は不要ですから、無くても不思議は無いと思います。

Q皇居と江戸城

 江戸城があった(?)場所に皇居があると認識していますが、
天守閣や大奥の建物はどうなっているのでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 江戸城の天守閣は四代家綱のときに発生した明暦の大火で焼失し、その後再建されていません。天守閣が合った場所には天守台と呼ばれる土台のみが再建され、現在も残っています。

http://www.viva-edo.com/eh_tensyu.html

 大奥は当初は本丸・二の丸・西の丸にありましたが、本丸と二の丸は1863年の火災で焼失した後再建されてません。西の丸も1873年の火災で消失しました。

Q皇居は江戸城跡で、江戸城は、ほぼ現存しているのか?

少し文字が入らない質問になりましたが、先程テレビで、一般公開されているのか?皇居の話題でした。当方は江戸城跡、皇居には、行った事が無い田舎者ですが、近くには彦根城、伏見桃山城、また、昔は天守閣のある城が、一時くらいはあったのか?それとも平地の城だったのか?までは知りませんが、二条城も有名所です。まぁ、今に至るとどれもさほど広くはありませんが、かなり離れた場所からも、遺跡のようなものが、発見される事もあるようです。また、以前、勤務していた会社の本社が、広島でして、広島駅と広島城は、かなり離れているのですが、その離れた駅の横からも、薬研堀という、土地の名前かと思えば、容易く敵に攻め入られない為の堀の名前と言う事で、『こんな離れたところまで‥』と驚いた事もあります。聞いた話ですと、皇居内には、昭和天皇の為に、小さいながら、何コースか、ゴルフコースのようなものもあると聞きました。さすがに、広島城のように、今となっては、二条城、伏見桃山城、彦根城共に、昔の敷地のままとは行かない状況かと思いますが、皇居の場合、江戸城→落城→皇居建設の過程を経れば、ほぼそのまま、敷地だけは残っているのではないか?と思ったのですが、どうでしょうか?

少し文字が入らない質問になりましたが、先程テレビで、一般公開されているのか?皇居の話題でした。当方は江戸城跡、皇居には、行った事が無い田舎者ですが、近くには彦根城、伏見桃山城、また、昔は天守閣のある城が、一時くらいはあったのか?それとも平地の城だったのか?までは知りませんが、二条城も有名所です。まぁ、今に至るとどれもさほど広くはありませんが、かなり離れた場所からも、遺跡のようなものが、発見される事もあるようです。また、以前、勤務していた会社の本社が、広島でして、広島駅と広...続きを読む

Aベストアンサー

>皇居の場合、江戸城→落城→皇居建設の過程を経れば、ほぼそのまま、敷地だけは残っているのではないか?と思ったのですが、どうでしょうか?
江戸城というのは、彦根城や広島城などとはやや趣が違います。
お城!というには非常に早い時期にシンボルである天守閣が焼失しています。
1657年(明暦3年)
浮世絵などでも、堀や櫓が風景の一部として描かれているだけです。
東京の地図を見ていただくと、皇居の周りに内堀通りというのがあります。
北側の竹橋付近で日本橋方面へ向かう高速道路があります。
この高速の下は堀です。
東京駅の八重洲口の前の通りを東へ行くとこの高速の下を通る形となります。
この通りも堀で竹橋からの堀とつながっていました
西へ行くと有楽町の駅がありますが、その西側にも堀があって、現在の日比谷公園の中で現在見ることができる堀とつながっていました。
この有楽町の駅付近が江戸南町奉行所です。
江戸城の外堀で、現在姿が残っているのは、市ヶ谷駅や四谷駅の前の堀です。
この堀は飯田橋駅の付近で神田川につながりそのまま隅田川まで外堀の役目をは果たしていました。
西側は新橋駅の下を通って赤坂見附まで続く外堀通りというのがあります。
これが堀の名残りです。

堀がひらがな「の」の字のように作られたために、どこまでが町でどこからが城なのか判然としないのが江戸城の特徴です。
江戸時代からこの姿でした。

なぜこのように、ある意味で中途半端な形になったのかというのは地形が大きく影響しています。
江戸城が作られ始めたころは、東京湾の突当りで、現在の東京駅の付近に砂州が東側から突き出した形となっていました。
江戸前島と呼ばれ伊勢神宮の荘園でした。
伊勢神宮の田んぼすなわち神田です。
現在の、日比谷公園から浜松町に至る一帯は海底でした。
現在の皇居は北側が一部地続きの島でした。
この島の上に江戸氏が砦を構築したのが始まりです。
太田道灌が江戸城の始祖とされていますが、実際は江戸氏の砦を道灌が占拠しただけです。
道灌亡き後、放置されていた砦に家康が目をつけて一大土木工事を行って作り上げました。
家康の頭の中にはおそらく大阪城のイメージがあったのでしょう。
つまり、もともとは堀など必要がなかった地形です。

西側の東海道口一帯は海の上に地図上で地割を行って、各大名に屋敷が欲しければ自分で埋めろ!とやりました。
日比谷付近は毛利が割り当てられセッセと埋めました。
現在の日比谷公園は毛利家の屋敷跡です。
町人を住まわせるために、現在の御茶ノ水の西側斜面から神田の一帯を削って平らにし、その土で東京駅付近の砂州の外側をセッセと埋めていきました。
この埋め立て工事は江戸時代末期まで、火事などの際に出た廃材ガレキ等を埋めてどんどん広げていきました。
築地などという地名が今でも残っています。
新橋周辺も汐留と呼ばれます。
廃棄物で島を作る伝統は昭和の時代まで続きました。
東京の下町というのは埋め立て地です。

現在浅草は江戸の名残りを残す町とされていますが、埋め立て地の江戸よりもはるかに古い街です。
浅草寺の創建は645年すなわち大化の改新のころです。
江戸っ子てぇのは芝で生まれて神田でそだち・・・という啖呵はここからきています。
両国橋という名称も、隅田川が武蔵国と下総国の境であったことに由来しています。

まぁ~東京というのは、皇居のみならず江戸というのは元々はどこ?というと分かりずらい町です。

>皇居の場合、江戸城→落城→皇居建設の過程を経れば、ほぼそのまま、敷地だけは残っているのではないか?と思ったのですが、どうでしょうか?
江戸城というのは、彦根城や広島城などとはやや趣が違います。
お城!というには非常に早い時期にシンボルである天守閣が焼失しています。
1657年(明暦3年)
浮世絵などでも、堀や櫓が風景の一部として描かれているだけです。
東京の地図を見ていただくと、皇居の周りに内堀通りというのがあります。
北側の竹橋付近で日本橋方面へ向かう高速道路があります。
この...続きを読む

Q羊たちの沈黙  「スリーブ城の地下牢」とは

 トマス・ハリス著「羊たちの沈黙」のラスト。レクター博士からクラリス・スターリングに書簡が届きます。その中に、「クラリス、きみはトリーヴの土牢の秤のような非情さで自分を判断すべきだ。」(菊池光訳)という一節があります。
 また、「羊たちの沈黙」の続編「ハンニバル」でも同じ書簡が登場しますが、訳者が違っており、当該部分は「クラリス、きみはあのスリーヴ城の地下牢における正義の裁きのような峻烈さで、自分を律しがちの人間なんだ」(高見浩訳)となっています。
 スリーヴ(あるいはトリーヴ?)という城での歴史上の出来事のようですが、調べても全然分かりません。ご存知の方、教えて下さい。(スコットランドにスリーヴという中世の古城址があるようです)

Aベストアンサー

それらしいものを探したところ、1450年前後におきた、第8代ダグラス伯によるPatrick Maclellan of Bombie殺害事件のことっぽいですが、上手く結びつくでしょうか?
threave城主ダグラス伯が、土地の有力者で王党派のMaclellanを捕らえたので、義理の兄弟のグレイ卿が王の助命の書状を持って交渉しに来たものの、拒否してMaclellanを殺害してしまいます。
その数年後、ダグラス伯は王に招かれますが、その席で王に殺されます。スコットランド王ジェームズII世と、ダグラスを含むそれに対抗する貴族連合の争いが背景のようです。
ここの第3パラグラフに記述がありました。
http://www.electricscotland.com/history/castles/threave.htm
殺害されたMaclellanについてのwikipediaの記事のほうがわかり易いかもしれません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Patrick_Maclellan_of_Bombie

飛ばし読みしたので間違いがあるかもしれません…

それらしいものを探したところ、1450年前後におきた、第8代ダグラス伯によるPatrick Maclellan of Bombie殺害事件のことっぽいですが、上手く結びつくでしょうか?
threave城主ダグラス伯が、土地の有力者で王党派のMaclellanを捕らえたので、義理の兄弟のグレイ卿が王の助命の書状を持って交渉しに来たものの、拒否してMaclellanを殺害してしまいます。
その数年後、ダグラス伯は王に招かれますが、その席で王に殺されます。スコットランド王ジェームズII世と、ダグラスを含むそれに対抗する貴族連合の争いが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報