AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

英語に翻訳した小説を海外にて公募などで出版したいのですが、そういった海外の出版先を知っていますか?ジャンルはSFです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「英語に翻訳した小説」とは、自分が書いた作品を、自分で英訳したということですか?



英語圏で日本のような新人賞公募のようなものがあるかどうか??
欧米は、日本とは出版業界の仕組みが違うようなのですよ。

新人賞公募というのが特にない国だとか、エージェントがいたりして。
自分でも売り込むのかなあ?
昔、フランソワーズ・サガンは自分で『悲しみよこんにちは』の原稿を出版社に送ったんですよ。これは英語圏でなくフランスですが。

検索してみたらこのようなサイトが・・・・
イギリス、J・K・ローリング(ハリーポッター原作者)の場合。
エージェントを通じて12社に売り込むも玉砕。
http://e-yosoku.com/tugi2.htm
海外出版事情(リンク集)
http://www.shuppanjin.com/abroad.html

欧米式作家エージェント(日本人)
http://parnas.jp/adv/tobira/2006_6-7/toku01.html
 ↑
前職は版権エージェントだったとのこと。
念の為、既存の商業作品を翻訳するのは版権が絡みますので、勝手に売り込むことはできません。

SFだと、なんだっけ、ハヤカワのS-Fマガジンが契約しているアメリカの雑誌がありますね。
『ファンタジイ&SF』誌ですか。

SF/F 関連出版社アメリカ系出版社 | イギリス系出版社 | ドイツ系出版社
というリンク集が出ているサイトがありました。
http://phantasma.onza.net/links/publisher.shtml

私も素人なので見当違いな検索結果を貼り付けているかもしれませんが。
どのくらいハードルが高いのか知りませんし。
(日本で早川書房や創元社に素人が原稿を持ち込んで本を出してもらえるかと考えてみれば、簡単じゃないでしょう。絶対不可能とは言えないでしょうけれど)

もし自分で英訳できるぐらいの腕があるならば、英語サイトをお読みになれるでしょうから、調べてみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

海外は出版エージェントが主流なんですね。そうなると、英語交渉だったり、かなり難易度が高いということになりそうですね。うーん、やはり、もう少し、考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/31 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング