マンガでよめる痔のこと・薬のこと

大人です。勉強用にデスクを購入しようと思っています。
無印良品の「パイン材デスクセット」というデスクを購入しようと思っています。
でも天板が丈夫なウレタン樹脂塗装ではなく、ラッカー塗装なのです。
ラッカー塗装を調べてみると、「熱・水・薬品に弱いので熱い器やぬれたコップなどを直接置くことはさけてください。」とか「キズが付きやすい」などと書いてありました。
実際にラッカー塗装の机をお使いの方いらっしゃいますか?
何でも良いので感想などお教えいただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ラッカーといっても種類はまちまちですが、個人的にはどんなにいい木を使ってもプラスチック化してしまうウレタンよりはずっと好きです。

ウレタンだと木の温かみがなくなってしまうんです。
傷などは年季が入った味だと思えばいいことです。(最初からわざと傷をつけた商品もありますしね)

ただ熱いポットを直接置いたり濡れたコップを長時間置いておくと、塗装が痛んだり白く跡が付いたりします。ウレタンでも熱いポットを置けば溶けたりしますが、この辺はより気をつけたほうがいいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラッカー塗装のテーブル木製天板の修復について

ラッカー塗装された木製のテーブルの上に除光液の染みたティッシュを数分置いていたら、ティッシュがくっついてしまい、無理に剥がしたらテーブル面にテイッシュが残ったため、爪で削ったところ、塗装も剥がれて(直径3cm大くらい)しまいました。あまりコストをかけずに修復することは可能なのでしょうか?
当方、DIYはど素人の女性です。申し訳ございませんがお奨めの市販品や費用、作業のコツ等お教え頂けませんでしょうか。宜しくお願い申し上げます。
テーブル天板の色は
http://www.tm21.co.jp/top/pss/images/equip02/p01.jpg
の一番左のクロゼット扉のような感じです。

Aベストアンサー

追加のアドバイス
あまり費用をかけたくないとのことでしたね。
でしたら先ほどの内容は手間とお金がかかりますので、
あまり希望の回答内容ではないかもしれませんので、別の方法を記載します。
先ほどの内容は現状よりも良くする、つまり完全な補修方法です。
尚かつ現状の塗装状態よりも強靭な仕上げになりますので、除光液をこぼしたとしても
ウレタンであれば剥がれることは殆どありません。
しかしお金をかけずに塗装の剥がれをごまかす方法は無い訳ではありません。
手順は、まずサンドペーパー(800番程度)で塗装の剥がれたところや、その周辺を磨きます。
平滑になれば、水拭きします。
完全に乾燥させてから、天板と同色の水性ステインを刷り込みます。
コツとしてはハケで塗るのでは無く、布巾やキッチンペーパーにステインを少し水で薄めたものを
染み込ませてから刷り込みます
乾燥させながら色合わせをして行きます。
※上からクリアーで仕上げをするので色は少し薄めの方が良いでしょう。
出来れば他の木材等に試し塗りをしてから、色のカンジをつかんだ方が安心です。

ステインの色合わせと乾燥が済めば、仕上げのクリアーを吹き付けます。
これはクリアーラッカーで良いでしょう。
艶消しと艶有りがありますが、天板を確認したところ、半艶と言ったカンジですね。
半艶のクリアーラッカーは市販されていない筈です。
そこで天板全てを塗装することをお勧めします。
艶有り、艶無しはご希望のものを選んで下さい。
スプレー缶はこの時期吹きにくいでしょう。
予めスプレー缶を温めておけば霧状になって塗装出来ます。
(温め過ぎには注意して下さい。目安はお風呂のお湯程度の温度です)
塗装のやり方はネットで検索してみて下さい。

始めての作業なのでおそらく艶にムラが出ると思います。
ですが、塗装が乾燥(1~2週間程度)したらコンパウンドと言うもので磨いて下さい。
面倒ですが、かなり綺麗になります。(艶有りの場合)
艶無しの場合はそれ程ムラは出ないと思いますが、塗装時に一カ所に集中しての塗装は避けて下さい。
まんべんなく何度も吹き付ければ綺麗に仕上がる筈です。
(一層目が吹き終われば、1時間程乾かして、二層目と言う具合に塗装して行きます。
5回程繰り返すと結構肉厚はあるので使用には問題無いレベルでしょう)

上記内容でも面倒であれば、ワックスくらいしか方法はありません。

ちなみにウレタンが一番強靭な塗膜で、仕上がりも市販品レベルになります。
次いでラッカー仕上げになりますが、ムラが多少出ることがあります。
除光液等が付着すると剥がれる可能性はあります。
ワックスは簡易的なものとお考え下さい。

追加のアドバイス
あまり費用をかけたくないとのことでしたね。
でしたら先ほどの内容は手間とお金がかかりますので、
あまり希望の回答内容ではないかもしれませんので、別の方法を記載します。
先ほどの内容は現状よりも良くする、つまり完全な補修方法です。
尚かつ現状の塗装状態よりも強靭な仕上げになりますので、除光液をこぼしたとしても
ウレタンであれば剥がれることは殆どありません。
しかしお金をかけずに塗装の剥がれをごまかす方法は無い訳ではありません。
手順は、まずサンドペーパー(8...続きを読む

Qウレタン塗装とラッカ-塗装の違い

ウレタン塗装とラッカ-塗装の違いってなんなのでしょう。もちろん一液性二液性の違いはわかるんですが、どういうところで使い分けるのでしょうか。また塗膜の強度はどっちがすぐれているのでしょうか。耐光性とかもあるんですかねえ。大きめの作品なんかだとウレタン塗装で仕上げてあるのをよく目にしますので何か理由があるのだろうと思います。どなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点ですが、ウレタンは、一気に全面を仕上げる必要が有ります(厚塗りの為(垂れを防ぐ為の10-5分の休憩は除く)。
1日おいて、2度ぶきなどは、原則出来ないと考えてください。1回目の塗装が、うまくいって、すべてにクリヤーが乗ったときは別ですが、このときは、2回目を吹く理由はないでしょう。
問題は、拭き残しがあったときです。化け学的な正確な理由ではありませんが、一番考えやすい理由付けですが。

2回目のウレタンで、1回目のウレタンの隙間から(拭きのこしがある)シンナーがラッカーに到達。ラッカーがシンナーを吸って、膨張、でも、上のウレタンは、もう、シンナーで反応しませんから、伸びない。上下で、膨張に斑が起きて、塗装面がちじれる、しわがよる。が、発生します。(綺麗にウレタンでカバーされていれば、別)
同じことが、修理の時に 起きます。上のクリヤーウレタン、一部剥ぎ取る。色ラッカーで、修理。すると、禿げていない、ウレタンの下、ウレタンの際に ちじみがでます。

これが、仕上げのみ、ウレタンを使う時の最大の問題点です。

カラーからウレタンの時はまったく問題はありません。
ウレタンの難点は、乾燥が遅い。これだけです。
埃のつかない、乾かす場所があるなら、すべて、ウレタンをお勧めします。
下地は、ウレタンのプライマーがいいでしょう(FRPですから)

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点で...続きを読む

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

Q「プリント紙化粧繊維板」と「天然木化粧繊維板」の違いは?

「プリント紙化粧繊維板」と「天然木化粧繊維板」の違いは?

北欧風のテレビボードを探しています。
2つの候補があるのですが、値段が倍以上違うので悩んでします。

1つ目は材質が「プリント紙化粧繊維板」となっています(値段は約14000円)。
2つ目は材質が「天然木化粧繊維板(タモ材<ウレタン樹脂塗装>)」となっています(値段は約30000円)。

おそらくはどちらも本当の木材ではなく加工されているものではあると想像出来るのですが、なぜこの2つに値段の違いがあるのかがわかりません。

もし、購入するのであればどちらの方がいいのでしょうか?
出来れば、永く使っていきたいと思っています。
実際は永く使うのであれば、本当の木材を使ったテレビボードを購入した方がいいのですが、ちょっと予算的に無理なので、今回はこの2つから購入したいと思います。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

◆プリント紙化粧繊維板
 繊維版(パーティクルボード)にプリント紙を貼って化粧仕上げしたもの
◆天然木化粧繊維板
 繊維版(パーティクルボード)に天然木(タモ)の突き板(薄くスライスした板)を貼って化粧仕上げ したもの
 安いのでいいと思います、どちらも湿気にはご用心!
 (繊維板は水に弱いので)

Qラッカーの上に塗る塗料について

ラッカー塗装されている木の柱に白色で塗装したいのですが、何か良い方法はないでしょうか?
インターネットで色々調べてサンダー掛けやシーラーなど正式の手順が色々とあるのは分かりました。
しかし、自分一人の作業で自宅の塗り替えなので、できるだけ簡単にできる方法を探しております。
白色のラッカーを濡ればいいのかなとも思ったのですが、できればつや無しの仕上にしたいです。

塗装の奥の深さにまいっております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ラッカー塗装面はおそらく薄いので中途半端な下地処理はしないほうが良いです。
ブリスターや仕上がりの悪さに直結します。
完全に木地を出すか洗剤で洗うだけかのどちらかにするべきです。

最近の水性塗料ならハケ目も出にくく耐侯性もいいので
洗剤かアルコールで洗って塗るだけでいいと思いますが
どうでしょう。

Qラッカー塗装を落とすのに最適なのは?

部屋で使っているテーブルのラッカー塗装をはがしたいと
考えています。
剥離剤というものがあると知りましたが、
父は「シンナーでも落ちる」と言っています。
(剥離剤を使用するなら購入しなければなりませんが、シンナーで大丈夫なら貸してもらうことが出来ます)

部屋で使っている家具の塗装を落とすにはどちらが最適ですか?
ちなみに賃貸アパート暮らしです。
まったくの初心者で違いがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、テーブルだとラッカーの可能性は低いです。
 ラッカーは、熱に弱く熱いカップを置くだけで白化してしまいますし、マニニキュアの除去液で溶けます。みかんの皮の汁がかかると白くなる・・・、
 たぶん塗装はウレタン、良いものでしたら二液のウレタンと層の可能性もあります。
 その場合は、よほど痛んでいない限り、ペーパー(オービタルサンダーを使うほうが確実)で表面を削り取ってから、ウレタンのトップコートを塗りましょう。
 本来は、サンディングシーラーで厚塗りをしてペーパーで研磨するという作業を何度か繰り返して、最後にトップコートです。サンディングシーラーとは、厚塗りできて、かつ研削しやすい塗料。アンダーコート、サンディングシーラー、トップコートとも同系統の塗料を使います。
 なお、剥離材は下地の木も痛めてしまいますから、木製品には極力使わないようにしましょう。


人気Q&Aランキング