はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

私は、現在医学部4年生で、4月から5年に進学します。
ちなみに、学士編入生で以前は理学部(生命系)を卒業し、
その後入学した生命科学科大学院を1年で退学しました。
質問なのですが、今のところ卒後の進路として、
臨床ではなく、基礎研究の分野に進もうと思っています。
現在、卒後研修が義務付けられていますので、通常卒業後は
研修をする人が大部分だと思います。
基礎研究の分野に進む場合、大学院に進学したり、
製薬会社などの企業に就職することが考えられますが、
こういう場合でも一般的に、研修は受けておくべきなのでしょうか?
臨床医になるつもりはないのですが、もし大学院に進学するなら、
アルバイトのために研修を受けておくべきなのでしょうが、
アルバイトのために2年も費やすのも無駄のような気がしますし、
あるいは企業に就職するなら給料がもらえるのでアルバイトの必要もないですし。
また、基礎研究に進む場合に今の段階で行っておくべきことがあれば教えてください。
長文失礼しました。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

>確かに実験のほうが気は楽だと思います。


しかしポストは少なく厳しい道だということは覚悟してください。そして医師でない研究者としてのキャリアが長い方々と競争しなくてはいけないと言うことも現実として認識してください。実際に医学部の基礎教室で医師でない教授は増えています。

>実験の場合、失敗すると自分が死ぬことになることもあります。
まあ、死ななくても仕事は選ばなければいろいろあるんですが…。
こっちで知り合った知人(理学部出身のポスドク)の話では「日本でポストが見つかったら飛んで帰るけど、なかなか無い」といっています。それぐらいポストが無いそうです。また最近では助教(助手)には任期とノルマのある大学も増えていて「日本人特有の「わかるよね?」って圧力」をかけるまでも無いところが増えています。

>お医者の先生特有の「研究が駄目でも臨床医に」というニュートラルな考え方
こういった話が、質問者様のコメントされた「アルバイトの話は以前、研究一本で行くにしても生活が大変だという話をした時に、アルバイトということもできるし、ということをいろいろな人に聞いた」のソースなんだと思います。
この話はおそらく基礎教室に出向している臨床教室の大学院生の話であって、初めから基礎教室に入っている人ではないでしょう。「研究が駄目でも臨床医に」というのは実は言葉足らずなんだと思います。この発言をした?もしくは匂わせた医師は、初めから臨床医なんです。つまりは「研究もやって大学の教官の道を歩もうと思っていた」でも研究で芽がでなかったから「一般病院に出て、臨床のみの医師に戻ろう」ということだと思います。

大学では臨床教室でも論文業績を要求されますので臨床だけでなく、研究もしなくてはいけません。しかし、皆保険でないアメリカと違って日本では臨床研究に協力してくれる人はあまり多くありません。そうすると臨床データのみの論文は難しくなるため、臨床検体を使った基礎っぽい研究にならざるをえません。またいくつかの医学部は大学院大学になったためほとんどの医局員が大学院に入学することになりました。しかし医局の教官より院生の方が多くなってしまうため、何人かは基礎教室に指導をお願いすることになるのです。まあ、その中のほとんどは「学位のため」の実験ですので、そのような発言もでるのでしょう。
逆に基礎研究だけをやっていた「医師免許を持っているだけ」の人が、いきなり病院で働けるほど臨床はあまくありません。医師不足の現状でもそのような人材は残念ながら採用されないでしょう。初期研修医としてなら採用されるかもしれませんが…。

長くなりましたが、要するに基礎で行くなら臨床の事はきっぱり忘れて、初めから基礎教室に入局すべきでしょう。臨床研修についてはその教室の教授に相談すべきでしょう。私は必要はないのではないかと思います。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
臨床に進むか、基礎に進むかを、
きっぱり決めるべきだということですね。
確かにそのほうがすっきりすると思います。

結構たくさんの回答をいただいたので、
そろそろ閉め切りたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/04 12:44

一応、追記します。



>確かに実験のほうが気は楽だと思います。
失敗しても人が死ぬことがないですから。

実験の場合、失敗すると自分が死ぬことになることもあります。

私は死んだ人を直接知りませんが、いるらしいです。その気持ち容易に想像できます。
私は直接、ノイローゼや鬱になった人は結構知っています。


また、日本でも科研費をとれないと、大学に居づらくなります。
わかるでしょうか?外国のようにスパッと切るのではなく、
日本人特有の「わかるよね?」って圧力。
それで他のところに逃げざるを得なかった人も知っています。

お医者の先生特有の「研究が駄目でも臨床医に」という
ニュートラルな考え方は、理学部出身の我々にはできないことですが、
そういうお医者の先生方はほぼ全員、研究では駄目になっています。

何事も覚悟であると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>また、日本でも科研費をとれないと、大学に居づらくなります。
それはわかります。実際にそういう人を何人か知っています。
要は中途半端はよくないということですね。

お礼日時:2008/04/04 12:40

No.7, 8です。


>「臨床なんておもしろくないよ、研究だけやっていたい」
これは私は同意見です。
臨床を面白いと感じたことはありません。常につまらなくていいから早く診断がついて、あっさり患者さんが良くなったらいいなと考えています。
逆に研究は失敗しても材料費と時間で損をするだけで、場合によってはそこから新しいことが見つかることもあります。臨床では失敗=死亡ですのでね…。楽しいなんて感じることはできません。
臨床は患者さんのため、研究は自分のためという感じですね。

でも研究のみを生活の糧とするとそうも言ってられないようです。特に海外はグラント(研究助成金)がとれなかったらラボをたたんで廃業です。実際に次の秋にたたむことになりそうなグループを知っています。彼らは今後どうするんでしょうね…?逆に日本の大学のような終身雇用に近い形態だと、ポストを得たとたんに生産性が低下すると言う話も聞きます。
そういった意味では私たちのようなどっちつかずの状態というのも悪くないかもしれません。ただ今はポスドクとして研究のみを行っているので、とても居心地が良く精神的にも落ち着いています。最近の医療不信のニュースをネットで見ていると帰国して再び臨床ができるのか(体力的、精神的に)不安です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。
海外では、研究でも実績を出し続けないと評価されないので、
厳しいようですね。その点では、日本のほうが安心ですが、
その代り正当に評価されにくいように感じます。
もっとも、今後こういった傾向も変化するかもしれません。
確かに実験のほうが気は楽だと思います。
失敗しても人が死ぬことがないですから。

お礼日時:2008/04/03 10:53

No6です。


医師免許をもっている方でも、結局ポスドクとしての雇われの身であり、月30~40万で生活です。

ここで普通の人は、まぁまぁかと思うかもしれませんが、お医者さんはもっと儲かりますので(労働条件やきつさはどうあれ)、
お医者さん仲間で集まると
「基礎実験でそんなもん、やってられない」
ということを思うそうです。
なにせ、ポスドクになれたとしても期限付きであるポストであり、
安定もしていないからです。

実際、私の大学の医学部で基礎研究がしたいと言ってくるお医者の先生方は、
最初は研究者になりたいとかなんとかおっしゃっている人もいますが、
結局現実を知って・・・・ということになります。

はっきりいって、医学部6年間で実験スキルはほぼ0なので、
大学にしても企業にしても、研究職は難しいです。
理学部などでも修士卒業では、大学で研究職は無理で
企業でははじめかっら叩きなおされます。
また、理学部出身の博士でもポスドクで修行をするのですから・・・。

ちなみにわたしのボスは医者です。その縁で、医者の教授が講演によく来られますが、
経歴をみますと臨床経験はほぼ0で、博士取得時ひ所属していた研究室は、非常に良いジャーナルに掲載される常連でその波にのって博士取得、
そして学位取得後、即留学してそこでも波に乗って業績を上げて、戻ってきてポストに就任といった感じです。

ここで波に乗るというのは、努力だけではどうにもならないことが多く、コネとか運とかの部類です。

お医者さんの世界は結構環境が問題かと。
実際に業績をあげるための時間は理学部等にかなわないですし、
そんななかで庶民の動きで業績をあげてポストに就くのは難しいのは容易に想像つくでしょう?

かたよった意見かと思われるかもしれません。
それは完全に否定できませんが、結構、まとを得ているところが多いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、高収入は期待できないと思います。
>お医者さん仲間で集まると
「基礎実験でそんなもん、やってられない」
ということを思うそうです。
それにしても、以前研究もやってる臨床の医者が、
「臨床なんておもしろくないよ、研究だけやっていたい」
と言っていましたが、
やっぱり他人の環境が眩しく見えるものなんですかね。
運が必要ですか。確かに、その通りでしょう。
よく考えてみたいと思います。

お礼日時:2008/04/02 10:34

No.7の呼吸器内科医です。


>臨床と基礎研究は完全に分けて考えたほうが良いようですね。
基本的にはそうですね。それか私のように基礎のテクニックを使って臨床研究を行うかですね。

>基礎研究の道で生活するには大学に残るか、企業に就職するしかないようですが、製薬会社などに医学部の学生が、研究職として就職できるものでしょうか?

企業の方が難しいかもしれません。少なくとも私は企業に研究職として入った人の話を聞いたことがありません。(産業医などはよく聞きますが…)。医学部と初期研修の間は全く研究をしないわけですので業績で理学部の人などに差をつけられます。また企業の場合は即戦力を必要としているでしょうから、ある程度欲しい技術を持った研究室から採用するということも考えられます。
それよりは出身大学の基礎教室(生理学や生化学)で質問者様の希望に近いところに今のうちから出入りして顔を覚えてもらう方が良いと思います。医学部出身の基礎希望者は年々減っていますので。理想的には医学部出身の教授のところが理想的です。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびの回答ありがとうございます。
医学部のカリキュラムが、
研究者志望者をほとんど考慮していないから、
基礎研究の分野に進むのは難しいようですね。
制度の問題といってもいい感じですが。
少なくとも大学院には行くべきのようですが、
この場合も研究のみに従事しなくては、
その先は望めないように思えます。

お礼日時:2008/04/02 10:25

基礎研究もしている呼吸器内科医です。

現在は海外留学中です。

他の回答者の方々も回答されていますが、アルバイトは医師免許があればできるような簡単なものではないと考えてください。また現在の2年間の初期研修は臨床実習に毛が生えた程度ですので、それで一人当直ができるようになるとも思えません。

また質問者様が聞かれたような、「アルバイトをしながら研究」という話は、私のような臨床医出身の研究者の話だと思います。私は一般病院で5年間の研修と大学院時代とその後、大学病院の医員として臨床をしています。「研究の合間にアルバイト」ではなく「臨床(低賃金の大学病院勤務とアルバイト)の隙間に研究」をしています。実際には平日の夜8時以降と土日ですね。
正直な話、平日に研究ができる基礎の先生たちと同じことをやっていては勝てないと思います。私のスタイルは既知の内容を自分の専門の疾患(私の場合は気管支喘息)に応用するという手法です。臨床医出身の研究者の多くはこのスタイルです。ですので私は自分のことを基礎研究者とは思ってはいません。あくまでも基礎研究もできる臨床医です。

本当の基礎の先生たちはアルバイトは全くされていない方が多いです。私の教室から基礎に出向していた大学院生の先生はアルバイトを禁止されていましたよ。それぐらい研究しないといい業績を出せないのだと思います。

5年生になれば臨床実習が始まると思います。実際に臨床されている先生や大学院生として医局にいる先生たちにお話を伺ってみるといいと思います。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
臨床と基礎研究は完全に分けて考えたほうが良いようですね。
基礎研究の道で生活するには大学に残るか、
企業に就職するしかないようですが、
製薬会社などに医学部の学生が、
研究職として就職できるものでしょうか?
これも大学院を卒業しないと無理ですかね?

お礼日時:2008/04/01 10:23

医学部でポスドクをやっている者です。


ちなみに理学部出身で医者ではありません。

さて、1つだけ実際に医学の基礎研究を行っている者、
そして、基礎研究をやりたいというお医者さんの面倒を見ている者として
アドバイスを書き込みます。

ここ10年で、研究の現場はかなり変わったとよく教授(医者)等が
学会の懇談会などで話をしてくれます。

昔は臨床医でアルバイトをしながら、それが終わった後に実験して学位を取れば、研究するポストに就けたものだ、
でも、今はそうもいかんよね。

研究のポストを得るためには、論文がある程度数(3~4本)必要です。
しかし、現在の研究は高度になり、結果を出すのに時間とパワーが結構必要です。
しかも、そのようなポストを狙ってる人は昔と比べて多く、それとは逆に
ポスト自体は減少傾向です。

つまり、ライバルは沢山いるから、教授が「こうやっていた」という昔の話は、今は成り立たない、教授がやっていたように実験と医者のアルバイトをやっていても、ポスト争いに負けてしまう。
ということです。

私が面倒見たお医者の先生方は、他に仕事を持っていたり、アルバイトしたりで、実験に費やす時間が絶対的に足りず、
私たちスタッフが出した結果で、取りあえず形をなして学位を取るという方がほぼ100%です。
もちろん、研究者としていけるなど、スタッフの誰もが思っていません(本人はどうあれ)。
それを我々は「箔付け」と呼んでいます。肩書きにはなるので、医者としてのステータス、もしくは給料?に関係があるのかわかりませんが、
そんなものです。

もし、質問者様が、本気で研究者となりたいのであれば、ひと昔以上前の話は通用しない研究世界です。
アルバイトも否定はしませんが、実験で結果がでない、時間が足りないという本末転倒なことにならないようにお気をつけ下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、確かに実験をしていると
決まった時間を空けるということは難しいものですね。
私が大学院で研究しているときも、それまでやっていた
アルバイトは止めていました。というより、
やめるように言われました。
基礎研究一本でやっている人たちは
どうやって生活をしているんでしょう?
やっぱり奨学金とかですかね。

お礼日時:2008/04/01 10:18

傲慢といわれれば見もふたもありませんので、返答不要ですが、


医療行為とは片手まで行えるほど甘くはありません(基礎希望なのに、臨床研修を受けただけでアルバイトをしようというのが甘いと思います。
また、自分のやりたかった研究室がなくなるからといって、他の研究室に行くのは意味が無いなんて、研究者としても了見が狭すぎます。第2志望を考えるのが普通です。
基礎医学をやるんだったら、前いた大学院から研究者としていく道もあったと思いますよ。
いずれにしても、人に傲慢云々言うよりも、自分の言ったことを見直して考えた方がよいと思いますよ。大学院の生活を医療のアルバイトで支えるなんて、相当臨床経験のある人のいうことです。一般に医学部の院生で臨床のアルバイトというのは、相当臨床経験をつんだ人がするもので、研修が住んですぐの人がするもんじゃないと思いますよ。
私はこれでも、医学部の助手を10年ほどやった経験の上で言っているんですけれども、ご理解いただけないなら仕方ありませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そういった事なら、おっしゃる通りだと思います。

お礼日時:2008/03/30 17:43

No.2です。


まじめに議論するのは無駄に思えるレベルですが、
>アルバイトは臨床のアルバイトです。
>まあ、迷惑といわれれば反論するつもりはありませんが、
臨床研修をやってもいないものが、言っているのですから勝手ですが、
医者のアルバイトって、普通、その時間を任せられるんですよ。
ちょっと臨床をなめすぎでは、というか、医者をなめすぎでは。
>大学院に進学したものの、研究室のグループ存続が危ぶまれる状態になったために、方向転換として医学部入学をした次第です。
これも科ってですが普通の選択肢ではないですね。普通、研究室の存続があやぶまれたら、他の研究室に行くでしょう。
この2つを見て、精神的に考え直さないと、臨床も基礎も向かないかもしれませんよ(もしかしたら、これってネタですか、釣られただけかも)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただいてるのにあまり言いたくはないですが、
ずいぶん傲慢な物言いをされる方ですね。
アルバイトの話は以前、研究一本で行くにしても
生活が大変だという話をした時に、アルバイトということもできるし、ということをいろいろな人に聞いたものです。
あと、他の研究室に行くだろうとのことですが、
もともとやりたい研究があって入った研究室がなくなるのに、
よそに行って何の意味が?
それなら研究の幅が広がるからという理由で
以前から勧められてた医学部に進学したことが
そんなにおかしいですかね。

お礼日時:2008/03/30 15:40

こんにちは。


4月から研修医です。学士編入の大変さも存じていますし、基礎や公衆衛生に興味をもたれる方は多いようですね。

初期研修についてですが、おっしゃるように、現在「義務」ですね。では、これに従わないとどうなるのでしょう。

「開業できない」

今のところ、ただそれだけだったと記憶しています。
(間違っていたらごめんなさい)

ただ、就職活動を行ってみるとよく分かると思いますが、新卒を募集するのはあくまで「初期研修医」としてです。
最初から「~科医師」募集とあっても「臨床経験2年以上」などとついたりします。

制度が変わって、初期研修をしながら大学院に入学することが可能になりました。ですから、卒後すぐに研究の道に入ることは可能ですが、やはり臨床医との二束のわらじとなります。

今の段階でできることは、カリキュラムによって違うのでしょうが、もう基礎医学の講義は終わってますよね。授業で興味のあった研究室に遊びにいくといいですよ。基礎研究がどんなものか分かるし、研究室の先生方に顔を覚えていただけます。
後はやっぱり英語でしょうね。論文は英語で書かないと評価されません。

医学は人ありきです。臨床研修を通して、患者さんの状況を肌で感じたら、もっと研究への情熱がパワーアップするかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
就職活動でも、臨床経験を求められるとは知りませんでした。
公的機関に就職するのに研修済みであることが、
条件になることは知っていましたが、民間企業でもそうなんですかね。
英語が重要なのは、確かにそうだと思います。

お礼日時:2008/03/30 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎医学研究者になるために医学部医学科に進学することについて

唐突ですが、基礎医学の研究をしたくて国立医学部医学科に入ることで何か注意点などがありますか?
私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。
ただ周りの9割以上が臨床医希望の人で研究への情熱が湧きにくいとかがあるのかなぁとふと思うことがあります。
また、私は臨床医として働くことは考えていません。(但し医療分野には興味はありますが…)

医学部生の先輩方や医療従事者の方、またはこのような事情に詳しい方の意見を頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

No.2です。

こちらのご質問を拝見しました。↓↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3833818.html

再生医療に興味があるのですね。本当にこの分野しかやるつもりがないのならば医学科に行く必要はないです。ちなみに私が卒業した某国立では「再生医学」の講座は医師のスタッフはほとんどおらず、院生として医者がいるくらいでしたね。京大には遠く及ばないでしょうけど。


>私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。

そう考えるに至った理由を教えていただけませんか??
私はそんなことはないと思います。寧ろ本当に再生医療しかやらないのであれば、医師養成課程を卒業するのは遠回りすぎます。医学科って学生の間には研究するカリキュラムになっていません(卒論はなく卒業試験、研究室配属もなし)。もちろん自主的に研究室に出入りする学生はいますが、その人たちはほとんどが基礎医学にも興味がある臨床志望の学生です。医師になる上で興味のある基礎医学分野を学生のうちから深く学ぼうとする学生です。

一番現実的な道は、理学部や農学部の生命科学系の学科を出て、京大の医系大学院に入ることだと思います。

No.2です。

こちらのご質問を拝見しました。↓↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3833818.html

再生医療に興味があるのですね。本当にこの分野しかやるつもりがないのならば医学科に行く必要はないです。ちなみに私が卒業した某国立では「再生医学」の講座は医師のスタッフはほとんどおらず、院生として医者がいるくらいでしたね。京大には遠く及ばないでしょうけど。


>私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。

そう考えるに至った理由...続きを読む

Q医学研究者になるには医学部か生物系か。

私は今、国公立の生物系学部を志望している高校2年です。
将来は医学研究者になりたいのですが、
やはり生物系の学部より医学部の方がいいのでしょうか?

生物系は就職が厳しいと聞きました。
医学部ならば卒業と同時に医師免許の受験資格が得られますよね。
それにやはり医師免許を持っていたほうが研究者としても有利だと聞きました。
そういう意味では医学部のほうがいいかなと考えてしまいます。

ただ、医学部へ進学するとなると学費が高く、
これ以上親に負担はかけられません。
薬学部や生物系の学部卒業後に医科学修士課程か医学博士課程に進学する手もあると聞きました。
そちらの方がやはり学費は安いのでしょうか?

どちらに進学すべきか迷っています。
詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスよろしくい願いします。

Aベストアンサー

基礎研究もしている内科医です。

質問者様の望む「医学研究」によって回答は変わってきます。
最近報道されているような、iPS細胞だとか基礎的な研究であれば必ずしも医学部を卒業する必要はありません。研究歴を考えれば理学部や生物系の方が有利です。ただ就職先やポストが無いのも事実です。実際に国内で就職先が無く海外にポストをもとめて多くの日本人博士が流出してます。
医師免許はあっても肩書きだけですので研究者としてはあまり必要ではありません。人のサンプルを使うにしても免許だけでは意味がありません。例えば私は呼吸器内科医として10数年のキャリアもあるので気管支内視鏡で組織や細胞を自分で取ってくることができます。これは医師免許だけでは無理です。しかし私は臨床医としても仕事をしているため研究に割ける時間は少なくなり、どっちつかずになっている面もあります。日本国内の臨床の研究者はこの様な感じだと思います。
もし、質問者様が最先端の医学研究をしたいのであれば必ずしも医学部に入る必要はないと思います。もちろん、医学部を卒業して研修をせずに基礎教室にはいるという道もあります。学力的にゆとりがあるのでしたら国公立の医学部なら授業料はどの学部でも同じです。
また医学系の修士課程は医学部出身以外の方のためのものです。医学部を卒業した場合は博士課程です。学費は国立であれば約60万円/年だと思います。
参考になれば幸いです。

類似の過去の質問です。こちらの私の回答も参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3920460.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3906249.html

基礎研究もしている内科医です。

質問者様の望む「医学研究」によって回答は変わってきます。
最近報道されているような、iPS細胞だとか基礎的な研究であれば必ずしも医学部を卒業する必要はありません。研究歴を考えれば理学部や生物系の方が有利です。ただ就職先やポストが無いのも事実です。実際に国内で就職先が無く海外にポストをもとめて多くの日本人博士が流出してます。
医師免許はあっても肩書きだけですので研究者としてはあまり必要ではありません。人のサンプルを使うにしても免許だけでは意味が...続きを読む

Q研究医に興味を持っている高校生です。研究医の実情について教えてください。

医学部を目指そうと思っている高校生です。
私は臨床医よりも、研究医に興味を持っています。
臨床医の場合、既に治療法がわかっている病気の患者さんを治していくことはできると思いますが、
原因や治療法がよくわかっていない病気の患者さんを救うのは難しいと思います。
研究医なら、そこを先に進めるために必要な研究ができると考えるからです。
(もちろん、未解明の病気の研究はとてもとても難しいものでしょうが。)

私は研究医という職業にとても魅力を感じていますが、
実際には良い面ばかりでなく、辛い所がたくさんあると思います。
医学部を目指すにあたっては、研究医の職業として辛いところ、「現実」を知っておきたいと思います。

まとめると、以下のことを知っておきたいです。
(1)研究医のつらい所、嫌なことなど教えてほしいです。(特に臨床医と比較して)
(2)研究医になるのは、臨床医になるよりかなり難しいですか?
(3)研究医は臨床医と比べて、一般に収入は少ないのですか?

長々と書いてしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

私の知人で基礎研究に「ハマって抜けられなくなった」方はもともと優秀な臨床医の方でしたが、大学院での基礎研究をきっかけに基礎医学の教室へ移られ、現在は大学の助教授になっておられます。このような道は特殊なものかも知れませんが、可能性の一つとしてご紹介しておきます。

給料についてですが、基礎の教室に進めば、そこはそこで非常勤としても職員に違いはありませんので、授業料を払って研究する大学院生とは違い、給料はもらえます。ただ、医学系であれ、何系であれ、研究者というのは給与待遇は余り良くないようです。どのくらいか具体的には知らないのですけど・・・。

基礎系と臨床系との一番の違いはつぶしがきくかどうかです。基礎系は最初から基礎に進んでいた場合、臨床は出来ませんので研究を止めれば食いはぐれますが、臨床系であれば研究を止めても臨床医療は続けていけますので、食いはぐれることはありません。ポストの数そのものは臨床でも基礎でもそれ程大差はないと思いますが、こういった点から、基礎の方がよりポストにしがみついておく必要があるかも知れません。

あと、基礎は成功しにくいとか、役に立たないとか言われますが、科学の研究というのは、一見役に立たないような研究が山積みされて、そこに初めて新しい知見というものができあがるものだと思います。

こんなエピソードがあります。ある科学者が1800年代後半に光速測定の実験を行ったそうです。その結果は予想された結果が出ず、単なる失敗と考えられていたそうです。しかし、かのアインシュタインはその結果が失敗だとは思わずに、その結果から相対性理論の根底の原理である「光速不変の原理」が確立されたそうです。失敗は成功のもとと言いますが、何の変哲もない結果からとんでもない新理論が見つかることがあるのです。
また、アインシュタインは日本に講演に来た際にこう言っているそうです。
「科学者がある偉大な業績を持ち得ることは単なる幸運にすぎず、隠れた多くの業績者がいるのである」
好きこそものの上手なれ、だと思います。進む方向は色々あると思いますが、今時、ご自身の夢を持って仕事を探されている人は少ないと思います。どうか、どの道に進まれるにせよ、今のお気持ちを忘れないでいてください。ご健闘をお祈り致します。

No.1です。

私の知人で基礎研究に「ハマって抜けられなくなった」方はもともと優秀な臨床医の方でしたが、大学院での基礎研究をきっかけに基礎医学の教室へ移られ、現在は大学の助教授になっておられます。このような道は特殊なものかも知れませんが、可能性の一つとしてご紹介しておきます。

給料についてですが、基礎の教室に進めば、そこはそこで非常勤としても職員に違いはありませんので、授業料を払って研究する大学院生とは違い、給料はもらえます。ただ、医学系であれ、何系であれ、研究者というの...続きを読む

Q医学部卒業後の進路

医学部卒業後の進路先を教えてください。
割合を示してくれたらうれしいです
また研究職に就くには医学部に行って医者にならないか、東大に行って
研究をやるかでどちらがいいですか?

Aベストアンサー

医学部卒が医療系に就職しなければならない暗黙の領域があるかと言えばちょっと違う感じもしますね。暗黙というよりも「そうならざるを得ない」カリキュラムのため、医療界以外でつぶしが利かないのです。

(製薬会社や食品会社の研究職とか想像出来ないこともないですが、ここは薬学部や農学部の方が絶対に有利でしょう。)

医学部医学科を例に取りますが、現在の医学部医学科は全国的に「コア・カリキュラム」というものが取り入れられています。国家資格である医師養成を大きな目的としているため、学校間で教育内容に著しい差があると困るからです。各学年毎に学習内容基準が定められており、OSCEやCBTという全国基準の実技・知識についての試験があります(4年→5年)。その試験結果の扱い方については各学校に裁量がありますが、基本的に臨床実習の参加資格とされることが多いです。

そんな訳で、医療系以外につぶしが利かないカリキュラムとなっています。

とりあえず研究職にしか考えがないのであれば、医学部より理学部や農学部の方がいいと思いますよ。医学部でも基礎系の教授は理学部、農学部、獣医学部等を卒業した先生が多数おられます(基礎系研究室は医者はそんなに多くありません)。医学に関連する研究でも基礎研究であれば医学部を卒業する必要はないですし、臨床研究であれば臨床経験(=医師としての勤務経験)が必要です。(自分が経験する症例が研究対象になるからです。)基礎と臨床の中間的な学問の病理学も「病理医」という言葉があるように臨床経験は必要だと思います。
医学部(医学科)へ行くというのは少なからず臨床医を経験するものだと思ってください。現在は卒後臨床研修が義務化されています。卒後研修を終了しないと保険診療ができません。(裏を返せば研修を拒否しても自由診療ならば可能ですが・・・)

まずは、ご自分のやりたい研究内容が基礎分野なのか臨床分野なのかをはっきりさせる必要があると思います。臨床をやりたくないのであれば医学部へは行かない方がいいです。また、臨床研究をやりたいけど、臨床をやりたくないというのはあまり通用しないと思います。
数字的には、医学部医学科卒で医者にならない人はほぼ0%で、将来的に基礎研究に進む人は2~3%です。臨床研究をやる場合は大学病院に残って臨床経験も積みつつ研究を行います。卒後大学に残る人(大学病院で研修する人)は今では卒業生の45%くらいです。

医学部卒が医療系に就職しなければならない暗黙の領域があるかと言えばちょっと違う感じもしますね。暗黙というよりも「そうならざるを得ない」カリキュラムのため、医療界以外でつぶしが利かないのです。

(製薬会社や食品会社の研究職とか想像出来ないこともないですが、ここは薬学部や農学部の方が絶対に有利でしょう。)

医学部医学科を例に取りますが、現在の医学部医学科は全国的に「コア・カリキュラム」というものが取り入れられています。国家資格である医師養成を大きな目的としているため、学校...続きを読む

Q医学部卒業後→研修医→働きながら大学院

高度な専門医になるためには医学部卒業後、医師免許を取得し→研修医→大学院と進んで医学について学んだほうが
いいと調べて知りました。
大学院に進んでいる間は医師として病院で働いたりすることはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

大学院に行くより、現場でスキルを磨いた方が「高度な専門医」になれる気がします。

お医者さんがもつ「医学博士」は肩書きのひとつを稼いだだけ、な気がします。

院のでの研究は、医者を忘れるくらい集中してやらないとものになりません。
院での医師の方の発表を聞くと、研究者としてクエスチョンマークが付くようなものであることが多いです。これが医者として何かのスキルになっているか疑問です。

「医学博士」をとるだけ、研究をしたという履歴を持ちたいというのであればお勧めしますが。

Q再生医療の研究者

春から高3になる者ですが、進路選択で悩んでおります。
タイトル通り、将来は再生医療の研究をしていきたいと思います。
この夢を実現させるためには京都大学の医学部医学科に進学するのがベストだと思いますが、あと1年しかないことを考えるとココだけは絶望的です;私情ですが浪人はまず避けたいので…
そこで、地方国立大(旧帝大以外)の医学部医学科か京都大学農,理,工学部等に入るかどちらがこの夢に近いでしょうか?
やはり再生医療は京都を中心に行われていますし、今後、国際的に見ても京大が一番近いと思い始めてきました。
しかしながら、医学分野の知識と医師免許を持つ資格を得る医学部の方が良いのでしょうか?

少しでもお力をお貸していただければ幸いです。

Aベストアンサー

再生医療は医学研究の分野ですから、医学部に入ってから研究するものだというのは勘違いです。確かに私も高校生のころはそう思っていましたが。

自分の将来の夢は医師ではなくて、基礎研究なのだという覚悟があるなら、医学部は向いていません。
なぜなら、医学部なら現役で入学、留年せずに卒業、前期研修2年(+後期研修3年)と、最短コースを歩んでも博士課程に入るのは28か31才です。ちなみに多くの一般人は研修医は2年だと思っていますが、本当は5年です。研修しなくてもいいやというなら医師免許持っている意味がありません。
一方、理学部や農学部なら最短コースで学部卒業が22、修士修了が24で博士課程修了は27です。このとき同年齢の医学部卒の人はまだ研究を1度もしたことがない状態です。
どちらが研究に有利かは明らかです。
事実、大学の基礎医学研究科の教室などは大半は理学部(生物学科など)出身者です。医師免許を持っている人は2割かそこらでしょう。

以上、現役の医大生からの情報です。

Q医者は何科が一番楽ですか?

卒業して研修医も終えたら希望する科に行きますが、

一番楽で責任も少ないのは何科ですか?

また、こんな事を考える様では医師に向いてませんか?

セットで教えてください、どなたかお願いします。。

Aベストアンサー

医者をやる以上は、大なり小なり責任の大きさ(≒訴訟リスク)は不可避なため、実の所責任の大小というのはあんまり重要な因子ではないのです。ただし産婦人科・小児科は例外です。リスクの観点からみれば丸腰で紛争地帯に行くようなものですから、止めましょう。

責任の100%回避が無理な以上、1 楽な環境、2 儲かる、3 つぶしが利くなどを考慮する必要がありますが、正直言って科による差よりも職場による差が大きすぎます (同じ内科でも老人病院で楽&高給な所もあれば、大学病院で激務薄給の所もあるので)

というわけで質問者さんが楽をしたいのか、金を儲けたいのか、安定した生活を望みたいのか、あるいはパートナーに稼いでもらって自分はのんびりとフリーター医生活を満喫したいのか。そこら辺が分からないと詳しくは書けません。

Q医学部受験の厳しさ、、?

医学部受験の厳しさを教えてください。(私大、国公立含めて)


早稲田、慶應の理系学部に普通に受かるような偏差値を持った人でも、私大医学部に落ちていることや、
浪人生、しかも多浪生が多いのが現状くらいしか分かりません。



私の考えですと、一年間浪人してダメだったら、もう見込みはないと思うんですが、
これほどまで医学部を志す多浪生がいるのはどうしてなのでしょうか。



よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 一浪して早稲田商卒です。

<医学部受験の厳しさを教えてください。>

もし、生まれ変わって医学部目指すとしたら、たぶんどこにも

受かりません。3浪してもしかしたら、かな。

それくらい度を越して超難関です。私文頂点こそ受験最激戦の

はずですが、医学部受験に比したら、早慶文系合格なんて

遊びみたいなもんです。だって理系のくせに、古文や漢文が

得意とかありえない世界でしたわ、見てると。

たぶん高2か高校受験を控えている人とお見受けしますが、

覚悟してくださいね。目指すなら。

<これほどまで医学部を志す多浪生がいるのは>

いうまでもないです。就職状況です。

もし、私が将来 東大京大間違いなしと言われてる中学生なら

東大なんて目指さない。医学部目指します。

どこでもいい。沖縄だろうが網走だろうが。

国立どころか公立大学でもいいから、医学部目指します。

将来 安泰だもん。

<一年間浪人してダメだったら、もう見込みはない>

うん。一浪の段階で見えると思います。2浪に突入する

価値があるのかどうかが。

がんばってね。

Q「現役の医師で大学院生」など、医師のキャリアについて教えてください。

ある若い医師で、総合病院で週に2~3日の外来診療を担当し手術も行っている方がいます。その方の名前をネットで検索すると医局のページがヒットし、それによると大学院生となっていました。良い先生ですが、学生が診察や手術?と思うと違和感もあり、ここに質問しました。

工学部などでは、大学4年卒業→大学院(修士課程2年)→企業に就職、または(修士課程2年)→(博士課程2年)→就職または大学に残り助手、などの流れで、あくまでも大学院を卒業してから企業や大学に就職し給料を貰う順序だと思います。
① 医学部4年在学中に医師国家試験を受験して合格し、卒業と同時に「初期研修医」として何処かの病院に「就職」し、病院での2年間の研修が過ぎてから、大学院に籍をおいて研究しながら週に2日くらい病院で診療や手術を行う、というパターンはあるのでしょうか?
違う箇所があれば指摘してください。
② 初期研修医があれば、後期研修医のようなものもあるのでしょうか?
③ 博士号を持っている医学博士という肩書に関して教えてください。 持っていると、患者にとって、または業界での医師自身の立場などかなりプラスになるのでしょうか?
④ 臨床医師の場合、どういう目的で博士号を取ると考えられるでしょうか?
⑤ 20代ではなく、30代、40代になってから臨床医師として働きながら大学院で博士号をとるケースもあるのでしょうか? あるとしたらどれ位の比率であるのでしょうか?

ある若い医師で、総合病院で週に2~3日の外来診療を担当し手術も行っている方がいます。その方の名前をネットで検索すると医局のページがヒットし、それによると大学院生となっていました。良い先生ですが、学生が診察や手術?と思うと違和感もあり、ここに質問しました。

工学部などでは、大学4年卒業→大学院(修士課程2年)→企業に就職、または(修士課程2年)→(博士課程2年)→就職または大学に残り助手、などの流れで、あくまでも大学院を卒業してから企業や大学に就職し給料を貰う順序だと思います。
① ...続きを読む

Aベストアンサー

医師のキャリアにとって、大学院は勉強をする期間と言うよりは、研究をする期間といった位置づけです。
ですから、一般的にはある程度臨床経験をつんで、医師として仕事ができるようになってから大学院に行くことが一般的です。
医学の進歩と卒後研修制度の改革に併せて、医師としてのトレーニング期間は延びてきています。
それと、歩調を合わせるように、医師の大学院進学も遅れつつあります。
かつて(40年ほど前)は、大学卒後1~2年で大学院に行っていたものが、20年ほど前は大学卒後3~4年、現在では大学卒後6~7年になりつつあります。
さらに、来年度からはじまる新専門医研修が始まると、内科系を中心に大学院入学がさらに数年遅くなるのではないかと予想されています。

そのため、大学院に進学する平均的医師像として、30歳代前半で、すでに結婚し、子供ができているくらいの方が多くおられます。
40代の大学院生はぐっと減ります。
もちろん大学院からは給料はもらえませんし、逆に授業料を払う必要があります。
しかしさすがに30過ぎて親に学費・生活費を頼るわけにもいきません。
また、彼らはすでに医師としての技量を充分に持っています。
そして、世間は医師不足で、非常勤でいいから高給で医師を雇いたい病院は無数にあります。
結果的に大部分の大学院生は「大学院に籍をおいて研究しながら週に2日くらい病院で診療や手術を」行なっています。

初期研修は、内科・外科・産婦人科など、基本的に医師として必要な全てのトレーニングです。
そして、後期研修で各科の専門的研修を行ないます。

博士号は、「足の裏についた米粒」といわれます。
「とってもどうということは無いが、とらないと気持ち悪い」という意味です。
医師のキャリア形成上、研究に従事していた時期があった方が良いような気がするので大学院に行き、大学院に行ってしまったら博士号をとらないと格好悪いといった程度の話です。
医師としての仕事の上ではまず関係ありません。
ただ、一部の公立病院では、医学博士を取っていると給料がわずかに上がったり、部長になるには医学博士号が必要だったりしますが、普通は関係ありません。

ですから、あなたがご経験されたように、病院に勤務している優秀な臨床医が、実は大学院生ということは、珍しい話ではありません。

医師のキャリアにとって、大学院は勉強をする期間と言うよりは、研究をする期間といった位置づけです。
ですから、一般的にはある程度臨床経験をつんで、医師として仕事ができるようになってから大学院に行くことが一般的です。
医学の進歩と卒後研修制度の改革に併せて、医師としてのトレーニング期間は延びてきています。
それと、歩調を合わせるように、医師の大学院進学も遅れつつあります。
かつて(40年ほど前)は、大学卒後1~2年で大学院に行っていたものが、20年ほど前は大学卒後3~4年、現在では大学...続きを読む

Q製薬会社就職には・・・

製薬会社への就職(研究職メイン)だとどういった大学、学部がよいのでしょうか?
聞いたところによると、理学部化学科は良いとか、薬学部4年制は無難だとか、農学部でも入るのは可能だとか・・・
それに就職を考えるなら旧帝大とも・・・

しかしある経験者から聞いたところ農学出身だと他の学部卒の人よりは扱いがあまりよくないとも聞きました。これってほんとうでしょうか?

それで、僕自身高3で生物選択の理系です。それと偏差値は60以上あります。

長々とすいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 大学教員です。
 薬学部を卒業し、製薬会社に勤務していたことがあります。

 いちばん無難でかつ製薬会社に勤務する人数の多いのは、薬学部(今後は、おそらく4年制学科のほう)かもしれません。しかし、薬学部が製薬会社へのメイン街道というわけでもありません。
 なお、薬学部4年制学科は、4年で就職するというのではなく、4+2(+3)学科だと思ってください。(6年制は薬剤師を強く志向するコースです。)

 農学部は扱いがよくないなどというのはデマです。
 有名なプラバスタチンナトリウムの発見者遠藤章博士は、東北大農学部の出身です。製薬会社の研究所勤務のときに、この仕事をしました。会社が大もうけする頃には、東京農工大の教授になっていましたが。
 どこの製薬会社でも、大勢の農学部出身者が働いています。私の上司も農学部出身でした。

 何学部に行くかよりも、学部(というより大学院)のどこの研究室で何の研究をしてきたか、このほうが重要です。
 
 製薬会社研究所に採用された人の専攻と配属先の一覧表を示している企業があります。ご参考までに。

http://www.astellas.com/jp/recruit/rd/job/field.html

 合成や分析のためには化学系の人が必要だし。薬理や毒性のためには生物系の人が必要だし、いろんな分野の人が必要とされているのが、わかります。
 実験系のみならず、数学や統計学や情報解析の人が採用されているのは、どこの製薬会社でもそうですが、臨床試験で高度なデータ解析の知識が必要だからです。

 なお、この表中の専攻は、学部名、学科名、研究室名がいりまじっているようです。

参考URL:http://www.astellas.com/jp/recruit/rd/job/field.html

 大学教員です。
 薬学部を卒業し、製薬会社に勤務していたことがあります。

 いちばん無難でかつ製薬会社に勤務する人数の多いのは、薬学部(今後は、おそらく4年制学科のほう)かもしれません。しかし、薬学部が製薬会社へのメイン街道というわけでもありません。
 なお、薬学部4年制学科は、4年で就職するというのではなく、4+2(+3)学科だと思ってください。(6年制は薬剤師を強く志向するコースです。)

 農学部は扱いがよくないなどというのはデマです。
 有名なプラバスタチンナ...続きを読む


人気Q&Aランキング