【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

現職の大学教員です。まだ任期が残っておりますが他の大学で教員公募していると聞き、応募してみたいのですが、そのとき現在在職している大学に、自分が応募しているという事実は必ずバレると考えるべきでしょうか?また公募に応じても採用されるとは限りませんが、不採用だったとき応募した事によって、現在在職中の大学当局から不利益やいじめを受けることはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

大学の方針?が自分に合わない??



つまり、教授とうまくいっていないということですか(研究室にあっていない)。

それならば、教授にバレようがバレまいが、腹くくって他を探すしか無いでしょう。

がんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

教授とうまくいっていない訳でなく、近頃大学経営陣の発言力が強くなって、研究室への干渉が強まっているということです。それには教授といえど逆らえません。教授には個人的な遺恨などまったくないのですが、おっしゃる通り大学にバレようがバレまいが、腹くくって他を探すしか無いでしょう。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/06 12:10

何を恐れていらっしゃるのでしょうか?



>ちょうどその時に、自分にあった職が募集されているとは限りませんし・・・。つまりはどうしても応募してみたい職が公募で出ていたら。

って教授にいってみたらどうでしょうか。教授との関係が良好ならば相談に乗ってくれるでしょうし、実際にその大学ではどのような問題があるのか(事務的には問題ないと思いますが・・・)わかると思います。

>不採用だったとき応募した事によって、現在在職中の大学当局から不利益やいじめを受けることはあるのでしょうか?

具体的に何が起こると恐れていいらっしゃるのでしょうか?
大学の事務とかからは何も言ってこないですよ。

この回答への補足

今いる大学の方針が自分とはあわないから職を探したいということです。公募に応募して採用で割愛までいければ問題ないのですが、落ちてしまった後のことが心配なのです

補足日時:2008/04/29 20:54
    • good
    • 2

医学系の大学教員です。

いろいろ渡り歩いてきました。

質問者さんが何を懸念されているのかいまいちわかりません。

教授(研究室の方々)にバレることが嫌なのでしょうか?
それとも
大学の事務とかにばれると問題が起こるとお考えなんでしょうか?

経験からいって、大学という機関(事務等)が文句をいうことはまずありません。次の職が決まった後に手続きをしないといけないものとかを要求することはありますが、決まった後の事務処理だけです。

教授(研究室の方々)にバレるかということであるのならば、
何故そのことを懸念されるかわかりませんが、

むしろ期限付きの職の者が次の職を探すのは他の方がおっしゃるように当然なので、逆に他の職に応募する旨を教授等にいっておくべきであると思います。

欠員がいきなりでると困りますし、そのようなことをきちんと連絡していくことが大事であると思います。

この回答への補足

大学の方針が自分と合わないと思っているのですが、回答者さんのおっしゃることは医学系以外の分野でも同じでしょうか

補足日時:2008/04/29 21:00
    • good
    • 1

こんばんわ。



五分五分だと思います。


どちらにせよ気持ちよく送り出してくれることはまあないです。

良い待遇のところに応募するのが普通ですから採用が決まれば
嫉妬されますし、応募中にバレても同じことです。

ただ黙ってるといざ職が決まった場合に現在在籍している大学側が割愛してくれないってこともありますので、宣言しといた方が楽なんじゃないかなとは思います。

個人的には任期付きポストであれば次の職を探すことは当然なので文句は言われないとは思います。

この回答への補足

すみませんが補足させてもらいます。大学側が割愛してくれない時に、本人が辞表を出すのは、ありなのでしょうか

補足日時:2008/04/24 12:39
    • good
    • 0

現在3つ目の大学に勤務する大学教員です。



基本的にはばれません。
募集する側は、通常最低2桁から場合により3けたの応募があり、書類で数人に絞り、面接をします。まともな大学なら、応募者の秘密は現大学にばれないように運び、決まってから、割愛願いを出して引き抜きます。
私自身、2回動いていますし、現大学では逆に教員採用の選定に関わっています。ばれるような公募があればまともな大学ではありません。

もちろん、上司を通して応募の場合は別ですよ。初めからわかっていますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的なご返答ありがとうございます。公募しているところがまともな大学かどうか良く調べた方がよさそうですね

お礼日時:2008/04/24 12:37

どうも、こそっと公募にアプライしたいようですが、


通常は、ボスに何となく、そのポストはどんな感じがご存知ないでしょうか?って聞いてみて探りを入れることをよくすると思うのですが・・・。

出来レースであったりしたら、労力の無駄ですので。ボスの裏話でそういうことは事前にわかったりします。
また、その公募されているポストは、単にめぼしい人が知り合いにいないのか、それとも公募をかけている教授が悪人であるから人がよってこないとかの話を、ボスは何となくツテをつかって教えてくれたりすることがあるのですよね・・・。

そういうふうに、普通はボスもいろいろ身の振り方を相談した場合、それにのってくれると思うのですが・・・。

むしろ、そういう関係がないから、ボスに内緒で、こそっと公募にアプライするとは勘ぐり過ぎでしょうか・・・。

そういう意味では、ボスから不利益やいじめを受ける可能性があります。
大学当局って、事務関係はどこに誰が行こうが無関心です。

あと、ばれるばれないというより、相談すべきであるという理由があります。任期がある質問者様がもしいなくなるとしたら、現在の研究室はいきなり欠員ができるということになります。
ボスはなんの準備もしていないでそうなるのですから、困るのではないでしょうか?
もし、受からなくても、そういうことを考えずに自分勝手にしたと思われても仕方が無いと思いますが、いかがでしょうか?

研究業界は狭いところです。老婆心ながら、少なくとも敵は作らないようにした方がいいと思います。

この回答への補足

確かにむやみにやることでもないような感じもします。しかし逆に、教授が任期を残したままで、よその大学に出て行ってしまい、残された大学院生やポスドクや助手の先生が困ったという話もあると思います。任期が残り少なくなったら周囲の理解も得やすく次の職探しもやりやすくなるのでしょうけど、ちょうどその時に、自分にあった職が募集されているとは限りませんし・・・。つまりはどうしても応募してみたい職が公募で出ていたら、応募してみると言うことでしょうか

補足日時:2008/04/24 12:19
    • good
    • 1

基本的にはばれないと思います。

そういった重要な個人情報を知り得た場合に、むやみに他人に話さないのが常識だからです。もちろん、先方の人事担当者はあなたが応募した事がわかるでしょうが、それを他人に話すことはないでしょう。下手をすると訴えられますしね。

ただし、推薦状の提出や、あなたについて意見を述べうる人の紹介が義務づけられる事もありますので、そういう人には知らせておく必要はあります。
なお、期限付きで採用された教員が、任期中に次の職、特に期限付きでないものを探すのは当然の事です。それをしなければ、任期が切れた後に、路頭に迷うことになるので、当然の権利です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。教員任期制を導入している大学ならば、教員がそのような行為に出るのを、大学が非難するのはおかしいことになりますね。

お礼日時:2008/04/24 12:17

>自分が応募しているという事実は必ずバレると考えるべきでしょうか?



多分、バレますね。
バレルと言うか・・在職している大学へ本人の経歴・人柄・勤務評価などの問い合わせをするのが普通です。
ですから、必然的にバレル・・と思います。

>現在在職中の大学当局から不利益やいじめを受けることはあるのでしょうか?

これに関してはなんとも解りません。

黙って公募に応じるのでは無く、公募に応募するする旨伝えてから応募するのが筋かと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。公募で面接などに慣れておきたいので、受けてみたいな、と言うのも実はあったりするのです…

お礼日時:2008/04/24 12:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割愛人事中の退職

最近、独立行政法人職員(大学)から国立施設の公務員に派遣となりました。この際割愛人事?という形で異動となり、必ず大学に戻ることを約束させられています。
しかし現在の職場を辞めようと考えており、できれば大学に戻らずに退職したいのですが、そのようなことは制度的に可能でしょうか。わずかな退職金を得るためにしばらく大学に戻っていやな思いをするよりも退職金なしで辞めてもいいと思っています。どうかお知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

割愛人事っていうのは、もともと、労働者の意思によらず他の会社等に移動させる場合、労働者の不利益にならないことを目的に、退職金の算定基礎の在職期間を通算できるようにする制度です。
質問者自身が退職金の通算を放棄するのなら、退職することに全く問題はありませんし、それを止めることは大学にも国立施設にもできません。

道義的な部分を別にすれば、法制度的には、問題なし、です。

ただ、質問者が退職金不要といっても、公務員の世界では退職金は支給されてしまうのが一般的です。
大学に戻ることが前提でしょうから、国立施設側では、退職金を支払うことを想定していないと思いますが、大学在職期間分も含めた退職手当を国立施設が支払わなければならなるはずです。

Q大学教官公募 決め手はなにか

某教員養成系の大学に公募に出す予定のものです。業績が第1だと聞いておりますので、それは急にどうしようもないことなのですが、他にアピールしてもよいものとしては何があるでしょうか。例えば、教員採用試験向けの予備校(学内・4年生向け)で長年講師をしていて実績があるというのは駄目でしょうか。非常勤先での講義などを書く欄はあるのですが、公募先がずばり教員養成系ですので、採用試験を念頭にしたスキルを持っているというのは個人的にはアピールになりはしないかと思っています。いかがでしょうか。やっぱり、民間での業績は業績にならないのでしょうか。法人化してもそこまでは認められませんかね?また、公募は裏があると聞きますが、根回しというのはどのくらい影響があるのでしょうか・・出来レースということは半分覚悟しておりますが、聞くにきけない内容なので客観的に情報をお教え願えれば幸いです。

Aベストアンサー

コネあり,出来レースあり,業績あり,いろいろあります.
出来レースかどうかは,公募のテーマのところにやたら細かい内容が書かれているかも
判断材料にはなり得ますが,一概にそうとも言えないので何とも言えません.
出来レースなのに大々的に公募を出す場合も見られます.

それはさておき.

業績がまぁ普通にあって,実績(おっしゃるような講師経験)もあって,
その他諸々,いろいろ書けることは書いてみてはと思います.
(1)履歴書,(2)業績リスト,(3)研究への豊富,(4)教育への豊富,などが
一般的だと思いますが,例えば(2)を投稿論文,国際学会,国内学会,指導実績・・・と
細分化して書いたり,指定されていない,
(5)その他参考となる資料
を追加したり・・・私,つい先日これで出しました.

業績が大切なのは言わずもがなですが,
他の人たちとの差別化を図ることも大切だと,私は思います.
差別化とは,大学採用後の抱負や,自分のやることやった結果についても.

お互いガンバリマショウ!

Q大学教員の退職金に関して

会社員や公務員は退職するときの月給と勤務した年数に応じて
退職金が支払われます。
会社員や公務員の場合には頻繁に会社を変えたりすることはないですが

大学教員だと、助教→講師→准教授とステップアップするごとに
大学を移るケースが多いと思います。
この場合、退職金はどうなるのでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4369299.html

ここの質問ページには、
国立大学の場合には転勤扱いになるために、
国立大学間の移動の際には退職金が支払われず
最後の定年退職時に退職金がトータルの年数に応じて
支払われると書かれています。

私立大学は企業に近いため、私立大学間の移動の場合は、
毎回退職金が支払われ、勤務年数は増えていかないのでしょうか?

もし、退職金を多く受け取りたいなら
国立大学間の移動だけにしておくか、
私立大学なら移動しない方が良いということでしょうか?

Aベストアンサー

私立大学(学校法人)の教員は、ほぼ公務員である国立大学法人と違い、
別の法人の大学に移られたら、それは転職であり、基本的に退職金はゼロからの再スタートとなります。
中高は違いますが。

お考えの私立大学が、よほどイレギュラーなケースでない限り、
私立大学退職金財団に加入しており(90%とありました)、
その財団にも以前は、法人移動は通算されないような話が書いてありました。
(今はわかりません)

国立大学は、公務員の退職金減額のあおりを受ける可能性もあり、
私立大学は、一応民間ですので、もし国立に準拠していても、
退職金は労使問題ですから、
公務員の退職金が下がってもすぐに減額されるとはかぎりません。

この財団での計算方法は、
退職時の給与×勤続年数に応じた掛け率みたいです。
ただ、この財団は、対学校法人の財団のようで、
大学ごとに教職員向けの退職金の支給規定があるようですが、目安にはなると思います。

「退職金を多く受け取りたいなら」とありますが、
最終給与によっても違いがあり、移動される時期(年齢)によっても、
得られる金額は異なりそうで、
「私立大学なら移動しない方が良い」とは一概に言えません。

蛇足ですが、
金額も当然大事ですが、やりがいや出世(ステップアップ)の見通しで判断された方が
よろしいと思います。

参考URL:http://www.shidai-tai.or.jp/

私立大学(学校法人)の教員は、ほぼ公務員である国立大学法人と違い、
別の法人の大学に移られたら、それは転職であり、基本的に退職金はゼロからの再スタートとなります。
中高は違いますが。

お考えの私立大学が、よほどイレギュラーなケースでない限り、
私立大学退職金財団に加入しており(90%とありました)、
その財団にも以前は、法人移動は通算されないような話が書いてありました。
(今はわかりません)

国立大学は、公務員の退職金減額のあおりを受ける可能性もあり、
私立大学は、一応民間ですの...続きを読む

Q論文数さえあれば、教授や准教授になれますか?

教授や准教授になるためには論文数が最低でも20~30は必要という話を聞きます。
でも逆に言えば、これだけの数の論文を出していれば、
どんなに若くても教授や准教授にアプライ出来るものなのでしょうか?

分野にもよりますが、有力研究室に在籍して
博士課程3年とポスドク2年を、学会発表もせずにもくもくと研究だけしていて、
且つ運も重なれば、論文20~30本程度の実験データを出すことは不可能ではないと思います。

例えば、助教や講師といった経歴がなくとも、論文数さえ他の人よりもずば抜けて多ければ、
教授や准教授の公募に通ることは現実的に可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りというだけのことで、それ以上50本ある人も100本ある人も「50本100本(50歩100歩)」ですよ。

学会発表もせずに、と書かれておりますが、学会発表は大事です。研究者間で評価が固まってくるのは、多くの人が注目しているテーマを学会でずばっと発表し、雨あられのような質問を名答で返すような人です。或いは同業者の発表に対して鋭い質問を浴びせる人です。公募のコネは学会で作れ、と云うほど、学会で自分の名前を売り、認めてもらうことは重要です。特に国際学会は重要です。

公募はいまでも、半分以上は「この人を採りたい」と云う候補が居て出されるものだと云われています。「この人を採りたい」と云うような人物であることを学会で大いにアピールされればよろしいかと思います。論文数は足切り最低限程度あれば他の人よりずば抜けていなくてもよろしい。

私の業界では、テニュアトラック制度により、20代で准教授になった人はいますね。30代で教授になるような気がします。これも採用の経緯としては論文数がずば抜けていたからではなく、3本程度の論文の質が認められ、かつ学会での聡明な発言、真摯な態度が業界で広く知られていたからです。

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りという...続きを読む

Q国立大学の教授が私立大学の教授に移籍するのはどういう利点があるのでしょうか

国立大学の教授は、年配になったとき、私立大学の教授に移籍する人が多いというのは本当でしょうか。
もしそうなら、国立大学教授が私立大学の教授に移籍するのはどうしてでしょうか。どういう利点があるのでしょうか。

Aベストアンサー

1.
定年が延びます。国立大学では東大の60歳(延長中ですが)から、地方国立大の63歳あるいは65歳が定年です。
しかし、私立では70歳まで働ける場合があります。多くの場合、国立大を定年で辞めてから私立に異動します。もっとも、早稲田大では東大の定年退官教授は取らないという内規(?)をかなり前に決めたので、59歳で異動した人もいるそうです。
また、最近では私立大でも65歳に定年を繰り下げるケースが増えています。慶應大では以前から65歳定年です。
2.
給料が増えます。私立大に異動したとき、国立での給与をベースにして、かなり増俸します。
ただし、65歳を過ぎるといろいろなケースがあります。まず、公務員として年金が貰える場合はそれを受給させます。そして、国立大に勤務していたときの差額を私立大が支給することがあるそうです。私立大に(その人は定年よりずっと前に異動)行った人が「お話にならない安月給で雇われている教授がいる」と言っていました。
3.
滅多にありませんが、地方国立大から早慶レベルの私立大に誘われたら心が動くのではないでしょうか。

なお、私立は定年が遅く高給だといっても、授業負担コマ数が多く、卒研生の割当が2倍以上なので指導は大変です。また、研究費もお話にならないほど低額です(この点は国立大が独立行政法人になったので差が少なくなってきたようです)。さらに、院生レベルの能力が低いことが多いので論文を生産する上で障害になります。

1.
定年が延びます。国立大学では東大の60歳(延長中ですが)から、地方国立大の63歳あるいは65歳が定年です。
しかし、私立では70歳まで働ける場合があります。多くの場合、国立大を定年で辞めてから私立に異動します。もっとも、早稲田大では東大の定年退官教授は取らないという内規(?)をかなり前に決めたので、59歳で異動した人もいるそうです。
また、最近では私立大でも65歳に定年を繰り下げるケースが増えています。慶應大では以前から65歳定年です。
2.
給料が増えます。私立大...続きを読む

Q任期付助教を途中で退任は可能?

こんど5年任期の助教(再任可)に就任する見通しです.
5年の任期中に他大学准教授公募への応募は可能でしょうか?
5年任期というある種不平等条約なので、
5年以内に自分でより良いポジションを確保するのは当然のような気もしますが、
(理屈では上司ではないとはいえ)事実上上司にもあたる教授や准教授の
反感を買ったりはしないのかなと… 業界は狭いので摩擦は避けたいと思っており、
やはり教授や准教授の了解を得るのが一苦労だったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1の方に名指しされた田舎オヤヂです 爆。

任期制で雇う側の考えは,「再任をあてにしてもらっちゃ困るよ。早くどこかに栄転してね」が多いでしょう。「使い勝手のいいやつだから,できるだけ長くいてほしい」なんて,決して考えません。

たまたま5年の任期が切れるときに,他大学で就職口がみつかる確率はとても低いでしょう。だから,任期中に公募に応募するのは当然かと思います。でも,プロフェッサーには報告したほうがいいですよね。助教もプロジェクトに一枚噛む(研究費申請の共同研究者で名を連ねる)わけですから,いきなり「来年4月から他大学に行きます」とか言われては支障をきたします。

不幸にも任期中に就職口がみつからず,かつ任期中の働きも良好であれば,「困ったなあ。じゃあ,あと5年だけ待ってあげるよ」と再任が可能ということです。歳を食った助教なんて,使いにくいですし,他の同僚にもみっともない。早く追い出して,もっと活きのいいやつを採りたい 笑。

おおむかし,ぼくが大学教員の職に助手(いまの助教)として就いたときも,プロフェッサー(ぼくは理系で彼は文系という畑違い)とのあいだの口約束でしたが任期つきでした。彼がいうには「君が困っているようだから変則的にしばらく置いてあげるけど,いい行き先をみつけてさっさと出てってくれ。うちにも院生はたまってんだからさ。たいてい講師の公募ってのは35歳以下だから※,それまでに出ていかないとだめだよ(これが事実上の任期)。自分のことを第一に考えて,大学に滅私奉公して潰れちゃだめだ」。

※いまは公募に年齢制限をつけることは,法律的に禁じられています。

潰れるなと言いながら,ものすごい激務でしたけどね 笑。幸いに35歳までに他大学の講師に昇任することができ,現在にいたっているわけです。昇任できなければ辞表を出して,予備校講師にでもなったでしょう(そっちのほうが収入は多かったか? 笑) 彼のような人格者は早死にする例が多く,定年を目前に他界されました。黙祷。

No.1の方に名指しされた田舎オヤヂです 爆。

任期制で雇う側の考えは,「再任をあてにしてもらっちゃ困るよ。早くどこかに栄転してね」が多いでしょう。「使い勝手のいいやつだから,できるだけ長くいてほしい」なんて,決して考えません。

たまたま5年の任期が切れるときに,他大学で就職口がみつかる確率はとても低いでしょう。だから,任期中に公募に応募するのは当然かと思います。でも,プロフェッサーには報告したほうがいいですよね。助教もプロジェクトに一枚噛む(研究費申請の共同研究者で名を連ねる...続きを読む

Q大学教員を辞める理由としたら。。。

大学教員を辞める理由としたら。。。

知り合いの方は、国立大学法人の助教をしていたらしいのですが辞めて民間の研究職ではない仕事をしています。

一般人からしてみたら、国立大学の専任教員という地位も名誉もある終身雇用のすばらしい職につけたのになんで辞めたのだろうと疑問です。
でも本人には聞けないものです。。。

大学教員を辞める理由として考えられることとしたら何があるのでしょうか?

Aベストアンサー

前の回答にもありますように、助教は数年の期限付きのことも多いです。その間に次のポストを見つける必要があります。いわばサバイバルレースであり、それぞれのステップで生き残ってはじめて教授になれるわけです。そうなれば不祥事でも起こさない限りは安泰でしょう。
まあ、助教であれ、教授であれ、それに嫌気がさしてやめる人がいても不思議ではありませんけどね。それと大学に残らずに民間にいくことはある意味賢明な選択のようにも思います。

Q私立大学の準教授の年収と退職金について

 私立大学の準教授の年収と退職金について聞かせてください。

 ある人から私立大学の心理学系の準教授への誘いを受けました。
 もちろん公募なので採用が確実というわけではありません。

 私は公立高校の教員です。最終学歴は国立教育大の大学院卒です。
 臨床心理士の資格はありますが、原著論文はありません。研究発表、ポスター発表等はしていて、県の教育センターの講師も毎年しています。そういう関係での誘いです。

 研究や大学生の指導の意欲はありますが、気になるのが年収です。
 年齢は50歳で勤続は20年少しです。

 現在の退職金やこの先の総収入を考えたいのですが...

 お誘いいただいた人にはそういうことを聞くのは気が引けるので、ここで尋ねております。

 具体的な情報や例を御存知の方、よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

No1=No2です。ご質問の趣旨と若干異なる回答もあるようなので、個人的に承知している範囲で補足いたします。

京阪神地区の大学では、新規採用の教員についての定年が70歳のところはほとんどなく、多くは65歳か少し上程度だと思います。なお、定年延長とか特任教授として65歳以降も勤務できるところもありますが、特任教授として残るという場合には、給与が大きく減額となる(多くて1/2、少なければ1/4程度)となるのが普通です。

私立大学の場合には、理事会(特に、大学の創始者とかその親族が理事長となっている同族企業的な大学の場合)と教授会の関係がどうかというのが教員の待遇に大きく影響することになり、首都圏ではある程度名前の知られている大学であっても、理事長独裁的な大学があると聞いていますが、京阪神地区で昔からある大学で、ある程度知名度のあるところでは、そのようなところはないのではないでしょうか。(必ずしも具体的に承知しているわけでもなく、また、このような話題につき具体的な大学名を明示するのは適当ではないので、これ以上の言及は控えます。)

理事長独裁ではなく、教授会がある程度力を持っている大学では、学部の再編や教員の身分問題を含め、何らかの対応をする際には関係する教授会が了承しなければ物事が進まず、また、教員の待遇についても全教員につき一律の基準が適用されることになるのではないかと思います。

このため、京阪神地区の産近甲龍レベルかやや下程度の大学の教員(任期付でないもの)に50歳で採用されれば、1100~1300万円程度の年収が期待でき、また、定年まで問題なく勤務できるはずです。このため、高校の教員から転職されれば給与アップとなり、生涯年収でみると、定年が65歳であっても高校教員を続けられるよりかなり多くなると思います。ただ、子育ても終わった後に高額の給料をもらっても有難味はあまりありませんし、校務負担も少なくなるので、経済面で不満を持たれることはないのではないでしょうか。

また、私立大学では准教授で採用されるのは30歳台の方が中心ですが、他大学で助教とか講師をされておらず非常勤講師から常勤教員になるとか、小中高の教員から大学教員に採用される場合には40歳台でも准教授として採用されることも多いと思います。私が直接知っている方の中にも50歳前後で教諭から関関同立の准教授で採用されたケースもあります。国立大の中には教授に昇任しないことを条件として准教授を採用するとか(昔の講座制を採用しているところでは珍しくなかったようです)、原則として自校内では昇進させないという方針を採っている大学もあるかもしれませんが、たいていの私立大では教授と准教授は対等であって、准教授で採用された者も採用後に数本の研究成果があれば教授となる(むしろ准教授のままでいるという方が難しい)のが普通だと思います。ちなみに、教授で採用する際には厳しく業績審査が行われますが、准教授から教授に昇任する際の審査はかなり形式的なものになるようです。

なお、多くの私立大学では、学生のレベルいかんにかかわらず給与水準に大差がないので、経済面で大学を移られるというケースはほとんどなく、よりレベルの高い学生を教えたいとして上位校に移られるか、より研究環境のよい大学(文系では情報が豊富な首都圏の大学)に移られるということがなければ、採用された大学に定年まで勤務されるのが普通ではないでしょうか。

No1=No2です。ご質問の趣旨と若干異なる回答もあるようなので、個人的に承知している範囲で補足いたします。

京阪神地区の大学では、新規採用の教員についての定年が70歳のところはほとんどなく、多くは65歳か少し上程度だと思います。なお、定年延長とか特任教授として65歳以降も勤務できるところもありますが、特任教授として残るという場合には、給与が大きく減額となる(多くて1/2、少なければ1/4程度)となるのが普通です。

私立大学の場合には、理事会(特に、大学の創始者とかその親族が理事長となってい...続きを読む

Q大学教員の年収を知ってしまったのですが・・・

研究室の専任講師(30代)の人たちと飲みに行ったとき酔った勢いでその人が年収を話してきたのですが、その人は年収は軽く1000万円超えてるといっていました。うちの大学は有名私大なのですが教授クラスになると年収は2000万円以上+αらしいです。こんなに給与が高い人もいれば、別の大学の専任講師は年収500万円ぐらいと、僕の大学の講師の半分でした。なぜこんなに大学により給与が違うのでしょうか?教えていただけませんか。

Aベストアンサー

貴方の学校の教授さんは高給取りですね。
でも、その高い給料は、貴方の親御さんが払っている高い授業料の
おかげだって事・・理解できますか?(笑)

学校によっては研究費とかで企業から資金が入ったり
また特許などで収益を出していたり、まぁ営業努力が
実っているんでしょう。
公立になると公務員ですので、ある程度決められた範囲の給料に
なるのは仕方ないですね。
私立でも金額の差が出るのは収益の大小で変わるでしょう。

その教授そのものの資質で高い給料をもらっている別格も
いるでしょうが、まれでしょうね。
これは一般企業でも同様のことです。

Q理系修士1年ですが、担当教授が異動になり研究室が今年度限りとなりました

理系修士1年ですが、担当教授が異動になり研究室が今年度限りとなりました。
私の来年度の研究室は同じ学科の似た専攻をしてる研究室に移り、
研究自体は教授が他大に行っても

遠隔MTGやメールなどで現在の研究を続けるということです。
しかし、実は本年度も教授は研修?(詳しい名目は不明ですが)で海外の研究所に1年赴任しており、
SkypeによるMTGやメールのみの指導となっています。
なので、大学院で担当教授の講義などを受けることができませんでした。
実際に直接指導を受けたのは学部4年生時の1年のみです。

学部4年時にも翌年に教授が海外赴任するということを知らされていませんでしたし、
修士1年時(現在)も来年に異動するとは聞かされていませんでした。

研究自体に関してはそれ程問題なく順調に進んでいますが、
私は大学院に進学した甲斐があるのでしょうか?

もし直接の指導を頂けないなら研究室を選択する際、
もしくは大学院進学自体を考え直していたかもしれません。
(就職活動も学部卒業時の方が好景気でした。)
そう思うとなんだか納得できない気持ちで今いっぱいです。


研究が順調ならそれでいいのか?
ならば通信教育でも変わらないと思います。

本来ならばこういった悔しさも研究にぶつければよいかとは思いますが、
大学や教授にまだ納得できずにいるのでそうもいきません。


こういったことはよくある事なのでしょうか?
私はこんな扱われ方でよいのでしょうか?

理系修士1年ですが、担当教授が異動になり研究室が今年度限りとなりました。
私の来年度の研究室は同じ学科の似た専攻をしてる研究室に移り、
研究自体は教授が他大に行っても

遠隔MTGやメールなどで現在の研究を続けるということです。
しかし、実は本年度も教授は研修?(詳しい名目は不明ですが)で海外の研究所に1年赴任しており、
SkypeによるMTGやメールのみの指導となっています。
なので、大学院で担当教授の講義などを受けることができませんでした。
実際に直接指導を受けたのは学部4年生...続きを読む

Aベストアンサー

>こういったことはよくある事なのでしょうか?
>私はこんな扱われ方でよいのでしょうか?

 良いわけありません。異常事態です。
 指導教員の動向は、遅くとも昨年3月には決まっていたのでしょうから、道義的には、学生には指導できない事情を説明し、了解を得る必要があると思うし、専攻長などは、代行指導教員を決める等の方策を立てるのが当たり前です。指導教員の教授としての人間性が疑われると同時に組織のいい加減さを感じます。
 指導教員が常時居る研究室の院生と比べると差別であり、納得できないことです。私が質問者の親であれば、高い授業料を払っているのですから、大学に抗議します。院生は学費を払って研究をしているのであり、指導を受ける権利があり、指導教員は指導する責任があります。指導教員の都合でこのような状態になることは考えられません。避けられない都合がある場合は院生に迷惑が掛からない方法を最善を尽くして探すのが大学人として当たり前です。教育者としての自覚がない教員がかなり居ます。80年代の文科省による高校の理系科目の教育内容の削減政策、教養科目の減少等で学力低下が始まり、あれから30年、大学教員にも影響が出始めています。
 昨年の4、5月の時期なら実質的な変更も可能であったかも知れませんが、もうすぐ学年末ですし、来年のことも決まっているようですので具体的にどうしたらよいのかアドバイスできません。しかし、スポンサーの親には事情を説明しておいた方がよいのではと思います。
 研究は順調と言うことですので、また、来年度は指導員も付くとのことですので、指導教員といい関係を築いて、今までの分を頑張って取り戻してください。

>こういったことはよくある事なのでしょうか?
>私はこんな扱われ方でよいのでしょうか?

 良いわけありません。異常事態です。
 指導教員の動向は、遅くとも昨年3月には決まっていたのでしょうから、道義的には、学生には指導できない事情を説明し、了解を得る必要があると思うし、専攻長などは、代行指導教員を決める等の方策を立てるのが当たり前です。指導教員の教授としての人間性が疑われると同時に組織のいい加減さを感じます。
 指導教員が常時居る研究室の院生と比べると差別であり、納得でき...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング