こんにちは。

太陽嵐と磁気嵐の違いとは何でしょう?
太陽嵐によって磁場に変化が起きて・・・
いまいちよく分かりません・・・。

電子機器や人工衛星に影響を与えるのは両方なのですか?

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

太陽嵐とは、


 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD% …
に解説されているように、太陽で非常に大規模な太陽フレアが発生した際、爆発的に放出される太陽風・電磁波・粒子・粒子線などが、地球上に甚大な被害をもたらす現象です。
磁気嵐は、地球上の、通常、中緯度・低緯度において全世界的に地磁気が減少する現象のことを指します。その主な原因は、太陽風によるものとされています。

つまり、太陽嵐は太陽における現象であり、磁気嵐は地球上における現象です。例外もあるでしょうが、大雑把に言えば、「太陽嵐が原因で、地球上で磁気嵐が起こる」「磁気嵐の原因が太陽嵐である」ということです。

人工衛星に影響を与えるのは太陽嵐で、地球上の電子機器に影響をあたえるのは磁気嵐となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
サイトも見てみました。
分かりやすい説明でよく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/06 19:30

最近、真面目です。

 つ^_^)つ ←??

バンアレン帯と太陽風もしっかりと認識して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD% …

プラズマの為に地球の磁気が狂うのです。

地球のコアは高温高圧ですので、磁気を持てない状況下にあると思いませんか?溶けた鉄は磁気を持てません。
もちろん、太陽もです。

何故地磁気が発生するのか?
実際にはこれが一番大切なのです。

ここからようやくプラズマ(電離した粒子)で
地磁気が変化するプロセスが理解出来ます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%A3%81% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
プラズマで磁気が狂うのですね。
バンアレン帯も調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/06 19:32

太陽風は色々な物が太陽から放射されていますそれを総称して太陽風と言いますその中でも問題なのが磁気嵐です太陽風のかの物に磁気を帯びて

いるものが大量に飛んでくるのが磁気嵐です太陽は地球のように一つの磁石ではなく色々な所に磁場ができてそこから解き放たれるのです磁気嵐が起きる時と黒点の数に関係があるようですそれが地球に飛んできて地球の磁場(地球の一つの磁石ですから磁場を持っていますその磁力線があるから方位磁石が南と北を指すのです)を激しくしげきするのですそれがバンアレン帯に影響してオーロラが見えるのですですから電子機器や人工衛星に影響を与えるのは両方ですただ太陽風程度では大丈夫ですが磁気嵐と言われるぐらいにならなければ大丈夫ですなお宇宙飛行士も磁気嵐がひどい時はシェルターに避難するそうです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答いただき、ありがとうございました。
太陽風のひどいものが太陽嵐で磁気嵐も
その1つという感じでしょうか。
バンアレン帯も知らなかったので調べてみます。

お礼日時:2008/05/06 19:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽嵐と磁気嵐

こんにちは。

太陽嵐と磁気嵐の違いとは何でしょう?
太陽嵐によって磁場に変化が起きて・・・
いまいちよく分かりません・・・。

電子機器や人工衛星に影響を与えるのは両方なのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

太陽嵐とは、
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%B5%90
に解説されているように、太陽で非常に大規模な太陽フレアが発生した際、爆発的に放出される太陽風・電磁波・粒子・粒子線などが、地球上に甚大な被害をもたらす現象です。
磁気嵐は、地球上の、通常、中緯度・低緯度において全世界的に地磁気が減少する現象のことを指します。その主な原因は、太陽風によるものとされています。

つまり、太陽嵐は太陽における現象であり、磁気嵐は地球上における現象です。例外もあるでしょうが、大雑把に言えば、「太陽嵐が原因で、地球上で磁気嵐が起こる」「磁気嵐の原因が太陽嵐である」ということです。

人工衛星に影響を与えるのは太陽嵐で、地球上の電子機器に影響をあたえるのは磁気嵐となります。

Q太陽の光と太陽のエネルギーの違いについて

ずっと気になってたことがあって質問します。
それは太陽のエネルギーについてです。
太陽のエネルギーが地球に届くまで100年かかり今私たちが得ている太陽のエネルギーは100年前のものと聞きましたが、太陽の光が地球に届くのは8分少々ですよね。
太陽の光と、太陽のエネルギーというのは別物なのでしょうか?
太陽のエネルギーが100年前のものであるなら、エネルギーは毎年地球に届いているので、例えば今年は冷夏で農作物が不作です。と天候に左右されることに納得ができません。(単純に光合成ができないからということでしょうか?)
あと風水?的なもので、よく午前中は太陽のエネルギーが強いので、午前中に太陽の光を浴びさせてエネルギーを充電する、午後の太陽ではダメというようなことを聞きますが、今届いている太陽のエネルギーが100年前のものであるので、午前中とか関係なく、単純に今届いている太陽のエネルギーがちょうど100年前のものであるとするなら、100年前の太陽の活動状況によって、エネルギーの強い弱いが変わるのではないかと思うのですが、午前中の太陽のエネルギーが一番強いというには、なにか科学的な根拠があるのでしょうか?
太陽の光と太陽のエネルギー、その辺の違いがどうにも理解できずモヤモヤしています。
どなたか、詳しい人がいましたら、教えてください。
宜しくお願いいたします。

ずっと気になってたことがあって質問します。
それは太陽のエネルギーについてです。
太陽のエネルギーが地球に届くまで100年かかり今私たちが得ている太陽のエネルギーは100年前のものと聞きましたが、太陽の光が地球に届くのは8分少々ですよね。
太陽の光と、太陽のエネルギーというのは別物なのでしょうか?
太陽のエネルギーが100年前のものであるなら、エネルギーは毎年地球に届いているので、例えば今年は冷夏で農作物が不作です。と天候に左右されることに納得ができません。(単純に光合成...続きを読む

Aベストアンサー

>太陽の光と、太陽のエネルギーというのは別物なのでしょうか?

太陽の中心核では、摂氏1500万度という高温で毎秒6億トンの水素が核融合をおこしており、その反応によって3億8500万メガワットの1兆倍のエネルギーを作り出しています。地球の到達するのは、そのうちの22億分の1程度です。
しかし、そのすさまじいエネルギーも、太陽の巨大な重力のせいで、表面に達するには100万年くらいかかるのではないかと推測されているようです。つまり、見えている太陽の光は"約100万年前"につくられたものということです。

>天候に左右されることに納得ができません

地球は光を受けているだけの単純な静的システムではありません。大気循環、海流、火山の噴火などによってきわめて複雑に常時変化しています。これらの動的な激しい変化がなければ、水なんかとっくに蒸発してしまって死の惑星になっていたことでしょう。
また、植物の生育も光量だけで決定されるものはありません。気温や降水量によって劇的に変化します。
太陽光だけに限っていえば、毎年同じ量(実際は11年、60年周期で増減アリ)の光が地球に満遍なく降り注いでいても、地球のシステムによってそのエネルギーは絶えず混ぜっ返されているために、時と場所によってムラができます。そのムラが生態系に悪影響を及ぼすようなものであれば、それが干ばつや冷害などの自然災害となってあらわれるということです。
鍋の煮物をうまくかき混ぜていないと、どうなるかわかりますよね。

>午前中の太陽のエネルギーが一番強いというには、なにか科学的な根拠があるのでしょうか?

太陽が地表からみて垂直方向に近いほど光を多く受けることになるので、正午以後2時間くらいが一番強いと思います。。。が、質問者さまの資料原文の文脈がわかりませんので、自信はありません。

>太陽の光と、太陽のエネルギーというのは別物なのでしょうか?

太陽の中心核では、摂氏1500万度という高温で毎秒6億トンの水素が核融合をおこしており、その反応によって3億8500万メガワットの1兆倍のエネルギーを作り出しています。地球の到達するのは、そのうちの22億分の1程度です。
しかし、そのすさまじいエネルギーも、太陽の巨大な重力のせいで、表面に達するには100万年くらいかかるのではないかと推測されているようです。つまり、見えている太陽の光は"約100万年前"につくられた...続きを読む

Q磁気嵐のせい?

昨日、テレビ画面が一本線になってしまい途方に暮れていましたが、本日はすっかり直っています。磁気嵐のせいでしょうか。

Aベストアンサー

テレビが横1本線になるのはテレビの垂直回路の故障です。
磁気嵐でも画面全体が光リます。

Q小学生並みの質問かもしれませんが、太陽は何が燃えているんですか?太陽の

小学生並みの質問かもしれませんが、太陽は何が燃えているんですか?太陽の燃料になるものは何でしょうか?

以前太陽は水素爆弾か原子爆弾と同じと聞いたような気がしますが、誰が着火したんでしょうか?自然発火なんですか?

そして何故、何億年も長きにわたって燃料が燃えつきなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>小学生並みの質問かもしれませんが

いえ。そんなことはありません。

まず、「錬金術」という言葉を見聞きしたことはありませんか?
大昔のことですが、金以外から金を作るという夢の方法が研究されていました。
ところが、いくら実験を重ねても金は生成できません。
その理由は、中学で習う理科(化学)でわかります。
元素の周期表にある100個強の元素は、それぞれ他の元素に化けることができないということですね。

ところが20世紀になって、元素がほかの元素に化けることは可能であることがわかってきました。
詳細部分をはしょってイメージを書きますと、おおむね下記の3パターンに分類できます。
(あ)放射性物質は、放射能を出すことにより、ほかの元素に化ける。(崩壊)
(い)ウランなどの重い元素に他の元素や粒子をぶつけると、ウランの原子が割れて、複数の軽い元素になる。(核分裂)
(う)水素などの軽い元素同士をぶつけると、合体して他の元素になる。(核融合)

(い)と(う)は原子力と呼ばれます。
太陽で起こっているのは(う)です。

「燃える」というのは、従来は酸素と結合して熱や光を出すことを意味しました。
炭素原子 + 酸素原子2個 ⇒ 二酸化炭素 + エネルギー
しかし、今では、原子力でエネルギーを得ることも「燃やす」「燃える」と言うようになりました。

>>>太陽は何が燃えているんですか?太陽の燃料になるものは何でしょうか?

ほとんどが水素です。
軽い水素 + 軽い水素 ⇒ 重い水素 + 余分な粒子 + エネルギー
重い水素 + 軽い水素 ⇒ ヘリウム + 余分な粒子 + エネルギー

>>>以前太陽は水素爆弾か原子爆弾と同じと聞いたような気がしますが、

原理としては水素爆弾と同じですが、上記の反応式とは少し違うと思います。

>>>誰が着火したんでしょうか?自然発火なんですか?

自然発火のイメージです。
太陽は恒星の一種でありガスのかたまりですが、
恒星が誕生するとき、自分の重力によって、中心に向かってガスの圧縮が起こります。
すると、圧縮されたことによって温度が高くなります。
ある温度以上になると勝手に核融合反応が始まります。

高温に熱せられた金属に紙を着けたり近づけたりすると、紙が燃え始めますよね。
これは、ある温度以上になると紙が勝手に燃えるということです。
核融合もそれと似ています。

>>>そして何故、何億年も長きにわたって燃料が燃えつきなのでしょうか?

単純ですけれども、
燃料がたくさんあり、かつ、燃料を使うスピードが遅いということです。

ちなみに、夢の原子力発電として水素の核融合が研究されていますが、
何十年も経った今でも実現できていません。
その理由の一つに、核融合を発生させるための温度や圧縮度の発生が難しいということがあります。

こんにちは。

>>>小学生並みの質問かもしれませんが

いえ。そんなことはありません。

まず、「錬金術」という言葉を見聞きしたことはありませんか?
大昔のことですが、金以外から金を作るという夢の方法が研究されていました。
ところが、いくら実験を重ねても金は生成できません。
その理由は、中学で習う理科(化学)でわかります。
元素の周期表にある100個強の元素は、それぞれ他の元素に化けることができないということですね。

ところが20世紀になって、元素がほかの元素に化けることは可能で...続きを読む

Q磁気嵐(太陽嵐?)で、文明崩壊?

理系じゃないので詳しくは分かりませんが、超巨大な磁気嵐などに襲われると、
パソコンなどが壊れちゃうそうですね。

現代のインフラを支えるパソコンが壊れると、それは現代文明の崩壊を意味するかもしれません。


現実的に、そういうことは近い将来、起こり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

起こり得る可能性があると考えられています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%B5%90#.E4.BB.8A.E5.BE.8C.E7.99.BA.E7.94.9F.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.A8.E4.BA.88.E6.83.B3.E3.81.95.E3.82.8C.E3.81.A6.E3.81.84.E3.82.8B.E5.A4.AA.E9.99.BD.E5.B5.90

「今後発生すると予想されている太陽嵐」を参照

http://www.earthkeeperh3.com/environmental/ondanka_taiyou.html

1986年カナダで起きた列車事故、1989年カナダで起きた大停電を参照


現時点では巨大地震や大津波、そして原発事故が起こるかどうかという話と同じなのです。
科学的に証明されていないと言う人と、どこかで割り切らなければ設計ができなくなると言う人、寝た子をを起こすなと言う人もいます。
しかし、起こり得る可能性があると考えて行動する人もいます。

2000年問題をご存知でしょうか?
起こる可能性があると信じて行動した人が大勢いたからこそ防げたのです。

> 現実的に、そういうことは近い将来、起こり得るのでしょうか?

私は起こり得る可能性はあると考えています。
時間のあるうちにできることから対策を考えるべきだと思います。

起こり得る可能性があると考えられています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%B5%90#.E4.BB.8A.E5.BE.8C.E7.99.BA.E7.94.9F.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.A8.E4.BA.88.E6.83.B3.E3.81.95.E3.82.8C.E3.81.A6.E3.81.84.E3.82.8B.E5.A4.AA.E9.99.BD.E5.B5.90

「今後発生すると予想されている太陽嵐」を参照

http://www.earthkeeperh3.com/environmental/ondanka_taiyou.html

1986年カナダで起きた列車事故、1989年カナダで起きた大停電を参照


現時点では巨大地震や大津波、そして原発事故が起...続きを読む

Q【太陽はプラズマで出来ている】プラズマって何ですか? 太陽は雷で出来ているってこと?

【太陽はプラズマで出来ている】プラズマって何ですか?

太陽は雷で出来ているってこと?

Aベストアンサー

参考に。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

QNASA公式サイト12月16日最強の磁気嵐が襲う

NASA公式サイト 12月16日から22日まで、地球は丸6日間闇に没する300年で最強の磁気嵐が襲う

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_21/280341789/

NASAの公式サイトを調べてみたんですが この記事のソースが見つかりませんでした
分かる方いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

いや、これは誰かが言い出したデマで、NASAはそんなことは言っていないんだと思いますが。だからNASAの公式サイトを探しても見つからないのは当然です。

http://earthsky.org/earth/nasa-quells-rumor-days-of-darkness-in-december-of-course-not

上のリンクの最後にNASAが6日間のSolar Stormを否定だけしたFacebookのスクリーンショットがあります。
NASAとしては、Press releaseとして公式に否定するのもばかばかしいが放っておくのもはばかれるので、Facebookでさらっと否定だけしておいたんじゃないでしょうか。

Q太陽フレアの磁気リコネクションについて

疑問に思ったのですが、太陽表面では磁力線がつなぎかわって、その磁場エネルギーでフレアが起こるという説が有力ですよね。
では、なぜ地上で磁石を近づけてやっても爆発が起きないのでしょうか?
磁力の問題でしょうか?
太陽の黒点の磁場が1000ガウス。
ピップエレキバンは800ガウスらしいです。
これから考えるに、単に磁場の大きさだけの問題ではない気がします。
プラズマが周囲にあるかないかが関係してるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です.とんちんかんでした,
「magnetic-reconnection scaling-law」でググっと検索してみると,
http://peaches.ph.utexas.edu/ifs/ifsreports/979_Aydemir.pdf
では初っ端に,
Magnetic reconnection changes the topology of magnetic fields embedded in highly conducting plasmas, ...
とありますので,プラズマの存在による伝導率が関係しているようです..

この論文,MHD方程式でモデル化して,何やらいろいろな物理量を
スケーリングしてリコネクションの起こる時間を一般化しようとしているようです.

ちらっといっこしか眺めていないのですが,アルヴェン波の伝播時間とか
外部電場がどうたらとか,その辺でスケール化したパラメータを
使っているようなので,勝手な思い付きですが,
これらのパラメータが,場なり何かと共鳴したときリコネクション,
とか言う感じなのかも知れません.

リコネクションのスケール化は途上なのかも知れませんね.

#1です.とんちんかんでした,
「magnetic-reconnection scaling-law」でググっと検索してみると,
http://peaches.ph.utexas.edu/ifs/ifsreports/979_Aydemir.pdf
では初っ端に,
Magnetic reconnection changes the topology of magnetic fields embedded in highly conducting plasmas, ...
とありますので,プラズマの存在による伝導率が関係しているようです..

この論文,MHD方程式でモデル化して,何やらいろいろな物理量を
スケーリングしてリコネクションの起こる時間を一般化しようとし...続きを読む

Q地震のP波とS波の到達時間の差

日本国内か、近海を震源とする地震が発生した時に
P波とS波の到達時間に1分ぐらいの差が出ることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

P波は、秒速5~7Km、Sは秒速3~4Kmだから1分ぐらいは有ります。
3月11日の地震は、東京では1分30秒以上でしたね。

Q太陽嵐と光ディスク

大規模な太陽嵐はコンピュータを故障させるそうですが、
CD、DVD、ブルーレイ、今後開発される光ディスクには影響を与えますか?

Aベストアンサー

>大規模な太陽嵐はコンピュータを故障させるそうですが
「大規模な」という程度によります。
太陽嵐は金属に当たると微弱電流になります。
しかし、ほとんどの電子機器は金属ケースに覆われているので大丈夫です。
非常に大規模なときは影響を受ける可能性があります。

また、CD、DVDなどは読み取りは光学的なものなので影響を受けませんが、
読み取ったあとは電子データになるので、やはり影響は受けます。
基本的にはディスク自体には影響を与えませんが、これも大規模であると
影響を受ける可能性があります。


人気Q&Aランキング