色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

アセトアルデヒド = アセト + アルデヒド
アセトン     = アセト + ケトン

・・・だと思うのですが、アセトとは何でしょうか?
暇なときにでも回答していただければありがたいです。

A 回答 (4件)

慣用名を持つアルデヒドは対応するカルボン酸から名前をとることがあり, 例えば


ホルムアルデヒド = formaldehyde/蟻酸 = formic acid
アセトアルデヒド = acetaldehyde/酢酸 = acetic acid
ベンズアルデヒド = benzaldehyde/安息香酸 = benzoic acid
となっています.
ということでアセトアルデヒドの「アセト」は酢酸に由来し, さらに酢酸の「アセティック」は「酢」に由来すると思います. イタリア語では aceto, ラテン語でも acetum が「酢」ですから.
アセトンも, 酢酸からの連想か CH3C(=O) のアセチル基からの連想かのどちらかじゃないでしょうか.
    • good
    • 8

どうも、酢酸acetic acidのaceticもacidも同語源のようですね。


(味が)鋭い→酸っぱい
のようです。
そしてこれがもとでアセチル基CH3-CO-などの名前になっているようです。アセト-は「酢酸の~」というところのようではないでしょうかね。酢酸菌はアセトバクターAcetobacterですし。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=acutely&stype=1 …
    • good
    • 3

英語語源のページ、↓


http://www.etymonline.com/
aceto → acetone ラテン語"acetum"(酢) -one (ギリシャ語の女性語尾)
さらに調べるとacetumは、酸っぱくなったワイン。
前置詞 acere- は「酸っぱいこと」。
acer 鋭い
なおアセチレンは Marcelin-Pierre-Eugene Berthelot (1823-1907) がアセチル(Justus von Liebigが命名)に-eneを付けて命名。
云々…。
    • good
    • 0

アセト(acet)とは、アセチル基(acetyl:CH3CO-)のことと思います。

    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング