利用規約の変更について

「アニリンのアセチル化の反応機構を調べ、化学反応式を示して説明せよ」という課題が出されたのですが、「アセチル化」と「反応機構」というものがよく分かりません。
教えてください、お願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高校生でしょうか、それとも大学生?


高校生なら反応機構は要らんだろうという気がしますので、大学生向けということで。
結論として、すなおに有機化学の教科書を見るのがいいんじゃないですか。
アセチル化というのは、単に基質にアセチル基(CH3C(=O)-)を導入する反応のことです。水素がアセチル基で置き換わることになります。
アミンと酸無水物や酸塩化物との反応の機構はどの本にも書かれているはずです。一般に矢印を使って電子対の移動を表すことによって示されています。
流れとしては、アニリンのN上の非共有電子対(孤立電子対)が酸無水物や酸塩化物のカルボニル基の炭素を攻撃し、その電子対は一時的にカルボニル酸素に収容され、C=OがC-O^-になる。その後、C-O^-の酸素の電子対がカルボニル炭素の方に戻ってきて、二重結合を形成し、それと同時に脱離基(CH3COO^-あるいはCl^-)がとれていくという風に書くのが普通です。文字で見てもわからないでしょうが、教科書の図を見ればすぐにわかるはずです。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございました!!
よく理解できました。あとは図説見ながら自力でも勉強してみます!

お礼日時:2008/05/11 14:24

#1のお答えでは少々分かりにくいので、追加します。


「アセチル化」はアセチル基(CH3-C(=O)-)を導入する反応を言います。
通常、電子豊富な炭素、窒素、酸素上へ水素を置換(置き換え)して導入します。
炭素の場合有名なのはフリーデルクラフツアセチル化(一般にはアシル化)、窒素に導入すると「アセチルアミド化」、酸素に導入すると「アセチルエステル化」になります。
通常はフリーデルクラフツ反応の場合ルイス酸触媒、アミド化の場合(今回はこれ)塩基を過剰に使います。エステル化の場合酸でも塩基でも反応が促進されます。
アセチル化剤は無水酢酸(氷酢酸ではないので注意)「無水酢酸:(CH3-C(=O)-)2O」、ないし塩化アセチル(CH3-C(=O)-Cl)を用います。
「反応機構」とは有機化学などでどうしてその原料から生成物が出来上がるのかを順を追って、結合の生成と開裂、電子移動などを交えて説明することです。
今回のアニリンのアセチル化の場合、アセチル化剤として無水酢酸、塩基としてピリジン(トリエチルアミンも良く使う)を使うとこうなります。
1.アニリンの窒素上の非共有電子対が無水酢酸のC=Oの炭素に近づく。
2.同時に窒素が近付かなかった方のアセチル基を含むアセトキシ基(CH3-C(=O)-O)が酢酸イオン(CH3-C(=O)-O^-)として離れる。
3.窒素上の水素が水素イオンとして抜ける。
4.水素イオンと酢酸イオンとから出来た酢酸がピリジンと塩を作って安定化する。
塩基を加えないとアニリン自身が半分塩基として消費されてしまいます。
塩化アセチルを用いた場合も全く同じで、塩基の塩酸塩が副生するだけです。
m(_ _)m
    • good
    • 2
この回答へのお礼

補足説明ありがとうございました。

これならなんとか食らいつけそうな感じです(汗
わざわざありがとうございました!!

お礼日時:2008/05/11 14:33

アセチル化、アセチル基をどこかに導入する事。

アニリンの反応しやすい部分にアセチル基を結合させる個と。
「反応機構を化学反応式で示して」、中間生成物の構造式を書くこと。必ずしも1つではないです。上空にπ電子雲をもつ場合には、求められている学力の程度によりますが、π電子雲に対するアタックを導入きのどの電子雲が行うかを図じすることを要求されている場合があります。程度の低い場合には、これを省略して、ベンゼン環のどの部位に対して導入期のどの電子雲がアタックをかけるか、をずじします。

アタックの図示とか、電子雲の移動とかの図示方法は、わかっていますね。文字では書けませんから、解凍不能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!!

アタックの図示は分かりますが、電子雲はよく分かりません(汗
細かい部分はもうちょっと研究してみます。

お礼日時:2008/05/11 14:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ酢酸ナトリウム?

この前化学の実験で、アニリン塩酸塩と無水酢酸との反応によりアセトアニリドの合成実験を行ったのですが、そのときに酢酸ナトリウムも加えることになっていました。なぜ酢酸ナトリウムも加える必要があるのでしょうか。入れても意味がないようにしか僕には思えません。どうか回答お願いします。

Aベストアンサー

なぜといわれるとかなり難しい話になります。
大学で習うのですがこの反応は求核置換反応でアニリンNHのNにある非共有電子対が無水酢酸のカルボニル基のCを攻撃し、電子移動で無水酢酸の一部分が酢酸イオンとして脱落する事で進行します。ただし、反応開始時にアニリンが塩酸塩になっています。このままでは反応しませんので塩酸塩をとってアニリンに戻さないといけません。そのアニリンに戻すために酢酸ナトリウムが加えられているのです。酢酸ナトリウムであるのは酢酸ナトリウムから生じる酢酸イオンが無水酢酸側を攻撃しても影響がないからです。塩化ナトリウムや硝酸ナトリウムなどなら発生する塩化物イオンや硝酸イオンが無水酢酸を攻撃した時、無水酢酸の構造が変わってしまって反応が正常に進行しなくなる恐れがあります。
反応開始にアニリン塩酸塩ではなくアニリンを使用した場合は酢酸ナトリウムは不要です。

Qアセチル化について教えてください。

ある物質をアセチル化するのに無水酢酸とピリジンを使うのですがアセチル化の反応機構と反応後の無水酢酸とピリジンの除去の仕方(反応機構も含め)について教えてください。参考になるサイトや論文も教えていただきたいです。自分の勉強不足で申し訳ないのですが、回答お願いします。

Aベストアンサー

下記追加質問について回答します。
炭酸水素ナトリウムのような塩基性水溶液でも除去できると思いますが、特にピリジンについては酸性水溶液を使った方が除去の効率が良いと思います。
ピリジンは弱塩基性ですので、塩酸のような酸性水溶液と酸塩基反応してピリジニウム塩を形成します。ピリジニウム塩になると、水への溶解度が大きく上がりますので、酸性水溶液に抽出される効率が高まります。
なお、蛇足ですが、肝心のアセチル化した目的物が酸性水溶液に溶けないことが前提です。アセチル化した目的物も酸性水溶液に溶けるようだと、目的物もピリジンや無水酢酸と一緒に酸性水溶液へ抽出されてしまいますので。。。

Qアセトアニリドの合成

アセトアニリドの合成の実験で一旦アニリンをアニリン塩酸塩にしてから無水酢酸と反応させて合成をしました。
アニリンをアニリン塩酸塩にするのはなんでですか?
回答していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

反応条件やその他の試薬類に関する記述がないので断定はできませんが、考えられることとしては溶解度の問題でしょう。
すなわち、有機化学反応は多くの場合有機溶媒中で行いますが、その実験には溶媒として水を用いているのではないでしょうか。
アニリンは水に溶けませんが、塩酸アニリンは水に溶けます。すなわち、塩酸を加えるのは「アニリンを水に可溶化するため」でしょう。
しかし、そのままでは(すなわち塩酸アニリンの状態のままでは)無水酢酸とは反応しません。
そのために、無水酢酸とともに何らかの塩基(通常は弱酸の塩など)を加えているのではないですか。たとえば、酢酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムなどを加えていませんか?
これらを加えることによって、アニリンが遊離し、それが無水酢酸と反応することになるはずです。

Q酸無水物を使ったFriedel-Craftsアシル化について

Friedel-Crafts反応のアシル化について質問させて下さい。
教科書にも出てくる塩化アルミニウムを使った酸塩化物での反応機構は理解できるのですが、酸触媒を使った酸無水物でのアシル化の反応機構が分かりません。

例えば、過塩素酸を触媒とした反応でベンゼンを無水酢酸でアシル化した場合、アセトフェノンが出来ると思いますが、これらの反応機構はどのように進むのか
また、副生成物等の有無や化学等量の関係など、もしご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。
詳しく解説されているサイト等もございましたら是非教えていただければと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いずれにしても、アシルカチオンが生じることにかわりはありません。
無水酢酸とH+が反応することによって、酢酸とアセチルカチオンが生じます。
そこから先は、通常のFriedel-Crafts反応と同じです。
通常のFriedel-Crafts反応では、HClが生じますが、酸無水物を使うとその代わりにカルボン酸が生じます。

Qモル数・理論収量の求め方

アニリン(分子量:93.13、モル数:0.053)と無水酢酸(分子量:102.09、モル数:0.054)で合成したアセトアニリドのモル数と分子量の求め方を教えてください。 それと、理論収量の求め方を教えてください。

Aベストアンサー

アニリンと無水酢酸から合成しなくても、アセトアニリドの分子量は常に同じです。だってアセトアニリドですから。
分子量の計算くらいできますよね。高校化学の初歩中の初歩です。
原子量すべて足すだけ。これができないとは言わせない。

アニリンや無水酢酸がどんな構造持ってるか、アセトアニリドの構造、ちゃんと調べましたか?ちゃんと調べれば化学反応式が分かるはずです。

すると、0.053molのアニリンと0.054molの無水酢酸を用意していれば、最大何molのアセトアニリドができますか?それが理論収量です。
「モル数」なんて言葉を使わないでください。物質量は0.053mol等のように言いましょう。長さのことを「メートル数」とか、質量や体重のことを「キログラム数」なんて言わないのと同じです。

Q融点測定における誤差

融点を測定する実験を行なったのですが、測定結果に幅が出たり、実際の融点よりもだいぶ低くなってしまいました。
測定した融点に幅が出てしまったのは途中で不純物が混じってしまったのだと思いますが実際の融点よりも低くなってしまった原因がわかりません。
わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
また、できればその原理なども詳しく教えてください。

Aベストアンサー

これは実験のレポートでしょうか。
考察に行きづまっちゃったという事ですね。

だとすると考えられる現象と参考文献を提示してあげるのがいいのかな?

まず実験の過程を細かく隅々まで気付いた事全てを経時的に書き連ねましょう。全てはここから始まります。
時にはそれだけで、ある程度見えて来たりする事があります。

実験ではどこまで詳細にいろんな事を観察しているかが命ですからね。

さて考えられる原因ですが、
過冷却等の現象は除外できるでしょうか。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/u1374038/index.15-11.html
この参考ページはちょっと分野が違いますが、判りやすいと思います。

それから温度を測定する方法に問題はなかったでしょうか。
アルコール温度計だと、球部の測定点の温度と液柱部の温度が極端に違う場合誤差要因となります。
他にも測定誤差になるような原因があるかもしれません。例えば棒温度計なら温度を見るとき、ちゃんと直角で見ましたか?・・・温度計によりますけど。

Q無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。

無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。
実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。

C6H5NH2+(CH3CO)2O →C6H5NHCOCH3 + CH3COOH

この式のどこに熱の発生を書けば良いのかということとどうして発熱するのかをできるだけ解りやすく教えていただけると助かります。
あとこの実験で蒸留水の中にアセトアニリドを溶液の状態で混合させたところ刺激臭が発生しました。ニオイの感じではアンモニアだった気がするのですが・・・アニリンのアミノ基と蒸留水が反応してアンモニアが生成されたという事で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

発熱云々の件ですが、もちろん、結合エネルギーから説明することはできますし、全体の結合エネルギーの変化が反応熱に関与していることも確かです。しかし、それならばなぜ結合エネルギーが変化するのかという新たな疑問が生じます。個々の結合の標準的な値から見積もることもできるでしょうが、それならばなぜ標準的な結合エネルギーの値がそうなるのかという話になります。なので、いずれにしても結果論的な説明になるという意味です。

Qアセトアニリド合成法

アニリンに塩酸を加えアニリン塩酸塩とし、さらに酢酸ナトリウムと無水酢酸を加えてアセトアニリドを生成します。
この過程で酢酸ナトリウムを加えるのはなぜですか?

Aベストアンサー

No.1の補足です。
アニリンなどのアミン類が求核性を示すのは、窒素上の孤立電子対が原因です。これがなければ求核性もなくなります。
アンモニウム塩では、この孤立電子対が結合に使われてしまっていますので、求核性を示しません。
したがって、アミンが起こす反応の多くはアンモニウムイオンでは起こりません。
ご質問のようなアセチル化も起こりません。

酢酸ナトリウムを加えることによって、Cl-がNaClとなるために、アニリンがアンモニウムの形でなくなり、アニリンが遊離されることになります。

式の上ではアニリンの酢酸塩ということになりますが、酢酸は弱酸なので、遊離されたアニリンの形で存在するものの割合が多くなります。

Qアニリンのアセチル化について。。。

アニリンのアセチル化の時に実験で酢酸ナトリウムを加えました。
これは未反応の無水酢酸を分解するためらしいのですが、なぜ分解する必要があるのでしょうか?
また、どのような反応で分解され最終的には何になるのでしょうか?

Aベストアンサー

実験のどの段階で酢酸ナトリウムを加えるかとか、固形でくわえるか、水溶液で加えるかとか、それ以外に塩基が存在するかとか、いろいろな要因がありますので、単純な回答は難しいと思います。

仮に、アニリンに無水酢酸と酢酸ナトリウムの固体を加えて混ぜたというのであれば、酢酸ナトリウムは反応を進めるための塩基触媒と考えるのが妥当だと思います。すなわち、酢酸ナトリウムは弱酸である酢酸と強塩基である水酸化ナトリウムの塩ですので弱いながらも塩基です。これを加えることによって、アニリンと無水酢酸との反応によって生じる酢酸によって、反応溶液が酸性になって、反応の進行が抑制されるのを防ぐ作用があります。

反応後に、酢酸ナトリウムの水溶液を加えるのであれば、過剰量の無水酢酸を加水分解する際の触媒と言うことになると思います。

アセトアニリドは冷水に溶けにくい固体です。無水酢酸は液体ですが、水には溶けにくいです。それに対して酢酸は水によく溶けます。反応後に無水酢酸が残っていると、アセトアニリドの結晶に混入しやすいですが、酢酸は水によく溶けますので、水洗したり、水から再結晶することによって容易に除去できるというメリットがあります。そのため、未反応の無水酢酸を加水分解しておいた方が、精製が容易になります。

実験のどの段階で酢酸ナトリウムを加えるかとか、固形でくわえるか、水溶液で加えるかとか、それ以外に塩基が存在するかとか、いろいろな要因がありますので、単純な回答は難しいと思います。

仮に、アニリンに無水酢酸と酢酸ナトリウムの固体を加えて混ぜたというのであれば、酢酸ナトリウムは反応を進めるための塩基触媒と考えるのが妥当だと思います。すなわち、酢酸ナトリウムは弱酸である酢酸と強塩基である水酸化ナトリウムの塩ですので弱いながらも塩基です。これを加えることによって、アニリンと無水...続きを読む

Qアセチル化

アニリンのアセチル化の実験で、アニリンと無水酢酸、酢酸を使用したのですが、酢酸をなぜ使用したのかわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

なんだかすっかり恥の上塗り状態ですが(^^;)
A-No.5のlmc7vxさんの回答が間違いなく正解でしょう!

アニリンはそもそも水には溶解しません。
だからアニリンを塩酸塩にして水に溶かすか、
アニリンが溶ける有機溶媒が必要だったんですね。
本反応では酢酸は副生成物だから余計な操作が増えないし、
反応熱だってしかるべき方法で冷やせば問題ないわけですし。

色々勉強になりました。ってそろそろ教える立場になる筈なのに...


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報