愕然としたりした時や悲しい時など、
精神的に追い詰められたりしたりすると
時として笑ってしまうことがありますよね。

あれって、何故なんでしょう?

実際は、嬉しくもないし、楽しくもないのに、、、、、、、、どうして?

A 回答 (6件)

いろいろな理由があるかもしれませんが、一つには「悲しいときに悲しい表情をすると、心の底から悲しくなってしまうので、それを避けようとして笑う」というのがあるのではないでしょうか。



多くの人がそのようにして笑った経験があるだろうと思うのですが、それではどうして「悲しいときに心から悲しい」と素直に認めることができないのでしょう。

人間は成長していく中でさまざまな出会いを繰り返し、社会の中で自分をどのように表現していけばよいのかを学んでいきます。その中で「まわりに会わせる」方ばかりに天秤が傾いてしまって「自分の素直な気持ちを受け入れ、表現する」ことができなくなってしまうと、顔の表情と心の中身が違った人になってしまいます。

多くのカウンセリングの理論では「自分の気持ちを素直に表現できるようになること」を一つの目標にしていますが、それくらい本当の自分の心を表現できない人々がこの世の中にはいるのですね。

現実の生活では時と場合に応じてさまざまな役割を果たさなければならないように、いつもいつも「ホンネで素直な自分」で過ごせるとは限りませんが、時には「笑えて来るくらい悲しい」自分の中の「悲しい気持ち」に意識を集中して、思いっきり悲しんでみるのも大切なようです。仮面の笑いに隠された「ホンネ」を思いっきり感じてみる。するとそのあとで、気持ちがすっきりすることが多いようですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり、自己の精神を守る為の防衛機構のひとつの現れと見て、よさそうな気がしますね。

『多くのカウンセリングの理論では「自分の気持ちを素直に表現できるようになること」を一つの目標にしていますが~』

これは、考えさせられました。
僕もなんとなく、そんな気がします。

HTsumakuraさん、どうもありがとございました。
(説得力ありました。)

お礼日時:2001/06/14 22:10

 おかしくて笑うとは、ごく日常的な常識の崩壊である。

と言う定義を聞いた事があります。確かに極端な所で、「箸がこけても笑う」と言うこともありますし。
 んで、よくテレビなんかで出てくる、恋のドキドキ感と恐怖や緊張のどきどき感が似てるのを利用すると言うテクニックがありますが、それと同じように「ごく日常的な常識の崩壊」と「精神的に追い詰められた状態」は、「こうあるべきすがた(理想)」が、崩壊している点で似ていると思います。
 ヤナ事をロマンチックなことに例えましたが(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『崩壊』という言葉が出てくると、
なんだか途端に怖くなってしまいますねぇ。(笑)

『おかしくて笑う事』から考えて見るのも、良いアプローチですねー。

nekoucchaliさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/09 22:31

誰でも、愉快な・楽しい・気持ちいいときに笑った経験があります。

極端に苦しい状況に追い込まれたときは、なんとかそれを解消しようと試みて、「楽しかったときの状況を再現してみたらどうだろう」と無意識が判断するのではないでしょうか。
もうひとつ。「笑い」の正体はまだ明らかになっていないようですが、「緊張からの解放である」という有力な説があります。謹厳な紳士が登場する→緊張・バナナの皮で転ぶ→解放、というやつです。追い詰められたときは極端な緊張状態なので、それを解放しようとして笑おうとするとも考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり、緊張を解かんとする自己防衛のようなものですかね。

ただ、『「楽しかったときの状況を再現してみたらどうだろう」と無意識が判断するのではないでしょうか』というのも面白い方向性の考え方ですね。

nutsさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/09 22:27

あれはどうも日本人特有のものらしいと、昔国語の教科書に書いてありました。

やっぱり日本人ならではの、遠慮深さだのなんだのが少なからずいろんな場面で影響しているんでしょうねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇ、そうなんですか。

あれが日本人に特有のものと教科書に書いてあったとは。
なんの教科書だったんですかねー。

peitaさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 22:13

一つは脳内の情報混乱による不適切な動作、というのもありますが・・・。



心理的には、防衛機制といって、心が危機に陥ったときにとる回避行動の一種でしょうね。
心的エネルギーが許容量を越えたときに、心の中の動き(嘆き・悲しみ・怒りなどなど)では消化しきれず、身体行動に出てしまうのです。

そのときには、必ずしも心の動きと同じ方向に動くとは限らないのです。

こうやって人は「自己」を維持しようと行動するといわれています。

例:親しい人が死んで、葬式では超人的に仕切って応対もしてたのに、終わったとたん「うつ病」になった。

すみません、あまり答えにならなかったですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ひとつの防御反応なんですかね。

「自己」の維持ですか、、。(ーー)う~ん

buranさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 22:05

むか~し、むかしちょっとかじった心理学の記憶からですが、


動物は精神的に追い詰められると精神の安定を維持するために『キレる』のだそうです。ある時は逃げ、戦い…。その表現は主に喜怒哀楽に変換されます。感情が制御不能になるのでどの顔をしていてもかまわないそうです。
嬉しいのに泣いてしまったことありませんか?同じことです。
無理にでも笑うことで心のマイナスをカバーしようとするのかも知れません。
また、笑うと泣くが同じ効果をもたらすとする人もいます。
思いっきり笑う、思いっきり泣く。あとはどちらもさっぱりしませんか?

どこまで信じるべきかは分かりませんが…中途半端な回答でごめんなさい。ザル頭なもんで…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キレル、のって精神の安定に役立っているのですか。

感情が制御不能になる・・興味深い表現ですね。

色々な可能性があるのですね。

tez3さん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 22:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「哀しい」と「悲しい」の違い。

こんばんは、最近ふと疑問に思ったことを質問させていただきます。
「哀しい」と「悲しい」の違いについてです。
辞書を引くと同じ意味のようですが
こういう場合はこっちを使うというような決まりや両者の違いはあるんですか?
個人的には「哀しい」の方が情緒的な感じがするのですがどうなんでしょうか?

回答お願いいたします。

Aベストアンサー

こういう場合はこっちを使うといった明確な決まりは
ないと思いますが単純に使い分けよう思えば
『悲しい』は心が痛む感じの時で
『哀しい』切ない感じだと思います。

漢字の成り立ちからみると
『悲しい』は背中あわせの非の形から
二つの物が相反することに対するかなしさ
『哀しい』は口に衣をかけている形から
思いを口にださず胸の中に閉じ込めるなかなしさ

と考えられるので『悲』より『哀』の方が
より人間の想い、感情の意が強いような気がします。
したがって質問者様が『哀しい』の方が情緒的だと
思えたのもそのせいでもあるのではないでしょうか
勿論『哀愁』など言葉のイメージもあるでしょうが^^

Qこれは嬉し涙?悲し涙?

私が最近泣く理由は
元彼のに抱きしめながら言われた言葉を思い出し涙が出てきます。
あと、
死んだおじいちゃんのとの思い出を思い出すと涙がでてきます。

これはどちらも過去の思い出を思い出しています。

懐かしいなと思い、もう一度会いたい、過去に戻りたいけど戻れない。
だから悲しい、
なので悲し涙でしょうか?

でもどちらもその時は嬉しかった。楽しかった。
だから嬉し涙でしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確かに人は悲しいときや嬉しいときに涙を流します。

でも、お示しの「涙の理由(ワケ)」は

>懐かしいなと思い、もう一度会いたい、過去に戻りたいけど戻れない。
だから悲しい
>でもどちらもその時は嬉しかった。楽しかった。

の「どちらか」というより「どちらとも」の方が答えになりそうですよ。

つまり、大切な「思い」が一気に込み上げてきて「涙が出て」いるんでしょう。
それを後から「悲しいせい?」とか「嬉しかったから?」とか名づけたり理由づけたりするのもいいのでしょうが、名づけないままにしておくのもいいと思いますよ。

悲しいからとか嬉しいからとかじゃなく、込み上げてきた宝物のような思い出への「思い」が言葉にならず、わっと出口を求めて殺到してきた。
あなたはその名づけられない感情の波に呑まれて、いっとき翻弄された。
それが頬を伝わる涙になって表れて出てきただけです。
涙に名前をつけないで、そのときの気持ちをそっと両手でやさしく包み込みあなたの気持ちの温かさでいつまでも変わらないでいるように願いながら押し頂いていればいいのではありませんか。

記憶はやがて時の経過という風化作用をうけ、思い出の輪郭や感触というほんの「さわり」の思い出へと形をかえ風景の一こまになっていきます。これはどう足掻いても避けられない生きるものが背負う宿命のようなものです。

あなたの大切な思い出も時の風化で少しずつ断片化してゆきます。
それまでの「束の間」です。
名前をつけてわざわざ「限定」しなくてもいいのではないでしょうか。

確かに人は悲しいときや嬉しいときに涙を流します。

でも、お示しの「涙の理由(ワケ)」は

>懐かしいなと思い、もう一度会いたい、過去に戻りたいけど戻れない。
だから悲しい
>でもどちらもその時は嬉しかった。楽しかった。

の「どちらか」というより「どちらとも」の方が答えになりそうですよ。

つまり、大切な「思い」が一気に込み上げてきて「涙が出て」いるんでしょう。
それを後から「悲しいせい?」とか「嬉しかったから?」とか名づけたり理由づけたりするのもいいのでしょうが、名づけ...続きを読む

Q悲しいドラマは、うつに悪影響あり?

抗うつ薬を服用しています。
このようなときに、哀しい、寂しい音楽やドラマを視聴して涙を流すのは病気によくないことでしょうか。

Aベストアンサー

病気でない人でも、哀しい、寂しい音楽やドラマを視聴して涙を流す
ことはあると思います。
病気だからと気にせず、今のご自分を受け入れてあげることの方が大切だと思いますよ。
自分も抗うつ薬を服用しています。悲しいときや、そのような気分のときは、
我慢せず、思いっきり泣くほうが健康的ですし、そのあと気分が晴れると思います。
我慢するほうが、健康的じゃないしストレスが溜まり、うつによくないと思います。

Qなぜ実際に経験していないのに、感情移入できるのですか?

 小説など読んでいると自分自身はそのような経験はまったくないのに、なぜかその物語に共感や感情移入できるのはどうしてでしょうか。
 例えば、私はまだ20代で独身ですが、ある小説で、結構裕福な家庭の母親の苦悩なんかを描いていると、わかるわ~と共感できるんです。
 どうしてこのように感じるのでしょうか?下手な説明ですみません。

Aベストアンサー

二つの側面があると思います。

1.本能的なもの。まあ、本能と言う言葉そのものがある意味あいまいなので、本質的にはいいかげんな説明付けなのですが、高いところを怖く感じたり、猛獣やひどく破壊された車を見て恐怖を感じたり、または、きれいな花を見て美しいと感じたり、人間でも動物でも赤ちゃんを見るとかわいいと感じたり、そいういう、生きていく上で、どうしてもあったほうがいいと判断できる情動のようなもの。

2.似たような体験・学習からの類推、同一視。類型的に考えれば、そして、非常に簡単なものなら、大体10代でほとんどのことについて体験したり、見たり聞いたりして学習してしまいますから、そういうことについて、感情移入が出来るようになる。

ただ、おおくの場合、感情移入が出来るのは、自分の立場を強化する方向性でできるというのが、一般的な感情移入の特徴です。
女性であれば主婦の生活を送る前でも、主婦の生活について感情移入が起き易いですし、男性なら、サラリーマンなどについて感情移入がやさしいことになります。ですから、普通の生活を送っている人に、ホームレスや引きこもりの人に対する感情移入はなかなか出来ません。特に困難なのが、自分に敵対関係にある人たちに対しての感情移入ですね。
もうひとつ、これが一番大きな問題なのですが、感情移入自体が間違っていることが多いのです。この原因は、二次媒体によって加工された情報に接することや、自らの体験が非常に軽いものだったり、反対に非常に重いものだったりすることによって起こります。

理性的な判断は、実際は、感情移入によって左右されていますから、自分がどんな形でどんなことを感じているのか、それを常に点検することが、現代と言う時代を生きる上では必要かもしれません。

二つの側面があると思います。

1.本能的なもの。まあ、本能と言う言葉そのものがある意味あいまいなので、本質的にはいいかげんな説明付けなのですが、高いところを怖く感じたり、猛獣やひどく破壊された車を見て恐怖を感じたり、または、きれいな花を見て美しいと感じたり、人間でも動物でも赤ちゃんを見るとかわいいと感じたり、そいういう、生きていく上で、どうしてもあったほうがいいと判断できる情動のようなもの。

2.似たような体験・学習からの類推、同一視。類型的に考えれば、そして、非常に...続きを読む

Q悲しいかな

「悲しいかな」という言葉、最近は普通になじんできましたが、
初めて見たとき、何これ?ミスプリか?って感じるほど違和感がある言葉でした。
~かな? なら普通疑問系ですけど、悲しいかな、は悲しいかな?という疑問詞のような感じではなくて、接続詞のように使ってますよね。
悲しいことだけど・・・ みたいな意味合いで。

「悲しいけど」だったら普通の言葉に聞こえるんですけど、悲しいかな、とはどこか違和感を感じます。古語か何かでそのまま今に残っている言葉だからでしょうか?

Aベストアンサー

すでに回答されているとおり「悲しいなあ」という感動・詠嘆の終助詞ですが、古文ではありません。
これは文語体、つまり「書きことば」なのです。文語体は平安時代の文法が基礎になっていますが、けっして古文ということではないのです。現代でも小説や歌などの芸術作品の題名、俳句や短歌などの韻文などでよく使われています。

しかし、その書きことば専用だったはずのものが、昭和頃からやや気取った感じにしたり、なんらかの効果を狙ったりして、口語(話しことば)でも使われるようになりました。特にこの「悲しいかな」や「果たせるかな」ということばは、感動・詠嘆というよりも、このような効果を出すための単なる挿入句として使われることが多いようです。
おそらく、文語になれている人には、なんの違和感もない、ごくありふれた表現だと思います。

Q「自分の能力を実際よりも高く思う」 「相手の能力を自分よりも低く思う」

 こんばんは。お世話になります。

 「自分の能力を実際よりも高く思うこと」や、「相手の能力を自分よりも低く思うこと」等は、(私のような)愚かな人間には、「よくあること」のようですが、いったいその原因は何なのでしょうか?
 適応規制なのでしょうか?
 事実を認識する能力が劣るのでしょうか?

 根拠の有る回答を、宜しくお願いします。
 乱筆をお許し下さい。

Aベストアンサー

囲碁や将棋の世界では、
「自分より下手な人の能力を判定することはできるが、
自分より上手な人はみんないっしょに見える」
という現象があります。
これは囲碁将棋だけではなく、多くの能力に当てはまるでしょう。

人間の能力には数多くの面があります。
たとえば、AさんとBさんの能力が次のようだったとします。
Aさん:
能力1:5
能力2:5
能力3:5
能力4:5
能力5:5

Bさん:
能力1:1
能力2:1
能力3:5
能力4:9
能力5:9

どっちも合計点は25で、かわりありません。

ここでAさんからBさんを見ます。Aさんは、
自分が優れている能力1と能力2は正確に判断できますが、
能力4と能力5を判断することはできません。
そういう場合、たいていは「俺よりは上だけど、2つ上くらいかな」と考えます。

そうするとAさんから見たBさんは
能力1:1
能力2:1
能力3:5
能力4:7
能力5:7
となって、総合点で21。Aさんより劣っているように見えます。

BさんからAさんを見たときも同じ事が言えます。

囲碁や将棋の世界では、
「自分より下手な人の能力を判定することはできるが、
自分より上手な人はみんないっしょに見える」
という現象があります。
これは囲碁将棋だけではなく、多くの能力に当てはまるでしょう。

人間の能力には数多くの面があります。
たとえば、AさんとBさんの能力が次のようだったとします。
Aさん:
能力1:5
能力2:5
能力3:5
能力4:5
能力5:5

Bさん:
能力1:1
能力2:1
能力3:5
能力4:9
能力5:9

どっちも合計点は25で、かわりありません。

...続きを読む

Q今はただ 悲しい、悲しい

とあるフレーズが何に使われていたか、思い出せずに苦しんでいます。確か、漫画か何かだったと思うのですが、台詞ではなく作中にナレーションの様に入る表現で、「今はただ、悲しい、悲しい、悲しい、悲しい」というものです。特にこの「悲しい」の部分が数ページに渡りながく書かれていたような気がします。お心あたりのある方、何の作品だったか教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

「MONSTER」原作:浦沢直樹
CHAPTER72

グリマーから預かった手紙。
 「君の事をずっと見ていた。君の全てを食い尽くすために見ていた。だが逆に、君の全てが私を侵食した。
崩れかかった私が、君にはどうのように見えただろうか。崩れかかった私に、君が与えてくれた物。
君は、美しい宝石を残してくれた。あの永遠のいのちのような双子。一番罪な事は、人の名前を奪い去る事。
名前を取り戻そう。君に名前を返そう。君の名はアンナ。今はただ、悲しい。悲しい。悲しい。悲しい。悲しい。悲しい。」

Q「自分の能力を実際よりも高く思う」 「相手の能力を自分よりも低く思う」 その3

 こんにちは。お世話になります。
 当質問は前回までの質問の続きとさせて頂きます。
 前回までに御回答を頂いた皆様方には、改めて御礼申し上げます。

 前回までの質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1118790
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1122235



 前回のQ&Aを要略すると以下のようになります。


 質問 「(私のような)凡人は、実際よりも自分の能力を高く考えたり、相手の能力を低く考えたりしがちだと思いますが、そう考えてしまう原因は何にあるのでしょうか?」

 前回NO,1様のアドバイス 「人を評価する時は、オリンピックのように、1位2位とハッキリ判る事は別として、体全体から、にじみ出ているものを感じて判断しています。話をする前は、口もとが、しまりがないとか、目がトロンとしているとか、外観で、こいつは自分より、能力がないかな?とおもってしまいます」


 NO,1様のアドバイスは的確かと存じます。
 しかし現実的に考えると、人並み程度の人生を送ってきた(私のような)人間が、人よりも優れた人間である可能性は低いと思いますし、「相手の能力を的確に判断する能力」等が養われている可能性も低いと思います(少なくとも私は凡人ですし、そのような能力もありません)。
 それにも拘らず、このように自分に都合の良い解釈をしてしまう原因は何にあるのでしょうか? 具体的な理由を教えて下さい。
 根拠の有る御回答を希望します。宜しくお願い致します。


 なお、当質問は投稿スペースの関係上、文章を要略した形で記載しております。たいへん恐縮ですが、これまでのQ&Aと合わせて御目通しのうえ、御回答をして頂きたく、お願い申し上げます。宜しくお願い致します。
 乱文となりましたが、意中おくみとり下さい。

 こんにちは。お世話になります。
 当質問は前回までの質問の続きとさせて頂きます。
 前回までに御回答を頂いた皆様方には、改めて御礼申し上げます。

 前回までの質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1118790
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1122235



 前回のQ&Aを要略すると以下のようになります。


 質問 「(私のような)凡人は、実際よりも自分の能力を高く考えたり、相手の能力を低く考えたりしがちだと思いますが、そう考えてしまう原因は何にある...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは実際、人より能力が高いのではないですか。それなら、その現実を素直に受け入れ、その能力を社会のために生かすことを考えればいいと思います。

Q悲しい童話の教育的意義は?

たとえば 

マッチ売りの少女 や フランダースの犬など の 悲しい童話がありますが 

こんな 貧しくて死んじゃうような 悲しいだけのお話を 聞かせたり見せたりして 

むしろ心に悪影響では?と感じてしまうときがあります

こういった悲しいだけのお話に 何か教育的意義があるものなのでしょうか?

子供は 年中です

Aベストアンサー

悲しいお話にせよ、楽しいお話、怖いお話、いろいろなお話がありますがいずれも日常経験しがたい感情の起伏を擬似的に体験させる力があります。

悲しいお話は強い感情を引き起こすことによって、もともとその人の心にあったもやもやと形の定まらない悲しみの感情を一気に排出する力があります。(今から二千年以上前にギリシャの哲学者アリストテレスが同じ意味のことを書いています。)

同情したり、反発したり、怒りをおぼえたり、とにかく幅の広い感情を呼び起こし、泣いたりハラハラどきどきしたりして心の中のもやもやを整理しすっきりさせるのはとても健康的なことです。

楽しいお話、悪い奴をやっつけるヒーローの出てくるお話など子供向けのお話にもいろいろありますね。言葉によって伝えられる他人のさまざまな感情を理解できるようにするには、どれかに偏りすぎてはいけません。楽しいおはなしばかりで育てられた子は抑圧された心にもやもやたまった悲しみを表す言語に乏しく、それを解放するすべを知らないまま大きくなってしまいます。

ところで回答者も年中児の母です。ついこの間まではカタコトの赤ちゃん言葉を話していた子が、今では一生経験しないかもしれない出来事まで「おはなし」をきいて疑似体験できるようになったことに軽い驚きを覚えます。

悲しいお話にせよ、楽しいお話、怖いお話、いろいろなお話がありますがいずれも日常経験しがたい感情の起伏を擬似的に体験させる力があります。

悲しいお話は強い感情を引き起こすことによって、もともとその人の心にあったもやもやと形の定まらない悲しみの感情を一気に排出する力があります。(今から二千年以上前にギリシャの哲学者アリストテレスが同じ意味のことを書いています。)

同情したり、反発したり、怒りをおぼえたり、とにかく幅の広い感情を呼び起こし、泣いたりハラハラどきどきしたりして...続きを読む

Q人はどんな時に笑うのか?

人間にはこんな時に笑うという条件があるらしいです。
その条件とはなんでしょうか?
たとえば、裏切りとか。優越感を感じたときとかです。教えてください。

Aベストアンサー

緊張から緩んだ時、特に笑いが起こるのではないかと。


すごい真剣な話をされて、緊張して聞いていて、最後にオチを言われた瞬間、ふぬけになるじゃないですか。
今のは真実だと思って真剣に聞いていたが、全部作り話だったのかとわかるとほっとする。


イギリスでユーモアについての研究がある。
漫才とは違って、話をして最後にキメを入れて、クスとかどっと笑うというもの。
ゲラゲラじゃなくて、クスとかあはは とか そんなセンスがユーモア。



ラマンチャンドランさんが、自分は神を知覚したって人と話したことがあるそうです。
詳しくは内容を覚えていないがこんな話をしたそうです。

ピアノバーかどっかで小人を連れた人がいて、聞くと魔法のランプを手に入れて、小人を手に入れたと。
魔法のランプを譲ってやると言われて、ゆずってもらって、100万バックス(札? お金の単位?)を要求したら、たくさんのアヒルが出てきた って。
おかしいじゃないか と言ったら、「私が本当に魔法のランプの精に小人が欲しいと要求したと思います?」と言い返された。


この話を聴いた神を知覚したという人は、ちゃんと笑ったそうです。
バックスとダックスをひっかけたユーモアを理解した。
ユーモアはわかるが、なぜか神に出会ったと思って真剣に幾何学模様にこだわっている変な人。


あとは、人は笑いで苦境を切り抜けるんじゃないかと。



例えば農場従事者がせっせと夏場食べ物を育てたのに、秋に台風がきて全滅した場合、もう笑うしかない。
悲痛で打ちのめされることを防ぐために、笑う。
笑うことで絶望から復帰できる。

緊張から緩みになるから。


漫才師の人のほとんどは、まじめで悲惨な幼少時代をすごした人。
その悲惨な環境の中で生きぬくために、編み出したのがユーモア、ジョーク。
金は無いは親はいつも怒鳴っているは、喧嘩しているは とても安心して暮らせる環境じゃない中、子供なりのサバイバルとして、事実をユーモアを交えて捉えなおすことで、絶望せずに済んだわけです。

両親が大喧嘩している中、子供がそれとは関係ないジョークを言うと、大人はふぬけになって喧嘩するのが馬鹿らしくなるじゃないですか。

夫婦でもそう。大喧嘩して罵り合っていたらきりが無いので、どちらかが突然ジョークを言う。
あきれかえって、笑って緊張がゆるみ、喧嘩するのが馬鹿らしくなるじゃないですか。

緊張から緩んだ時、特に笑いが起こるのではないかと。


すごい真剣な話をされて、緊張して聞いていて、最後にオチを言われた瞬間、ふぬけになるじゃないですか。
今のは真実だと思って真剣に聞いていたが、全部作り話だったのかとわかるとほっとする。


イギリスでユーモアについての研究がある。
漫才とは違って、話をして最後にキメを入れて、クスとかどっと笑うというもの。
ゲラゲラじゃなくて、クスとかあはは とか そんなセンスがユーモア。



ラマンチャンドランさんが、自分は神を知覚...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報