【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

語尾に「~じゃ。」 と言うのを、よく本やドラマの中の、お年寄りが使うセリフとして登場します。

この使い方、元々、どこの方言だったのでしょう?

関東なら「~だ。」 関西なら「~や。」 と言うのが普通では? と思いまして。

ただ、はやりとか、TVの影響で全国的に認知はされたのでしょうが、昔から日常会話で、年齢に関係なく使われてたのはドコなんでしょう?

Gパン刑事が、「なんじゃコリャア!!」…って叫んだのは、思わず口走った「方言の吐露」ではないと思います。

年寄りのセリフの語尾は「~じゃよ。」と言われるようになったいわれ、実際使われてる地方が知りたいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 アニメ等に出てくる博士は、ほとんどが「~じゃ」という指摘をしていた文章をよんだことがあります。

その言い方で話し手がどんな人かが分かる(なおかつ、現実のそういう人たちは、そんな言い方をするとは限らない)言葉を「役割語」と呼んでいたと思います。

 ということで、検索してみたら、さすが「ウィキディア」。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E5%89%B2% …

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E5%89%B2% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

「役割語」を初めて知りました。
ウィキの「役割語」を読み進んだら、関連項目に「老人語」というのがありました。
そこを読んだら、すごくスッキリした気持ちになりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E4%BA%BA% …
     

お礼日時:2008/06/05 20:29

> ・・・ワシ。

 我が飛騨地方では、女(老人)のひとも使います。
> 更に、「オレ」、「オリ」なども使われます(女のひとがですよ!)。

記憶が少しおぼろですが、確か私の祖母も「オレ」と言っていたような気がします。でも、「じゃ」と言ったことは一度もなかったですね。ちなみに父の生家は那須の農家ですが、彼の話によると祖母は二本松の出だそうです。

話は変わりますが、週間モーニング(講談社)に連載中の『へうげもの』の中で、淀の方が
「殿下(秀吉)のお怒りを鎮めるのは、今しかないのじゃ!」
と言って、織田長益(有楽)に詰め寄るシーンがあります(小田原陣中の話ですから、年齢は二十歳かそこら)。しかし、この物語の中で彼女以外に「じゃ」を使う人物は、男も含めてほとんど登場しません(帝や秀吉でさえ然り)。
それでふと思ったのですが、前回の回答で触れたキャピュレット家のお嬢さんの例と併せて考えると、これは或いは “お姫様(もしくは女王様)言葉” なのかもしれません。身分の高い女性は当然回りに威張るわけですが、そうかと言って「~だ」では響きが無骨過ぎる。そこで採用されたのが「じゃ」というわけ。もっとも、戯曲や漫画の台詞では、根拠としてかなり脆弱ですけれど‥ ( ^^;

【またも余談】
淀の方(茶々)の呼称は今では「淀殿」が一般的のようですが、私が子供の頃は物語本でそんな表記を見た例はなく、テレビドラマなどでも圧倒的に「淀君」でした。現代では歴史学者によって否定されているこの呼称を日本中に広めたのは、坪内逍遙作の歴史劇『桐一葉』だと言われています。
ちなみに単なる偶然ですが、例の「名が何じゃ!」という名(迷?)訳も彼の手になるものです ( ^^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

またまたありがとうございます!

「じゃ」は老人にのみ使うことが許された言葉ではない。
高飛車なオンナにこそ似合う!・・・
そんな気もしてきました。

ヨドギミ・・・確かに私も この呼称に慣れ親しんできました。
坪内逍遥・・・偉大な小説家(しかも岐阜県人)だとは知ってますが、作品は まっっったく読んだことありませんでした。(恥)
 これを機会に、明治?の文豪さんの小説も読んでみるようにします。

お礼日時:2008/06/06 23:14

多分方言じゃないと思います。


実際にお年寄りのかたとお話をしていても滅多に「~じゃ。」
なんて言葉は使いませんよね?
本やドラマで使うのは
その人がお年寄りの役なんだとわかりやすくするために使うのだと思います。

まったく説明になってませんね。すいません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

いえいえ、おっしゃるとおりです。
私も実際の会話で聞いたことありませんから。
なので、「この辺では聞いたことない=方言では?」 と思ったんですよ。

ドラマなんかで使われるのは「役割語」として・・・
ということがわかりました。
COMORIさんのおっしゃるとおりです。

お礼日時:2008/06/05 21:14

【以下余談!】


「何じゃ」と言えば、齢13の少女が次のような台詞を語る有名な物語を連想します。

名が何じゃ!薔薇の花は他の名で呼んでも同じようによいかおりがする。

誰だ、こんな翻訳するヤツぁ!!! ...(笑)

恐らく「~じゃ」は方言ではありませんし、老人になった者に等しく使用が義務付けられる表現でもない筈です。
ただ、日本という国はほぼ全土が尾根で分断された箱庭社会なので、同じ言葉がある土地では日常語として長く生き続け、また、ある土地では早々に廃れ‥ という具合に言葉の地域格差がかなり激しいわけでして、結果としてある地域の現代語が別の地域では古語扱いされたりする場合もあります。
そこで、「~じゃ」の名誉のために敢えて一言 ( ^^

これは決して加齢臭を帯びた言葉に非らず、そんなことは辞書には一言も書かれていない!

‥ と高らかに叫んだ後、「~じゃ」としばしばセットで使われる「わし(儂)」という代名詞を国語辞典(旺文社です)で引いてみました。
--------------------
わたし。おもに男の老人が用いる
--------------------
まったく、辞書なんて!‥(ノ_<。)。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(笑いながら…)!

・・・ごめんなさい、その物語よんでませんでした。
でも、スゴイ翻訳ですね! かなり感情こもらせたい時に使える語なんですね、「じゃ」。  「だ」では やはり弱いと。Gパン刑事に通じるモノあります。(あ、彼はクニのコトバか。なら、ヤクザの発する言葉に。)

>決して加齢臭を帯びた言葉に非らず

・・・確かにそのようですね。 「『じゃ』使いさん」に対し失礼です。 老若男女、フツーに使う地方があるのですから。

・・・ワシ。 我が飛騨地方では、女(老人)のひとも使います。
更に、「オレ」、「オリ」なども使われます(女のひとがですよ!)。

お礼日時:2008/06/05 21:06

#1の回答者です。


再びお邪魔します。

あっという間に、沢山の回答が集まりましたね。
#6様の「役割語」というご説明には感服しました。


>>>関西では「じゃ」、関東では「だ」と 方言対立になったのは どうしてなんでしょうねえ?

理由は、私にもわかりません。
東日本(首都圏を含む)では、「じゃ」で終わる言い方はしません。
お年寄も言いません。
(勿論、西日本出身の人を除いてです。)
ですから、現代日本語としては、「~じゃ」は方言としてとらえるのが妥当と考えられます。
東北では、「~ださ」「~だっちゃ」という言い方があります。

なお、
「じゃん」と「だべ」は、話し相手に対して、同意や共感を求めている意味があります。
「じゃん」や「だべ」と同義の言葉は、標準語では「だろう」であり、
「じゃ」のシリーズで同義の言葉は「じゃろ」あるいは「じゃろう」です。


>>>関西は「や」だと思うのは 私の思い込み? 

いえ。思い込みではないです。
関西では、「じゃ」より「や」が多く使われているはずです。


>>>映画、「仁義なき戦い」では 確かに「じゃ」を、それほど年いってないヒトたちが使ってましたね。

はい。
「仁義なき戦い」は、広島が舞台なので。


一つ思い出しましたが、
時代劇の中で、偉い人が格下の者に対して話すときに
「じゃ」が使われていますね。
現在放送中のNHK大河ドラマ「篤姫」でも、
家定(将軍)、篤姫、本寿院(家定の母)が、しょっちゅう「~じゃ。」と言っています。
役割語なのか、それとも、江戸時代末期に実際にそうであったのかは、
私は知りませんけれども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

・・・この時点で、私もかなり満足感を覚えてきたのですが、さらなるご回答、とても嬉しく思います。

ずいぶん前に、「じゃん」が横浜の方言だと知った時はオドロキました。 単にハヤリ言葉の一つと思ってましたから。
ウチの親は変にガンコで、むかし、私の妹が「~じゃん!」と言ったら、烈火のごとく怒ったのを思い出します。
ハヤリ言葉として使ったものですが、その時の妹の真意は…?(断定?同意を?)

私もまた一つおもいだしました。
格下の者が上に向かって言う時、「~ですじゃ」なあんて言うの聞いたことがあります。 やはり「じゃ!」と言い切ってしまうのはハバカラレるんですね。シモジモの者には。

お礼日時:2008/06/05 20:50

No.2です。

早速のお返事を有難うございます。また、「はじめまして」ではなく3/29のご質問でもお礼のお返事をいただいており有難うございました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<・・関東でも「じゃ」は使われるんでしょうか?>

私のまわりでは(関東人)、誰も使っていません。

ただ、使う人がいてもおかしくないと思います。

ちなみに関東でも断定の語尾が
「じゃん」(横浜弁)
「だべ」(横須賀弁)
というのがあるようです。

実際横須賀の人が「だべ」と言っているのを耳にしたことはありますが、「じゃん」は東京人(山手・下町)でも使っている人もいますので、横浜弁が東京に浸透したのかもしれません。


ご質問2:
<その意味で、老人が話す言葉(ドラマとかの中で)の語尾が、なぜ全国規模で、「じゃ」になってるんでしょう?>

1.一つには、回答No.2にも書きましたが、「じゃ」に感情がこもるからではないでしょうか。

人生の酸いも甘いもかみしめた老人なら、「断定」として主張する、というより「そういうもの」として諭しているニュアンスが出るのではないでしょうか。

2.もう一つは、老人の舌が回らない、という老化現象も考えられます。

どちらも濁音ですが、「だ」とクリアに発音よりは、「じゃ」の方が舌の神経を使わなくてすむのではないでしょうか。


ご質問3:
<ジジ臭い響きだと ドラマ制作者・脚本家・作家が思うからでしょうか?>

ジジ臭いというか、「情のある響き」に聞えるのではないでしょうか。

TVの「日本昔話」でも「そやな」「そうだな」などより、「そうじゃな」の方が山の風景に合います。

単にイメージ、語感、雰囲気、連想させるものによるのかもしれません。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 3月には、たいへんお世話になりました。

う~ん、なるほど。
「じゃ」の方が、「だ!」と言い切ってしまう堅さがない。それは、年輪を重ね、人生経験豊富な老人だからこそ使える・使ってほしいと。

山の風景に似合いますよね。
なんか、「じゃ」が気に入ってきました。

お礼日時:2008/06/05 20:06

1.江戸時代は関西弁が「じゃ」でした。

それから「や」に多くかわります。
2.江戸時代前期では、江戸でも共通語として関西弁の「じゃ」が使われました。
3.今でも中国地方では「じゃ」を多用しています。

歌舞伎で2.として江戸の老人が使っていたので老人言葉として定着したという説を聞いてことがあります。
あるいは、3.で近代の長州出身の元老、長老が「じゃ」を使っていたので老人言葉として定着したというのを聞いたことがあります。
定説はないようですが、漫画や劇では昔から多用されます。
中国人の「のことあるよ」や、お嬢様の「ですのよ」も同じです。
ちなみにGパン刑事の出身は山口県下関(旧長州)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

・・・とすると、江戸時代前期は日本国中「じゃ」だったと。
そのうちに関西では「や」にかわり、関東は「だ」に変化したと。
中国地方では、そのような変化、または流行にのまれず「じゃ」のまま生きながらえた・・・こう考えていいんですね?

老人言葉として「じゃ」が使われた理由、なかなか興味深いです。

中国人の「~のことあるよ」とか「~するよろし」なあんて言葉、ホントに彼らが言ってたことあるんですかねえ?(笑)

Gパン刑事、下関だったんですか! だったら普段、仲間やボスのもとでは標準語使ってても、ほんとうに感情入ってしまう事態が起きれば、思わずクニの言葉がでてしまう・・・に納得できます。

お礼日時:2008/06/04 01:27

関東 「そうだ」



関西 「そうや」

岡山 「そうじゃ」

岡山は若者でも普通に使います。
他県は知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

失礼しました。
自分の地方が「じゃ」を使わないため、「どこの言葉?」と思ってました。
私は飛騨の山猿ですが、「そうや」です。
関西圏の言葉が多いみたいですが、アクセント・イントネーションは関東語圏です。

「日本昔話」なんかに出てくるお爺さんらが「そうじゃよ、そうじゃよ」なんて言ったりしますが、どう見ても東北の話だったりした時に違和感を感じます。

お礼日時:2008/06/04 01:11

はじめまして。



ご質問1:
<この使い方、元々、どこの方言だったのでしょう?>

これは方言ではありません。

1.文末でつかわれる「~じゃ」は「~である」の略語「であ」が転じた形なのです。

2.「~である」が断定の用法ですから、「~じゃ」も断定の接尾辞となるわけです。

3.「~である」は短くして「~だ」と表すこともできます。

4.「~じゃ」<「であ」の語法は、「~だ」に進化する一歩手前、といった段階の口語表現と言えます。


ご質問2:
<Gパン刑事が、「なんじゃコリャア!!」>

1.この「なんじゃ」は方言ではなく、断定の一種の変形語法なのです。

2.また、「こりゃあ」は「これは」に感情を持たせた、砕けた語法といえます。

3.変形をさせない形にすると
「なんだ、これは!」
となります。

4.これではGパン刑事のショックを表すことはできません。

5.やくざが「なにすんじゃ、コリャア」というところを、「何するんだ、この」といってもドスがききません。

6.その意味では「なんじゃ」の「~じゃ」の語法には、断定に主観的な感情を込めた語法と言えるでしょう。


以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど、Gパン刑事のショックを言い表すのに「なんだ、これは!」では確かに弱いです。
ヤクザも標準語では迫力に欠けますね。
・・・関東でも「じゃ」は使われるんでしょうか?

その意味で、老人が話す言葉(ドラマとかの中で)の語尾が、なぜ全国規模で、「じゃ」になってるんでしょう?

ジジ臭い響きだと ドラマ制作者・脚本家・作家が思うからでしょうか?

お礼日時:2008/06/04 01:02

こんばんは。



私の知っている範囲では、広島県、山口県で、普通に用いられています。
女性も使いますね。

関西でも用いられるようですが。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%B8 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

リンク先によりますと、断定の助詞 「~だ」も、「~である」からの転・・・だったとは・・・。
勉強になりました。
ただ、そこでも書いてあったように、関西では「じゃ」、関東では「だ」と 方言対立になったのは どうしてなんでしょうねえ?
関西は「や」だと思うのは 私の思い込み? 

映画、「仁義なき戦い」では 確かに「じゃ」を、それほど年いってないヒトたちが使ってましたね。

お礼日時:2008/06/04 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人はなぜ「わしは○○なのじゃ」というのじゃ?

 マンガや小説、ドラマなど、様々なメディアで老人が広島弁(?)のようなことばを使っていますが、なぜなんでしょう?ちなみに、私の身の回りではそんな喋り方をするお年寄りはいませんが・・・。
 いったいいつ頃から、だれがこのような表現をするようになったのでしょうか?

Aベストアンサー

「じゃ」は「である」の縮まった「であ」がさらに変化したもので、室町時代にはあったようです(手許の古語辞典には狂言の用例をあげています)。東国では「だ」、西国では「じゃ」が優勢だった、と説明している辞書もありました。ここまではまあ間違いないとして、問題は、そういう古語(および、古語が残存していると考えられる方言)である「じゃ」を、実際に使う老人はいないのに、ドラマなどの老人が使っているのはなぜか、ということですよね。以下は私の推測です。
時代劇の登場人物は、老若男女にかかわらず「じゃ」を使っていると思います。それで、「昔の人は会話の文末にじゃをつけた」という知識が広まりました。その結果、現代劇の登場人物のうちの「昔の人」である老人に「昔っぽい言い方」をさせるために「じゃ」と言わせている、ということではないでしょうか。

Q抱きしめたときに勃起したあそこが当たったら

自分には、今、付き合って3ヶ月になる彼女がいます。
まだ、肉体関係はありません。
よく、キスはよくするのですが、そのとき
あそこは思いっきり勃起しています。
キスしているとき、彼女がかわいくてかわいくて、
ぎゅっと抱きしめたくなるのですが、
もしそうすると、勃起したあそこが彼女のおなかに
あたりそうなので、抱きしめられずにいます。
女の子は、まだえっちしていない彼氏に
抱きしめられたときに、勃起したあそこがあたるのは
嫌ですか?
抱きしめるときは、勃起していることがバレないように、
ちょっと腰をひいてだきしめるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

gaugau-hoさんの彼女の立場と全く同じ経験を過去にしましたよ~。
まだエッチしてない時で、キスのときに・・・という。
その時の気持ちは、なんかうれしくて、なんかちょっとはずかしいって感じでした。
(へんな話ですが)あとでその感覚を思い出しちゃったりしましたけど・・・
でも決してイヤな気分はしなかったですよ★
むしろ嬉しい、そして、そんな彼がなんかかわいいって感じです。
安心して、ぎゅーーって抱きしめてあげてください!
ちなみに私はそのことについて、口に出して触れてほしくはないです。なんか私もはずかしいから。

Q「太陽」「月」「星」を外国語で

こんにちは。タイトル通りなんですが、「太陽」「月」「星」を外国語や神話などで言うとどうなるのかを調べています。
今のところ分かっているのが、太陽→サン・ソル 月→ムーン・ルナ 星→スター くらいです。出来れば、つづりとカタカナ表記、何語かを書いていただければ嬉しいです(分からない場合は、分かるものだけでもいいです)。
たしか、スペイン語で「月」というのをテレビで聞いたことがあるのですが、一瞬のことで、なんと言っていたか分かりませんでした。これも知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語

太陽   Sol ソル
月    luna ルーナ
星    Estrella エストレージャ

ポルトガル語

太陽   Sol ソル
月    Lua ルア
星    Estrela エストレーラ

エスペラント(語)
太陽   Suno スーノ
月    Luno ルーノ
星    Stelo ステーロ

いずれもラテン語系なので似通っています。

Q「裸の王様」という比喩

 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。

 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。具体的には、

(1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人

(2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力に欠けたリーダー

(3)自分にとって都合の良いことを言ってくれる連中だけを周りにおき、都合の悪い話には聞く耳を持たない人

(4)本当は威厳も権威も既に失墜しているのではあるが、他人にそのことを指摘されてもなお、威厳や権威があることを見せつけようとする人

 といったところです。

 「裸の王様」のストーリーからすれば、確かにどれも正しいような気がするのですが、本来はどのような意味合いで使用すべき比喩なのでしょうか? ご存じの方、ご教示下さい。
 なお、辞書は一応調べてみたのですが、掲載されていないようでした。

 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。

 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。具体的には、

(1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人

(2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力...続きを読む

Aベストアンサー

No1です。
辞書をいくつかひっくり返してみました。
で、三省堂の新明解国語辞典(第5版)で、裸の王様の語句説明を発見しましたので、紹介しておきます。

[目に見えない服を着せられているのに気づかず、子供から「裸の王様」と言われてはじめて自分のほんとうの姿に気づくという、アンデルセンの童話から]いいことだけを知らされていて本当のことを知らないでいる人のたとえ。「有権者は裸の王様であってはならない」

という説明がありました。
ご報告いたします。

Qずっと独り言をしゃべり続けている人

以前電車に乗っているときに、一人の若い男性が独り言を延々と話し続けていました。周りの人は気持ち悪がって見てみぬ振りをしていて、私もいい気がしませんでした。
家の近所にも年配の男性ですが、ずっと独り言を話し続けている人を見かけます。しかもかなり大きな声で。この人たちが病気だとしたら、この病名は何という名前なのですか?また治療法としてはどんな方法があるのですか?

Aベストアンサー

もしかしたら・・アスペルガー症候群の高機能自閉症
の方と思われます。
多くは自閉症と同じようにこだわりや知覚過敏などが
見られます。

この症状は所謂自閉症の症状をもちながら言葉の問題
が比較的軽く、コミュニケーションのための言葉
(要求、拒否、興味のある事を一方的に尋ねてきたり、
話したりする)は使うことはできるそうです。
ですが、その話の内容は一方的で、話し方には抑揚
もなく、機械的にしかも唐突に大きな声で話している
印象を与てしまうので、ちょっとビックリされる方も
いらっしゃるのでしょうね。

自閉症は先天的な脳の発達を碍む”障碍”なので、
受容的、寛容的な対応は効果を得られないようです。
遠い(?)学生時代に学んだことがありましたが、
とても難しかったです。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q語尾の「ぞ」と「ぜ」と「よ」の違いは何でしょうか?

ご指導の程、よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

No.1に書かれた例文をもとに、文法的な面から説明します。
中学生(2年?)で習う範囲ですが、もしよくわからなかったら補足への投稿などお願いします。

まず語尾の「ぞ」「ぜ」「よ」は、全て文の最後について、意味をつけたす終助詞というものです。(質問とは直接関係ないのかもしれませんが、予備知識として。)
さて、ここからが本題です。
「ぞ」には強調、「ぜ」には強調・念押し、「よ」には告知や勧誘の意味があります。
(これは私の手元にある文法書の言葉なので、解説によって意味の表記は異なるかもしれません。)

つまり例文を使うとこうなります。

買ってあげるぞ。→「ぞ」を使うことで「買ってあげる」ことを強調している。
買ってあげるぜ。→「ぜ」を使うことで「買ってあげる」ことを強調・念押ししている。
念押しなので、「買ってあげる」ことをあらかじめ知らせていた可能性が高い。
買ってあげるよ。→「よ」をつかうことで「買ってあげる」ことを告知している。
最初のふたつよりも、「買ってあげる」のは確かだが、それを強調するわけではない雰囲気が出てくる。

私も一緒に遊んでいい?に対して。
いいぞ。→「ぞ」を使うことで「遊んでいい」ことを強調している。
いいぜ。→「ぜ」を使うことで「遊んでいい」ことを強調・念押ししている。
念押しなので、「一緒に遊んでいい」という雰囲気を漂わせていた可能性が高い。
いいよ。→「よ」をつかうことで「遊んでいい」ことを告知している。あるいは一緒に遊ぼうと勧誘している。

こう書いてみると、「ぞ」・「ぜ」は強調の意味がありますが、「よ」にはないことになります。
「ぞ」・「ぜ」が「よ」に比べて強く言っている印象を受けるのはこのためではないでしょうか。
次に「よ」には勧誘の意味がありますが、「ぞ」・「ぜ」にはありません。
勧誘と言う相手を誘い入れる意味があるのも、「よ」の方がよりやわらかい印象を与える一因だと思います。
さらに、「ぞ」と「ぜ」を比べると、「ぜ」には念押しの意味がありますが、「ぞ」にはありません。
このため「ぜ」を使うと、とても強い印象を与えるのかなと思います。

No.1に書かれた例文をもとに、文法的な面から説明します。
中学生(2年?)で習う範囲ですが、もしよくわからなかったら補足への投稿などお願いします。

まず語尾の「ぞ」「ぜ」「よ」は、全て文の最後について、意味をつけたす終助詞というものです。(質問とは直接関係ないのかもしれませんが、予備知識として。)
さて、ここからが本題です。
「ぞ」には強調、「ぜ」には強調・念押し、「よ」には告知や勧誘の意味があります。
(これは私の手元にある文法書の言葉なので、解説によって意味の表記は異なるかも...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q過去の事を思い出して恥ずかしくなる

皆さんにも、そんな経験があるかと思いますが、
私の場合は、例えばある言葉を別の意味と勘違いしていたとか、
大勢の前ですっ転んだというような種類のものではなくて、
もっと自意識的なものが多いのです。
例えば、数人の知人達との会話で、あまり詳しく知らないことをさも得意げに話してしまったとか(詳しくないのは周囲にはバレバレだったはずです)、
いろいろな場面で虚勢をはってしまったなぁ、とか。。。
当時も、「あ、今のマズかったかな」と思ってはいたのですが、
それをずーっと3年、4年も引きずって、
今でもたびたび思い出しては、なんてバカだったのだろうとか、
皆はきっと「痛々しいヤツだなぁ」と思っていただろうな、と想像しては、恥ずかしくなってしまいます。
これが苦しいのです。
その知人たちとは最近まではあまり会う機会がないのですが
これから会うことがありそうな気配です。
恥ずかしいなぁ。
きっと知人たちは、私を「痛々しいヤツ」と思ってしまっているでしょうし。
自意識が強いのですね。
もっと大人になったら、そんな自分のことも受け入れられるのでしょうか?「ばかだったけど、可愛いもんだ」って、いとおしく思えたりするようになるのでしょうか?
皆さんの「恥ずかしい過去」(自意識的な)ってありますか?
また、そういったことを克服したことはありますか?

皆さんにも、そんな経験があるかと思いますが、
私の場合は、例えばある言葉を別の意味と勘違いしていたとか、
大勢の前ですっ転んだというような種類のものではなくて、
もっと自意識的なものが多いのです。
例えば、数人の知人達との会話で、あまり詳しく知らないことをさも得意げに話してしまったとか(詳しくないのは周囲にはバレバレだったはずです)、
いろいろな場面で虚勢をはってしまったなぁ、とか。。。
当時も、「あ、今のマズかったかな」と思ってはいたのですが、
それをずーっと3年、4年も...続きを読む

Aベストアンサー

 ええっと、私もあります。
 寝る時とか、静かにしているときに思い出すこととか多くて、ふとんにくるまってごろごろ転げ回りたくなります。
 電車の中でぼーっとしているときにふと思い出し、照れ隠しが思わず口についてでてしまい・・ということもありました。。。尚更恥ずかしい記憶が増えるうぅぅう(T▽T)。
 
 でも・・茨木のり子さんの本を読んだとき、はっとしました。けっこう有名なこの詩人さんが、自分の好きな国内の詩について語った本だったんですが、その問題の詩は、戦時中の人の詩です。
 戦時中、朝鮮人が差別されていた事実があって(それがもう過去形なのかどうか私は断言はできませんが、このサイトでもたびたび、「韓国人だから悪い」みたいな感情むき出しで屁理屈こねてる人もいて、人種差別の対象になる国だと思われていることは確かみたいですね)、子供は残酷で、みんなでよってたかってチョウセンジン臭い、といっていじめたんだそうです。鼻をつまむ仕種をして・・。
 作者はそんないじめのなかでも素直さを失わない、ほんとうに大事な朝鮮人の友人を一人持っていました。が、ある日、日本人の友達がその朝鮮人の友人をはやしたてる場面に遭遇してしまいます。
 それまで友人と思い、仲よくしていたのにも関わらず、彼は、日本人の友人たちがしているのと同じように、遠くから鼻をつまむしぐさをしてみせてしまった、と書いています。その時のことを思い出すたび、がむしゃらに食堂にかけこんでラーメン屋ら餃子やら、何杯でも口に押し込まずにはいられない、そういう告白でした。
 そのどっちにとっても酷い身を切られるような切ない話を思い返すと、私は、自分が虚勢をはるのに失敗した程度、なんだろう、と思うようになりました。
 結局、虚勢をはって失敗したことで何がそんなに「ふとんにくるまってごろごろ転げ回りたい」ほど恥ずかしいか、というと、自分かわいさ以外の何者でもない(ごめんなさい、tuliさんを責めてるわけじゃありません)、もし虚勢を張ることに成功していたら、そんなに恥ずかしかったのか?というと、違うと思いました。得意満面で、自分のちっぽけなプライドが満ちて安心していたんじゃないでしょうか。そっちのほうが恥ずかしいのに。
 仮に自分が本当に思い描いたとおりの立派な人物だったとしても、そんなに得意気にしてもいいってわけじゃない・・。謙虚になるべきだ、そう思うようになったんです。
 つまり、思うようにならなかったそのこと自体が恥ずかしく思っているように思うんです。「風とともに去りぬ」の中で、二番目の夫を間接的に死に追いやった罪に怯えるヒロイン・スカーレットに、バトラーが慰めの言葉をかけます。「君は、本当に後悔しているわけじゃない。ただ、地獄に行くのが恐ろしいだけだ。言うなれば、泥棒がつかまって、その盗み自体を反省しているわけじゃないが、罪が露顕して刑務所に行くことになったので残念がっているのと同じだ」と言うんです。
 そんな感じです、わたしの場合。
 ないからない、それは確かに恥ずかしいことで、みじめだけれども、失敗した自分も痛々しく、その痛さは大人げなくて可愛くないが、愛すべき余地がないわけじゃない。
 友人を、もっともひどい方法で傷つけた自責とやりきれなさ、その弱さを自覚しながら一生背負うよりは、まだましだ、みたいな。
 上手くいえませんね・・。
 結局、少しは、「なんてばかだったんだろう、しかも今もあまり変わっていない」と思って焦りますが、ある意味、自分も可愛いな、と思うようになったってことなんだと思います。
 でも同時に、そういう、恥ずかしい、身の程しらずな自分が恥ずかしいという感覚を忘れないほうがいい面もあると思います。分相応を忘れるると、日本の年齢序列制の社会では、厚かましい無恥なおばさん、おじさんに成り果てるような(;^_^A。

 「自分が可愛い」という言葉一つでも、二通りの意味がありますね。両方で読んでください。も、ほんとしょうがないな(笑)、お前って・・な、だめだから愛しい可愛いさと、自分だけが大事だろ!っていう、保身の意味と。

 ええっと、私もあります。
 寝る時とか、静かにしているときに思い出すこととか多くて、ふとんにくるまってごろごろ転げ回りたくなります。
 電車の中でぼーっとしているときにふと思い出し、照れ隠しが思わず口についてでてしまい・・ということもありました。。。尚更恥ずかしい記憶が増えるうぅぅう(T▽T)。
 
 でも・・茨木のり子さんの本を読んだとき、はっとしました。けっこう有名なこの詩人さんが、自分の好きな国内の詩について語った本だったんですが、その問題の詩は、戦時中の人の詩です。
...続きを読む


人気Q&Aランキング