出産前後の痔にはご注意!

満州事変をへて満州国が建国されたとき、バチカン市国はじめ23カ国が満州国を承認したと聞きます。しかしながら国際連盟の総会では、満州国の承認は日本1カ国のみで、他国は全て反対。日本は連盟を脱退したと聞きます。
承認したという23カ国は、国際連盟の採決ではどのような行動を取ったのでしょう?わかる方がいたらば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

当初、国連総会では、リットン調査団の報告書があったにも関わらず、満州を承認しようという国は結構ありました。

アメリカでさえ承認しようとしていたのです。

ところが、この総会中に、これらの国々が態度を一変させた事件が発生します。
熱河作戦です。既に満州の東三省を手中に収めていた関東軍でしたが、新たに長城を超えて華北へと侵攻したのです。
この国連への挑戦ともとれる新たな侵攻で国連加盟国は態度を硬化させ、満洲を承認しようという国はなくなりました。
かくして日本は国連を脱退する事となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経緯がよくわかりました。私は満州事変は侵略ではないと考えますが(リットン調査団も同見解)熱河作戦は侵略的だったと思います。
整理されました。

お礼日時:2008/06/09 14:32

国際連盟ではリットン案(日本の利権を容認。

形は中国に返還。)

に対し、
賛成42、反対1(日本)棄権1(同盟国タイ)
でした。

その後、日本は同盟などの努力をします。
満州国の承認国23カ国は殆ど
枢軸国、同盟国、傀儡国、大戦中立国です。

悪あがきですが、孤立していた訳ではないようです。

日本は国際連盟の常任理事国でした。
http://www.hm.h555.net/~azeta/20seiki/League_of_ …
なのでかなりもったいない行動だったと思います。
※集計44は票です。

この回答への補足

ありがとうございます。リットンは「日本の行動は侵略とは言えない、満州軍閥側の自業自得であり8割方悪い」と報告したそうですが、国民政府のメンツもたてたのでしょう。
23カ国にも承認されれば、過去の国際常識では立派な独立国です。
脱退はおっしゃられるように、もったいないというか暴挙でしたね。

補足日時:2008/06/09 09:32
    • good
    • 1

1:満州国成立時の承認国


日本だけ
2:23カ国
枢軸国やその傀儡政権で、日本の国際連盟脱退後です
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q満州国建国の目的を教えて下さい。

なぜ日本は満州国という独立国を建国したのですか?当時の国際事情や国内事情などを踏まえながら、建国の目的を教えて下さい。

Aベストアンサー

当時、日本を含めた列強諸国は中国に数多くの利権を有していました。
これはアヘン戦争以来、一世紀近くに渡って列強諸国が鎬を削って中国での利権獲得競争を行った結果でした。
そして植民地獲得競争において出遅れた日本において、満州周辺で獲得した利権はほぼ唯一に近い「海外利権」でした。
このため当時の日本では「満蒙の特殊権益」は「明治以来、先人が苦労と犠牲と投資を重ねて獲得した利権」であり、また「国家の生存に必要不可欠」と認識されていました。
しかも当時は世界恐慌の結果、引き起こされたブロック経済化により日本製品は欧米やその植民地の市場では高額の関税を課せられる事となったために、その重要性がかなり誇大に意識されるようになっていたのです。
誤解を恐れず敢えて言えば「戦後の日本における一時期の憲法9条」のように、その是非を議論すら許されないという風潮があったのでした。
しかしながら第一次大戦以降の世界的なナショナリズムの高まりにより、中国においても列強に奪われた利権を奪い返す国民運動である「「国権回復運動」が起こりました。
ただしこのようなナショナリズムに根ざす運動は、現在でもそうですがしばしば過激化し、外国勢力への排撃運動に近いものになる事もよくありました。
その結果、日本人の多くは中国で獲得した利権が危機にさらされており、それが日本という国家の生存すら危うくしかねないという(現在の視点からすれば)かなり大げさな意識がもたれていました。
これは戦後の日本でも「日米安保は戦争の道」「PKO活動で日本は軍国主義化する」とか後から見ると馬鹿馬鹿しい話が大きな政治問題になったことを考えれば、理解しやすいのではないかと思います。

ただし満州事変当時の日本政府はまだ国際協調路線を取って、交渉で穏便な事態解決を望んでいました。
ところがその前にロンドン軍縮条約で引き起こされた「統帥権干犯問題」のため、政府は軍の統制を取ることが出来ず、満州事変により日本軍は政府の不拡大方針を無視して満州の殆どを制圧し、一気に「特殊権益問題」の解決を図ったのでした。
この行為は現在では「軍の暴走」とされますが、当時の日本ではマスコミは拍手喝采して支持し、事態の不拡大を計った「政府の弱腰外交」を非難しています。
そしてこの国民世論の後押しを受けて建国された満州国について、欧米との対決を望まなかった当時の犬養毅首相は承認を渋りますが、五・一五事件で暗殺され(犬養は統帥権干犯問題を引き起こしてこの事態を招いた張本人のひとりであるので、自業自得の一面もあります)、日本政府は軍の暴走と国民世論に引きずられる形で満州国を承認、欧米との全面対決、そして国際連盟脱退へと向かってしまいます。

このように満州国の建国は決して日本が国家意思として行ったものではなく、当時の日本人の「満蒙の特殊権益」に対する過剰な意識と中国側の反発、そして軍の統制問題などが絡み合ったために、一部の暴走を国家が追認するという非常に危ういものでした。
しかしそれが当時は「大成功」を収め、国民からも高く評価されてしまった事で、その成功体験が後の日中戦争、そして太平洋戦争の遠因となり、大日本帝国を滅ぼしてしまうのです。

なお満州事変当時の日本国民の意識について論じた本で、簡単な書籍としては「日米もし戦わば―戦前戦中の「戦争論」を読む(光人社)」などがあります。

当時、日本を含めた列強諸国は中国に数多くの利権を有していました。
これはアヘン戦争以来、一世紀近くに渡って列強諸国が鎬を削って中国での利権獲得競争を行った結果でした。
そして植民地獲得競争において出遅れた日本において、満州周辺で獲得した利権はほぼ唯一に近い「海外利権」でした。
このため当時の日本では「満蒙の特殊権益」は「明治以来、先人が苦労と犠牲と投資を重ねて獲得した利権」であり、また「国家の生存に必要不可欠」と認識されていました。
しかも当時は世界恐慌の結果、引き起こされた...続きを読む

Qイキサツ 満州事変

満州事変について資料をみても、あまり理解できません。満州事変とはどういういきさつで起きたことで、どんなことがあったのですか? また満州事変が起きたことで、なにか大きな戦争や、事件、問題のようなものは歴史上や現在ありますか? 今まで勉強不足だったもので、できるだけわかりやすい言葉がいいです。お手数ですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>満州事変とはどういういきさつで起きたことで

そうですね、深く説明するときりが無いですが、簡単に経緯だけ。。

まず日本は、19世紀の終わりに朝鮮半島を巡って中国(清)と対立、戦争をして勝利、朝鮮半島を影響下におきます。
朝鮮半島国境(今の北朝鮮中国側国境)に隣接たところが満州と言われる地域ですが、ロシアがこの地域への進出を狙っていました。

1900年に、清が国内の外国勢力に宣戦布告すると(義和団事件)、ロシアは大軍を満州(正確には中国東北部)に送り込み、朝鮮半島にも圧力をかけ始めました。このため、日露戦争となり、アメリカの調停によって日本は満州の鉄道の利権を得ます。

これを足がかりに、日本は満州の権益を確立してゆきます。第一次世界大戦後、満州における利権の拡大のため、当時内戦状態だった中国(清は滅亡)で、満州を支配していた張作霖と手を組みます。しかし、利用価値がなくなったと知るや、満州の警備に当たっていた関東軍は、張作霖を殺害してしまいます。

張作霖の息子が満州地方での指導者になると、ここから日本の勢力を取り除こうとしました。陸軍の関東軍はこれに危機感を募らせ、武力によって満州を中国の主権から切り離して、日本の支配下におこうと計画します。

そこで関東軍は、自ら経営している南満州鉄道を爆破し、それを中国軍の仕業だとして軍事行動に出ます。そして、満州の各要地をことごとく占領します。この一連の軍事行動が「満州事変」と言われるもので、1931年9月から翌年3月まで続きました。

3月になると、滅亡した清の最後の皇帝(映画ラストエンペラーの人物)を迎え、「満州国」の建国を宣言しました。

>満州事変が起きたことで、なにか大きな戦争や、事件、問題のようなものは歴史上や現在ありますか?

まず、この日本軍(関東軍)の行動は国外で強く批難されました。国連の調査団がきて、日本軍の撤退要求が出されると、日本は国際連盟を脱退して、国際的に孤立するようになります。

更に日本は、華北方面(北京の方)にも侵略を企てようとして、翌年中国軍と激突し、日中戦争がはじまります。
日中戦争が泥沼化する中、今度は中国の日本進出を快く思わないアメリカと対立が深まり、紆余曲折を経て日米開戦に至ってしまいます。

また、満州国が建国されてから、日本政府は積極的に国内の日本人を満州に移住させようとして、多くの日本人が満州に移り住みました。
しかし、終戦直後にはソ連が満州に侵入し、多くの日本人が殺され、また捕虜として捕らえられシベリアに抑留されました。中国残留日本人孤児は、このときの混乱によって置き去りにされた子ども達です。

簡単に、、、と言いましたが、長くなってしまいました。
でも、これでもかなり省略しましたので、本当はもっともっと複雑な国際関係が絡んでいます。
まずは簡単な世界史の本でも読んでみることをお勧めします。

疑問点がありましたら、またお尋ねください、かなりはしょって書いたので。。。

>満州事変とはどういういきさつで起きたことで

そうですね、深く説明するときりが無いですが、簡単に経緯だけ。。

まず日本は、19世紀の終わりに朝鮮半島を巡って中国(清)と対立、戦争をして勝利、朝鮮半島を影響下におきます。
朝鮮半島国境(今の北朝鮮中国側国境)に隣接たところが満州と言われる地域ですが、ロシアがこの地域への進出を狙っていました。

1900年に、清が国内の外国勢力に宣戦布告すると(義和団事件)、ロシアは大軍を満州(正確には中国東北部)に送り込み、朝鮮半島にも圧力をかけ始め...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング