ベトナム戦争のブービーとラップとはなになのでしょうか?

A 回答 (6件)

補足です。


ブービートラップは実際に相手を死傷させるだけが目的ではなく、精神的に消耗させるという意味合いも深かったようです。「ベトナム戦争」の密林におけるゲリラ戦にとって、どこから来るか分からない敵、突然のトラップは精神的に負荷が大きく、正常な判断等もしにくくさせたようです。(行軍速度が遅滞するのは当然です。)
    • good
    • 1

よくあったものでは釣り糸を木と木の間に張っておくものですネ。

糸の先には手榴弾や銃が仕掛けてあるのですが、全部に仕掛けている訳ではなく、時々仕掛けておきます。するとそれで敵の進行速度を削ぐこともできるのです。
尖った釘を植え込んだ丸太が降ってくる仕掛け、踏むと枯葉の下に隠した釘付きの棒が立ち上がるもの、落とし穴の底に杭を植えたもの、玩具に仕掛けた爆弾など‥
古くは、第二次大戦でドイツ軍が退却するときにヒトラーの額やハーケンクロイツの旗に仕掛けたもので、多くの連合軍兵士が死傷していますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

ブービートラップ=Booby trap とは「偽装爆弾」や「地雷」のことです。


元々、扉を開けたとたんに上から物が落ちてくるような悪ふざけのいたずらのことを言いましたが、ベトナム戦争では恐ろしい武器になったのです。
    • good
    • 0

ブービートラップとは、簡単な罠だと、思んですが。


たとえば、糸を張っていて、それに引っかかると手榴弾が爆発するものとか、
簡単なものだとおもんですけど。。。
そのまんまですね。 
    • good
    • 0

補足です。


Booby trap

booby:馬鹿、のろま の意
    • good
    • 0

手っ取り早く言えば『罠』のことです。


重要書類や、武器などをわざと放置しておき、手に取ったとたんにドカンとかいった火薬等を使うものから、落とし穴(中には糞を塗りたくった竹槍がいっぱい…)のような、単純なものまで、思い付く限りの種類があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ