祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

水をきれいに保つには、プレコ?なる魚がいいとか、タニシがいいとか、聞いたとこがありますが、
他に何か良い方法はあるでしょうか?
かなりの大きい池(250cm×200cmほど)とスイレン鉢(60cmほど)に魚がいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

決してあなたを非難するわけではないのですが、現状ではただの貯まり水です。


設置後一ヶ月とのことですが、見た目とは別に魚の糞や食べ残しなどが腐敗し水自体は目には見えぬとも、かなり「酸性化」が進んでいるはずです。
石や壁面に生える「コケ」とは別に、水中にその腐敗物を栄養とし、酸性を絶好の環境として「アオコ」が日に日に増殖し、水自体が青緑に変化しそれも加速度的に濁っていくかと思います。
コケとアオコは全く別なものですよ。

放っておきますと酸性化しきった水自体が魚に有害な上、アンモニアなどの濃度も増し有毒な水となる上に、その増殖したアオコは日が差し込む間は光合成により水中に酸素を放出しますが、夜間は逆に酸素を多量に取り込み水自体が低酸素となり、魚たちは水中では呼吸困難にて水面に口を出しての「鼻上げ」をするようになり、さらに悪化するとある日突然次々と天国へ・・・。

見た目の汚れと水質の汚れもまた別なものです。
早めに手を打たれますよう。

この回答への補足

なるほど、おおよそわかりました。
とりあえず、今いる魚のために手作業で水の入れ替えをしてやることにします。

補足日時:2008/06/26 21:21
    • good
    • 14

とてつもない状況ですね。


考えられる方法をいくつか書きます。

まず水を動かすことが必要です。
予算が\0であるならできることは自分でかき回すくらいしかありませんが、時間的にも効果も無理があるでしょう。

低予算でとなると、しないよりはマシ程度になりますが、エアリフトで多少の水流を起こすことが出来ます。
必要なのはエアポンプとVP管、エアチューブでしょうか。

エアポンプは強いほど良いのですが、価格が高くなりますから。
池が深すぎて全くエアが出ない場合は空気の吹き出し口を宙に浮かして使用します。
その泡でVP管に水を送り、水面付近ではき出させるわけです。
底の水を水面にくみ出し、またエアも入るのでこれをした上で浮き草(冬以外ならホテイアオイなど)や繁殖力の強い草(ただし、アナカリスなど繁殖力が強すぎると魚が泳げないほどになることがあるので、たまに取り出してやる必要があるかもしれません)を入れると、くみ出された水をある程度ろ過してくれると思います。

しかし、これを設置した周りだけで、パワーはないので、全体をというのは無理があります。

値段的に次の方法としては水中ポンプがあります。

水深の深いところからVP管などで水を引いて、吸い込み口にはゴミが詰まらないように、ゴミを吸い込まないように適切なフィルタが必要だと思います。
http://www.kamihata.co.jp/power/p_0101.html
その先にこういった水中ポンプを取り付けます。
エアリフトよりは強力でしょう…。

生物でとなると、かなり汚れた環境を好む生き物でなければそもそも生きていけないと思います。
魚が泳いでいる水面付近は通常一番綺麗です。
底の方になると汚れが酷く最悪酸素が薄くなっている可能性もあります。

真っ先に思いつくのはリンゴガイです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF% …
巨大なタニシのような外見ですが、タニシの仲間ではありません。
汚い水路などに生息するようになりました。本来はいないはずなのですが、海外から持ち込まれて繁殖しています。
稲などを食べる、元からいた生物を壊滅させるなど、問題になっています。
その池から逃げ出さないことを確認した上で入れると、汚れの一部は食べてくれるかもしれません。もし全滅したら、さらに悪い環境ですので、そうなってくると選択肢はほとんどありません。
適応できるのならすごい勢いで増殖していきますので肉食ですが、食べるものがないと汚れも食べますから、多少は綺麗になるはずです。

プレコはおそらく死んでしまうでしょう。
タニシはなんとか耐えられるかもしれませんが、汚れはほとんど食べません。どちらかというと綺麗な環境にいるものだからです。

その環境で耐えられて、なおかつある程度汚れを食べるとすればあとは、インドヒラマキガイが思いつきます。
レッドラムズホーンという、赤色に突然変異(?)した種類が多少人気で買っている人がいます。私も飼っていますが、なぜか本来死んでしまうはずの冬を屋外の水槽で生き延びたり、一ヶ月で倍以上に増えたり、ヘドロの中で生き残っていたり、かなり強いです。
ヘドロも割とよく食べます。体のサイズからしてたくさんは食べませんが、とにかくよく増えるので、数で勝負すれば効果があるかもしれません。
インドヒラマキガイも外来種です。絶対に池以外に出ないように注意して下さい。
下水道でも生きられるらしいと聞いたことがあります。
排水設備などにも注意して下さい。

不思議なのは、それだけの池があるのに管理費用が全くないのでしょうか?
公共のものであれば、下手をするとボウフラの養殖場になってしまうのでなんとか予算を出してもらえそうに思うのですが。

個人のものでしたら早く魚を水槽などの飼育にして、埋めてしまうことをお勧めします。
管理不能な環境を持続させて良いことはありません。

なにか参考になれば幸いです。
では、

この回答への補足

ありがとうございます。
電源もない場所なんで、、、、

とりあえず、今いる魚のために手作業で水を入れ替えてやることにします。
ジャンボタニシは近くの田んぼにいくらでもいるので何匹か捕まえて入れてみます。
好転すればよいですが、、、

補足日時:2008/06/26 21:22
    • good
    • 8

補足を拝見しての回答です。



その池が今の形となってどのくらい経過している物なのか、とにかく水を動かすことが先決です。
シートでの人工池とのことですが、池底には流れ込んだ物であれ土はある程度たまっているのでしょうか?
底土もなく、ほぼまっさらなプール状態ですとたぶん先の見通しは暗いです。

自然形態の池や小川がなぜいつまでもきれいに水質を保っていられるかといえば、水の汚れ、有害物を吸収、分解する微生物が機能しているからです。
逆に汚れ切り、ヘドロ臭の漂う水たまりと化した池などもまた原因は微生物です。
このきれいにする微生物、汚す微生物のどちらが繁殖するかの力関係は水の動きと水中に含まれる「空気」です。

よどみ空気の溶け込みの少ない貯まり水には「嫌気性菌」と分類される物が増え、物を全て腐敗へと変えていきます。
逆に空気を多く含み水に動きがありまんべんなく行き渡る環境では「好気性菌」という山草を消費しながら汚染物質を吸収・分解してくれる物が増えます。

よどんだドブ川と清流を比べていただければいい例ですね。

電気などどこまで状況を整えるだけの設備が揃えられるかにもよりますが、理想としては他の方が言ってくださっているようにウォータークリーナーやブクブクなどを設置し水中に十分な空気を溶け込ませ水を動かすことが先決なのですが・・・。

さらにはこそ好気性菌が根付く場所として土や石など底や壁面に凹凸が多いに越したことがありません。
一面シートで水に動きもなくとなってはこの菌の住み着くスペースは皆無となり、自然浄化も機能しません。
ため池など一見、水の留まった場でも生き物が繁殖するのは、池底など自然に土の中にこの自然浄化の条件となる菌の住み処があるからであり、少なからず自然水の流れ込みなどによる水の入れ替えがあるからです。
純粋な貯まり水の池では土で出来た物であっても浄化は機能せず濁り汚れていくのですね。

「池」にするか「みずたまり」にするか、やはりそれなりの条件を整え手をかけねばなりません。
水草など植物を植えても、純粋な人工池で土や流水もないただの水たまりでは植物自体も期待するほど浄化に機能せず、枯れていくでしょう。

「土」「水」「空気」が整いバランスの取れたものが「池」となり得ます。

生き物がいる以上、食物となるものを食べ排泄をするわけで、その排泄物がたまるばかりとすれば・・・・。

人間の使うトイレ、浄化槽もまさにこの「好気性菌」を人工的に飼っていての機能設備なんですよ。

この回答への補足

時間ですが、1ヶ月ほどです。
プール状だと思います。
スイレン鉢の方は数年経過していますが、池と比べるとかなりきれいな状態です。

やはり、自然な方法では(人工的に手を入れないと)淀みますか・・・

補足日時:2008/06/25 21:23
    • good
    • 3

基本環境をお聞きします。


その池は土を掘り下げたもの(石で取り囲んであろうが、池底が土かどうかということです。)か、コンクリートで固めた人工池でしょうか?

水の汚れを心配してのご質問ですので聞くまでもないのかもしれませんが、その池の水は少量であろうとも小川などの自然水が流れ込む物なのか、水道など人工的に減る都度継ぎ足す物なのでしょうか?

今の季節、買っている魚以外に生物はどのような物が目につきますか?
プランクトンレベルの微生物はともかく、虫や小動物の類で出来れば1~2回、底の泥などをすくっていただいてそこに紛れている物も含め、目に映るものをいくつでも教えてください。

以上からある程度今の池の環境や、抱える水質問題が推測できます。

この回答への補足

池底は土ではありません。人工池で表面はシートです。
自然水は流れ込みません。雨で水位が戻る程度です。
虫・小動物は見かけていませんが、また詳しく見てみます。
魚は20匹ほど泳いでいます。

補足日時:2008/06/24 21:01
    • good
    • 3

No.3です。


難しいですね。
あとは、爆繁殖する水草や浮き草を栽培し、自然濾過能力の強化でしょうか。
浮き草ならば「増えたら捨る。増えたら捨てる。」を繰り返すことになります。
250×200cmの池ならば、大型のホテイアオイも余裕で栽培可能です。
トチカガミやアマゾンフログピットなども、成長が早く高い濾過能力が期待できます。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/to …
http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU200 …
魚も棲み、水草が元気に育つ環境ならば、思いのほか水はキレイに保てます。
ただし、魚の餌の与えすぎはいけません、残り餌が水を汚します。
ご注意ください。
    • good
    • 1

錦鯉を飼育する池と変わらない大きさです。


「ウォータークリーナー」の導入が手っ取り早いと思います。
http://www.echigo.ne.jp/~miyakoya/szi-m03.htm
庭の適当な場所にコンセントがない場合は、分電盤から専用回路を一回路増設し、池のそばの家の軒下に防水コンセントを一口増設します。
電気工事代が2~5万円ほどの簡単な工事です。

この回答への補足

ありがとうございます。
説明不足であったようです。
お金をかける事も手入れもあまりする事が出来ないため、
出来るだけきれいに保てる方法を探しています。
なお、自宅のものではありません。

補足日時:2008/06/23 20:14
    • good
    • 2

2.5*2mとかなり小さな池なので、日立の例ですが


http://www.hitachi-ies.co.jp/products/pump/osui/ …
のような小型のポンプで水をくみ上げて、水が空気に触れる様にして、落下させる・噴水にする、ことを考えてください。

皇居のドフ状態だった堀が、噴水をつけて10年以上になりますが、結構きれいになりました。
ばっきを目的にしていますので゜、24次間モーターは回したままです。電気代がそれなりにかかります。

機種によって、メーカーによっては、ポンブの一部に噴水等がついていたりします。好みの問題と価格の問題がありますので、必ず対面販売の店で購入してください。取り付け方があったりしますから。極端な場合、単に真上にエンビ管を伸ばすた毛ですが、エンビ管の取り付けができない方もいますので。

この回答への補足

ありがとうございます。
説明不足であったようです。
お金をかける事も手入れもあまりする事が出来ないため、
出来るだけきれいに保てる方法を探しています。
なお、自宅のものではありません。

補足日時:2008/06/23 20:10
    • good
    • 1

炭素繊維を材料とした水質浄化材が良いかも知れません。


なお、プレコは主に植物性(コケ等)をエサとする熱帯魚で、水をきれいにする事はありません。

この回答への補足

コケを食べてくれれば、池をきれいに保てると思ったのですが、そういうわけではないんですね。

補足日時:2008/06/23 20:13
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭の池を浄化させたいです!

こんにちは。
庭の池の浄化についての質問です。

うちの庭には、5m×3m×1mほどの小さい池があります。
単に雨水を貯めるだけの単純なものなのですが、昔はここにフナやら金魚なんかが泳いでいました。

しかしある年の夏の記録的な渇水によって干上がってしまい、それ以後は「死の沼」と化してしまいました…。

もう一度魚を増やそうと放流してみたのですが、今ひとつ定着しません。
そこで庭を掃く熊手で底を探ってみたところ、底に大量のヘドロが溜まっているらしいことが分かりました。メタンガスも発生しているようです。

やはりため池と同じように底をキレイに掃除する必要があると思うのですが、それには水を抜かなければなりません。

ここで質問なのですが、

●例えばホースなどを使って(時間はかかっても)手軽に水を抜くことはできますか?
(どうも排水のための穴が見当たらないので…)


●底を掃除した後、また雨によって給水されるのを待ちますが、再び生き物が棲める環境にするためにはどうすればいいでしょう?
近所の池や川の水を混ぜれば自然とバクテリアや藻類は増えるでしょうか?


以上2点について、ちょっとしたことで構わないので回答お願いします。

こんにちは。
庭の池の浄化についての質問です。

うちの庭には、5m×3m×1mほどの小さい池があります。
単に雨水を貯めるだけの単純なものなのですが、昔はここにフナやら金魚なんかが泳いでいました。

しかしある年の夏の記録的な渇水によって干上がってしまい、それ以後は「死の沼」と化してしまいました…。

もう一度魚を増やそうと放流してみたのですが、今ひとつ定着しません。
そこで庭を掃く熊手で底を探ってみたところ、底に大量のヘドロが溜まっているらしいことが分かりました。メタンガス...続きを読む

Aベストアンサー

池よりも低い場所に水を捨てる場所があればサイホンの原理を利用して水を抜けます。

ホースの中を水で満たして両端を手でふさいで片方を池の中に入れます。そうしたら池の中の方の手は離してしまってもう片方を水を捨てる場所まで持って行きます。そこで手を離してうまいこと空気が入らずにいれば気圧の力で池の水は反対側のホースの先の高さまでならば全部抜けていきます。



理由とかは「サイホンの原理」で調べてください。

Q池の水を、4年間ほったらかしにしてますが、全く濁りません

家の庭に池が、大きいのと小さいのと二つあります。

大きい池(2m×2m、日当たり普通)は大人の金魚7匹と、勝手に卵を産みに来た蛙たちが住み、小さい池?(40cm×40cm、日陰)はメダカと子供の金魚が7匹ほど住んでます。

以前、汚れのひどかった大きい池は、赤玉土と砂利を底に敷き、水草を植え、水道水は入れずに、雨どいから落ちる水のみを流し込むようにしてます。(途中に三角コーナーのネットを装着してゴミはとってます)
今では蛙の産卵後でも全く水が濁らなくなり、2年間掃除はしていません。(水面に落ちた葉っぱぐらいは拾ってますが)

小さい池は水草のみで何もしていません。4年間水も入れてません。

大きい池は雨が降るたびに屋根伝いに水が入るので、多少の水の循環があるので何となく理解できるのですが、小さい池はどうして全くよごれないのでしょうか?

どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水が循環しなくても(見た目上は)きれいな状態であったとしても別に不思議ではありません。
汚れの原因となる物質(この場合は主に糞と仮定します)に対して、水生昆虫や植物プランクトン等による分解能力、及び水草による浄化能力(窒素、リンなどの吸着)が飽和状態を超えなければきれいな状態は維持されます。

尚、括弧書きで「見た目上は」と記載していのは、「透明度」=「水質に問題がない」ではないためです。

Q池に繁殖する緑の綿みたいなのを除去したい

庭にホームセンターで買ってきた小さな池を埋めてメダカを飼っていますが、数年前から、暖かくなると、水中に緑色の綿の様な植物?が繁殖するようになって困っています。

取り出してみると、緑色の細い糸のようなものの集合体だという事がわかるのですが、これが何だかさっぱりわかりません。

見栄えも悪いし、すごい繁殖力で増え続け、水草等にからみついているので、水草も生き絶え絶えになってしまいます。

また、たまにメダカがそれに絡まって死んでいます。

そもそもどこからやってきたのかもわからないのですが、一度池を綺麗に洗い、水草等も全部入れ替え、収まったかに見えたのですが、またしばらくしたら、同じ状況になってしまいました。

これは何で、どうやって除去したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
すみません、もう一手、過激な方法がありました。

水草を枯らす魚病薬というのは、一般の飼育者は嫌がりますが、魚病薬は水草に安心と書いてあったとしても、少なからず水草を枯らします。

この性質を逆手にとって、ペットショップで「水草が枯れるのでお勧めしませんよ。」と店員さんが言う魚病薬を買ってくるのです。

そして、水草を全て除去したあとで、薬を投入します。
エビは薬に弱いので、微量に付着した程度でも、まず死ぬでしょう。
しかし、メダカは耐え凌ぐ可能性が高いです。
一時的にメダカを避難させてやっても良いでしょうが、コケの欠片が一緒に避難してしまえば同じことですので、万全を期して下さい。
そして、水草もろともコケも壊滅するはずです。

その後、池を綺麗に洗いリセットします。

この際、避けておいた水草に、わずかでもコケが絡みついているようなものは、容赦なく破棄します。全て破棄することになっても仕方がありません。
欠片が残っていただけで増殖しますから。

そして、池の水が富栄養化しないよう、前に書いたことを気をつけて、もう一度維持し直していくのです。

他の人からツッコミが来そうですので、一応書いておくと、
濾過バクテリアは全て死滅し、一からのスタートとなります。

一度コケが蔓延ってしまうと、完全除去はとても難しいのですが、
予防はまだ簡単な方だという理由から、こんな手を使います。

当然、水草が主力の水槽や、エビが主力の水槽では、この手は使うことができません。

No.3です。
すみません、もう一手、過激な方法がありました。

水草を枯らす魚病薬というのは、一般の飼育者は嫌がりますが、魚病薬は水草に安心と書いてあったとしても、少なからず水草を枯らします。

この性質を逆手にとって、ペットショップで「水草が枯れるのでお勧めしませんよ。」と店員さんが言う魚病薬を買ってくるのです。

そして、水草を全て除去したあとで、薬を投入します。
エビは薬に弱いので、微量に付着した程度でも、まず死ぬでしょう。
しかし、メダカは耐え凌ぐ可能性が高いです。
...続きを読む

Q小さな池の循環ポンプを探しています

大きさが100cm×60cm×40cmの池を庭に作りました。
この池の水を循環させ、ろ過器(自作)を通して濁りをなくしたいと思いホームセンター等で水ポンプを探しましたが、本体が大きく吐出量も大きい水中ポンプしかありません。
これくらいの池に適当な水ポンプをご紹介いただけませんか。
追伸
風呂の残り湯を汲み上げるポンプが4000円位で売られていますが、これは代用出来ないですよね。

Aベストアンサー

エーハイム社の1048か1250をお勧めします。1048なら9,500円くらいですね。最大揚程は1048が1.5m、1250が2mです。耐久性抜群で水陸両用、連続使用で10年以上使ってもフィルターとインペラーシャフトの交換ぐらいでびくともしません。大きな熱帯魚屋か通販で売ってます。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~aandk/eheim.htm

Qひょうたん池の水生植物による水の浄化

70cm×30cm×30cm程度のプラスチック製ひょうたん池にめだかを飼っています。水がすぐ汚れてしまうので、今年は水生植物でも植えて水質浄化、めだかの隠れ家、できれば花を咲かせたく目論んでいます。
池の中に植木鉢を入れるタイプで、あまり増えず、強く、比較的簡単に手に入る水生植物を教えてください。(水生植物についてはネットで血調べましたがこのような環境で生育できるか否かの評価ができなかったため質問しました)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆる自然サイクルによる浄化、共生環境=ビオトープを試みられようとしているようですね。
生物と植物だけでは、生物の排泄物を分解できず、即、植物の有機肥料にはなり得ません。
その間を取り持ち、排泄物を分解するバクテリア、好気性菌の繁殖が必要です。
と、改まって難しい話しに持って行こうというわけでなく、分解バクテリアや好気性菌は自然界におり、環境さえ整えば勝手に住み着き繁殖してくれます。
そのためには、せせらぎとは行かずとも緩やかであれ水の動きが必要です。単なる溜め水では空気中の酸素が水の溶け込みにくく、結果、「嫌気性菌」=水の汚れ、腐りの原因菌だけが繁殖してしまいます。
同じ発想でお庭に小さな池、ビオトープを作られている方は大勢いますので、「ビオトープ」で検索してみてください。

Q防水セメントで池を作り水を溜め金魚を入れたいが

門扉横に150センチかける50センチ深さ50センチの花壇がありました。

そこに防水セメントで四方を塗りました

一週間ほど経ったので水を溜めてみると何とかもれることなくたまりました

今後、バクテリアの関係で水を入れれないのは解りますがセメントの化学物質みないなものはでないのでしょうか?

もし一時の間、セメントからでる化学物質のせいで生物が住めないのでしたらどのくらいの期間必要でしょうか?

Aベストアンサー

・セメントには水酸化カルシウムが大量に含んでいます。
水酸化カルシウムはアルカリ性の強い物質です。

セメントで作った直後の池に、水を張るとセメントの水酸化カルシウムによりpH10位のアルカリ性を示し、魚などの育成はできません。
水酸化カルシウムの中和が必要です。

中和方法は、暫く空気に晒すこと。
大気中の二酸化炭素が、セメントの表面の水酸化カルシウムと反応し、時間の経過と共に勝手に炭酸カルシウム化します。
炭酸カルシウムもアルカリ性物質ですが、水に溶けにくく、水酸化カルシウムほど高いアルカリ性は示しません。

取り敢えず、2ヶ月ほど放置(乾燥)させてから、水を張り5日間ほど放置のあと検査薬でpHを測定。
pH8.5を下回れば、金魚の飼育は可能になります。
pHがアルカリ性を示すようならば、再度、水を抜き、1ヶ月程乾燥させてから再測定です。

Q池の水漏れについて

写真の様な水溜まり程の池を作りました。
元々花壇だった所を掘り下げ、モルタルを塗り、その上に塩化ビニールシートを張り(無いよりはましかと思い…)さらにその上から防水モルタルを一センチ厚で塗りました。しかし、やはり漏水があるみたいで一晩で20センチ程、水位が下がります。
やり直しを検討しているのですが、いい方法はありますか?

できるだけ簡単な方法で仕上げたいのですが…。
この上から何かしらの防水処理を施すことはできないでしょうか。
防水塗料みたいな…。
考えている方法は…。


全て崩し、FRPで花壇に合わせたプールを作り、モルタルを塗る。
が確実でしょうか?

Aベストアンサー

私はコンクリートで池を作りました。

写真が見れないので詳しく分りませんが、CLAIALさんはモルタルで施工したみたいですね。

モルタルの中にはメッシュ筋や、ラス(金網みたいなもの)を入れたりしていないと、収縮により必ずクラック(ヒビ)が入ります。モルタルは水を混ぜて施工し、固まったあとに乾燥するため、収縮を始めてしまい、ヒビが入ります。それを抑えるためや、地震による振動などに耐えるために鉄筋は必須です。

また、モルタルにビニールにモルタルと三層構造になっていますが、モルタルとビニールの間は縁が切られた結果、薄いモルタルは割れやすいし、砂利が入っていないモルタルは更に割れやすい結果になってしまったと思う。

この状態で防水塗料の効果は、一時的には効果が出ても、更なるクラックに塗料の被膜がついていけないので結果、漏水が始まると思います。

是は、私が庭に池(流水池)を施工したブログです。
http://blog.niwablo.jp/ryuusuiike001/theme/2701.html?page=2

参考にはならないでしょうが、これ位コンクリートで施工する場合は、大がかりになってしまいます。

ゴミにはなってしまうでしょうが、小さな池みたいですので、既に施工した池を撤去し、FRPで施工しきれるのであればそちらの方が耐水性は高いと思います。ただし、何層かにしてある程度厚くしておく必要もあります。
庭木の根っこ等で、薄すぎるFRP池に外力が加わると割れる可能性がありますので。

あとは、今作ってる池の中にFRP池を作るかですね。この場合は、多少薄くても良いかもしれませんが、既に作ってるモルタル池の硬度頼りになりますが。

最後に、生き物を池に投入する前には、灰汁抜きを必ずしてくださいね。

コンクリートの場合は、石灰の強アルカリ成分、FRPは化学物質で魚などが死んでしまう場合があるからです。
頑張っていい池を作ってください。

参考URL:http://blog.niwablo.jp/ryuusuiike001/theme/2701.html?page=2

私はコンクリートで池を作りました。

写真が見れないので詳しく分りませんが、CLAIALさんはモルタルで施工したみたいですね。

モルタルの中にはメッシュ筋や、ラス(金網みたいなもの)を入れたりしていないと、収縮により必ずクラック(ヒビ)が入ります。モルタルは水を混ぜて施工し、固まったあとに乾燥するため、収縮を始めてしまい、ヒビが入ります。それを抑えるためや、地震による振動などに耐えるために鉄筋は必須です。

また、モルタルにビニールにモルタルと三層構造になっていますが、モルタルとビ...続きを読む

Q室外の池で飼育できる小型の観賞魚を教えてください

野外に池を作り、小型の魚を飼育したいと思っています。
野外なのである程度の気温の変化に耐えうる種類となると、メダカとアカヒレしか思い浮かばないのですが、ほかにも飼育可能な種類はありますか?

飼育環境はこんな感じです。
水量は80リットルくらい。水面を広くとって水草や湿地にはえる植物を植えます。(昔の日本の湿原の再現を目指してます)
夏の暑いときはすだれを立てかけて、温度の上がりすぎをふせぎ、冬は凍結ないよう管理します。

できるだけ自然に近い環境にしますので、手はあまりかけません。自然循環できるように魚は少なめにします。
また、このような環境で小魚たちと一緒に飼育できる、循環の中に入りやすい生き物も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様の住んでいる地域の気候にもよりますが
ミナミヌマエビやヤマトヌマエビなども飼育可能だと思います。

ただしミナミヌマエビは繁殖してすごい数になることもあるので注意してください。

Q錦鯉飼育用プールの濁りが早いのですが...

最近金魚と錦鯉の飼育にはまってます。
金魚の方は90cm水槽ですが、砂利を敷いて外部フィルターを使用しましたら何とか水質が安定しています。
問題は錦鯉の方で、屋内に1.5mプールを設置しています。補助的に物理濾過槽専用としてコトブキのパワーボックス90を1台設置しています。
それとメインの生物濾過槽として容量30リットル程のタッパーを3層構造にし、1層目(ウールマット)、2層目(濾過リング)という作りで1台設置しています。
この濾過槽へはポンプで吸い上げ、通過させた水をプールより高い位置から落とす仕組みにしています。
尚、濾過リングの容量は、パワーボックス90に使用している物を15袋程度使用しています。
プールには砂利等は敷いてません。
水深は40cmです。
こういう状態で鯉が4匹(35cm程度1匹、20cm程度3匹)泳いでいます。
この状態で水槽の方と比べると水の濁りが早いのです。PSBとか麦飯石溶液、それとリフレッシュを入れたりしていますがやはり濁りが早いです。
根本的に濾過槽の能力が低すぎるのでしょうか?
砂利無しの水700リットルに対して普通どの程度の濾過槽が必要なのでしょうか?
(エコバイオリングも8個投入しています。)

2週間くらいは水換えしなくても澄んだ水にしたいです。
どうか教えてください。よろしくお願いします。

最近金魚と錦鯉の飼育にはまってます。
金魚の方は90cm水槽ですが、砂利を敷いて外部フィルターを使用しましたら何とか水質が安定しています。
問題は錦鯉の方で、屋内に1.5mプールを設置しています。補助的に物理濾過槽専用としてコトブキのパワーボックス90を1台設置しています。
それとメインの生物濾過槽として容量30リットル程のタッパーを3層構造にし、1層目(ウールマット)、2層目(濾過リング)という作りで1台設置しています。
この濾過槽へはポンプで吸い上げ、通過させた水をプールより...続きを読む

Aベストアンサー

(1)まずは濾過槽の構造からですが。。。ポンプで汲み上げた水はシャワー状態で、濾過槽全体に均等に降り注いでいますか?? もしホースから飛び出てくるような状態で、水が濾過槽の1ヶ所に集中して落ちているようであれば、その濾過槽は正しく濾過できていない可能性が高いです。

上段濾過槽内の<ウール>が<豆腐>だと考えてください。もしシャワーのように水がやさしく降り注いでいれば、豆腐全体に水が広がりますよね?? でもホースで豆腐の1ヶ所に集中させたらどうなりますか?? 豆腐は砕けちり、水は一気に下に落ちてしまいます。それと同じです。せっかく大きな濾過槽を作っても、水がシャワーで全体に優しく降り注がないと、濾過槽の一部分だけを一気に水が落ちているだけになっちゃいます。

私の店に来るお客さんでも、たま~に大きな誤解をしている人がいます。小さな濾過槽に対して、必要以上に大きなポンプを取り付けようとしている人がいます。たくさん水を回したほうがいいと思うみたいなんですが、これって実は大間違いなんです。濾過槽に流れ込む水はゆっくりとやさしく、シャワーのように落ちないと駄目なんで、どちらかといえば小さめのほうが失敗が無いんです。ポンプを買いに来るお客さんに、私はまず最初に濾過槽の種類と、大きさを必ず聞くようにしています。

あと。。意外に知られていないのですが、バクテリアは<水の勢いが強い急流の場所>には繁殖できないんです。ゆっくりとした水流で、酸素が十分にゆき渡った場所でないと、バクテリアは定着(ひっつく)ことができないんで、コロニーを形成できないんです。シャワー状態で水を優しく落とすことによって、水に酸素が溶け込み、濾過槽全体にいきわたります。酸素が濾過槽全体にいきわたらない環境では、バクテリアも絶対に繁殖できません。


(2)モーターで汲み上げている水は<水槽の底>から汲み上げていますか? 汚れた水は下へと溜まります。1m50cmもの広さのプールです。なのに深さは40cmしかありませんよね。水槽内の水が全体を循環するには<浅すぎる>と感じます。このような場合に必要なことは、水槽の底面全体から<均等に水を吸い上げる追加の工夫>が必要です。吸水用に<先端を栓でフタをした長めのホース>などを用意して、穴をいくつも開けてから<水槽の底面全体>に這わせてください。できればフォークみたいに3列ぐらいに分岐させたほうがいいかもしれません。穴を開ける時にコツが必要です。ホースの先端に近づくほど穴を大きくして、穴と穴との間隔を狭くしてあげてください。でないとせっかく長いホースを使っても、遠い場所からは水を吸い上げることができず、モーターにいちばん近い場所からしか水を吸い上げてくれません。


(3)このケースではPSBの添加はやめたほうがいいと思います。というかバクテリア剤そのものをやめたほうがいいです。水の白濁りの原因はたぶん<バクテリアの死骸>だと思われます。ろ過環境がしっかりと整わない状況の中でバクテリア剤を添加すると、添加した瞬間に水の中でバクテリアが死んでしまうことが多いのです。

バクテリアの死骸は目に見えないほど小さなタンパク質の塊となって水の中を浮遊します。それが白濁りの正体であることがほとんどです。バクテリアは上記の(1)(2)をしっかり整えて焦らず待てば、必ず濾過槽に繁殖してきます。
必要以上にバクテリアを投入すると、上記のように死んでしまうか、逆に水槽の中で大暴れして酸素欠乏を起こして魚を死なせることすらあります。水槽や濾過槽の中で繁殖できる<バクテリアの生存可能限界量>を超えてしまうからです。ここもたとえで説明しますね。。。水槽を電車だと思ってください。電車の中に入れる人の数には限界がありますよね? もし朝夕の通勤ラッシュで満員になってる電車の中に、更に無理やり多くの人を詰め込んだらどうなりますか? 乗客は圧死してしまうか、酸素欠乏で死んでしまいますよね? それと全く同じことが、水槽とバクテリアの関係で発生してしまうのです。無理にバクテリア剤を入れずに気長に待ちましょう。いずれ必ず、ちょうどよい量までバクテリアは増えてくれます。

(1)まずは濾過槽の構造からですが。。。ポンプで汲み上げた水はシャワー状態で、濾過槽全体に均等に降り注いでいますか?? もしホースから飛び出てくるような状態で、水が濾過槽の1ヶ所に集中して落ちているようであれば、その濾過槽は正しく濾過できていない可能性が高いです。

上段濾過槽内の<ウール>が<豆腐>だと考えてください。もしシャワーのように水がやさしく降り注いでいれば、豆腐全体に水が広がりますよね?? でもホースで豆腐の1ヶ所に集中させたらどうなりますか?? 豆腐は砕けちり、水...続きを読む

Q錦鯉飼育におけるエアレーションの方法について

錦鯉飼育におけるエアレーションの方法について

庭池で錦鯉を飼っているのですが、現在池と濾過槽の両方でエアレーションを行っていますが、大きな池ではないため池でのエアレーションをすると鯉の鑑賞がし辛くなってしまいます。

濾過槽と水路だけでのエアレーションでは池の溶存酸素量は不足するでしょうか?

Aベストアンサー

ムムム・・・完璧、十分すぎる!
結論から先に言ってエアレーションは濾過槽内だけで十分でしょう。

試しに質問通りに濾過槽内のエアレーションだけで数日様子を見られてはいかがですか?
鯉が酸素不足で口上げをするようであれば元に戻せば良いだけですし。

むしろエアレーションに依存すべきは鯉よりも濾過槽内の好気性菌です。水質保持に関してだけでいえば、濾過槽内で好気性菌が消費する酸素量はたかが知れていますし、大半はそのまま水に溶け込み鯉に十分行き渡るかと思います。何より水が動いているわけですので、ある意味流れの緩い池本体の水へのエアレーションより効率が良いとお考えいただいた方が良いかと。

エアストーンは「濾過槽の最終層」ではなく、最上流層に入れて下さい。鯉よりも菌を可愛がってください。
それが結果として鯉のためになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較