これからの季節に親子でハイキング! >>

大学で63単位取り、そこで大学を中退してしまったんですが、
今、社会労務士になりたく、色々調べていたら、

http://www.sharosi-siken.or.jp/sikaku.htmから引用
>○ 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学、短期大学、>高等専門学校(中学校卒業を入学要件とする修業年限が5年制の学校)を卒業した者
>○ 上記の大学(短期大学を除く。)において62単位以上を修得した者
この中の下の行に大学中退は当てはまるんでしょうか?
それとも卒業見込みという意味なんでしょうか?

私的には大丈夫だと思っているんですが、
とても心配で、どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 大学中退でも成績証明をとりよせて(当時の学生番号などを伝えれば郵送してくれると思います)62単位以上あれば受験できると思います。

ほかの国家試験はそういう扱いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

先ほど、成績証明の取り寄せの電話をしたら、
HPにアクセスせよと返ってきました。

回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/06/23 18:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学中退者が誇りを持てる資格

こんにちは

進路に行き詰まっている20歳の大学生です。

突然ですが、1年後に大学を辞めることにしました。
絶対に今の大学に復帰はしないつもりです。ストレスで精神病を患い2年間を捨てました。

しかし、大学を中退したということで
親も私もコンプレックスを抱いています。

なので全力で資格をとって、親を安心させたいのですが
どの資格をとればよいのかわからなくて困っています

教えてください、お願いします・・・・・


自分の希望としては、

 ・国家資格や大卒にも負けないネームバリューを持つ資格

 ・就職や独立が可能な、需要の見込まれる資格

 ・日本国内で不可能ならば、国外の経済成長の波にのれる資格

等です。今から書店にも出向いて調べてきます。
ちなみに公認会計士を目指そうと思っていましたが、就職難と聞いて迷っています

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

特に受験資格がないものをあげて見ます。(ただし、資格により年齢制限がある場合がある)

公務員系
・海上保安学校学生
・皇宮護衛官
・国立国会図書館職員一般職試験
・衆議院事務局職員III種
・入国警備官
・防衛省職員III種
・警察官
・消防官

・公認会計士
・税理士
・中小企業診断士
・不動産鑑定士
・弁理士
・司法試験予備試験

・第二種電気工事士
・第一種電気工事士


ネームバリューがありそうなものをあげてみました。
どれも難関です。
またどれも今後需要面では不透明です。

社会的信用があり安定度抜群といえば公務員でしょうね。

資格で独立して食っていくのは至難の業です。弁護士ですら今の時代広告を出す時代ですから。
独立する場合には、サラリーマン時代以上の人脈、営業力が必要になります。自分の好きなことができるわけではありません。自分に合わない人とも上手くやっていかなければなりません。独立と聞くと人間関係が楽そうに聞こえますが、本気で稼ごうとすると、いろんな人にお世話にならなければいけません。精神的にタフでなければ独立はお勧めしません。

将来会社経営等を考えているなら中小企業診断士の資格の知識、または経験が役に立つでしょう。

国外の経済成長の波に乗れる資格は聞いたことがありません。

資格はあくまで就職する際のアピールにすぎません。まずは自分の進みたい道をしっかり定めて、その業界に就職することをお勧めします。

資格のために○年勉強に費やしてしまった、ということにはならないように気をつけましょう。

あと社会人なら日商簿記2級は取っておいて損はないです。日商簿記2級なら資格の学校に通えば3ヶ月しっかり勉強すれば合格できます(3級は受ける意味はないです。3級の勉強から始めて一気に2級の勉強までしてしまいましょう)。普通に商業高校の学生でも取得できる資格ですが、ビジネスマンとして必須の知識を得ることができます。難易度のわりには意外とつぶしのきく資格です。

資格の捉え方としては、基本的には独立開業するためのもの、または自己啓発のためのものと考えておきましょう。過度の期待は禁物です。

資格の学校は一生懸命資格の有用性をアピールしていますがあれはビジネスの一貫です。自分で情報を判断できる能力を身につけてください。

まだ20歳と若いので、社会と積極的に接点を持ち、いろんな経験を通して、失敗をたくさんしてそこからいろんなことを学んでください。失敗が許されるのは若者の特権です。失敗から学んだものはその本人だけの財産となります。この貴重な時期をどう過ごすかで30歳以降の質問者さんの人生がどうなるかが決まってくると思います。中高年になると専門性よりも人間のトータル力みたいなもの(抽象的ですみません)がものを言います。

資格がなにかしてくれるわけでは決してありません。ご両親を安心させたければまずは就職をしましょう。難関資格をとれればその合格した瞬間は自信が持てますが、その業界の現実を知ったとき、どうなるかは想像に難くありません。他人と自分を比較せず、背伸びし過ぎない程度に自分の能力に合った仕事でコツコツ実績を積まれていくと本当の自信がそこに生まれると思います。自分の能力以上のことをやり続けるのは精神に非常に厳しいです。

長文乱文失礼しました。

ご参考までに。

P.S.
資格をどうしても取りたいなら日商簿記2級を目指されるとよいと思います。学習期間は3ヶ月程度で、試験は確か年3回あったはずなので、結構気軽に受けられます。この2級が難しいように感じるなら、公認会計士はとても無理でしょう。今後難関資格にチャレンジする上での試金石になると思います。

あと、英語は勉強しておいて損はないと思います。

特に受験資格がないものをあげて見ます。(ただし、資格により年齢制限がある場合がある)

公務員系
・海上保安学校学生
・皇宮護衛官
・国立国会図書館職員一般職試験
・衆議院事務局職員III種
・入国警備官
・防衛省職員III種
・警察官
・消防官

・公認会計士
・税理士
・中小企業診断士
・不動産鑑定士
・弁理士
・司法試験予備試験

・第二種電気工事士
・第一種電気工事士


ネームバリューがありそうなものをあげてみました。
どれも難関です。
またどれも今後需要面では不透明です。

社会的信用があり安...続きを読む

Q大学中退について

大学をやめようと思うのですが、

『60単位以上取れば中退という学歴(短大卒と同等)になり、
 国家試験もそれで免除あったりする。』

という話を聞きました。これは事実でしょうか?
事実ならば60単位くらいはなんとかとってからやめよう思うのですが・・・
何方かご存知のかたよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大学中退者です。経験をもとに…。

62単位以上を取得していれば、国家試験等、ごく一部のところでは短大卒と同等(=短大を卒業したか、2年以上大学に在籍して62単位以上単位を取得していたか)かのような待遇を受ける場合もありますが、基本的には中退という学歴の扱いになります。

現実的には、
短大卒>2年以上62単位以上中退者>高卒者
という評価でしょうか。

ただ、『一度決めたことをやり抜かなかった者』『数年分の時間を無駄にした者』『中途半端な者』というマイナスの評価が加わる上、大学に最初から進学しない高卒者の人と比べれば数年の年齢を重ねてしまっていることから、高卒者以下の扱いを受けることも覚悟しておいたほうがいいと思います。(No.4の方のコメントも参照してね)


大学中退者は年間数万人に及びますし、中退してから大成された方もいらっしゃいますし、学業に肌が合わない方が大学にこだわるのも時間の浪費ということもいえなくもないですし、それら以前に中退というのも一つの選択肢ですからとめはしませんが、ひとつだけアドバイス。

大学をやめてから次のことを探すのではなく、次のことを見つけてから大学をやめるようにしてみてください。
やめてから次のことを探そうとすると、それだけ時間の浪費が続きます。

目的なしに在学中の大学で勉強するのではなく、次のことをを見つけるための勉強をするようにしてみてください。

大学中退者です。経験をもとに…。

62単位以上を取得していれば、国家試験等、ごく一部のところでは短大卒と同等(=短大を卒業したか、2年以上大学に在籍して62単位以上単位を取得していたか)かのような待遇を受ける場合もありますが、基本的には中退という学歴の扱いになります。

現実的には、
短大卒>2年以上62単位以上中退者>高卒者
という評価でしょうか。

ただ、『一度決めたことをやり抜かなかった者』『数年分の時間を無駄にした者』『中途半端な者』というマイナスの評価が加わる上、大学に最...続きを読む

Q大学中退者が大学卒業資格を取る方法

わたしは大学に3年半在学して124単位を取得しましたが、大学の卒業要件に定められたものと
取得単位の内容が合わないために卒業と認定されず
事情あって退学しなければなりませんでした。

このようなケースでは124単位取得して
大学卒業と認定してくれる機関や認定される方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

おなじようなケースで、大学評価・学位授与機構から学士を取得しました。私の場合は、約110単位くらいしかとれていませんでしたので、申請を思い立ってから他大学に科目等履修生として在籍し、15単位くらいを取得して申請要件をみたしてからになりました。

学位授与機構による、一番詳しいガイダンスは↓です。
http://www.niad.ac.jp/sub_gakui/siryo/new/new_gakushiH16.pdf
大学が設定する要件ほどではありませんが、ここでの学位授与を申請するにあたっての要件がそれなりにありますのでご確認ください。大学で取得された科目について、学位授与機構での区分に当てはめてみて確認をしてみてください。

質問者さんのケースは、入学してから満4年を経た上で学位授与機構への申請が可能になります。短大・高専の専攻科の在籍者は見込み申請ができますが、大学中退者には見込み申請がありませんので(そんなことしたら大学卒業の価値が...)、4月に卒業された方なら来年の4月がこれから一番近い申請時期ですね。

申請に必要なのは、正式なのは正式なものをみていただくとして、大まかに以下の3つです。
 1)実際に大学で取得した単位の一覧表(成績証明書)
 2)申請する学士号に応じて、学位授与機構が定める
  区分にどのように対応させるかを様式に沿って記入したもの
 3)その学士号を取得するに値するだけの学修成果

申請後、書類審査に合格すれば、筆記または面接に呼ばれます。最終的に8月ごろに学士がもらえます。


なお。
ちょっと厳密ないいかたなんですが、この方法を利用して得ることができるのは「学士号の取得」です。大学卒業とほぼ同等ではありますが、たとえば資格取得や採用試験の際に大卒以上と書かれていた場合には該当しないケースがあります。

もっとも、飛び級と同じく最近できた制度なので、採用側が単にまだ知らなかっただけという場合のほうが多いのですが、あくまで
(大学卒業+大学から学位授与)≧(学位授与機構から学士授与)
であるのでご承知おきください。

参考URL:http://www.niad.ac.jp/sub_gakui/siryo/new/new_gakushiH16.pdf

おなじようなケースで、大学評価・学位授与機構から学士を取得しました。私の場合は、約110単位くらいしかとれていませんでしたので、申請を思い立ってから他大学に科目等履修生として在籍し、15単位くらいを取得して申請要件をみたしてからになりました。

学位授与機構による、一番詳しいガイダンスは↓です。
http://www.niad.ac.jp/sub_gakui/siryo/new/new_gakushiH16.pdf
大学が設定する要件ほどではありませんが、ここでの学位授与を申請するにあたっての要件がそれなりにありますのでご確認ください。...続きを読む

Q社会保険労務士受験資格を得るために放送大学の全科履修生を考えているので

社会保険労務士受験資格を得るために放送大学の全科履修生を考えているのですが


社会保険労務士受験資格を得るため、62単位の単位取得のため放送大学への入学を考えています。
2年間で62単位を取得して、社労士を受けようと思っていたのですが、
62単位取得出来れば大学卒業は”どうでも良い”と考えていました。
10年在籍出来るとはいえ、62単位取得後さらに卒業までの勉強をしないといけないと考えると苦痛です。

社会保険労務士受験資格を得て無事合格すればそれでいい、と考えていたのですが
62単位取得後大学を辞めて大学中退という学歴になるのはなんだか嫌で…。
でも62単位を取得するためには全科履修生になるしかない…
ここで質問なのですが、短大卒業資格を通信で取れるところはないのでしょうか?

もしあるとしたら、通信大学というのは放送大学が行っているテレビやラジオで番組を聞くというシステムになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

>短大卒業資格を通信で取れるところはないのでしょうか?

通信教育課程を設置している短大もいくつかあります。

http://www.uce.or.jp/info.html#tandai

>通信大学というのは放送大学が行っているテレビやラジオで番組を聞くというシステムになっているのでしょうか。

※テレビやラジオで勉強出来るのは放送大学のみです。

通信制大学・通信制短大の場合、

学校から送られてくるテキストで勉強する

町の図書館の本などを参考にして、レポートをまとめ提出する

・担当教員が、sweet-cakeさんが書いたレポートを読み、不合格となったら、またレポートを書きなおして、再提出する。
・担当教員が、sweet-cakeさんが書いたレポートを読み、合格となったら、日曜日に学校へ行って、単位修得試験を受験する。

単位修得試験に合格することで、通信科目の単位を修得する

※単位修得試験・・・中高の中間・期末試験のようなもの。
学校によっては、単位修得試験日1日につき、3科目まで受験可といった受験科目数制限が設定されている場合も。

・・・という流れで進みます。

「レポートは合格になったけど、単位修得試験は1つも受けてない」
という場合は、通信科目の単位は修得出来ません。

☆通信制大学・短大の場合、通信教材科目のほかに、スクーリング科目もあります。

スクーリング科目とは、

「夏・冬・春休みに、午前9時~午後5時まで、通信制大学へ3日間通って、授業を受ける」

というタイプの科目です。

文部科学省は、
「通信制大学(短大)で卒業に必要な124単位(62単位)のうち、
4分の1程度である30単位(15単位)については、必ずスクーリング科目として実施すること」
と定めています。

そのため、スクーリング科目を1つも受けずに、通信制大学・短大を卒業することは不可能です。

通信制大学(短大)の場合、
働きながら、勉強される方が多く、
仕事が忙しく、思うように勉強が進まず、
通信制大学卒業まで、6~8年(4~6年)もかかった
というケースが多いです。
4年(2年)ですんなり卒業出来たというケースは、ほとんどありません。

また、仕事が忙しくて、勉強する時間をうまく作れず、
結局、通信制大学・短大を中退する人も多く、
通信制大学・短大の卒業率は、10%程度にとどまっている学校が多いです。

>短大卒業資格を通信で取れるところはないのでしょうか?

通信教育課程を設置している短大もいくつかあります。

http://www.uce.or.jp/info.html#tandai

>通信大学というのは放送大学が行っているテレビやラジオで番組を聞くというシステムになっているのでしょうか。

※テレビやラジオで勉強出来るのは放送大学のみです。

通信制大学・通信制短大の場合、

学校から送られてくるテキストで勉強する

町の図書館の本などを参考にして、レポートをまとめ提出する

・担当教員が、sweet-cakeさんが書いたレ...続きを読む

Q受験資格の「2年以上大学に在籍し62単位以上取得した者」について

資格試験の受験を検討中なのですが、事情があって大学を中退しており、受験資格の62単位以上取得という条件に単位が足りていません。
あと数単位で条件を満たせるのですが、この場合通信大学などの科目履修生になって足りない単位だけを取得して中退した大学の単位と合わせてカウントすることができるのでしょうか。
それとも1つの大学での取得単位が62単位以上でないと認められないのでしょうか。
もし認められないとすれば大学編入して卒業資格を取得するしかないということですよね。

Aベストアンサー

大学評価・学位授与機構での学士の学位の取得は、あわせ技でいけますから、資格試験においても、たぶん、あわせ技でいけるのではないかと思います。しかし、念のため資格試験の主催者に直接相談するのがいいと思います。正規の学生として2年間在籍しているのでしたら、可能性はより高まるとは思いますが。

成績証明書のコピーを必要に応じてFAX・持参・郵送できるような状態で、具体的に相談をしたら見解を教えてくれるのではないかと思います。相談して、確認が取れれば堂々と出願できますしね。

(よかったら、質問の受付を締め切る際には、参考までに資格試験の主催者さんがどういう見解を出したかを教えていただけないでしょうか。私も大学中退してまして、学士は幸いにして取れたのですが、いろいろと困難にぶつかってますので、今回の件は非常に気になりますので...)

Q司法書士と社労士、どちらが有用なのでしょうか

会社勤め11年の33歳、男です。

将来(保身)のため、難関資格を取得しておこうと
思い、今 司法書士・社労士の資格で悩んでいます。

大学は、法学部を出ていますが、卒業後、ずっと
今の会社の、システム部門にいたため、知識は皆無に
近くなっています。

将来、どちらの資格のほうが 求人や募集があり
収入は安定しているでしょうか? 

Aベストアンサー

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続き的な業務が強いと思います。昔はわかりませんが、ほとんどの社会保険事務を会社の事務担当者が行うことが多くなっていることでしょう。多少の間違いも訂正などが出来ますしね。

しかし、これからは高齢化の社会で相続の案件も増えることでしょう。弁護士が増えるといってもどこまで増えるのかはわかりません。司法書士であれば、弁護士に近い業務を行えます。簡裁の範囲であれば認定を受けることで代理行為が出来ますし、簡裁以外の案件でも本人の後方支援としての相談や書類作成業務などもあることでしょう。社会保険労務士に比べて、個人と法人のそれぞれから受けられる業務も多いと思います。

どちらの資格も、弁護士や税理士に比べて顧問契約は期待できません。ですので、営業力や人脈がないと安定収入は期待できません江。雇用される資格者であっても、やはり安定収入などがなければ雇用の機会も減りますので、就職も厳しいかもしれません。もちろん資格者として企業に雇用されるというのもありますが、社員であれば資格は不要で会社の業務として会社の諸手続が可能でしょう。そのため、スポット依頼になりがちですので、雇用は難しいでしょうしね。

私自身は税理士事務所の経験を生かしてIT分野の会社の役員となりました。私のように自社の手続のために社会保険などの手続や各種社内規定の整備、各種助成金などの業務経験がある場合には、社会保険労務士のほうが稼ぎやすいかもしれません。司法書士の分野で素人で出来るのは簡易的な登記ぐらいですからね。経験の無い分野への挑戦であれば、簡易的な業務から高度な業務まである司法書士が良いでしょう。他士業事務所への就職もしやすいかもしれませんからね。

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続...続きを読む

Q日商簿記1級って独学で合格できますか?

26歳専業主婦です。
子育ての合間に勉強を始めようかと考えています。
3年前まで経理事務をしていて日商簿記2級をとったのは20歳の時ですので、今はだいぶボケていて簿記について自信はありません。
2級をとった時は独学でとおるテキスト(TAC出版)のを自分で購入し勉強しました。
その次1級を1度受けましたが、あまりの難しさに手も足も出ませんでした。(過去問題でも年々難しくなってるように思いました。)
最近の傾向とかどうなっているのか全く知りません。以前よりもっと難しくなってますか?

独学で合格された方、1日何時間勉強して、何回目の試験で合格できたか教えてください。
秘訣などもあれば教えてください。

Aベストアンサー

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しましたのでうまく伝わるかどうか不安なのですが、つまり、「本試験問題は、

 前回までの本試験問題 + α (α=範囲や複雑度など)

で構成されている、ということです。ですので、一足飛びに過去問をやれば「+α+α+α・・・」で初学者やブランクがある方にとって、難易度が急激に変化したと感じてしまうのは当然だと思います。

 従って、当然ながら近年の過去問が最も重要です。それから自分の勉強時間を考慮して何年分やるのかを決めて下さい。「何年分やれば良い」ということは一概には決められませんが、5年(10回)やれば相当の力が付くと思います。時間がなければ3年(6回)というように柔軟な姿勢で勉強した方が良い結果が出易いと思います。10年を2周するよりも5年を4周というように短いサイクルで繰返す方が記憶に定着し易いからです。

 過去問分析について誤解の無いよう補足しておきます。私のとった過去問分析とは、

  「試験で問われる能力を知り、それを身に付ける」

ということです。断じてヤマ当てなどの類ではありません。目標を達成する上で、重要なことは「要求されている能力を知り、今の自分の実力との差を知る」ことだと考えています。それを知るには、出題者側の唯一のメッセージである本試験問題を解くのが一番の近道ではないでしょうか。出題者が、合格者に最低限求める能力というものがあるのだと思います。

 また、過去問をやる効用として「モチベーションの維持」があります。テキストは重要だと思いますが、「正直、ツマラナイ」と思いませんか?。一度も問題を解かずに挫折してしまう人も多いと思います。問題演習型の勉強なら、「この問題を解くためには、この知識を覚えなくては」という感じで、ゴールに近付いている実感とともに基礎を勉強することが出来ます。

 最後に、教材選びの件ですが、No3に記載した要件が満たされたものを選ぶ必要があります。必ずしも最大手予備校のものが良いとは限りません。教材と勉強法は貴重な時間を割いてでも、慎重に選択して下さい。既にこの時点で合格率が大きく変わってしまいます。
 私が使った教材は、正直、お勧めできないです。当時、全くお金が無かったので、図書館にあった「税経セミナー」のバックナンバーと、中央経済社のワークブック(1冊600円ぐらい?)で勉強しました。もし今、勉強するなら予備校が出版した本を選ぶと思います。

 独学が不利だと思わないで下さい。受験者が多く、市販の教材が充実している試験において、独学は極めて合理的で最短の勉強方法だと思います。

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しまし...続きを読む

Q簿記2級、どれくらいで受かりましたか?

11月の試験に何がなんでも簿記2級に受かりたいと思っているものです。
インターネットを見ると、簿記2級なんて、1週間勉強して取れるくらい簡単な試験だよというのを見たりとか、1年しっかり勉強しないと、どんどん難しくなっているからというのを見たりとかしましたが、実際、教えて!gooを閲覧している方で、こんなに短期で受かったよ、もしくは真面目に勉強して1年くらいかかりましたなどの情報を頂けたら、幸いです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

私は8年ほど前に、参考書と問題集の独学で、期間3ヶ月ほどで合格しました。商業簿記と工業簿記が選択制だと試験四日前まで勘違いしており、商業簿記しか勉強していませんでしたが、四日間で工業簿記を勉強(通勤時間、昼休み、仕事後の時間全て勉強)し、合格しました。

人それぞれですが、必要なのは集中力でしょう。
応援しています。頑張って下さい。

Q2年契約で借りた家を途中で解約して引っ越すとどうなるの?

会社の都合で単身赴任することになりました。
赴任先では3年務めることになっていますが、1年で赴任先から戻ってこいという辞令がおりる可能性は十分あります。
そういう場合、2年契約を結んでいるとき、1年で解約した場合。どんなペナルティがあるのでしょうか?
契約内容にもよると思いますが、「一般的に」という感覚で回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。
2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば
解約又は更新しなければならない訳で、
2年間絶対に住みますという契約ではありません。
1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。
2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば
違約金など一切有りません。

突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので
住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが
これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。

違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います)
だと思います。
部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ
・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので
お勧めです。

Q今更ですが、簿記と社労士について

一貫して事務をしてきました。経理と入力業務が多く、付随して、庶務や一般事務、総務の応援みたいな事をしてきました。
現在、自身のアトピーや身内の事情、色々と紆余曲折があり求職活動中です。
資格は、事務系は簿記3級とMOSのワードとエクセルに合格、
派遣会社の自己学習のアクセスコースと経理実務研修を受けた事があります。

これまで資格そのものに興味がなく、せめて経験を踏まえて簿記だけでもと思って2級修了まではいったんですが(2度受験して不合格)、求職活動や非正社員で色々感じて、
意味ある資格なら取っておいた方が良いんじゃないかと考えるようになりました。40歳前後という年齢も年齢ですので(恥ずかしい)。
実はずっと、自分は経理や簿記は向いていないな、と思っていました。ある人は、性格的に経理向きと言うんですが、どうも苦手意識が抜けません。
総務系の経験や資格を取れれば、経理経験と相互にいかせるし、何より興味があるので、社労士資格を一念発起して目指そうか真剣に迷っています。

社労士に関しては、合格率は10%に満たない、学習期間も1年、受講料も20万~30万必要、一発合格はほぼない、とはわかっています。起業が目標でない限り時間とお金を費やす程のものではないのかという不安があり、踏み切れません。(受験資格はあり)

どうも経理は苦手、センスの問題なのかわかりませんが。センスってそもそも具体的には?ですが、適性をどう自己判断したらいいのでしょう。
興味の視点からは、簿記より社労士の方が勉強も続くんじゃないか、と思います。(隣の芝生がよく見えるだけなのか・・・)
仕事の経験から見ると、まず簿記を取ってからの方が良い、社労士取ったところで総務の経験がないのでは仕事につながらない、との声が聞こえてきそうな気もして、質問させて頂きました。

社労士を目指す事、方向性としてどう思いますか。
(その場合、DVD通信で勉強しようと漠然と思っています)
乗りかかった船である簿記2級を、まずはこの6月に何が何でも(例えば、求職活動を休止してでも)取るべきだと思いますか。(社労士は、7月開講分からでも来年に間に合いますし・・・)

資格カテでいいのか分かりませんが。
求職面では、苦手意識があっても経理の方向で、直接雇用(願わくば正社員)を根気よく探し、めげずに求職していくのが賢明でしょうか。
それ以外の分野といっても総務系か経理系、これ以外の仕事、考えられる仕事ありますか。(起業・自営は除外で)

質問の意味がわからなかったら補足させて頂きます。
簿記と社労士、求職に関して、忌憚ないアドバイスお願いします。女性です。

一貫して事務をしてきました。経理と入力業務が多く、付随して、庶務や一般事務、総務の応援みたいな事をしてきました。
現在、自身のアトピーや身内の事情、色々と紆余曲折があり求職活動中です。
資格は、事務系は簿記3級とMOSのワードとエクセルに合格、
派遣会社の自己学習のアクセスコースと経理実務研修を受けた事があります。

これまで資格そのものに興味がなく、せめて経験を踏まえて簿記だけでもと思って2級修了まではいったんですが(2度受験して不合格)、求職活動や非正社員で色々感じて、
意味ある...続きを読む

Aベストアンサー

どちらが良いかといえば、簿記の方をお薦めします。

まず簿記のほうは需要はかなり多いということです。

経理のない会社はありませんが、社労士のお世話になる会社は少数です。
大半の会社は関係ありません。
またあなたの経歴から社労士に合格できてもそれで採用ということは無理でしょう。
また社労士はよほどの営業能力がないとその資格だけで食べて\郁子とは出来ないと思います。

それに比べれば経理は経験をお持ちなのですからかなり有利ですね。
2級に2回不合格ということですが、もう一度熱心にやれば半年もあれば合格は可能だと思います。普通に高校を卒業できる程度で受かる試験です。
その代わり受験中はそれに専念するつもりで自由時間は全部勉強というくらいの覚悟は必要です。
もし自信がないのならば夜間にでも専門学校に行かれたらよいと思います。

ということで、経理関係の専門知識をもっと高めて経理の求人を丹念に当たるというのが現実的だと思います。


人気Q&Aランキング