人を雇いたくても、極力固定費を抑えたいが故、日雇いの形を採った場合
1ヶ月通常の出勤日数にすれば、社会保険の適用除外に該当せず、
外注費の形として毎月請求書をきってもらうようにした場合
 お役所の方が見ていないといいのですが(笑)・・・
なにか弊害はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 日雇いにするなら、日雇いの中から一人親方を決めてその親方の支配下に他の人夫をおいて、その親方に外注するようにされると如何でしょう。

当然その親方に申告義務が生じるでしょうが特段問題はないでしょう。親方の取り分以上利益は出ないはずですから。ただ親方から個人に支払うときには源泉税の問題はありますが・・・・・。
 源泉徴収はどこかで必ず適用されるので、社会保険料の問題とかを別の事業体に転嫁するだけのようなものでしょうね。ただ日雇いの方の社会保障をしないという考えは如何なものでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不謹慎な発言だと思いましたので締め切ろうと思ったら、早速のお返事ありがとうございました。多分国保等に入ってると思いますが、長期にわたるようになった場合や、一緒に働く仲間との関係を考えたら・・・
ご意見を参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/17 01:34

外注経費とした場合、個人の方を相手にするときちんと源泉徴収を引かないとあとあとの税務調査等で文句を言われます。

ですから、相手の方次第でしょうね。もちろん社会保険や雇用保険を支払わなくてよいのですから、源泉徴収を引いて外注経費にした方が会社としてははっぴーです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足ですね。源泉徴収までは頭がまわりませんでした。
会社も人ですが、それ以上に自然人の方が大切だと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/17 01:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労務費と外注労務費の違い

建設業会計を行っています。(建築設備業です。)

労務費を特に弊社では使っていません。
会社の人間は、一般管理費で給与計上して、工事における下請業者さん分は、外注費と処理していますが、例えば、材料はうちの会社で一括で購入した方が安いので、材料(機器や継ぎ手類)は弊社が、現場での配管作業等は業者さんに下請け契約しています。

この場合、業者さんに支払う代金は、労務費となるのでしょうか?
調べてみると外注労務費とも思えます。

弊社の場合の計上方法と労務費と外注労務費の一般的な違いを通常の業務に照らし合わせて、どうかお教え願います。

また、外注労務費を決算時に労務費で計上するっと、参考書等にありますが、そうする事で、どんな利点っというか、意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

労務費・労務外注費・外注費の区分が問われるのは
税務関係でなく、経営事項審査の時でしょう。
公共工事の入札参加資格を得るためには様々な角度から審査され、
決算が済むと、まず建設業許可の変更届けへの流れになります。
建設業の許可を有しない、入札参加も希望しないであれば
それほど厳密な区分が必要とは思いませんが・・・、

所謂、外注比率が高いと言うことは
自社にこなす能力が無いと見られるので
なるべく外注費を労務外注費として計上したいものです。
労務外注費はおっしゃるように、原価報告書において
労務費に( )書きされる訳ですので、
丸投げしていない、健全な会社イメージとなり、
反対に外注費が目立って多いとチェックが入ります。

そう言ったことを視野に入れると
貴社のやり方はまれであり、
外注費はなるべく支配権が無い場合とか、
工種の異なる労務を外注した場合に留めた方が得策です。
従って、
下請業者さん分は労務外注費とされた方が良いということになります。

Q加工費と外注費は同じですか?

加工費と外注費は同じですか?
加工費は売上原価、外注費は売上原価繰入の項になるのですか。

P/Lが苦手です。
売上高、売上原価、販管費・一般管理費、
営業外収益、営業外費用、特別利益、特別損失。

これら大項目の内、売上原価の項がすごく苦手です。
売上原価繰入、とはなんですか。
貸倒引当金の戻入と繰入の、繰入と似た感覚なのでしょうか。

2級の勉強は一応通信でしたので、全くの素人ではありませんが、
合格していないし、実務での経験が乏しいので、
仕事で出てくるたびに、家で復習の毎日です。

売上原価の項と、製造原価の項の科目が、
いつもどちらの項に入るのか、混乱します。
材料費、労務費、経費は製造原価ですよね?
製造原価は売上原価の項?
外注費、加工費、加工賃、外注加工費、これらは同じ意味ですか。
外注関係と、加工関係も混乱です。

簡単に理解し、頭に入れ込むコツを教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

>簡単に理解し、頭に入れ込むコツを

難しい要求ですが・・
なるべく易しく説明するために、説明の精度(正確性)をやや犠牲にします。


簿記や会計の世界には法律がないので、似たような用語が多く飛び交い、勉強する人たちを混乱させることが多いですね。インターネットが普及したためにますます混乱が激しくなりました。私もそうでした。同情します。しかし乗り越えるほかありません。


>売上原価繰入、とはなんですか。貸倒引当金の戻入と繰入の、繰入と似た感覚なのでしょうか。

貸倒引当金繰入や貸倒引当金戻入という勘定科目は存在しますが、売上原価繰入という勘定科目も用語も存在しません。インターネットでご覧になったのでしょうか。忘れましょう。

>外注費、加工費、加工賃、外注加工費、これらは同じ意味ですか。

外注費、加工費、加工賃、外注加工費は総て同じ意味です。どれも製造原価に属します。販売費及び一般管理費(通称、販管費)で外注費を計上する会社がありますが、これは国税庁の悪影響であり簿記・会計としては間違いですから止めましょう。

>外注関係と、加工関係も混乱です。

あまり聞かない用語です。出自の正しくない用語は忘れましょう。

>売上原価の項と、製造原価の項の科目が、いつもどちらの項に入るのか、混乱します。

売上原価の意味を理解すれば混乱はなくなるはずです。

「売上原価」とは、売り上げた商品や製品の調達価格の合計額です。

(1)商品を調達するとは、自社で加工しないで、そのままで販売する目的で他社から物(財貨)を購入する(仕入れる)ことです。

商品10個を、1個当たり6000円で調達して10000円で売れば、
・売上高 :100,000円
・売上原価:60,000円
です。

10個売り上げた商品の調達価格の合計額60,000円が「売上原価」です。

商品を購入する(仕入れる)時の仕訳は、
〔借方〕商品仕入高60,000/〔貸方〕買掛金60,000
※商品仕入高は売上原価の区分に属する科目です。


(2)製品を調達するとは、自社で加工する目的で他社から物(財貨)を購入して(仕入れて)新たな物(財貨)を製造することです。

製品10個を、1個当たり5000円で調達して(製造して)10000円で売れば、
・売上高 :100,000円
・売上原価:50,000円
です。

10個売り上げた製品の調達価格(製造価額)の合計額50,000円が「売上原価」です。

材料を購入する(仕入れる)時の仕訳は、
〔借方〕材料仕入高20,000/〔貸方〕買掛金20,000
※材料仕入高は製造原価(下記)の区分に属する科目です。

製造作業の一部を社外に委託する時の仕訳は、
〔借方〕外注費15,000/〔貸方〕買掛金15,000
※外注費は製造原価(下記)の区分に属する科目です。



>売上原価の項と、製造原価の項の科目が、いつもどちらの項に入るのか、混乱します。

製造原価とは、前記の「製品の調達価格(製造価額)」のことです。自社で加工する目的で他社から購入した(仕入れた)物(財貨)、例えば材料代や部品代が製造原価に属します。また、工場で使用する電気代などの諸経費や工場従業員の労務費なども製造原価になります。製造作業の一部を社外に委託するときの外注費も製造原価になります。


これで混乱は解消されましたか?

>簡単に理解し、頭に入れ込むコツを

難しい要求ですが・・
なるべく易しく説明するために、説明の精度(正確性)をやや犠牲にします。


簿記や会計の世界には法律がないので、似たような用語が多く飛び交い、勉強する人たちを混乱させることが多いですね。インターネットが普及したためにますます混乱が激しくなりました。私もそうでした。同情します。しかし乗り越えるほかありません。


>売上原価繰入、とはなんですか。貸倒引当金の戻入と繰入の、繰入と似た感覚なのでしょうか。

貸倒引当金...続きを読む

Q外注費の手数料は外注費内に含まれますか?

明細書を見ると、外注費に手数料が10,000円かかっていました。
外注費にまとめてしまうのか、支払い手数料として分けて入力するのかわかりません。

どう仕分けしたらよいか、教えていただけたら助かります。

Aベストアンサー

>明細書を見ると、外注費に手数料が10,000円…

10万円のつもりで下請けに出したのに、11万円の請求書が来たというようなことでしょうか。

>外注費にまとめてしまうのか、支払い手数料として分けて入力す…

その下請け業者に払うものはすべて「外注費」です。

支払手数料とは、銀行での振込や役所で納税証明書などを取る際に、あなたが直接に支払う費用のことです。
想像ですが、例えば下請け業者がその仕事をするために登記簿謄本でも必要になって 1万円かかったのかも知れません。
そのような話だとしたら、下請け業者にとってはたしかに支払手数料です。

しかし、あなたから見ればそれらを一括して下請け業者に払う以上、あなたにとっては支払手数料ではなく「外注費」です。

Q弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行って

弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行っています。
その外注業者へ今後毎月30万円 「片付け清掃荷卸手伝い」 として支払うこととなりました。
その際、勘定科目は雑費がいいのかなと思っていますが、もっと適切な科目があれば
ご教授いただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「雑費」は、一般的に営業外費用として計上されます。

質問では、外注費の「片付け清掃荷卸手伝い」が本業にどの程度関連しているのかはわかりません。

本業と関連があるとすれば、「一般管理費」に計上したほうがいいでしょう。


本業と関連がある場合とは、小売店など、清潔さがお客さんの購買意欲に結びつく場合などが考えられます。
また、工場などでの清掃荷卸は、製造間接費として「製品原価」に含めることにもなるでしょう。


結論として、「片付け清掃荷卸手伝い」を雑費に計上するのは不適当かもしれません。

Q建設機械リース代は外注費?経費?

こんにちは。
建設会社に勤務しております。
工事台帳の作成について教えてください。
建設機械のリース代金は、工事台帳を作成する際、
外注費になりますか?費用になりますか?
これまでは外注費としていたのですが、
工事台帳作成ソフトを入れたところ、経費となってしまい(設定を変えれば変更可能かと思いますが)、
悩み始めました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2・#5です。
もちろん兼業事業にかかる費用は完成工事原価には含まれませんが、
工事には工番があり、まずその振り分けをします。
兼業事業も独自の工番を持っていて、工番ごとの集計がされます。

質問者様のリース代、廃棄物処理代の経費か外注費かのご質問は
労務の観点から判断させていただきました。

#6さんのおっしゃる「単独」とは
兼業事業で独自の工番を持つと言う意味だと思いますが、
それは未成(完成)工事支出金のつく外注費とそうでない外注費(兼業の場合)で区別できるのではないでしょうか。
材料費・労務費・経費も同様です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報