小中高の合唱コンクールにおける定番曲と言えば、「翼をください」です。
しかし、この歌詞ってヒドすぎじゃないですか?

-今 私の願いごとが
-かなうならば 翼が欲しい

翼を持って何がしたいのかと思えば、何もない。
ただ飛びたいだけかよ。
「悲しみの無い自由な空へ」って、地上はそんなに悲しみだらけか?
地上はそんなに不自由なのか?
例えば「空を飛んで遠い国の人達と仲良くなりたい」とか、そういう夢とか希望とか
そんなんは無いのかよ。
…と、いろいろツッコミたくなってしまいます。

この歌詞のテーマとは、「現実逃避」でしょう。
あるいは、「空=天国」と解釈するなら「自殺願望」とも取れます。
私は、こんな鬱な歌が教育の場で堂々と歌われる事に疑問を感じております。

この歌詞を聞いて、私と同じように感じた方はいらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>この歌詞のテーマとは、「現実逃避」でしょう。



そういわれてみたら そうかも。

現実 生きていくからには、いろいろなしがらみがあります。
そのしがらみが苦しくて耐え切れず、全てのしがらみにより悶絶している状態から逃れる手段は自殺。

でも、自殺するかというと、生きることを選択しているわけですから、現実、自由(死)ではなく、しがらみ(生)を選んでいるってわけです。


宗教でいけば、天が悲しみの無い世界とされます。
だから宗教をする人は、現実から逃れるために、宗教にあこがれ、はまる。


宗教以外にも沢山の現実逃避があります。
そしてアニメもファンタジーの世界も現実逃避の手段の一つ。


宮崎アニメは子供達に現実逃避をたやすくさせ、子供達が現実を受け入れることを妨害してしまい、結果 ニートが増大した とも言われます。


子供に夢を持たせるのはいいことだ。
だけど、不可能を可能だと思わせることは、むごいこと。
一時的なシェルターのはずだったのに、居心地がいいから出てこない。


で、天照は現実を拒絶して天の岩戸に隠れましたよね。
それで神々は おもしろおかしい芝居をして、「あら? 現実の世界 にぎやか」と顔を出したところを捉えられた。


現実は、シェルターに避難している若者は、両方をうまく渡り歩ける達人なので、この世とあの世をうろうろしている。
どっちにも属していないので、とても不安定。

大地性が無いなら、現実に戻ってこない。
大地性があれば、翼をください を詠いながらも、自殺せず、現実を生きるでしょう。


これと似たものに「コンドルは飛んでいく」という歌があります。
「暗すぎる」ということで、学校で合唱をするとき選ばれなかった曲ですが、メロディーは哀愁があり美しいです。

内容は
http://www.eigo21.com/03/pops/condor.htm
大地性があるので、いったっきりじゃなく 最後には戻ってきてますね。

最初は天にあこがれたわけですが、結局 大地に足をつけて生きたい という願望に変化しています。
元に戻っている。


同じ人が作詞したものに、サウンド オヴ サイレンスってあるんですが、これは現実逃避した人には何を言っても無駄って内容。
「現実逃避し続けることは、癌のようにだんだん体を蝕んでいくことなんだぜ。出した手をつかむんだ」って言っても、現実逃避ばかりしている人には心に届かない。

やがてシェルターから出れなくなって「どうしても出れない」って苦しみに悶絶し、本当に心があの世に行ってしまうことになっちゃう。
手遅れ。
あの時、出した手をつかんでくれていたら。
もう 飲まれてしまっては助けようが無い。
本人が望んだ結果だが、あり地獄に落ちた人の断末魔の叫びは、耳を塞ぎたくなるものがある。
    • good
    • 3

否定・批判ではなく


どのような歌なら良いのでしょうか
    • good
    • 1

くそ真面目に、議論するようなことではないと思いますが。

    • good
    • 1

#4です。



言葉狩りは、問題ですが、こうした歌詞に子どもが共感するというのは問題だと思います。
「夢」とは実現しようとするから、その価値があるので、最近の風潮は現実ばなれしても夢を持つことに重要さがあるというような教育方針ですね。
目的と行動が遊離した思想は、理想論と言うよりも現代に於いては「逃避」ないし、「犯罪的行為」につながります。
こうしたことを教育者がよく考えて欲しいものです。ただ、教育者自身が健全な夢を持てない時代ですから、それも無理なのかも知れません。

教育的な視点からは「翼をください」のような問題意識のない脳天気な歌は歌わせない方がよいと思います。

同時期に流行した荒井由美(まだ結婚していないファーストアルバム)の『飛行機雲』の方が、問題意識はあると思います。

あなたの疑問は非常に、た・だ・し・い。
    • good
    • 1

私は曲さえ良ければ、他はどうでもいい人間ですが


今まで平仮名で歌っていたので、つくづく考えてしまいました。
確かにあなたのように取れるかと思います。

私が今した解釈は
心の自由の事なのではないか?
道徳、観念、風潮は地面に敷き詰められている。
その土壌は生きる為には必要でも
心の底では、それにばかり迎合する事はない。
それらを捨てたものが「白い翼」なのではないか
そこから何かが生まれる事もあるのではないか
そこまで高みに登った時
心から地上に根を張って、生きる事ができるのでは?

音楽に限らず、芸術は
一つしか解釈の仕方がないわけではありませんしね。
    • good
    • 0

明星大学の教授にそのようなことを言われていた方がいます。


その方は国語の教科書に載せている話の中で、哲学のライオンなどの話で、ライオンがカタツムリにおかしな哲学を吹き込まれそれをかっこいいと思うお話です。そこでその方が言うには、ライオンがどうしてカタツムリのようなものにそんなおかしなことを吹き込まれなくてはいけないのか、ライオンらしいアイデンティティがまるでないといっています。

またそのほかにもバンビとライオンが友達になるお話ではどうしてライオンの初めての友達がバンビでなければいけないのか?肉食であるライオンと餌のバンビがどうしてひたしげに話をするのか?ということを言っています。

ただしこの話を批判しているのではなく教科書に載せることについて批判をしています。


このほかにも小さなニワトリがパンを焼く話では英語の話ではほかの動物は何も手伝わずにパンを食べれないのに、日本の教科書ではみんなが仲良く食べている絵を載せて、最後の締めをあいまいにしています。

翼をくださいについては曲自体はよいかも知れませんが学習に用いるのはよくないと思われるのはそれでよいと思います。
    • good
    • 1

人が空を飛べるようになってから、まだたったの100年そこそこです。


質問者様は「ただ飛びたいだけ」が、人類の長年の夢だったことをご存知ではないのですか?

人類が空を飛べるようになるまでの歴史を調べてみることをお勧めします。
少なくとも、その後は「ただ飛びたいだけ」という願望が、どれほど重いものかということをご理解して頂けると思います。
    • good
    • 3

仰るとおり、この歌は現実逃避の歌です。


ただ、口当たりがよいので、多く教育の場で歌われますね。

同じように「世界にひとつだけの花」も、口当たりはよいが、内容としては、引き籠もりを奨励するような歌ですよね。
あまり、皆さんよく考えていないのですよ。
結構、教育上よくない歌があります。まあ表向きは退廃的ではなく、なんか前向きそうな感じなので、許してしまうのでしょう。

しかし、「自分の将来を考えて、こつこつと未来に向けて頑張ろう」なんて歌が流行りますかね?
    • good
    • 0

他の情報なしに聞けば、おっしゃることは、もっともだな、と思いますが、


これは、こんな映画の主題歌;
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD18900/
15才でガンで他界してしまった少女の、闘病記のような映画。
なので、
それこそ、現実逃避・自殺願望・この痛みから逃れられたら、
という気持ちもおそらく含んでいて、
また、このような病気ですから、とても「その後」なんて考えられる状況にない、
とも考えられるかと思います。

質問者さんのお考えも、特に否定するつもりはございません。どころか、
元気いっぱいの若者が、自分たちのこととして歌うとしたら、
おっしゃるような続きが是非あるべき!とも思いますし、
あえてそこを、歌わずに、聞く者にイメージさせるという表現手法、
行間を読む、というか、もありかなとか、いろいろです。
(最近のJ-POPとかは、想像の部分が少なくて、全部露骨に歌詞に並べますので、
お若い方には、あまり直接的な表現は無粋である、というのは
ピンとこないかもしれませんが・・・)
    • good
    • 0

うがち過ぎです。

もともとは70年代のフォークソングですので子供向けに作られた曲ではありません。
フォークですので社会への反発とかそういったものももちろん込められているのでしょうが。

>例えば「空を飛んで遠い国の人達と仲良くなりたい」とか、そういう>夢とか希望とか
>そんなんは無いのかよ。

2番の歌詞です。
子供のとき 夢見たこと
今も同じ 夢に見ている

あと、曲から歌詞を切り離して、暗いだの明るいだの談義するのはナンセンスです。

>あるいは、「空=天国」と解釈するなら「自殺願望」とも取れます。

こうして言葉狩りは進行していくのですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%BC%E3%82%92% …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽の勉強をすれば、曲の調とかテンポとか拍子とかって楽譜を見なくてもわかるようになりますか?

慣れれば曲を聴いただけでわかるようになるのでしょうか?
それとも、慣れた方でも楽譜が必須なのでしょうか?
何故このような質問をするかと言えば、昔のマイナーなゲーム音楽に興味があるのですが、楽譜が入手できない可能性が高いのです。
そういう場合、どうやって曲の調とかテンポとか拍子とかについて調べれば良いのか疑問に思い、質問させて頂く次第です。
音楽の知識については初心者です。

Aベストアンサー

うちの子は、ピアノを小中のとき習っていました。 楽譜はあまり読めるようには
なりませんでしたが、ドビュッシーのアラベスクをミミコピしていました。 
楽譜はあまり読めないので、弾ける曲を楽譜に書くことはできません。
絶対音感もできたため、聞いた音がピアノのどのキーであるかは即座にわかりますが、
楽譜上のどの音かといわれると、一生懸命ドレミって数えていました。

まあ、音楽を譜に起こせるかという知識と、音感やリズム感というような能力は
別物だと思います。 双方とも、ある程度学習することはできると思いますが、
音感やリズム感は、人や年齢によっては限界があるかもしれません。 
そのような場合、聞いた音楽を譜に起こせるとは思いません。 
音感やリズム感がしっかりしていれば、譜に起こすのはトレーニングで
できるようになるとは思います。

Qピアノを聞いて優しい音だとか悲しい音だとかどうやったら分かるようになるんですか?

タイトルの通りです。

自分はピアノでも他の楽器でもなんでも優しい音だとか悲しい音だとかが全くわかりません。
ただ好きな曲だったらああ~いい曲だなあ~とは思いますが。

たぶん芸術音痴なんでしょうが。

絵画を見ても何を訴えているのかなんてわかりません。見てもよくわかりません。

でも他の方があるピアノを聞いてこれは悲しいピアノだ。なんて言ってるのを耳にして、自分もそういうのが分かるようになりたいと思いました。

どうすれば分かるようになりますか?

沢山のピアノの音を聞いてれば分かるようになりますか?

Aベストアンサー

初めまして、さふらんです。ピアノ経験者としてコメントさせていただきます。
一口にクラシックといっても色んな曲がありますよね。
作曲者も曲の数だけたくさんいらっしゃいます。
一つ一つの曲を吟味して作曲者の伝えたい想いを正確に感じ取るとても手っ取り早い方法は、
可能であれば自分もその曲を弾いてみることですよ。
曲にはそれぞれ場面に合わせた符号で表現できます。
その部分の符号はどうなっているか、ピアノやフォルテ、クレッシェンドなど、
その符号一つ一つによって曲は様々な色を出します。同じ部分でも強く引けば力強さを引き出し、小さく引けば滑らかさ、優雅さ等を表現できます。
長い文章になってしまいましたが、まずは題名からあなたが何を想像するのか、そして実際聞いてみてどんな印象を受けたか。
そこから考えていくのもいいですよ。そこから色んな発見があると思います。
あなたが音痴だとしても、曲をイメージし、たくさん触れていくことできっと改善されますよ。
まずは耳を慣らしてみてください。他の人の感想も聞いてみてください。

Q翼をくださいのD.Cについて教えて下さい!

中学2年の音楽の教科書の「翼をくださいの」
のD.Cは当然始めに戻ると思ってましたが、
音楽の先生が、2小節目の複縦線の所に戻ると
言われるそうです。

もしそうなら、D.Cはつけず
D.S.がつくはずですよね。

ダカーポで複縦線に戻ることがありますか?

ちなみに始めの1小節は四分音符の伴奏のキザミで
2小節目から歌が始まります。

Aベストアンサー

おっしゃる通りで、音楽の先生が間違っています。私は手元に楽譜を持っていませんでしたので、googleの画像検索で下の楽譜を見つけました。

http://www.scn-net.ne.jp/~hirata/sound/gakufu.gif

これと同様の楽譜でしたら、D.C.のあとは第1小節目に戻ります。2小節目の複重線に戻るのでしたら、その上にセーニョ・マークをつけ、D.C.の代わりにD.S.と記します。これは、記譜上の決まりで、D.C.から複重線へ戻るということはありません。D.C.と記されている小節の合唱パートは全音符ですから、そこから2小節目の複重線に直接戻ってしまうと息継ぎができない上、1番と2番の間の区切りが全くなくなってしまいます。フレーズ構造から言っても不自然です。
混乱のもとになっている原因があるとすると、それは、この曲にいろいろな編曲があることだと思います。楽譜によっては、上の楽譜の1小節目の前奏がなく、いきなり歌から始まっていて、そこへ戻る形になっているものがあります。前奏がもっと長い編曲もあり、その場合も歌の始まるところに繰り返し記号が書かれていることが多いようです。しかし、そういう楽譜も注意してみると、「ゆきたい」の「い」から2番へ戻るまでに2小節あることがわかります。例えば下の楽譜ですが、

http://bunbun.boo.jp/okera/tato/ta_gakufu/tubasa_kudasai.gif

下から2段目の終わりには、「ゆきたい」で終わったあと、D.C.の前に、合唱パートが全休符になっている小節が1小節入っています。つまり、最初の方の楽譜と違い、D.C.の前が1小節多いのです。いろいろな編曲がありますが、概して前奏がもっと長く、D.C.で戻るときにも間奏が入っているものが多いようです。
私は作曲を生業としていますが、最初の方の楽譜は、表示が少し微妙であることは確かです。誤解を避けるためなら、1小節目の刻みを「ゆきたい」のあとに書き足してD.S.とし、2小節目の複重線の上にセーニョ・マークを書く方がよいという考え方もあるのですが、印刷のスペースとレイアウト上の問題でこうなった可能性もあります。
音楽の先生が誤りを認めるかどうかわかりませんが、Youtubeに出ている演奏で、1小節目に戻っていることを確認できるものがありますので、一応リンクを張っておきます(これも、教科書の楽譜とは違う編曲かもしれませんが、前奏の形は同じです)。

https://www.youtube.com/watch?v=RYDFYuw-5pY

以上、御参考まで。

おっしゃる通りで、音楽の先生が間違っています。私は手元に楽譜を持っていませんでしたので、googleの画像検索で下の楽譜を見つけました。

http://www.scn-net.ne.jp/~hirata/sound/gakufu.gif

これと同様の楽譜でしたら、D.C.のあとは第1小節目に戻ります。2小節目の複重線に戻るのでしたら、その上にセーニョ・マークをつけ、D.C.の代わりにD.S.と記します。これは、記譜上の決まりで、D.C.から複重線へ戻るということはありません。D.C.と記されている小節の合唱パートは全音符ですから、そこから2小節目の...続きを読む

QNaturalという曲の英語歌詞

Naturalという英語の歌があります。
覚えて歌えるようになりたいのですが、
何度聞いても聞き取れません。

なんとなく聞き取れたのは以下のような感じです。

lovery flower lovery tree beautiful to sing(sea?)
lovery baby in my owns(?) natural to me
natural wonderful beautiful to sing(?)
life(like?) spring(?) win(?) life begins natural to me

life begining life began beautiful to sing(?)
●● baby in my owns(?) natural to me
natural wonderful beautiful to sing(?)
life(?) spring(?) win(?) life you begins natural to me

お分かりになる方、一部分でも、
また、文法もわからないので、
文法的におかしい、という部分のご指摘でもかまいませんので
よろしくお願いします。

Naturalという英語の歌があります。
覚えて歌えるようになりたいのですが、
何度聞いても聞き取れません。

なんとなく聞き取れたのは以下のような感じです。

lovery flower lovery tree beautiful to sing(sea?)
lovery baby in my owns(?) natural to me
natural wonderful beautiful to sing(?)
life(like?) spring(?) win(?) life begins natural to me

life begining life began beautiful to sing(?)
●● baby in my owns(?) natural to me
natural wonderful beautiful to sing(?)
life(?) ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
歌そのものがYoutubeなどで見つからなかったのですが、歌詞は下のサイトに出ていました。参考にしてください。

http://meinohama.jp/2014/05/17/natural-%E6%AD%8C%E8%A9%9E%E3%80%80%EF%BC%88wk-music-library-rhythm%EF%BC%89/

Q小学校で歌った合唱曲のタイトルと歌詞を教えてください。

合唱曲

♪日は高く上る花の木立よ、水清く川を走る鮎の子~

原曲はドイツ民謡の「DRUNTEN IM UNTERLAND」という曲なんですが
上記の日本語訳で始まる題名と歌詞の全文が知りたいのです。

Aベストアンサー

その歌を知っているわけではないのですが、ネット上で検索すると、下記の情報がありました。

「懐かしのみんなの歌」
http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage10.html
モルゲンローテ(朝焼け)
杉並児童合唱団 (実写)<1月毎回>
♪~朝霧は晴れて モルゲンローテ シーハイルうたえ 朝焼け空に
 とてもさわやかなドイツ民謡である。学校では『遠い日の歌』という別のタイトルで歌った。♪~日は高く昇る 花の木立よ 水清く川を 走る鮎の子~♪という歌詞である。野上彰が詩を書いているが、「みんなのうた」は井田誠一が詩を書いている。原曲は「帰省」という歌らしい。しかし、ドイツ語が分からないのでウェブの翻訳機能で確認したところ、原題の『Drunten in Unterland』は〝低地でダウン〟ということであった。全く意味不明である。しからば「モルゲンローテ」とはどういう意味であろうか?〝山が赤く染まる朝焼け〟のことらしい。サブタイトルそのものであった。

 ここにある「野上彰・作詞、遠い日の歌」というのを調べると、下記のCDに「遠い日の歌 : スワビア民謡 / 野上彰作詞」というのが出てきます。(スワビア=シュヴァーベン:ドイツ南西部のこと)
 「解説書に歌詞あり」と書いてあります。
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA88308456

 このCDを調べてみると、2008年の発売で現状は廃盤のようですが、図書館などにあると思いますので探してみてはいかがでしょうか。音楽大学などの図書館にはある確率が高いと思います。(上記サイトは、この図書を収蔵している図書館のリストのようです)
 
↓ 下記のCD-2の18曲目(曲名一覧の右下の「+続きを見る」をクリックして全体表示にしてください)
http://www.hmv.co.jp/artist_%E6%AD%8C%E6%9B%B2%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9_000000000034633/item_%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%AE%E5%8E%9F%E9%A2%A8%E6%99%AF%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_2799932

 ご参考になれば。

その歌を知っているわけではないのですが、ネット上で検索すると、下記の情報がありました。

「懐かしのみんなの歌」
http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage10.html
モルゲンローテ(朝焼け)
杉並児童合唱団 (実写)<1月毎回>
♪~朝霧は晴れて モルゲンローテ シーハイルうたえ 朝焼け空に
 とてもさわやかなドイツ民謡である。学校では『遠い日の歌』という別のタイトルで歌った。♪~日は高く昇る 花の木立よ 水清く川を 走る鮎の子~♪という歌詞である。野上彰が詩を書いているが、「みんなのう...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報