【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今シーズンの真央ちゃんの活躍も楽しみですが、今シーズンのエキシビジョン「ポル・ウナ・カベーサ」は、誰のアレンジでしょうか?
映画のサントラ盤も、タンゴ曲のアルバムも聴いてみましたが、EXのヴァージョンとは違いました。
真央ちゃんのEXヴァージョンを入手したいのですが、どうすればよいでしょうか?
ちなみに、昨シーズンの高橋大ちゃんの「白鳥の湖」ヒップホップヴァージョンの情報も教えていただければ嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

やはり、1992年アメリカ映画”Scent of a Women”のサウンドトラックからでは無いでしょうか?


後半のステップのところから、Julian Plaza 作曲の"PAYADORA"(パジャドーラ:吟遊詩人)になっているので、違ったアレンジに感じるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
2曲使っていたのですね。
てっきり「Por una Cabeza」1曲のみだと思っておりました。
早速「Payadora」を聴いて納得!! 解決いたしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 01:04

浅田真央選手のエキシビジョン・プログラムの前半はCarlos Gardel (カルロス・ガルベル) 作曲の"Por Una Cabeza"「首の差」です。

 この曲は1992年アメリカ映画”Scent of a Women”「夢の香り」のサウンドトラックからだと思います。 後半のステップのところ(曲がにぎやかになるところ)からはJulian Plaza(フリアン・プラザ)作曲の"PAYADORA"(パジャドーラ:吟遊詩人)に変わります。曲を聴いた限りでは、特別のアレンジは無いようです。 
特別のアレンジが無いので、そのものずばりのバージョンも無いと思います。 サウンドトラックで無い場合、個別の曲の演奏者については、関係者から発表されない限り、聴いただけで特定することは不可能だと思います。 
なお、 曲名の ”Por Una Cabeza”「首の差」と言うのは「鼻の差で勝つ」とか「首の差で勝つ」とか言う競馬用語です。 映画では男が僅差で恋に敗れるという意味で使っている様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答いただき、ありがとうございました。
フィギュアスケートの楽曲集はいくつかありますが、試合で使ったそのまんまのアレンジの曲ではないので、ちょっと残念です。
今シーズンの楽曲はもちろんまだ出るわけないですけど。
また何かの時には情報を教えてください。

お礼日時:2008/08/11 00:02

高橋大輔選手の”白鳥の湖、Hip Hopバージョン” については、他のデーターベースの情報によると、高橋大輔のSPのためにつくられた、ロシアの複数の人物によるオリジナルとのことで、公開されている音源は無い模様です。



参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか。
やはりみんな、自分のオリジナルヴァージョンと言うことなのですね。
残念・・・。
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/29 02:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング