痔になりやすい生活習慣とは?

「ら抜き言葉」や「0をゼロ」と言うことに対する違和感は最近ではすっかり薄らぎました。話し言葉と言うのは時代とともに変化するものですので仕方ないかなと思っています。
それはさておき、最近文書表記の上で少し気になることがあります。
姓名の表記で「日本太郎」と表記するのが普通だと思っていたのですが、複数の文書で宛名や記載者名が「日本 太郎」と言う風に書かれていることをしばしば目にするようになりました。
届けで文書等で「姓」と「名」の区別をするために升目の中に記載する際、間を一升空けると言うのは事務上のことですので理解できますが、それ以外ではどうも違和感があります。

英語の姓名の記載方法や、上記の事務的な記載方法から生まれた表記方法なのだと思いますがどうでしょう。

そこで質問です。
古来より姓名の表記方法としてあることで特に間違いではないのかを含めて、正しい表記方法をご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

> 古来より姓名の表記方法としてあることで特に間違いではないのかを含めて、正しい表記


> 方法をご教授ください。

古来となると、「六波羅入道前太政大臣平朝臣清盛公」のようにスペースは入りませんが(ちなみに原稿用紙が発明されたのは江戸時代だそうです)、一方「間隔を空けてはいけない」という明確なルールもなかったと思います。
この点は現代においてもまったく同じで、だからこそ必要に応じて次のような指示書きを付ける必要があるわけです。

(1)「姓と名の間は、空けないでください」
(2)「姓と名の間に全(半)角スペースを1つ空けてください」

もし空けないのが原則ならば、(1)は完全に蛇足です。
無論これらは氏名データ整理の都合上から求めているだけで、それが正しい(または誤り)という価値観を含んでいるわけではありません。
(2)(3)であれば、例えば「東海 林太郎」を「東海林 太郎」と誤認しないようにするためとか、姓と名を別項目とするデータベースに読み込ませる必要などが考えられます ( ^^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答い賜りありがとうございます。
「古来より」とは少し大げさでしたか・・。
1さんへの御礼でも書きましたが「常識と礼儀」と言う昔からの習慣としては同でしょうかというくらいが適当だったと思います。

事務処理の上では当然姓名の判別は必要ですので(かの社会保険庁ではあまり気にしていなかったようですが)分けることは当然だと思います。

お礼日時:2008/08/05 18:04

 戸籍の昭和式原本を見ましたが、手書きなので、書き手の筆加減ひとつでどうにでも書けていまい、どれが「正しい」書き方というようなお手本になるものではありません。


 また、「平成6年法務省第51号附則第2条第1項による改製」として、活字による「全部事項証明」が手元にありますが、筆頭者は 姓と名は1スペース開いているものの、他はくっついています。
 やはり「これが絶対正しい表記法」というのは存在せず、状況に応じたふさわしい書き方を選んでいい、というのが答えだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
4~8さんへまとめての御礼で失礼します。

間違いが無いようにする事務書式や、連記による見た目の構成(校正)の必要性によるスペースの挿入ということに関しては私も納得しております。
ただ、例えば私信を書いたとき相手の宛名を「九州 太郎様」と書くことは非礼ではないのか。自分の署名を「東京 次郎」と書くことは非常識ではないのか、ということが気になっています。

たぶん皆さんがおっしゃるように、特に問題はないのでしょうが・・・ちょっと引っかかってしまっているのです。

お礼日時:2008/08/10 18:28

参考までに、あるサイトの閣僚名簿では


 
  福田 康夫
  林 芳正
  与謝野 馨

と表記されていました。
 
ある法人の「履歴事項証明書」では
   
   取締役     林 芳 正
   代表取締役  福 田 康 夫
   監査役     与 謝 野 馨
 
と、すべての文字の間に1スペースが設けられて印刷されています。
 
 規則はありそうもなく、その時の都合によってスペースが適当に配分されているのが実態のようです。
    • good
    • 0

姓名を扱った公文書といえば、戸籍がありますね。



戸籍の中での姓名の記載方法を、正しい姓名の記載方法と考えれば良いのではと思います。

ただし、手元に戸籍謄本や抄本がないので、他の方のフォーローをお願いしたいところです。
    • good
    • 0

> 一方で私文書の場合はどうでしょうか。

「常識と礼儀」と言う面から見てどうなのか
> 気になるところです。

先ず、国としては姓名の間にスペースを入れろ、入れるなという類のことは一切言っていません。ですから、公用文においても表記は一定ではありません。下記は、スペースを入れているケースです。

大臣からのメッセージ 平成十八年 年頭の所感-文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki/daijin/kosa …

私文書ではどうかということですが、公用文にさえ決まり事はないわけですから、まして民間人が私的に作成する文書にその種のルールがあると考えるのは困難です。個々人の判断を尊重すべきだと思います ( ^^
    • good
    • 0

 明確な規則はないのではないでしょうか。


ある新聞の例を引用すれば、たとえば川柳欄では氏名で5文字分を想定して下記のような
表記が見られます。  
  金田一 一
  伊達 直人
  若月るり子
しかし氏名で6文字の人が混じると
  金田一   一
  伊達   直人
  若月  るり子
  御手洗富士夫
のようになります。
しかし名簿などを作るときは下記もありえましょう。
  金田一 一
  伊達  直人
  若月  るり子
  御手洗 富士夫
これが下記のようだと若干見づらくなるかと思います。
  金田一一
  伊達直人
  若月るり子
  御手洗富士夫

他方、記事の文章中には姓名の間にスペースは見られません。

日本でいちばん長い姓名の人が9文字だとします。その人がいつ来てもいいように
  金田一     一
  伊達     直人
  若月     るり子
  御手洗    富士夫
とするのは現実的ではありません。
  金田一     一
  伊達     直人
  若月     るり子
  御手洗    富士夫
  ジャイアント 馬場

 シャイアンと馬場でもまだ1文字余裕がありますね。
状況に応じてどのような表記がふさわしいかを考えて、見やすく、誤解のないようにするのが最良なのかもしれません。
少し観点がずれまして、失礼しました。
    • good
    • 0

例えば、「市瀬太郎」さん、「市」さんなのか、「市瀬」さんなのか、区切りが無ければ、、、「葉加瀬太郎」さんも、最初は「葉加」さん?、「葉加瀬」さん?、将亦、音だけでは、「博士」「太郎」さん? なんてね、つまらないので無視して下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。つまらないことはありませんよ。
実際冗談としては良く使う手ですので。
逆に言うと姓名の区分けをしないという習慣があったからこそそうした冗談がありえたのではないでしょうか。

お礼日時:2008/08/05 18:06

ご質問文を拝見して感心したことは、疑問文の語尾に「?」を使っていないことです。


私も滅多に使いませんが、ここでは非常に珍しいことですね。

>古来より姓名の表記方法としてあることで特に間違いではないのかを…

古来よりということなら、それぞれの時代において国を挙げて統一した指針などはなかったですから、間違いであるともないともいえません。
書き手の判断に任されていたというしかほかありません。

>正しい表記方法をご教授ください…

少なくとも『現代仮名遣い』をはじめとする国が示す指針では、文字と文字との間にブランクをもうけることは規定されていません。
その意味では、間違った使い方といえるでしょう。

『区切り符号の使い (ひ) 方』
『公用文に関する諸通知』
http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20080 …

>英語の姓名の記載方法や、上記の事務的な記載方法から生まれた表記方法なのだと…

そうでしょうね。
私は「?」の多用が目障りでどうしようもありませんが、これも全く同じ理由からだと思いますよ。

日本語について詳しくは、主務官庁である文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々にご回答賜りありがとうございます。「?」についても同じように感じています。私もなるべく「意図して使う」こととし、多用は避けたいと思っています。

質問の件、ご提示いただいたリンクを見ました。
なかなか核心の説明はありませんが、公文書に関しては例示されているものについて、姓名敬称まで一繋がりになっています。
そうなんです。「敬称」についても空白は必要ないのです。確かに「姓名」空白「敬称」と言う書き方も多いですね。

公文書には一定の「ルール」が必要で、お上のお達しも必要です。
一方で私文書の場合はどうでしょうか。「常識と礼儀」と言う面から見てどうなのか気になるところです。

お礼日時:2008/08/05 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q苗字と名前の間はスペースを空けますか?

一般常識として、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

書類の内容にもよると思いますが、通常はあけるものです。会社の研修で教わりました。

Q姓名の表記法について

例えば山田花子という名前を表記するとき、「山田花子」と姓と名の間は空けないでそのまま続けるのが正しいのか、「山田 花子」と半角(あるいは全角?)スペースを入れるのが正しいのか、正式にはどちらなのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

べた書きの文章中では、姓と名の間を空けないのが一般的ですね。分かち書きをしない日本語の文章で、姓と名の間だけ空白があるのは不自然です。たまに1字あけて書く人もいますが、失礼に当たると言う人もいます。
 ×: オセロの黒いほうが中島 知子で、松嶋 尚美は白いほう
 ○: オセロの黒いほうが中島知子で、松嶋尚美は白いほう

新聞記事も本文中はすべて詰めて書いていますが、人事の略歴や訃報の定形記事は、下記のように姓と名の間を必ず空けることになっています(見出しは別)。

|品川区長の高橋久二さん死去
| 高橋 久二さん(たかはし・ひさじ=東京都品川区長、特別区長会会長)が21日、胃がんで死去、77歳。

それ以外で、単独の名前を小見出しなどに書くときは、1字空けている例もみかけます。
また、一覧形式で複数人の名前を並べるときは、先頭と末尾が揃うように1~2字空けたり詰めたりしています。いわゆる均等割付も、稀に見かけるような気がします。組版上は全角・2分空き・4分空きなどを組み合わせて微妙に間隔を調整できます。
  羽田  孜
  村山 富市
  橋本龍太郎
  小渕 恵三
  森  喜朗
  小泉純一郎

名簿や住所録を表形式で作るときは、枠内に均等割付している例をよく見かけますが、見づらい印象を受けます。
データベースとして利用する場合は、姓と名を別フィールドにして別々に扱えるようにするか、1フィールドで姓名をまとめて扱えるようにするか、処理の都合を考えて決めるのが一般的です。1フィールドにまとめるときは、必ず1字空けるようにしておくと、分割が容易になります。いずれにしても個々の決め事になります。

新聞社や出版社では、目的や内容に応じて表記のスタイルを決めてあることが多いようです。それに則るのが正式ということになります。普遍的なルールは存在しないでしょう。個人の文書の場合は、極論すれば個人の自由だと思います。

べた書きの文章中では、姓と名の間を空けないのが一般的ですね。分かち書きをしない日本語の文章で、姓と名の間だけ空白があるのは不自然です。たまに1字あけて書く人もいますが、失礼に当たると言う人もいます。
 ×: オセロの黒いほうが中島 知子で、松嶋 尚美は白いほう
 ○: オセロの黒いほうが中島知子で、松嶋尚美は白いほう

新聞記事も本文中はすべて詰めて書いていますが、人事の略歴や訃報の定形記事は、下記のように姓と名の間を必ず空けることになっています(見出しは別)。

|品川区...続きを読む

Qビジネスメールの敬称

ビジネスメールを頂いた際に、よく以下のように

 ××××株式会社
 ○○○部
 □□□□ 様

と、名前と「様」の間に、一文字分のスペースが空いている場合が
あります。
これは、なぜ?

 □□□□様

のように詰めては、いけないのでしょうか?

Aベストアンサー

役所の文書などでもそのように名前と敬称の間に空白を入れることが多いようですね。
部内の文書管理の規則で決まっているのかも知れません。

メールの場合、それに準じて使っている人がおられると思われますが、スペースを入れる効果として、見たときに名前と敬称が分離され、見やすくする意味があるかも知れません。

メール上での扱いの形式には、この点について、特に決まりはないと思います。

Q氏名の正しい書き方(名字と名前の間)

こんばんは。現在就職活動中です。
早速質問なのですが。
履歴書で名字と名前の間は開けるのはわかるんですが、名前が例えば
木村太郎
の場合、

1.木村 太郎

2.木 村 太 郎

というように、名字と名前の間を空けるだけなのか、全てに1マス空けるのかどっちが正しいのでしょうか?
どちらでも良いのでしょうか?

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どちらでも問題ありません。

Q【エクセル】苗字と名前の間のスペースを取りたい

氏名がたくさん書いてあるファイルがありまして、
その氏名の苗字と名前の間のスペースをとるのに
なにかよい方法を教えてください。

例えば
仲間 由紀恵(間に全角スペース1つ)
田中  邦衛(間に全角スペース2つ)
岡村 隆志(間に半角スペース1つ)
松本 人志(間に半角スペース3つ)
の様にパターンがばらばらです・・・
半角スペース全角スペースが混ざったものもまであります。

これらを

仲間由紀恵
田中邦衛
岡村隆志
松本人志

のように表示させるにはどうしたらよいでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SUBSTITUTE関数をつかって、空白を null値に置き換える方法ではいかがでしょうか。

※セルA1に対象文字列がある場合
=SUBSTITUTE(A1," ","")

Q困っています!教えてください!!!名字と名前の間に「全角スペース」を入れる方法

現在作成している名簿の氏名表示が
「日本太郎」「東京ばなな」「北海道旭」のように
一つのセル内で名字と名前の間にスペースがなく
とても分かり難い表示になっています。
そこで、
「日本 太郎」「東京 ばなな」「北海道 旭」のように
名字と名前の間にスペースを入れたいのです。
何か良い方法がないかな、、、と考えていても
置換では出来ないし(?)、良い方法が浮かびません・・・。
どなたか計算式(関数)を教えてください、お願いします。
(エクセル2000です)

また、もし計算式(関数)ではなく、もっと簡単な方法があったら
是非教えていただきたいです。
膨大な量の修正なので、一つ一つスペースを入れていては
とても時間が掛かるので、困っています。。。

どなたか詳しい方、知恵を貸してください。
ちなみにエクセルの基本的な操作ならだいたいは理解しています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言えば無理です。
名前の区切りは関数やマクロで判断のしようもないです。
必ず、3文字目や4文字目と決まっているのであればともかく。
無数にある苗字を判断して、何文字目で分けるかをすることは出来ません。

Q会社名の前はスペースを空けますか?

会社名を書くとき、

株式会社 ○○○○

スペースを空けた方が良いか、

株式会社○○○○

詰めた方が良いのか迷います。


決まりごとみたいなものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

決まりはないと思います。
ちなみに私が使用している「ビジネス文書の書き方」という本での例文は全てスペースなしで統一されています。

人によって、スペースが半角全角の時があり、データなどで羅列されるときは揃っていなくて気持ちが悪い時があるので、私はスペースを開けない派です。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qビジネスの文書における、数字の半角、全角は?

ビジネス文書では、一桁の数字は全角、二桁以上なら半角で書くように、と学校で言われました。
例えば「5月20日」5は一桁なので全角、20は二桁なので半角で書けということらしいです。
これって一般的なのでしょうか?
昔勤めていた会社では、一つの文書内では、全角もしくは半角で統一するように、といわれた記憶があるのですが。
詳しい方がいらしたら教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

>学校で「5月20日」5は一桁なので全角、20は二桁なので半角で<
 このルールは、1980年代のワープロ全盛期に主流でしたが、1995年の
Windows 95 出現で、パソコン全盛期から衰退しはじめています。
 
 もともとは、教科書の印字書体が(原則として)等幅表示だったので、
一行の寸法をそろえるため、印刷業者が自主的に統一していたのです。
 これをタイプ業者が踏襲、学校も、標準表示と奨励したのでしょう。
 
 それ以前の、活字印刷(百科事典や国語辞書)では、活字と活字の間
に木片を挟んで、ムリヤリ行末をそろえる熟練工が存在したのです。
(もとは、グーテンベルグ以来の印刷術には、不可欠の神技でした)
 
 アルファベットの字幅「i<o<w」は、ひらがなよりも不ぞろいで、
英字の大小全半角「O:o:O:o」と、数字の全半角「0:0」が、煩雑に
区別されます。ふしぎなことに等幅だと、かえって読みにくいのです。
  
 その欠点を一挙に解決したのが、1980年代に写真植字機が開発した
コンピュータによる自動プロポーショナル・スタイルだったのです。
 こうすると、半幅数字の全半角「0:0」がほぼ等幅になります。
 
>どちらかに統一したほうが、読みやすさや見栄えの点から<
 ワープロ時代は、行末をそろえることが見栄えがいいと考えられたが、
パソコン時代にはソート(並び換え)機能のため半角統一に向かいます。
 
 パソコンのデータ・ベース機能を優先すると、半角と全角の混在は、
不都合です。「5月20日」と「12月20日」を見たまま認識すると、逆に
並ぶため「:5月20日(:=スペース)」または「05月20日」と打ちます。
 
 なぜか、いまだに「5.20 とか 12.20」と打たせる編集者がいますが、
「0520 1220」のほうが理にかなっています。わたしは西暦をくっつけて
「00000520 20061220」紀元前は「-9990101 -0001231」を推奨します。
 
 エディタやメール・ソフトでは(原則として)半角カタカナを拒否す
る機種がある一方で、住所録ソフトなどで、郵便番号や番地にかぎり、
全角数字を強要する例もあります。
 
 半幅に統一すれば、すべて解決するかといえば、かならずしもそうで
はないのです。下記の「4色輪転機」などは「:4色」とか「四色」だと
しっくりしません(目をつぶって全文一括置換することになりますが)。
 
 わたしは、半世紀以上、すなわち小学生時代のガリ版から石版印刷、
オフ輪(オフセット4色輪転機)にいたるまで、ほとんどの印刷形式を
経験しましたが、ついぞ(このような)ルールは存在しなかったのです。

>学校で「5月20日」5は一桁なので全角、20は二桁なので半角で<
 このルールは、1980年代のワープロ全盛期に主流でしたが、1995年の
Windows 95 出現で、パソコン全盛期から衰退しはじめています。
 
 もともとは、教科書の印字書体が(原則として)等幅表示だったので、
一行の寸法をそろえるため、印刷業者が自主的に統一していたのです。
 これをタイプ業者が踏襲、学校も、標準表示と奨励したのでしょう。
 
 それ以前の、活字印刷(百科事典や国語辞書)では、活字と活字の間
に木片を挟ん...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング