【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

故人の名前に冠する表記に、いくつかタイプが見られます。「・」(ナカグロ)を挿入するものや、そのままダイレクトに続けて表記するもの、あるいは半角スペースをかますものなど、いろいろあるようですが、なにか一定の決まりがあるものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そのままダイレクトに続けて表記するもの


https://www.ohori-nougaku.jp/lineup/%E6%95%85%E5 …
「故・」「故_」は葬儀場で見たことがありません。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 1

>「・」(ナカグロ)を挿入するものや、そのままダイレクトに続けて表記するもの…



それは、その文書全体として統一されていれば、どちらでも良いです。
似たような例で地名変更があったとき、
「現・東京、旧・江戸」か「現東京、旧江戸」かのように。

>あるいは半角スペースをかますものなど…

これはコンピュータの発達で、分筆の専門家ではない者でも自由に文章表現ができるようになってから登場したもので、本来の日本語表現方法ではありません。
新聞や大手出版社の雑誌などに、そのような表現は見られないでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同窓会名簿で、亡くなった方の記載

同窓会名簿で、亡くなった方の欄には何と書くものでしょうか?

Aベストアンサー

私の持っている名簿の場合、物故者としてまとめてあります。

Qテレビにおける故人の名前の表記法について 「故」の付け方

テレビなどですでに亡くなっている方の話題の時、
「故 石原裕次郎」などと言ったりテロップに出たりしますが
歴史上の人物や「森鴎外」など比較的昔の人には「故」はつかず、
比較的最近の人にだけ「故」が付いているような気がします。
もし生きていた時代の違いで「故」がついたりつかなかったりするのであれば
境目はいつなのでしょう?戦前戦後?
テレビ局とかの内部規定で決まってるのでしょうか・・

また、「ニ子山親方死去」のように亡くなったばかりの方にも
ニュース報道では「故」がついていませんでした。。。

「故」の付け方、どなたか教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も気になりましたので、検索してみましたら
下記のサイトが見つかりました。ご参考にどうぞ。

日本広報協会/Reseach&Data:広報広聴Q&A
質問:「広報紙などで亡くなった人を紹介する場合、
名前の前には必ず「故」を付けなければならないのでしょうか。」
http://www.koho.or.jp/research/qa/a_other05.html

Q「ゆえ」という言葉の使い方について

「故(ゆえ)」という言葉がありますよね。この言葉の使い方として、「~だと思うので」という意味で、「~だと思われるゆえ。」といった文末表現は間違ってはいないでしょうか?

Aベストアンサー

dai-diskさん、
「~だと思うから」と「~だと思われるゆえ」が同等で文章表現として合っていると思います。
URL貼ったのでそちらを見て下さい。
参考になれば幸いです。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/224827/m0u/

Q「故夫の使い方」について教えてください

故夫、亡父はどういう使い分けをするんですか?また、通常「亡父」とするところを「故夫」とする事は、常識的にもおかしいですか?

Aベストアンサー

故人の妻が、「故夫○○の一周忌について」と、手紙を出したのなら、間違いではありません。
訂正する必要はないですよ。

Q故・・・について

亡くなった人が新聞、雑誌などに出る場合、名前の頭に故という文字が付きますね。まさか故徳川家康とか故西郷隆盛などとは出ませんがこの前、雑誌でしたか故三島由紀夫というのが出ていました。亡くなってもう30年以上経ちますがこの故人の頭に付く「故」というのは年数とか何か基準があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 もし何か基準があるのなら、私も興味があります。

 三島由紀夫で検索をかけても、書く人によってつけたりつけなかったりの差がありますね。同じ出版社でも。
 多分、ライターの思い入れ次第で、つけるかどうかが決まるのでは?
 「故」をつけるのには、生前を偲ぶ思いがこめられているのだと思います。『同時代を生きた』相手に対する弔意のような意味合いではないかと。
 私は、三島由紀夫には「故」をつける気にはなりませんが、三島よりも18歳も年上の瀬長亀次郎氏には自然と『故』をつけてしまいます。(ご長寿で、最近まで生きてましたから)いまだに『まだ生きてたんじゃなかったっけ?』と、思いたい気持ちが、自然と『故』をつけさせます。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q「弔問」「参列」「会葬」の違い

葬儀の際の言葉の使い分けが気になります。
タイトルの他にも亡くなった方の呼び方が「ご霊前」「ご尊前」だったり。
宗派によって違うのでしょうか?
それとも意味により明確に使い分けされているのでしょうか?

Aベストアンサー

「弔問」とは亡くなった人の家をたずねてお悔やみを述べること。

「参列」とは式や会合に加わること。

「会葬」とは葬式に列席すること。

 葬儀式とは告別式のまえにおこなわれる宗教的な儀式のため、葬儀・告別式の日には「会葬」、お通夜は葬儀式でないので「弔問」となります。
 「参列」はどちらでも使うことができます。

 業者としての挨拶では、お通夜の席では「ご弔問賜り・・・」となり葬儀・告別式の席では「ご会葬賜り・・・」となります。どちらも「ご参列賜り・・・」とはあまり使いません。ただ、一般の人がとっさに「ご参列くださって・・・」とお礼を述べることは多く見受けられます。

Q死亡した方の家族への宛先

死亡した方の家族へ手紙を書く時の宛先名はどのように明記すれば良いのでしょうか?
(死亡した人しか面識がなく、家族の氏名は不明)

Aベストアンサー

XXX山YYY男ご両親様

XX山YY男ご親族様

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング