私が所有する庭園。私の所有する庭園。
この場合「の」は「が」の代わりに使われニュアンスが違うという認識でよいのでしょうか?いまひとつ「の」の位置づけ、意味があいまいま気がします。後者には所有的な意味合いにもとれてしまうものがあるような気がしますが・・・やはり「が」の代わりなのでしょうか?文法的な位置づけ、意味に確たる定義はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 所有」に関するQ&A: 所有格の意味

A 回答 (3件)

「が」を使うと「我」がやや目立つ。


BOTH MEANS THE SAME, THOUGH.
    • good
    • 1

こんにちは。

この後の同様のご質問に先に回答していますので、そちらをご覧下さい。同じ質問なので、どちらかが削除されると思いますが、とりあえず同じ回答を貼っておきます。

ご質問1:
<この場合「の」は「が」の代わりに使われニュアンスが違うという認識でよいのでしょうか?>

はい、それで結構です。しかし、ニュアンスは同じです。

1.どちらも「主格」を表す格助詞の用法になります。

2.主格ですから、動作や状態を表す述語の主語に使われます。

3.「の」は古語の主格の助詞から発達したものですが、これは「の」+連体形+名詞の語順で使われる語法です。
例:
「嘴の赤き鳥」=嘴が赤い鳥が
ここでは「嘴の+形容詞「赤い」の連体形+名詞」の並びになります。

4.ご質問文もこの語順に従って、
私の:主語「私が」
所有する:動詞の連体形
家:名詞
という意味になり、「私が所有する家」と意味上何の変わりもないのです。


ご質問2:
<後者には所有的な意味合いにもとれてしまうものがあるような気がしますが>

おっしゃる通りです。

1.その語感を感じられるのは、格助詞「が」にも「所有」を表す用法があるからです。
例:
君が代「帝の時代」
我が子「私の子供」

2.ご質問の場合も、「私が所有する家」の「が」にその「所有」のニュアンスが感じられないこともありません。しかし、この「が」は所有にはなりません。理由は以下の通りです。

(1)「が」を所有の意味で使うのは文語的な表現に限られ、現代口語と一緒には殆ど使われません。
例:
君が代(O)。天皇が時代(X)
我が子(O)、私が子(X)

従って「我が家」(O)ですが、「私が家」(X)は所有関係には結びつかないのです。

(2)「私」「所有する」「家」という3つの語が、主語+動詞+目的語という関係になり、「私」+「所有する」は主語+述語の関係になります。

つまり、「私」は「所有する」という動作の「主体」となるので、「私が」は「主語」と考えるのが正しいのです。


ご質問3:
<「の」の位置づけ、意味があいまいま気がします。>

1.確かに「の」には所有の用法も現代語にはありますから、そのニュアンスが感じられる場合もあります。しかし、それがかかる動詞句と「主語+述語」の関係にある場合は、「~の」はその動詞の主語、と考えるのが正しいのです。
例:
「私の愛する子供」
この「の」は所有ではなく、主語を表す格助詞になります。理由は、この文が「私は子供を愛する」と書き換えられ、「私は」が「愛する」の主語になるからです。

2.この形で、「の」が所有の格助詞になる場合は、次のような例です。
例:
「私の可愛い子供」
ここでは「子供が可愛い」という主述関係がなりたち、叙述用法であった「可愛い」を、名詞「子供」の前に前置修飾し限定用法にしているのです。

そうすると「可愛い」は子供にかかる形容詞で、「可愛い子供」がひとまとまりの名詞句になるので、「私の」は所有を表す形容詞句として、名詞句「可愛い子供」にかかる、と解釈することができるのです。

3.ご質問文はどちらも、「私が、家を、所有する」という、「私」と「所有する」の間に主述関係があるため、「が」「の」どちらも「主格」の格助詞と考えるのが正しいのです。

以上ご参考までに。
    • good
    • 10

こんにちは。



この場合は、「所有的な意味合い」ではありません。
「の」の前にある語句が主格です。
“「が」の代わり”とまで言えるかどうか不明ですが、役割は同じですから、取替えは可能です。


一の(2)をご参照。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CE …


1の2をご参照。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひとつよろしくお願いします。・・・の「ひとつ」って?

申し訳ないんだけどもなんとかお願いできないだろうか、という場合に「ひとつよろしくお願いします」や、「ここはひとつ○○さんの顔に免じて・・・」と、よく「ひとつ」と付けますよね。

この「ひとつ」って何を差しているのでしょうか?
ふたつやみっつは用法として存在せず「ひとつ」だけです。
日本語には曖昧な単語を含む慣用句がよくありますが、この「ひとつ」が気になって仕方ありません。

おそらく何らかのはっきりした意味のある常用語が変化して、簡略化し慣用的に使われるようになったのだと思うのですが、その経緯または説明してあるサイトなどをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

 「一 又ヒトツとも云ひとつといふ詞ありチヨトといふ意にて一時の義なり演義文に聴一聴とあるハヒトツキケといふ事にてチヨツトキケの義なり何一何と一の字を挟メルは皆同又一ツと云に隔タル意あり」(「俚言集覧」)

Qニュアンスではわかっている「オーダー」の意味

よく地球科学等、事象を長いスパンで見る学問において
「何億年というオーダーで考えなければならない」とか、
「30年というオーダーではなく、100年で・・・」等
「オーダー」という単語を見かけるし、先生方もよく仰ってます。

なんとなく期間とか、物事の程度の意味か?と
勝手に理解してはいたのですが
いざ辞書を引くと、イマイチしっくりくる言葉が見当たりません。
程度の意味合いはあるようですが、和訳する時にどうしようか迷っています。

どなたかマッチする言葉、正しい意味合い等ご教示いただければと..。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「オーダー」は、いろいろな意味があるのは、ご存知と思います。
野球の打順だったり、レストランなどの注文だったり。
ご質問の「オーダー」は、もとの英語では、特に order of magnitude のことで、
もっと正確に定義があります。マグニチュード は、地震でも使われますね。
日本語では、少し意味が曖昧になってますが、本質的な意味は残ってますね。
ピッタリの訳がないので、そのまま「オーダー」が使われるのでしょうね。

以下、もとの意味です。

order of magnitude とは、対数スケール上で等間隔に区切ったそれぞれをいいます。
・ order      「等級」「階級」「次数」「桁」 
・ magnitude  「規模」「大きさ」
magnitude は、0, 10 ,20, 30 といった等間隔の大きさではなく、
1, 10, 100, 1000 のような等比率の尺度的な大きさをいいます。
その区切った範囲を order といいます。
たとえば、2つの数字が、同じ範囲( 100~1000 とか ) なら、同じオーダー です。
等間隔なら、クラスやランクも使いますが、magnitude には order が適切です。
もちろん、1, 2, 4, 8, 16 のように 10 倍ごとでなくても使います。

参考では、英語の方が解り易いのですが、日本語もあります。
英語↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Orders_of_magnitude
日本語↓

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83

「オーダー」は、いろいろな意味があるのは、ご存知と思います。
野球の打順だったり、レストランなどの注文だったり。
ご質問の「オーダー」は、もとの英語では、特に order of magnitude のことで、
もっと正確に定義があります。マグニチュード は、地震でも使われますね。
日本語では、少し意味が曖昧になってますが、本質的な意味は残ってますね。
ピッタリの訳がないので、そのまま「オーダー」が使われるのでしょうね。

以下、もとの意味です。

order of magnitude とは、対数スケール上で等間...続きを読む

Q「つなげる」(他動詞)の意味・ニュアンス

 最近テレビなどでもよく使われる「つなげる」という動詞(「つなぐ」の可能動詞とは別)について、「つなぐ」(同じく他動詞)と意味が異なるのか、ニュアンスの差なのか、御意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

jo-zenです。まだ解決しないようですね。少し検索してみたら、同じようなものがありました。参考にしてみてください。


  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q128698107

  http://nihongo-online.jp/tree02/treebbs.cgi?kako=1&all=1029&s=1045

  http://kotobakai.seesaa.net/article/8186937.html

参考になればいいのですが・・・。

Q文のニュアンス、または意味の違いは何でしょうか

よろしければ、ご指導をよろしくお願いいたします
村の北にある大木の前<で/にて>
村長「ooや、皆をここに<集めて/集めてきて/連れてきて/連れて>くれんか?
孫の帰郷の宴を開きたいのじゃ」
村娘「はい、村長!」

Aベストアンサー

1.
村の北にある大木の前<で/にて>

「で」は「にて」の音変化なので、意味的には変わりません。
ただ、「にて」のほうが改まった文語的表現と言えます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/167592/m1u/%E3%81%AB%E3%81%A6/

2.
a.ooや、皆をここに集めてくれんか?
b.ooや、皆をここに集めてきてくれんか?

b の「てきて」は補助動詞「(て)くる」で、「集めに行ってから、また、ここに戻ってきてくれ」という意味になります。
a の場合、集めることは頼んでいますが、戻ってきてくれ、とは(文法的には)頼んでいない。
むろん、戻ってくるな、という意味ではないので、戻っても構わない。
「集める」という表現を使っているので、「あちらこちらに散らばっている皆を(集めてほしい)」というニュアンスが込められている。

c.ooや、皆をここに連れてきてくれんか?
d.ooや、皆をここに連れてくれんか?

c の「てきて」も b と同じ用法で、「皆を引っ張って、一緒にここに戻ってきてくれ」という意味。
「あちらこちらに散らばっている皆を(連れてきてほしい)」というニュアンスではない点が、 a や b と異なります。
d の「連れてくれんか」は、誤った日本語表現です。
「連れる」という動作は、【1 一緒について来させる。ともなう。同行する。】という意味で、どちらに向かうのか、という意味までは含まれていません。
そのため、相手に依頼(命令)する際には、
連れて来る
連れて行く
連れて戻る
連れて出かける
など、方向性を示す動詞を伴わないと不自然になるのだと思います。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/148789/m1u/%E9%80%A3%E3%82%8C%E3%82%8B/
「ooや、皆をここに呼んでくれんか?」
などという表現であれば可能です。

1.
村の北にある大木の前<で/にて>

「で」は「にて」の音変化なので、意味的には変わりません。
ただ、「にて」のほうが改まった文語的表現と言えます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/167592/m1u/%E3%81%AB%E3%81%A6/

2.
a.ooや、皆をここに集めてくれんか?
b.ooや、皆をここに集めてきてくれんか?

b の「てきて」は補助動詞「(て)くる」で、「集めに行ってから、また、ここに戻ってきてくれ」という意味になります。
a の場合、集めることは頼んでいますが、戻ってきてくれ、とは(文...続きを読む

Q文のニュアンス、または意味の違いは何でしょうか

よろしければ、ご指導をよろしくお願いいたします
医者は三年ぶりに故郷の村に帰った。
そして、村の北にある村長の家に入ろうとした時。
医者「ん……? 鍵がかかってるな……」
村娘「先生、村長はいつもなら<この時間には/この時間は/この時間に>
村のどこかでお茶を飲んでいますよ」
医者「そういえばそうだ<な/ったな>……」
村娘「村の中を探してみましょう」
医者「ああ」

Aベストアンサー

1.村娘「先生、村長はいつもなら<この時間には/この時間は/この時間に>
村のどこかでお茶を飲んでいますよ」

a.「この時間には」
⇒格助詞「に」+係助詞「は」という構図です。
「この時間」を強調的に表現している。
「この時間になるといつも、村のどこかでお茶を飲んでいますよ」というニュアンス。
b.「この時間は」
⇒主題提示の係助詞「は」です。
「この時間」について何か言いたい場合の表現。
「この時間は、村長が、村のどこかでお茶を飲んでいる時間ですよ」というニュアンス。
c.「この時間に」
⇒「この時間に、村のどこかでお茶を飲んでいますよ」という表現はしません。
「この時間なら、村のどこかでお茶を飲んでいますよ」
または、
「この時間に、村のどこかでお茶を飲むのが習慣です」
などであれば自然な文です。

2.医者「そういえばそうだ<な/ったな>……」

a.「そうだな」
⇒「村のどこかでお茶を飲んでいますよ」という村娘の発言を肯定しているニュアンス。
b.「そうだったな」
⇒「村のどこかでお茶を飲んでいますよ」と村娘に言われて、そのことを思い出したニュアンス。

1.村娘「先生、村長はいつもなら<この時間には/この時間は/この時間に>
村のどこかでお茶を飲んでいますよ」

a.「この時間には」
⇒格助詞「に」+係助詞「は」という構図です。
「この時間」を強調的に表現している。
「この時間になるといつも、村のどこかでお茶を飲んでいますよ」というニュアンス。
b.「この時間は」
⇒主題提示の係助詞「は」です。
「この時間」について何か言いたい場合の表現。
「この時間は、村長が、村のどこかでお茶を飲んでいる時間ですよ」というニュアンス。
c.「この時間に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報