出産前後の痔にはご注意!

 30%の過酸化水素水はポリ瓶に入れられて市販されていますね。使い勝手がよいように希釈したものもポリ瓶にて保存しています。ガラス瓶には保存していません。
 ここで質問ですが、過酸化水素水をガラス瓶に入れてしばらくたつと気泡が出てきます。この気泡はおそらく酸素で分解が起きていると思うのですが、分解が起こる原因(理由)がよくわかりません。どなたかご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ガラス瓶は、含まれる微量金属により、


分解が促進され内圧が上がります。
瓶が破裂すると危険なので、使われません。

ポリ瓶のものも、自然分解により内圧が上がりますが、
破裂はしないので、内圧を逃がすようにはしてありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

微量金属による分解促進ですね。よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/09 10:19

アルカリ、異物等を混入すると分解促進し、酸素ガス及び熱を発生する。

支燃性あり。密閉容器では破裂する事がある。ということです.

  http://www.naitoh.co.jp/msds/msds-021004.html
  http://www.jaish.gr.jp/anzen/mms/datasheet/mms-1 …

(支燃性とは、一般的には酸素を供給することにより、空気以上に他の物質を発火させる、または燃焼を助けるガスをいいます。 )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分解して支燃性の酸素ガスを発生するってやはり危ないですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/09 10:23

過酸化水素はほったらかしておくだけで分解します。


ガラス瓶に入れておくと、発生した酸素で内圧が高まり破裂の危険がありますね。
ポリ容器もリークするようにできているかと……
    • good
    • 0
この回答へのお礼

放っておくだけで分解とは過酸化物は不安定ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/09 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過酸化水素水の保存法

過酸化水素水(30%)の分解させないよい保管方法を教えてください。
自分的には下の3つが思い浮かんだのですが… 

(1)凍らせて保存というのはだめですか?
(2)完全に密閉して冷凍庫に入れるというのは?
(3)完全に密閉して冷暗所に保管するのは?

できれば。全く分解させたくないです。何かいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

過酸化水素水よりも酸素と水の方が安定なので、100%の状態で
保存することはできません。
できるだけ反応を遅くするしか方法はありません。
通常考えられる方法は冷暗所での保存です。
密閉するかしないのかは容器の耐圧性によります。
30%の過酸化水素水ではかなり高圧になるでしょう。
冷凍は良くないと思います。
相転移の際に分子に余分なエネルギーがかかるので、分解しやすくなるでしょう。
光をあてずに、凍らない程度の低温が一番いいでしょう。


市販の過酸化水素水は分解しないように負触媒(古い呼び方ですが)である
リン酸が添加されています。
http://www.wdic.org/w/SCI/%E9%81%8E%E9%85%B8%E5%8C%96%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4

Q30%過酸化水素水の保存方法について

質問させていただきます。
歯科のホワイトニングに30%過酸化水素水を使用するのですが保存方法はどのようにしたらいいのでしょうか?
冷暗所なので冷蔵庫でいいのかな?と思っております。
また、危険物ですのでプラスチック容器に入っている過酸化水素水は何か袋に包んで保管すべきでしょうか?開封後の保存方法も知りたいです。

調べてみたもののわからず、こちらに質問させていただきます。
どなたかお分かりになる方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

酸素が発生しますので、できれば、冷蔵庫は避けたいです。
完全密閉しないのと同じく、密閉された空間での保存はダメです。
もし、冷蔵庫での保管をしたいのなら、防爆型の冷蔵庫を購入してください。電気のオンオフ時にスパークが出ないタイプの冷蔵庫です。もちろん酸素が出るだけなので、燃えるものを一緒に保存しなければ爆発はしないのですが、冷蔵庫は基本、燃えるものを保存しますから、酸素を出すものと一緒の保存は危ないと思ってください。

ふつうに冷暗所での保管、できれば風通しの良いところが良いです。燃えるものと一緒の保管は避けましょう。
過酸化水素水の場合、量が多いと危ないと思ってください。何かがあったとき、一気に酸素が出るのですが、それ自身は、少しの発がん性があるだけで大きな毒性はない「危険物」です。量が少ないなら、何かあった時にも被害が小さいので。ちなみに、大量だと、ガソリンなどと同様に危険物取扱者の免許が必要になります。

破裂する可能性がある薬品なので、ガラス瓶での保存は、ごくごく少量のものしかありません。500ミリリットルくらいだと、昔からポリ瓶です。

Q過酸化水素水のPH

3%の過酸化水素水のPHはどれくらいでしょうか?
PHというのは濃度によって変わりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。


>>>3%の過酸化水素水のPHはどれくらいでしょうか?

下記の「12. pH and Ionization Constant」というタイトルのグラフを参照しますと、6.4ぐらいですね。
http://www.h2o2.com/intro/properties/thermodynamic.html#12


>>>PHというのは濃度によって変わりますか?

上記のグラフを見ると、50%~70%で酸性度が最大(=pHが最小)ですね。
面白いですね。


ちなみに、下記の中の
「15. What is the pH of H2O2 solutions? 」
というQ&Aでは、グラフではなく数値表で書かれています。
http://www.h2o2.com/intro/faq.html#15


以上、ご参考になりましたら。

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q濃アンモニア水の保存容器

「濃アンモニア水の保存容器は、白色のポリエチレン容器 と 褐色のガラス容器
ではどちらが適しているか」 という質問です。

腐食性が問題になるのかと思い自分で調べていました。
アンモニア水の保存容器としてガラス製を避けるべきという内容の記述のあるサイトを二つ見つけたのですが
その他のアンモニアに関する情報ではそこまで言及していなかったり
逆に、「銅・銅合金・アルミニウム合金及びこれらを含むメッキで表面を覆った容器が不可であり
これらを含まない鉄・鉄合金・ガラス・ゴム・ポリエチレン・塩ビなどの合成樹脂を容器包装材料とする」
という記述もあったり。

アンモニア水と濃アンモニア水でも違いがある可能性も、遮光が問題になる可能性も捨てられないのですが
自分の力では結論に至らないため、質問させていただく事にしました。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が社ではアンモニア水溶液は「青色の」ポリエチレンタンクにて保存する規定になっています。
なぜ青色かは、単に他の液体と区別するためですので、大きな意味はありません。
ただし、すぐお分かりのように加熱には、タンクも内部の水溶液も非常に敏感で内圧が高くなると事故につながりますので、冷暗所に保存する必要があります。
また、ステンレスの容器を使用しても良いのですが、この場合内圧が分かりづらいので、開ける場合にアンモニアガスの噴出を「予期して」防具などを用意する必要があります。もしくは充分長い柄の付いた開放具を使うなどの注意が必要です。
いずれにせよ大量の高濃度アンモニア水溶液をデッドストックとしておくのは何のメリットもありませんで、出来るだけ、早めに消費し切る事が勧められます。
試薬用程度でしたら、一ヶ所に大量に保管せず、500mLの試薬瓶を必要本数分散して冷蔵庫中に保存するべきです。なお、可燃性がありますので、ポリ袋に包んで輪ゴムなどで口を閉め、膨らんだらドラフト中でアンモニアガスをパージしてやる注意も怠ってはなりません。

Qオートクレーブ121℃15分の意味

今日、友人に何で培地を滅菌する際にオートクレーブで「121℃で15分」するのかまた、なぜ100℃以上の温度で加熱するのかわかるか尋ねられました。
私はわからずに答えを聞いたのですが、友人は答えを教えてくず自分でも調べたのですがよくわかりませんどなたか教えてください。

Aベストアンサー

 微生物の滅菌を行うとき大きな問題になるものに、一部の細菌が形成する芽胞の存在が挙げられる。
 芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。
 通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。
 芽胞の状態にある細菌まで完全に殺す(=滅菌する)には、より高温での処理が必要となる。

 オーブンと同様の原理による乾熱滅菌では、180℃30分以上(または160℃1時間以上)の加熱によって芽胞を完全に殺すことが可能であるが、この方法では水分を含む物体や、培地などのような水溶液そのもの、あるいは高熱に弱いプラスチック類を滅菌することができず、金属やガラス器具だけにしか使えないという欠点がある。
 これに対して、オートクレーブ滅菌では通常、2気圧の飽和水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、20分間処理することで、対象物の水分を保持したまま、しかも乾熱滅菌より低い温度、短い時間で滅菌を行うことが可能である。
 これはオートクレーブが水分存在下での加熱(湿熱)であるため、高温で促進された加水分解反応によって、微生物を構成する生体高分子の分解が促進される分、乾熱よりも効率よく滅菌されるためだと考えられている。

 微生物の滅菌を行うとき大きな問題になるものに、一部の細菌が形成する芽胞の存在が挙げられる。
 芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。
 通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。
 芽胞の状態にある細菌まで完...続きを読む

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q過酸化水素水とアンモニア水を混合したときは・・・

過酸化水素水(35%)とアンモニア水(28%)を重量%で、99:1に混合した溶液について教えてください。

1、水素と酸素が発生すると思うのですが、どのくらいの比率で発生するのでしょうか?
また発生物は、健康被害を及ぼすほどの濃度に達する可能性はありますでしょうか?

2、溶液の安定性は?
常温にて使用、保管する場合それぞれの有効濃度はどれくらい持つものでしょうか?

むかーし、化学でお勉強したはずのなのにどの辺りを留意して調べたらよいか分からなくなりました。おそらく、モルとか解離定数とか関係してくるのですかね?

よろしくご教授くださいませ。

Aベストアンサー

過酸化水素は高温アルカリ条件下できわめて不安定なのでわざとアンモニアを加えて50度程度にして洗浄に用いるのでしょうね。過酸化水素の分解によって発生する酸素もしくは分解反応が洗浄に一役買っているのかもしれませんね。

濃度測定自体は2さんのおっしゃるとおりですが、それは混合前の場合です。
普通実験で過酸化水素の有効濃度などを正確に知りたい場合は混合前に滴定すると思いますし、ただでさえ分解しやすい過酸化水素をアンモニアを混合したあとに保存することは好ましいことではないと思います。

まあ密閉容器に入れておけば、発生した気体によって気相部の圧力が上がり分解反応が少しはおさまるような気がしますがね。

両者が液体なので作成も簡単ですし、そのつど作成したらいかがでしょうか?

回答になっていなくてごめんなさい。


人気Q&Aランキング