妻ですが、人間ドックのX線透視(バリウム飲んでの検査)で胃に
ポリープがあると診断され、「6ヶ月後再検査」となりました。
私的には、心配だからすぐに内視鏡(胃カメラ)で検査したほうがいいと思い、
半ば強制的に病院に行くよう妻を諭しました。

かかりつけに行った当夜、何やら機嫌が悪いので理由を聞くと
「受け付けで何しに来たの?的な事を言われた」とかで、
6ヶ月後再検となっているのに早々に来院したものだから
そのようなニュアンスで病院側が言ったようです。

こちらとしては、素人ながら(だから、か)仮に悪性腫瘍であったなら
早期治療が望ましいに決まってると考えてしまったのです。

受け付けの対応っておかしくないですか?
他人の心配をよそに、ポリープの大半は良性であろうとの
予測的経験的判断で話をするなど。
結果的に、医師が「大丈夫だと思いますが、念のため検査しましょう」
となりましたが。

検査では3つのポリープが確認できたそうで、一番大きいのを
組織検査のために取ったそうです。
せっかく胃カメラ飲んだのに残り2つは置き去りかよ?と思っていますが、
そんなもんでしょうか?

だろう、と思う、的な診断で、仮に悪性で進行が早く
自覚症状が出始め、ようやく検査に行ったら手遅れだった
みたいな最悪のケースを考えないのでしょうかね?

今回の私の判断は間違っているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

根本的な考え方の違いですね。

おそらく妥当性を説いても、主観論に対してはなんら効果がないと思います。
人間ドックにせよ、検診にせよ、マクロ的な考え方です。被保険者の保険料や税金からなる保険医療を使用してまで再検査すべきか否かの判定をしています。その基準はもちろん、蓄積された医学的経験を根拠とした客観的な判定基準です。医学はすべて経験を蓄積し、科学的に論証した経験的知識からなりますからね。
質問者さんの場合、主観論です。病気に対する不安を根拠とした主観的な希望です。
マクロ的な視点だと、5%未満の頻度で起こりうる現象は「珍しいこと、予測しえないこと」として切り捨てます。主観論は、個人に起こったことは100%のことであり、一事が大事です。もちろんこの考え方も正しいものですが、マクロ的な考え方と多くの場合で衝突します。病院の判断はマクロ的には正しいですが、質問者さんの判断と衝突することはしかたのないことです。

次の検査へと進めるかどうか。胃カメラは確かに確立された安全性の高い検査です。しかしながら、一定の頻度で合併症が起こりますし、ポリープを取る処置(ポリペクトミー)を行えば、その合併症の頻度は増します。もしも内視鏡所見で良性所見のものを生検やポリペクトミーを行い、合併症が生じればいかがでしょうか。良性病変を生検やポリペクトミーで傷つけることで、その再生過程でがんが発生することもありえます。良性病変を強く疑ったらなぜそれを切除しないのかという医学的理由についても少し考えてみてください。また、生検やポリペクトミーに関しても正診率は100%ではありません。
質問者さんにとってはがんと診断されない確率が高いことを重要視されるのでしょうが、現状のマクロ的には良性と診断でき、経過観察ですむものに対し、医療費を投入することは過剰医療であり、合併症を起こすリスクもあり、悪であるという判断です。

>臨床経験からくる予測でしかありませんよね?ならば検査すべきと思いますが違いますか?
医学は経験を蓄積することでできあがった学問です。質問者さんの望まれる次の検査も同じく、経験からくる予測で診断しているものです。確率を高めているだけです。矛盾しています。
また、なんでもかんでも検査を行うとなると、それは過剰医療であり、ともすれば「あの病院はすぐに検査検査で金儲け主義だ」と批判の対象となります。昔は最小限の検査で診断できるのが名医とされていましたが、今はどうなんでしょうかね。

>たいていは「心配なら検査しましょう」となるでしょう。それは精神的な安堵以外にも、100%大丈夫と言えないからでしょう?
医学において、100%は人は必ず死ぬということ以外にありません。そういう点では質問者さんのおっしゃる通りです。確率を高めるために検査を行うのです。その判断は経験に基づくものですが。ちなみに、利益のために行う可能性も考えられますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

このような説明を担当医から聞きたかったのです。
医学用語はともかく、非常に納得いたしました。

再生過程で悪性になりうるとか、検査は少なからずリスクが伴うとか
私が無知なのか、初見ですしとても参考になりました。

診療施設も時間的な制約(待ち時間3時間診察5分などと叩かれる)や
誤診による裁判沙汰等も関係あるのでしょうかね。
医師からは一対多数ですが、患者からは一対一ですから。
親身になって診てくれると感じるか、過剰診療だと感じるか
これまた人それぞれでしょうし。

病気内容、検査内容について当アドバイスによりよくわかりました。

お礼日時:2008/09/19 14:54

完全を期すなら、毎日検査すべきです。

可能性をいえば、検査した翌日に発生する可能性もあるのですから。
※No2の方が<癌化することがほとんどないからです。>と言っていますが、No1の回答への補足からすると、「癌化することもあるということ」になりますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

極論をありがとうございます。
私が求めた内容と回答が些かギャップがあるようです。

お礼日時:2008/09/19 14:56

>検査では3つのポリープが確認できたそうで、一番大きいのを


組織検査のために取ったそうです。
せっかく胃カメラ飲んだのに残り2つは置き去りかよ?と思っていますが、
そんなもんでしょうか?

この部分にお答えします。
大腸のポリープと違い、胃のポリープは積極的に取ることはありません。
癌化することがほとんどないからです。
まあ、せっかく内視鏡をやったのだから、ついでに全部とってしまってくれればいいのにと思う気持ちも分かりますが、あくまでも検査とポリープ切除は別物です。取る必要があるポリープであれば、別の日に準備をして切除術をおこないます。
最初の内視鏡の結果、そのポリープは取る必要がないと判断されたら、そのまま放置されることになります。

今回良くないのは、医者の説明不足と、病院側の対応です。
質問者さんが怒るのも、分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

皆様、私が感情的になっていると思われたようですが、
怒っているわけではありません。

医師に説明されるのであれば納得しますが、
単なる受付担当者や予診ばりに症状を聞いてきた看護士が
「なぜ来た?」様な問いは甚だ筋違いではないか?
と思ったわけです。

検査と切除は別物、ということを説明してくれれば理解しますが
トーシローの私たちからすれば、せっかく苦しい思いをしたのに
と思ってしまいます。
思うかは人によるでしょうけど。

医師も説明不足と思いました。

お礼日時:2008/09/19 14:40

まあどちらもどちらのような気がしますが・・・・


実際私も胃のポリープで今年切除しました。
ずっとかかりつけの医師だったので安心はしてましたが(胃のポリープでの悪性はほとんど無いとの話)一部をとって病理検査してくれました。
もちろん良性でしたが・・・・

でも、そういった不安などのストレスでポリープが出来る場合もあるので、医者としては患者の不安を取り除くのは当然でしょう。
しかし、今回の場合は奥様の不安ではないですよね?
奥様が自分で不安であるなら、内視鏡もすぐにすべきでしょうし、そのように医師に伝えればやってくれるはずです。
夫であるあなたが不安だからと言うのであれば、一緒に付き添って言うべきです。
それもしないで6カ月後の経過観察なのに、いきなり来られても医者としては???となります。

逆に、経過観察であるのにいきなり内視鏡検査をする方が患者が不安がります。
経過観察にするにはそれなりの経験と状況があります。バリウムの状態からみての医師の判断ですからね。
それに文句を言う方が普通はおかしいです。

また、病理検査する検体は一部のみです。
ポリープ切除は手術です。胃カメラ検査とは違います。
なので、検査の段階でポリープを全部取り去ることは、違法でもあります。つまり出来ないのです。(緊急の場合は違いますが)
全部とるには通常、麻酔をかけて動かないようにやりますしね。

たった3個でしょ?私は20個近くありましたよ。
大きいのも5個くらいでしたし・・・
ポリープは自然治癒もあるので、その程度なら経過観察です。
その病院が信頼できないのであれば、他の病院に行くべきです。

この回答への補足

>悪性はほとんどない

では少なからず悪性の可能性もあるのですね。

>もちろん良性でした

それは結果論です。
ではなぜ貴方は内視鏡検査をされたのですか?
自信があるのなら、放置という自己判断を貫くべきでは?

>奥様の不安ではないですよね?

それは判りません。
フリをしているのかも知れませんし。
心配しない人なんているのでしょうか?
私は心配です。
仮にも数十年連れ添った大切な相手です。
背中を押して欲しかったのかもしれません。

かかりつけは信頼しています。
しかし、臨床経験からくる予測でしかありませんよね?
ならば検査すべきと思いますが違いますか?
たいていは「心配なら検査しましょう」となるでしょう。
それは精神的な安堵以外にも、100%大丈夫と言えないからでしょう?

結果がすべてだと思っています。

補足日時:2008/09/19 10:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「胃ポリープ(症)疑」とは?

人間ドックの結果、「胃ポリープ(症)疑」という記載がありました。

胃ポリープ(疑い)を認めます。胃の中にできたイボのようなもので、
元来良性のものですが、まれに増大することもありますので、6から
12ヶ月毎に検査を受けて経過を見て下さい。

と詳細な記載がありました。「要経過観察」で、即再検査の指示はな
かったのですが、「(症)疑」ってどういうことなのでしょう?
本来は、診断後に医師から説明を受けることになっていたのですが、
仕事が忙しいこと、今まで異常なしだったので、今回何もないだろう
と高を括っていました。それだけにショックで、不安です。
最近、ストレスを感じると、左の肋骨の下あたりがシクシクすること
がありますし・・・

インターネットで調べたら、確かに胃のポリープは大腸のポリープと
違い、良性のものが多いというところまではわかったのですが・・・

Aベストアンサー

ドックではどういう検査をしましたか?それが書いてないですよ。
たぶん、胃透視(バリウムを飲む検査)でしょう。
ですので、直接ポリープを見たわけではなく、その所見(ポリープの影)を見ているわけですから、あくまでも「胃ポリープ(症)」の「疑い」になるわけです。
それなりの根拠をもって、「胃ポリープ(症)疑」としているのでしょうから、その指示に従って経過観察をすべきと思います。

Q今年も町の健康診断がありましたが 手首捻挫のため 胃のバリウム検査を断念しました… バリウム検査より

今年も町の健康診断がありましたが 手首捻挫のため 胃のバリウム検査を断念しました…
バリウム検査より 鼻から胃カメラ検査の方が苦痛がないと聞きましたが された方の体験談を聞かせて下さい。
また 本来の口から胃カメラと鼻から胃カメラは どちらが楽に検査できるのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして、バリウム検査10数回と胃カメラ検査2回(口から胃カメラ)を経験した者です。

胃カメラについては部分麻酔をしていたのですが、検査中、ファイバースコープを吐き出そうとする吐き気が継続してとても苦しかったです。なにしろ検査中ずっと「オエッ」となるんですよ。1回目でしたらたまたまなのかもしれませんが、2回目もまったく同じ状況でしたので、私は(口から入れる)胃カメラは2度と受けたくありません。

でも、友人の中には#1さん、#2さんのように、まったく苦しくなかったという感想もありましたので、個人差もあるのでしょう。

この吐き気が継続するのは、喉に異物があると感じての生体反応なのです。特に舌根部にファイバースコープがあたるためだそうです。鼻からいれる場合は、この舌根部にファイバースコープがあたらないし、胃カメラそのものも小さいので、苦痛はすくないようですね。もっとも口からのほうが鮮明な画像が撮影できるそうです。

胃カメラを入れる苦痛、鼻からと口からの違い
https://www.mrso.jp/stomach/stomach-gastrocamera-nose-mouth.html

胃カメラは鼻から?口から?違いやメリット・デメリットは?
http://irodoriworld.com/archives/5660

はじめまして、バリウム検査10数回と胃カメラ検査2回(口から胃カメラ)を経験した者です。

胃カメラについては部分麻酔をしていたのですが、検査中、ファイバースコープを吐き出そうとする吐き気が継続してとても苦しかったです。なにしろ検査中ずっと「オエッ」となるんですよ。1回目でしたらたまたまなのかもしれませんが、2回目もまったく同じ状況でしたので、私は(口から入れる)胃カメラは2度と受けたくありません。

でも、友人の中には#1さん、#2さんのように、まったく苦しくなかったという...続きを読む

Q検査標本とポリープ切除の違いとは?

健康診断の結果で血便が出ました。
大腸カメラをするのだと思うのですが、

私は医療保険に入っていて、「大腸内視鏡検査」「検査での切除」は保険料が支払われないのですが、
内視鏡的(下)大腸ポリープ切除術(大腸ポリペクトミー)では支払われるそうなのです。
初めて大腸カメラをするのでよくイメージが出来ていなくて教えていただきたいのですが、

このまま、病院に行ってカメラを入れて先生が「ポリープを見つけましたので取りますね~」と
取られたら診断書を書いてもらって保険会社と手続きをすれば保険料が支払われるのですか?
それとも先生が「”大腸ポリペクトミー”だから取るね~」と言ったら支払われるのですか?
「あ、ポリープがあったから念の為検査にまわすから取りますね~」だと支払われないですよね?
それとも検査に回して結果「大腸ポリペクトミーでした・・・」と言われたら支払われる事になるのでしょうか?

そもそも「大腸ポリペクトミー」とポリープの違いもよく分かっていないのですが・・・・

血便の結果にあまりにショックで、保険もよく分からないしで混乱しています。
本当は保険が支払われるはずなのに、私がヘマをしたせいで支払われなくなるのだけは
避けたいので教えて下さい、お願いいたします。

健康診断の結果で血便が出ました。
大腸カメラをするのだと思うのですが、

私は医療保険に入っていて、「大腸内視鏡検査」「検査での切除」は保険料が支払われないのですが、
内視鏡的(下)大腸ポリープ切除術(大腸ポリペクトミー)では支払われるそうなのです。
初めて大腸カメラをするのでよくイメージが出来ていなくて教えていただきたいのですが、

このまま、病院に行ってカメラを入れて先生が「ポリープを見つけましたので取りますね~」と
取られたら診断書を書いてもらって保険会社と手続きを...続きを読む

Aベストアンサー

えー、保険の対象になるのは、手術の場合です。 検体を取った場合、それが会計で手術として算定されれば保険が支払われるということになります。 明細書を見て「術」と最後に書いてあるもの(内視鏡下大腸ポリープ切除術など)があれば、保険対象になるということですね。

手技的には、(EMRを含めて)スネア(金属製の輪をかけ高周波で焼き切る方法)でとった場合は手術となります。
ホットバイオプシー(ワニクリップのようなものではさんで焼き切る方法)の場合は、手術扱いになることが多いとは思いますが、小さなものの場合はどちらになるかははっきりとはわかりません。
http://www.kib.or.jp/speciality/case_mr.html

そのほかにもESDというような方法もありますが、、、これは、完全に手術です。

Q胃の検査の時になぜバリウムを飲まなきゃいけないのですか?

胃の検査の時になぜバリウムを飲まなきゃいけないのですか?

Aベストアンサー

胃の検査、胃自体はX線に対しては素通しに近いので、かすかにしか映りません。
で、バリウムですが、これは撮影の目的によって異なります。一例は、胃の内側にバリウムをつけ、襞の様子を撮影します。潰瘍その他がれ場内壁が荒れるなどするのでこの方法でわかります。一緒に発泡剤を飲んで胃を膨らませ、襞の様子がわかりやすいようにして、体の向きを変えることでバリウムを薄く内壁に付けます。これを、姿勢を変えて撮影し、胃全体をカバーするようにします。

Q悪性のポリープとは

お世話になります。
父(60代)のことで相談させてください。
はっきりとした時期は分かりかねますが、今年に入った頃から声がかれてきたそうです。かなりのヘビースモーカーでしたが、一向に治らないので今年の夏に禁煙しました。
しかし最近になっても治らないので先日病院に足を運びました。そこでの診断は悪性のポリープとのことでした。詳しい診断と治療に関してはこれから検査入院をしてから決めるそうです。

私は医学的知識が皆無なので悪性のポリープ=癌と考えてしまい、とても怖くなってしまいます。私もいい大人なので父が病気になっても落ち着いて家族と一緒に支えなくてはならないと思っておりますが、癌であるとしたらやはり怖いのです。
そこである程度知識を付けたいのですが、
・悪性のポリープ=癌といった認識は正しいのでしょうか?
・癌であるとしたら進行状況によると思いますが、手術によって完治は可能でしょうか?
・手術をした際に今まで通りに話をすることは可能でしょうか?

少ない情報ではございますが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

それは大変不安な思いをなさっているでしょうね。

ポリープ(またはポリプとも言う)はイコール癌という意識が強いでしょうが、意味的には腫瘍を意味します。
ただし、注意して頂きたいのは、酷かも知れませんが癌化する可能性があるという事。
癌化しているかしていないかは検査入院の時に分かるかも知れません。

ですが、癌化しているにしろ、していないにしろ、進行状況がそれほどでもなければ手術で治ると思います。
治ってもまた煙草を吸われては意味がありませんので、その後はご家族でちゃんとみてあげて下さいね。
ちゃんと治れば普通にお話する事も可能だとは思いますが、麻痺が残ったりという可能性も否めない様です。

因みに私は小さい頃脳にポリープが出来ていると言われ、針治療院に通ったりもしました。
薬のお陰でか、針治療のお陰でか、ポリープはなくなりました。
再発の危険性はさんざん言われましたが今の所何ともないです。

ご本人が一番大変な思いをされると思うので、ご家族の貴方は気をしっかり持ってください。
不安な気持ちはご本人にも伝わり、治療の効果の出方に影響を及ぼしてしまう可能性もなくはありません。
後はお医者様のいう事をきちんと聞いて、治療を受ける手助けをしてあげて下さい。

それは大変不安な思いをなさっているでしょうね。

ポリープ(またはポリプとも言う)はイコール癌という意識が強いでしょうが、意味的には腫瘍を意味します。
ただし、注意して頂きたいのは、酷かも知れませんが癌化する可能性があるという事。
癌化しているかしていないかは検査入院の時に分かるかも知れません。

ですが、癌化しているにしろ、していないにしろ、進行状況がそれほどでもなければ手術で治ると思います。
治ってもまた煙草を吸われては意味がありませんので、その後はご家族でちゃんとみ...続きを読む

Q胃バリウム検査 ニッシェと胃憩室の違いについて

胃透視の検査で、所見にニッシェ(バリウムがくぼみに溜まる)がある場合、胃潰瘍や胃陥没性病変(胃がんを含む)の可能性があるため要精密検査となることが多いと思います。
また、胃憩室(胃の外側に膨らみがある)の場合も画像上、ニッシェと似たように写ることがあると思います。
医師や技師の方は、所見を書くときにニッシェと胃憩室をどのように鑑別しているのでしょうか?お教え下さい。

Aベストアンサー

山の形をみて、富士山か磐梯山がわかるように、形でわかります。富士山と磐梯山の形の違いを言葉にするのは難しいですが、見れば一発です。
ただ、心配不要です。胃透視では、たいてい何かしら、いちゃもんをつけて要精査→胃カメラにするので、区別する必要はありません。

Q大腸ポリープの検体検査結果のsevere atypiaとは?

先日大腸の内視鏡検査をした際に、ポリープが一個見つかって、先生が大きさは取り頃だという事で取って頂きました。
その検体の検査結果は”提出された切除材料では、tubular adenoma,high grede adenoma(tubular adenoma with severe atypia)がみられます。尚、水平、垂直断端には腫瘍組織は見られません”とありました。
先生は良性の腺腫で、襞の奥の小さなポリープの見落としがあったかもしれないので、一年後に再検査しましょうと言われました。
しかし、この英文の中のsevere atypiaの部分は辞書を引いても意味が分からず大変気になります。
何方かお教え願えませんでしょうか?

Aベストアンサー

和訳しますと
管状腺腫、高(異型)度腺腫(管状腺腫に高度の異型をともなう)
といったところでしょうか。
略説しますと、
大腸の良性腫瘍である「腺腫」のなかで、「管状」(組織の見た目が管のようになっている)ものである。
しかしながら、細胞の見た目の悪さ(正常からどれだけ癌に近づいているか)が高か低かといえば「高度」である。
すなわち、「悪性に極めて近い良性腫瘍」となります。
多くの場合は、悪性腫瘍とのオーバーラップのある領域で、診断する病理医によっては高分化型腺癌、早期の癌とつける人もいるかもしれない領域です。
幸い、断端陰性(取り残しなし)とのことですから、カメラをしてくれた先生の「取り頃」の判断は適切であったということですね。いい先生にめぐり合われたようで、何よりです。

Q胃カメラ検査の後にバリウム検査?

祖母が胃痛でずっと全く食べられない状態で、ずっと病院に行くように言っていたのですがなかなか行かなくて、
先日やっと病院に行き即入院をしました。
点滴を打ち、CT検査・胃カメラ検査・腹部のエコーの検査をしました。まだ、どの検査の結果も出ていませんが、
バリウム検査もするように言われました。
普通、バリウム検査をして、何か問題があった場合に、胃カメラ検査をするものと、私は認識していたので、
おかしいのではないかと思いまして、質問させていただきました。

医療に詳しい方、専門的知識のあるかたがいらっしゃたら是非教えてください。

Aベストアンサー

色々と検査が続き、さぞお疲れでしょう。通常の検診でしたら、ご指摘の通り 胃透視で何か異常があれば内視鏡、という流れです。ただ、この方の場合、精査目的で既に入院されているようですので、こういう場合もあります。内視鏡は、実際にカメラで(肉眼で)内部の病変を確認できますが、胃全体の形は判り辛いのです。ですから、バリウムを飲んでいただいて、胃全体の形をレントゲン写真の上で確認するのです。潰瘍があったり、できものがあれば、その部分が変形して写るわけですね。

Q大腸ポリープ 高度異型成とは?

宜しくお願いします。
私は、30代前半の主婦です。
3~4年前から 右肋骨下あたりの腹部の 不快感・鈍痛がありました。
3年前に内科を受診してエコーしましたが異常なしでした。     何だか 腹部が重い感じがするだけなので そのままにしてありましたが、 肝臓に異常があるのかな?と、急に心配になり 1ヶ月前に総合病院で受診しました。 CT・エコー・血液検査も異常なしでしたが 一応ということで 大腸内視鏡をしたら 5mm以下のポリープが S状結腸に2個あり 一部を 生検。 
結果は、良性だけど 「高度異型」なので 内視鏡で切除した方がいいとの事でした。今月 切除の予定です。
切除したポリープを もう一度 生検すると 主治医がいいますが良性だから 何の心配もないよ!と言われましたが
色々とインターネットで調べてみまて 「高度異型」は、良性と悪性の境界? 早期がんの手前の状況と いうことになるのでしょうか?

また、右肋骨下の鈍痛と関係はあるのでしょうか?

どのような事でも結構ですので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

痛みとポリープの関係はまずないと思います。
S状結腸は左下腹部あたりになります。

ポリープは組織診の結果、良性の「腺腫」だったのでしょう。それの性質、すなわちどれだけ悪そうか(異型性)が「高度」ということになります。これだと大腸癌の一歩手前と考えてもらっても差し支えないでしょうし、「早期癌で、切除したらおしまい」と思っても問題ないと思います。

ただし、年齢的にお若いようですので、大腸癌の素因があると思って、定期的に内視鏡を受けられたほうがよいと思います。

Q胃のバリウム検査みついて

健康診断の胃のバリウム検査は毎年受けたほうが良いのでしょうか?

それとも、胃カメラでないとあまり意味がないのでしょうか?

40歳未満で、去年受けたので今年は止めようか悩んでいます。

Aベストアンサー

素人の意見だけど、

40未満で、特に前回の結果に問題がなくて
特に症状がなく、他の検査も正常なら、
毎年受けなくても良いと思う。

逆に言うと、40以下で
バリウムで悪いものが見つかる可能性は、
非常に低いけれども、もしあった場合は、
どうせ、手遅れ。 

放射線の被曝云々より、検査自体が
めんどくさいからという観点でのはなし。

素人の意見だけど、


人気Q&Aランキング

おすすめ情報