出産前後の痔にはご注意!

マスコミは大臣になった女性を○○氏と呼んでいます。女性に氏を付けるのはおかしいという意見がありますが、どうなのですか?
偉くない女性は「氏」を付けてくれないのですか。

 

A 回答 (5件)

これは、まず「氏」を一般的の敬称として用いるのは最近の事です。


元々は、織田氏、伊達氏の様に使用します。織田信長氏や伊達政宗氏はおかしいので織田氏信長あるいは伊達氏政宗が正しいのだ云う意見もありますが余り一般には知られていませんが見識だと思います。
然し、明治以降英米獨佛の文化が流れ込みミスターやヘルやムッシュの訳辞に宛てられました。(因みに、ミセス、フロウ、マダムは夫人。ミセス、フロイライン、マドマゼルは嬢)
その後、男女同権と云う事がはき違えられて、何でも男女を同じうせないといけないと云う風潮が出て来ました。米国ではミスとミセスの区別を辞めてミズと云う呼称にとかチェアーマンではなくチェアーパーソンと云うなどの傾向が出てきました。
ご質問ですが、そもそも出だしからして決してキチンとしたルールを弁えて使われていると云うよりもその場その場で使われていると云う方が当たっている感じがするような事です。偉くない女性だけぢゃあなくて男女関係なくテキトウに使っている感じがします。と云うより苗字の下に付けるものがない時に付けていると云う感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 15:28

 仰せのご意見は場次第ではないでしょうか。


 報道などで、他の閣僚の敬称が≪氏≫なら≪氏≫とするべきではないでしょうか。この場合えらいかどうかの問題ではないと存じます。
 ≪元来は女史とします。≫ではありますが、今は≪女史≫は一定のイメージが付加してきてしまっておりますことは否めないと存じます。
 このご回答者様もだから、≪元来は≫と断っております。

 お一人だけ、そして特に形式を重んじない場面では、≪さん≫ではないでしょうか。
 閣僚を並べて報道記事にするなら、女性だけ別の敬称にすることはおかしいでしょう。
 偉い、偉くないの問題ではないでしょう。
 並べての報道記事でも、どうしても女性だけ、変えたいなら≪様≫しかないのではないでしょうか。それとも何か新たに作りますか?
 それはかえって不自然でしょうね。馴染のないことばになるでしょうし。
 ≪氏≫は確かに場によっては、取りようでは、硬い、固い感じがしますが、仕方ないのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/27 14:34

まちがいです。


ほかに良いのがないからでしょう。
「先生」で統一すれば、みんなバカに見えて便利
なのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 13:26

現代の辞書によれば


「氏:名字・姓名につけて、敬意を表す。」と載っています。
古い辞書をひくと、その意味のひとつに
「主に男性につける敬称」とあります。
昔は主に男に使われる敬称だったかもしれません。男女同権に移る歴史の流れの中で、男性専用という使われ方は衰退したと推測します。Mr.=氏 ではありません。
そして
 「小渕優子さん」では閣僚としてはソフトすぎてしまりがない。
 「小渕優子」では呼び捨てで具合が悪い。
 「小渕優子氏」だと、ちょうど座りがいいので、好んで使われるのだと思います。
 私個人的には「氏」は「半敬称」ともいうべき性質の語だと思っています。
 そして、偉い女性につける敬称というのではなくて、国会議員などのいわゆる公僕には男女の区別なく、ふさわしい敬称だと思います。

 例えばある女性がノーベル賞を受賞したとします。一般には偉い女性と考えられます。この場合「~さん、ノーベル××賞を受賞」となることでしょう。氏は使われないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 13:27

元来は女史とします。


何で最近「氏」になったのでしょうかね、
江戸時代の武家の家督を継ぐという考えでは
女に対して使ったら誤用ですから、私も変えた理由はわかりません。
動作主体であるマスコミに直接尋ねるべきですね。

マスコミは第3(4?)の権力ですからどういう用語を使おうが
かれらの勝手です。文法違反の文を載せても平気ですし。

「偉くない女性は「氏」を付けてくれない」は誤りです。
マスコミは男であっても偉くないと、
というか公的場面の報道でないとと言うほうが適しておりますが、
「氏」を付けません。男女ともに「さん」ですね。元は「様」ですからそれで良いでしょ。

日本のマスコミは良い加減ですから
いちいち目くじらを立てても仕方が無い面があります。

たとえば、他にも、
大学教授や博士研究者の出演者についてはというと、
最初に紹介するときだけ教授や博士という西洋式の敬称
(title=西洋では苗字と不可分)を付けますが、
対談やinterviewの中では「さん」付けに変えますね。
これは一貫性が無い態度ですし、西洋式では上記のごとく、
professorとDr.は苗字から分離させてはいけませんから
誤りとなるので、私はいつも日本人的であるなあと気になります。

詳しく言うと、
苗字から分離させて「さん」付けするならば
professor TanakaとDr. TanakaをMr. Tanakaと呼ぶことになるので
事実と反することになるからです。USAで博士号保持者に
Mr.で呼びかけたら怒られたという話は良くあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 13:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「氏」の使い方

人の名前の後に「氏」を付けて文章を書く際に、以下の点が自信が無かった為、どなたか教えて頂ければと思います。

・男性or女性の区別無く「氏」は用いても良いか否か?
・フルネームもしくは下の名前のみに「氏」を付けて用いても良いか否か?

辞書を見ると、男女の区別のことは書いておらず、また名字に付けて敬意を表すと書いてはあるものの、「あれ?たしか忍者ハットリ君では『ケンイチうじ」って言ってたよな?」とか思いつつ・・・。
どう使うのが差し障りないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<男性or女性の区別無く「氏」は用いても良いか否か?>

いいです。

1.姓につけて呼称とするのであれば、性別は関係ありません。

2.ただ、主として男子をさす、という本来の特長が尾を引いている用法もあります。
例:
彼氏(O)
彼女氏(X)

「氏は東京の出身」などという場合も、一般的には男性を暗示しることが多いようです。


ご質問2:
<フルネームもしくは下の名前のみに「氏」を付けて用いても良いか否か?>

姓のみです。

1.下の名前に使う場合は、姓と共になら大丈夫です。

2.理由は、「氏」はもともと「同一血族の集団」を表す言葉だったからです。

3.同一血族であることは、下の名前ではなく、姓で表します。

4.従って、「氏」は姓に使われるのが正しい語法なのです。


ご質問3:
<「あれ?たしか忍者ハットリ君では『ケンイチうじ』って言ってたよな?」とか思いつつ・・・。>

漫画ですから、、、、(笑)。

当時の忍者の名前に「OO君(くん)」もありえないでしょうし、、、、(笑)。


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<男性or女性の区別無く「氏」は用いても良いか否か?>

いいです。

1.姓につけて呼称とするのであれば、性別は関係ありません。

2.ただ、主として男子をさす、という本来の特長が尾を引いている用法もあります。
例:
彼氏(O)
彼女氏(X)

「氏は東京の出身」などという場合も、一般的には男性を暗示しることが多いようです。


ご質問2:
<フルネームもしくは下の名前のみに「氏」を付けて用いても良いか否か?>

姓のみです。

1.下の名前に...続きを読む

Q女史は蔑視用語??????

若い女性で専門技術のあるひとを「00女史」と
引用したら 女性の上司からそれは あなたより若い
のだから蔑視用語だ。との指摘
しかし web国語辞典では
「教養などがあり社会的に尊敬される女性」
とあり 釈然としない

先生は時として 蔑視用語だが
女史は 蔑視用語??????

Aベストアンサー

女性であることを明示する必要がないときに女性であることがわかるような書き方をするのはよくありません。「女史」という言葉を使うと、わざわざ女性であるということをとりあげて言われているように感じ、不快に思う人もいます(「男史」という言葉はありませんから…)。男女の別がわかるような敬称はなるべく使わない方が好ましいし、女性特有の敬称というのは現代の公的な文書ではなるべく避けられる傾向にあります。

 とくに「女史」というのは、頻繁に使われていた頃でもかなり年配で実力のある女性に使うのが普通だったと思います。専門技術があるだけの若い女性に使うのにはどのみちふさわしくないと思いますよ。
 
 

Q「様」、「殿」、「氏」の使い分け

仕事で普段何気なく使っていた「○○様」の「様」ですが、「様」の他に「殿」や「氏」があり、どのような場合に何を使えばいいかよくわかりません。明確な使い分けを教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「殿」と「様」については既に回答が出ていますので省略し、「氏」についてのみです。

「氏」は、人の名に添えて敬意を表す語です。転じて、代名詞的に話題の人を表すのに用いる、つまり3人称です。「殿」や「様」のような2人称ではありません。
「総理大臣は小泉氏です」
「安部氏の会見」
などのように使います。この場合、「氏」を「殿」や「様」に置き換えることはできますが、その逆はできません。

また、複数を指して、
「両氏の見解」
さらに、先に名前を挙げてある場合は、単に「氏」だけで、
「氏は関西出身の実業家で…」
というような使い方もします。ここでも、「殿」や「様」に置き換えることはできません。

Q敬称「氏」の使い方

こんにちは。
無知な私にご教授願います。
文章を書く時に敬称の「氏」(○○氏)を使いますが、
この「氏」は上下関係の有る職場ではどう使ったら良いのでしょうか?

私は今まで
上司→部下=○○(敬称無し)や○○氏
同僚   =○○氏
部下→上司=○○長や○○さん
などと使っていました。
間違ってますか?
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 具体的な根拠を知っているわけではありませんが、氏名の「氏」であり、この言葉には民法旧規定では家の系統を表すものとして使用されていたこともあり、こと万人平等が重視される今日では、上下左右にかかわらず使用でき、使用されなければならないものと考えています。
 本人訴訟などでよく誰が何をしたしなかった、という文章を書くのですが、敵方であっても呼び捨てにするわけにもいかず、証人などに対しても、一律「姓」または「姓名」のあとに「氏」を使用しているのが通常です。
 なお、「氏」は接尾語とされ、これには、性別にかかわらず(かつては男子用だったようですが)尊敬の意も含まれているようです。
 したがって、とくに上司の場合などには、(職位)長○○氏、などとしてよろしいかと思います。「さん」というのは、どちらかといえば口語的で、目下に対する言い方で、「君」に近いものと思います。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「当」と「本」の使い分け

研修先に礼状を出すのですが、自分の所属(学校)を表すには「当校」と「本校」のどちらが正しいのでしょうか?
また使い分け方法は何を基準にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

1.どちらでもいい場合
 当院と本院(これは病院のこと。別の人が触れていらっしゃるように別院があれば話は別)
2.意味が違ってしまう場合
 当日と本日(当日とは指定された日)
3.どちらも誤解を招く場合
 「本日(当日)をもちまして、閉店させていただき ます」ただし、日付があればいい。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング