gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

 漢字「良」の一番上の点は、縦線、それとも、ナナメ線?私はずっとナナメ線だと思っていましたが、漢字辞典などで見ると、縦線になっています。でも漢字辞典もそもそも、既成のフォントを使っているだけなので、どうかなと思い、パソコンの日本語フォントを各種調べたら、やはり縦線が主流ですが、一部ナナメ線もありました。
1)正しい筆記法はどちらでしょうか?たとえば漢字検定や、学校ではどう教えていますか?
2)縦線の代表はうかんむりだと思いますが、ナナメ線の文字も(「良」意外に)存在しますか?
3)縦線とナナメ線の学問的な違い(成り立ちなど)はなんでしょうか?
4)このような疑問が出たときに、調べる良い方法はなんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 本当のところは、こう書かねばならないというのはないのですが、小学校では混乱を避けるため、ひとつのものを正解とします。

良の場合は斜めに入って下におろすが正解とされているのではないでしょうか?他にも糸偏のの下の部分の書き方とか、はねるか止めるかなどでいろいろありますが、どちらかが正しく他方が誤りというものではありません。
    • good
    • 1

DFP楷書体、Kai では点です。

横棒から離れています。
それからこれは印刷明朝体の特徴なんですけど下のハネは活字体と違ってそのままハネるのが書き文字の正式です。

古い字体(篆書隷書)を見ると上下に一本または二本の平行線を縦に付けてあります。流し口を付けた袋の形だそうです。

宀のウの上はただの点のようです。
行書体のように崩す時斜めにひっぱる事はあるみたいです。
あと食偏の上の点などは元は横棒のものの変形です。
言の上もそうです。
これは縦棒でもいいと習いました。

受験的にどうなのかは知りません。
書道の方で訊いたほうが適切なのかもしれません。
    • good
    • 0

>3)縦線とナナメ線の学問的な違い(成り立ちなど)は…



それは、書体ごとのデザイン、あるいは書き手のくせによるだけであって、本質的に文字が違うわけではありません。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20081 …

>1)正しい筆記法はどちらでしょうか?たとえば漢字検定や、学校ではどう…

採点者が、国語表記の基準を正しく理解しているなら、どちらも○になります。
学校の先生でもいい加減な人もいないわけではなく、×が付いたという相談が以前ここでありました。
九州の某県かどうかは分かりませんけど。

>4)このような疑問が出たときに、調べる良い方法はなんでしょうか…

日本語について詳しくは、主務官庁である文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナベブタ、ウカンムリの上の点の向き

 部首でいうとナベブタとかウカンムリかと思うのですが、「方」みたいな字とか「字」みたいな字の、上の点の向きですが、活字で見ると真上からまっすぐみたいに見えますが、私は当然、左斜め上から右斜め下に斜めに打つものと思っていました。
 小学生の娘は、まっすぐに打ちます。先日、漢字のテストで微妙ですが右から左に斜めになっているのに、先生が丸をつけている字を何個も見つけました。娘の中では、まっすぐですがどちらかというと右斜め上から打っている気分なのではないかと感じられます。
 活字社会なの子どもが手書きの字を見慣れていないせいかな・・・それとも、まっすぐや左斜めからでも丸なのかしら、っと解らなくなりました。正しくはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

このことについては、「常用漢字表」の最後に、第1「明朝体活字のデザインについて」および第2「明朝体活字と筆写の楷書との関係について」という説明があり、明朝体以外の活字(フォント)や実際手書きの場合に変わってくる部分があると書いてあります。 ということは、これで無ければならないというものではないと言うことなのでしょう。学校でよく用いられる「教科書体」が基準になると思いますが、「上から下へまっすぐに」、「右上から左下へ」もあり得ますし、行書体になると、「左上から右下へ」「、」のように書き、最後を左側にはねる書き方も存在するようです。
 教える側も、習う側も大変ですね。でも実際に筆写するときには昔から、さまざまな書き方をしてきたので、それを一つに統一することには無理があったのでしょう。

 余談ですが、ある人が自分の部下に「女」という字は最後の「ノ」が「一」より上に出てはいけないと指導していると話していましたが、これは出てもかまわないわけで、第一「め」は「女」の草書体から出てきたのですから、この強制はちょっと疑問ですね。「北」の左の部分、「戸」の上の部分、「入」の上の「カギ」状のもの、明朝体活字と違って書いているものが多いですね。一番不思議なのが「進」の「シンニョウ」です。

このことについては、「常用漢字表」の最後に、第1「明朝体活字のデザインについて」および第2「明朝体活字と筆写の楷書との関係について」という説明があり、明朝体以外の活字(フォント)や実際手書きの場合に変わってくる部分があると書いてあります。 ということは、これで無ければならないというものではないと言うことなのでしょう。学校でよく用いられる「教科書体」が基準になると思いますが、「上から下へまっすぐに」、「右上から左下へ」もあり得ますし、行書体になると、「左上から右下へ」「、」...続きを読む


人気Q&Aランキング