通常、純水のPHは空気中の炭酸ガスがとけ込んで
6.8程度ですが、蒸留水のPHは、アルカリになっており、PH8くらいになることがあります。これはなぜなのでしょうか。教えて下さい。炭酸ガスが抜けるからだとおっしゃる方もおられますが、良く理解できません。宜しく御願いいたします。

A 回答 (5件)

純水の電気伝導度はかなり低いのです。

(比抵抗:2.8×10^5オーム・m)
http://www.planet.kobe-u.ac.jp/~geomag/study/ca2 …
ガラス電極では水素イオン濃度によりpHを測定します。
http://member.nifty.ne.jp/Ryo/chem/electrod.htm
皆さんがおっしゃるように、純水の中のイオン量が少ないときは、(電気伝導度も低い)少量のイオンの影響を受け、あたかも、pHが大きく変化したようにみえます。pH測定器の調節時、酸とアルカリの標準液に入れます。微量のイオンが測定電極についています。まず、この影響が考えられます。
 次に、どんな容器に入れ測定しましたか。ガラスは、内部イオンの少量の溶出が認められます。Na+のイオンなんですが、この溶出によって、内部溶液はpHが大きくなります。硬質ガラスはSiの影響も考えられます。(ガラス電極も硬質ガラスだったはず。zarastro21さんのおっしゃるように)
 測定誤差なんですよ、結局は・・・?
    • good
    • 1

私も似たような経験があります(再現性?はありましたね)。


緩衝液を作るとき、構成したpHメーターの電極を使うまでの間に超純水(比抵抗値17.5~18.0)に浸しておくのですが、そのとき、pHメーターがアルカリ(pH 8~9だったような)を示してました。その後しばらくすると、下がっていき、酸性(pH 5~6だったような)になってました。酸性になる原因は二酸化炭素ですね。でもアルカリになる原因は分からなかったんですが・・・

で、今さっき脱イオン水をpH試験紙で調べてみました。
すると・・・中性でした。したがって、zarastro21さんの言うように電極を用いることによる問題かもしれません。
ガラスからはいろいろイオンが出て来るみたいですから。
    • good
    • 1

純水や脱イオン水のpH測定は極めて難しいと思うのですが。


おそらくガラス電極式のpH計をお使いと思いますが、緩衝作用のない溶液にガラス電極を入れた時点で、ガラスと溶液間に
Si-O-M +H2O → Si-O-H + M+ +OH+  (M:金属)
のようなイオン交換が起こるでしょうし。??(自信なし)
(通常、H+やOH-が多い場合問題ないと思いますが)
また、溶液の電気伝導度が極めて低いためガラス電極面でH+に対する選択的な平衡
反応も遅れるし、比較電極の液絡部分に液間電位が生じたり、比較電極内部液の混入なども無視できなくなると思います。
u13さんのおっしゃるように、非常に不安定な指示しか得られないのではないでしょうか。
おそらくpH計を製造しているメーカーでも純水のpH測定はやりたがらないのではないでしょうか。
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



pH8の測定値の問題?
1.この蒸留水の入手あるいは精製はどのようにされたの  でしょうか?さらにその保存状態は?
2.基本的なことで失礼ですが、pHメーターのキャリブ  レーションは頻繁にされてますか?
3.測定前に電極は良く洗浄されましたか?
  特に測定前にアルカリ溶液の測定に使用しませんでし  たか?

これ以外にも原因があるかもしれませんが、補足お願いします。

参考URL:http://osaka.yomiuri.co.jp/mono/990922d.htm
    • good
    • 2

私の経験的には蒸留水でもpHメーターで測定するとpHは7を下回っていて質問にもあるとおり空気中の炭酸ガスが溶け込んでるんだと思っていました。


pH6-8の間あたりというのは周囲のコンディションで簡単に変動してしまうと思うのですが、ponkitiさんがpH8くらいになったのはどのような状況でどんな測定器で測ったときなのでしょう?
邪推させていただくと、容器を洗うときに使った洗剤のアルカリ成分が少量残っていたのでは?と思うのですが、いかがでしょう?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオン交換水と蒸留水の違いを教えて下さい

大まかに純水というと、イオン交換水・蒸留水・逆浸透水等が上げられますけど、
その中のイオン交換水と蒸留水の違いを教えて下さい。
当方の考えでは、
イオン交換水:水中のイオン化したイオンを取り除いた水で、クラッド等の固形物       は取り除けていない水。
蒸留水:水を蒸発させ、それを冷却し凝固させた水で、クラッド等の固形不純物は
    取り除かれている。揮発性の溶剤(液体)以外は含まれない水。
なのですが。
また、水のグレード的には蒸留水の方が上なのでしょうか?
どうかフォローの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 基本的には、a-kumaさんの説明どおりですが・・・
 連続蒸留の場合には、確かに揮発性の溶媒のような低沸点物質が含まれる危険性があります。グレードの高い純粋を作るのであれば、最初に全量を容器に入れて、沸騰が安定するまでは蒸気を系外に放出し、安定後に冷却して集めていました。この方法が、実験質的には最も純度が高いということでした。ただし、超純水もこの方法で作るかは知りません。あしからず・
 イオン交換もカラムの状態によっては、誤差が大きいでしょう。それぞれに長所短所があるので、組み合わせることでより純度の高い純水を得ることが出来ると思います。

Q中学理科 炭酸水を蒸留するとアルカリ性?

中学理科の問題で悩んでいます(>_<)

問題
枝付きフラスコに炭酸水とBTB溶液を入れて加熱すると、溶液の色は黄色から緑色、緑色色から青色へと変化した

実験結果
フラスコ内の溶液の色:フラスコ内の溶液の様子:蒸留させた液体にBTB溶液を加えた色:蒸発させた気体を石灰水に通したときの石灰水の変化
黄色:小沸騰→沸騰:黄色:白濁
緑色:沸騰:黄色:白濁
青色:沸騰: [ X ] :変化なし

問 [ X ]に入る色を答えよ

答は緑色です。
水蒸気が出てくるっぽいから中性になるのかも…とは思うんですが…
フラスコ内の液体がアルカリ性なのに、それを蒸留したら中性になるんですか?アルカリ性にはならないんですか?白濁しないってことはアルカリ性もありえるんじゃないですか?

パニックてす…
ほんとは図がついているので文章だけでわかりにくくて申し訳ないです…
なぜ中性だといえるのか、アルカリ性はありえないのか
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

炭酸水とは微量の食塩が入った水に二酸化炭素を高圧で溶かしたものです。
初期状態は炭酸による酸性で、BTBが黄色です。

これを加熱すると二酸化炭素が揮発します。
また、以下の反応で、少量の塩化水素も発生します。
NaCl + H2O + CO2 → NaOH + HCl + CO2
このうち、NaClやNaOHはイオン結晶で、沸点が非常に高い
ので、揮発せず、CO2とHClが揮発します。
ですから、この気体を水に溶かすと酸性になります。
そして、残った溶液はNaOHによるアルカリ性で青くなります。

加熱を続けて、CO2やHClが発生しなくなると、発生する気体は
水蒸気のみになり、BTBに通すと緑色になります。

簡単に言うと、酸成分は揮発性で外に出るのに対し、塩基成分は不揮発性で
フラスコ内に残ります。

Q蒸留水製造装置による放射性ヨウ素の除去

職場でイオン交換樹脂を通した蒸留装置を使っております。
我が家には生後8カ月になる子供がいて、東京都在住ではありませんが、水の汚染が心配で今朝からミネラルウォーターでミルクを作ることにしました。
しかしストックが8本しかなく、原発事故も当分改善する見込みがないため、娘の飲用に職場の蒸留水を少し分けてもらおうかと考えております。
そこで質問ですが、化学実験レベルの蒸留水製造装置で放射性ヨウ素は除去できるのでしょうか?
また、実験用の蒸留水製造装置の水は飲用に適しているのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、用語を正確にしておきましょう。

・蒸留水……水を加熱し水蒸気にして、再び凝縮さてたもの
・イオン交換水……イオン交換樹脂を通したもの

まず、水中でヨウ素やセシウムがどのような状態になっているのかは
わかりません。極微量なのでどのような方であったもおかしくないから
です。
セシウムに関してはアルカリ金属で水と反応すると思いますので、
Cs+で存在している確率が高いでしょう。ですから陽イオン交換樹脂
がH+に置換するはずなのですが、元来が微量なのでどこまで減少
できるかわかりません。

それよりも、ミルクを作るときに重要なのは放射性ヨウ素の量です。
これが水中でどのような形でいるのかがわかりません。
I2の単体なのかHI等の陰イオンか、I3^-のような多重イオンか?
うがい薬などの高濃度の場合はI3^-でないと溶けないのです。

下記のURLでもわかるよにヨウ素の製造は地下水をイオン交換樹脂に
通して作られるようです。ですから、ある程度の濃度ならばかなり有効
であるということです。
http://www.ntgas.co.jp/iodine/manufacture.html

今回のヨウ素の量は極微量であり、I2のまま溶けていても
おかしくはないのです。I2であればイオン交換樹脂では捕捉できません。
しかし、活性炭で捕捉できるはずなので、イオン交換樹脂と活性炭を
組み合わせるとある程度は除去できるのではないでしょうか?

と言ってもいずれもが極微量の物質なので、どれだけ除去できるかは
わかりません。詳しいデータも見たことがありません。水で困っている
人がいるのですから、この辺りのデータがそろそろ欲しいですね。

まず、用語を正確にしておきましょう。

・蒸留水……水を加熱し水蒸気にして、再び凝縮さてたもの
・イオン交換水……イオン交換樹脂を通したもの

まず、水中でヨウ素やセシウムがどのような状態になっているのかは
わかりません。極微量なのでどのような方であったもおかしくないから
です。
セシウムに関してはアルカリ金属で水と反応すると思いますので、
Cs+で存在している確率が高いでしょう。ですから陽イオン交換樹脂
がH+に置換するはずなのですが、元来が微量なのでどこまで減少
できるかわかりません...続きを読む

Q炭酸塩は強アルカリ洗剤ですか?強アルカリとはどのようなものですか?

炭酸塩入りの粉石鹸で調理器具(アルミ以外)、食器、タッパなどをあらっています。

フッ素加工フライパン等、強アルカリ洗剤を使用しないようにとありますが、強アルカリ洗剤とはどのようなものをいうのでしょう?炭酸塩も強アルカリなのですか?

フライパンの洗い方が入れものに記載してあったので、何も気にせず使用していましたが、ふと気になりました。

それと、炭酸塩は炭酸ソーダとは全く同じものですか?混乱してしまいました。

Aベストアンサー

こんにちは
飲食店で仕事をしています。

フッ素加工のフライパンですと、水とスポンジの柔らかい方で大抵の汚れは取れます(固い方を使うとフッ素加工を痛めてしまいますので使わないでください)。

>強アルカリ洗剤
業務用ですので、市販されていないと思います。水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が含まれている洗剤です。
手についたら水で洗ってもヌルヌルがなかなか落ちないくらいのアルカリ性です(使用時には手袋を使います)

>炭酸塩は炭酸ソーダとは全く同じものですか?
多分同じものだと思います。ただ、厳密には分かりません。
・炭酸ソーダ→ 炭酸ナトリウム(Na2CO3)と分かるのですが
・炭酸塩→炭酸カリウム(K2CO3)の場合もあります(炭酸ナトリウムではなくて)。
どちらも、石鹸として使われています。
25℃くらいでと炭酸ナトリウムは固体で、炭酸カリウムは液体です。

>炭酸塩も強アルカリなのですか?
"弱"アルカリです(炭酸ナトリウムも炭酸カリウムも)。
"弱"なので体を洗っても大丈夫です。

色々と書きましたが、「"強"アルカリ」の洗剤は、一般には売られていないので心配しないでください。








余談ですが、
フッ素加工ですと商品名で「テフロン」が広く使われています

こんにちは
飲食店で仕事をしています。

フッ素加工のフライパンですと、水とスポンジの柔らかい方で大抵の汚れは取れます(固い方を使うとフッ素加工を痛めてしまいますので使わないでください)。

>強アルカリ洗剤
業務用ですので、市販されていないと思います。水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が含まれている洗剤です。
手についたら水で洗ってもヌルヌルがなかなか落ちないくらいのアルカリ性です(使用時には手袋を使います)

>炭酸塩は炭酸ソーダとは全く同じものですか?
多分同じものだと思います。...続きを読む

Q滅菌蒸留水

質問のカテゴリーが間違っていると思います、ごめんなさい!

病院の点滴などに使われているのは、滅菌蒸留水だと聞いたことがあるのですが、医療用の滅菌蒸留水は個人で購入出来るのでしょうか? 購入方法など教えていただけると有難いです。
また、薬局などで良く見かける、精製水との違いは何かあるのでしょうか?
アトピー性皮膚炎用の化粧水の作り方を教えてもらい、それに滅菌蒸留水が必要だと言われ困っています。

どなたか回答をお願い致します。

Aベストアンサー

点滴用に使うものは、注射用蒸留水です。
化粧水を作るのなら、滅菌精製水でよいでしょう。
精製水もありますが、滅菌していないので、品質の悪いメーカーのものは、菌がいる可能性があります。
注射用蒸留水と滅菌精製水の違いは、エンドトキシンの企画値が有るなどです。

QpH11.0のアルカリ水溶液をpH8.0にするには?

タイトルの通りです。

pH11.0のアルカリ水をpH8.0にするために必要なpH7.0の純粋は、体積比でどれだけ必要なのか教えて頂きたいです。

ズバリの数値でなくとも、考え方だけでも教えて下されば幸いです。

Aベストアンサー

大雑把に考えます。

pH11程度ですと.M - CO3 の緩衝溶液程度。
Mの濃度がわからないのでアルカリ土塁として.0.1mol/リットル 程度かな。
pH7.0の純水に空気を飽和させると.CO2濃度は....。
で8だから.CO3 - HCO3 の干渉液となる濃度として.CO3を HCO3にするために必要なHの分量は....。

と考えると見当つくでしょう。手元に数値表がないので具体的計算はできません。

Q【バッテリーの取り扱いの注意】に「長期間使用しないときは蒸留水を上限まで補給しておくこと」とあります

【バッテリーの取り扱いの注意】に「長期間使用しないときは蒸留水を上限まで補給しておくこと」とありますがこれはどういうことですか?

バッテリーに蒸留水を入れるところがあるんですか?

Aベストアンサー

どんなバッテリーをお使いですか? 旧式の硫酸鉛蓄電池でしょうか?

もしそうだとすれば、長期間使用しないと放電しきって薄くなったバッテリー液が蒸発して量が減ってしまっている可能性があるので、蒸留水を補給する必要があります。

硫酸鉛蓄電池のバッテリー液は元々濃硫酸です。放電とともに薄くなって最後は水になります。水は蒸発するので量が減ってしまうのです。

最近のバッテリーはカルシウムイオン式です。密閉型なのでバッテリー液を補給する必要も補給する穴もありません。

硫酸は大変危険な劇物なので、最近ではあまり使われなくなったと聞いております。昔はバッテリー液という名称でカーショップに濃硫酸も売ってたんですけどね。

QpHメータと水道水と超純水

現在使用している簡易型のpHメータの使用方法として
・測定前に水道水に30分以上浸すこと。脱イオン水は決して使わないこと。
・測定は、数値が安定するまで静置。
とのことでした。
そこで、水道水を測定すると数十秒でpH7.4くらいで安定するのですが
(他の簡易pHメータでも同じくらいのpHがでました)
超純水を測定すると2~3分かかってしまい、
他の簡易pHメータで測定するとpH6.8くらいなのに、このpHメータでは
pH7.5くらいで安定します。
さらに、メータを超純水中で軽く一周させたりすると、pH値が小さくなってきて
pH6.9位で安定します。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
なぜ脱イオン水に浸漬させてはいけないのでしょうか?
また、どの数値(静置のときと一周させたときの)を信用したらいいものでしょうか?

Aベストアンサー

純水等の液中にイオンが少ない場合は、
測定値が非常に安定し難いので、
0.01M KClを一定量ずつ添加し、そのpHをプロットし、
添加量0のときの値を外挿法で求める方法があります。

QSDS-PAGEで、ゲルを作製するときに重層する蒸留水について

SDS-PAGEでゲルを作製するとき、分離ゲルに蒸留水を重層します。しかし、かなりそっと重層しても分離ゲルと蒸留水が混ざってしまい、ゲルが硬化した後に界面が凹凸のある状態に乱れています。蒸留水を重層するとき、何かよい方法はないでしょうか?また、蒸留水は必ず重層しないといけないのでしょうか?蒸留水を重層しなくても大丈夫なら、重層せずに、分離ゲルが固まった後に濃縮ゲルを重ねようと考えているのですが…?

Aベストアンサー

アクリルアミドは酸素があると重合が阻害されますし、結局泡なんかで表面が乱れるので重層した方がいいと思います。

改善の余地としては、例えば分離ゲル溶液に~10%程度になるようにグリセロールを入れると比重の違いにより混ざり合いにくくなります。

もしくは、水より比重の軽い溶媒を重層する方法があります。例えば、水で飽和させた1-ブタノールなど。
具体的には50mlのチューブなどに、水とブタノールを半分ずつ位加えてシェイクし静置、ブタノールは上層、水は下層に分離するので上層を使用してください。

どちらか一方でかなり改善されると思いますので、楽そうな方をお試しください。

Q超純水のpHについて

超純水のpHの測定法についての質問です。

以前、別の質問において、超純水のpHはpHメーターで測定できないため、
方法として0.01MのKClを一定量ずつ加え、pHをプロットして外挿し、添加量0の値を求める。
との解答を拝見したのですが、それを真似て0.1MのHClを50μlづつ加えて
pHをプロットしたのですが、直線にならず、どうしたらいいのか分かりません。

プロットの縦、横軸はなにを用いるべきか、そもそも直線になるのか、
アドバイスなど頂けたら幸いです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

塩化カリウムは中性かつ電極内で使われますのできれいに直線になります。
塩酸を同量ずつ加えたら水素イオン濃度は直線的に変わるかもしれませんがpHは対数ですので直線になるはずはありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報