過去の40年を振り返り日本人or日本経済が失った美徳を教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

(日本経済)が失った・・・という方に限定され、なおかつ側面的な捉え方としてですが、経済活動(自由経済)は美徳を捨てるところに起因されるとおもいます。


イヤな表現をあえて使えば、小ずるい人間が、正直者を淘汰して行く、していこうとする行為が経済活動です。
それを肯定し、方法論として資本主義がなりたち、残念ではあるが正直者(少しだけ鈍い人)が損をするけど、その結果生まれる競争・競合によって経済のアベレージが上昇する事を優先させた選択肢であり、経済優先が存在するのでしょう。人間が人間らしく生きて行く、生きてゆくべきを第一に優先させれば「資本主義」は選択しません。
これからは、拡大拡張路線を見直す(先進国)時期に差し掛かっている様なので、「美徳」に従い、国家や民衆も地球上の生物の一形態としての立場をとろうとする、そう考える人が増えてくるような気もします。(自然との調和)
しかし、日本人の「美徳」がすなわちワールドワイドに通用はしないのでしょうから、日本人の「美徳」自体も見直さなければならないと思います。
今までにおいて失った「美徳」より、国際人としての文化形成を重んじた「新たなる美徳の形成」が急務かと。
    • good
    • 0

30年しか生きてないので、生きてる間に的を絞って考えさせて頂きます。



「羞恥心」

ではないでしょうか?

最近女子高生の言葉づかいとか、電車の中で股開いてお菓子食べてるのとか
見るととみにそう思います。
ん~僕が「若さ」を失ってるだけかもしれない.....
    • good
    • 0

たまたま、見かけたもので、つい回答してしまいました。

余計かもしれませんが、自分が思うには、究極の日本人と成るための自己実現への挑戦ではないかと思います。究極の日本人とは、四書五経を中心とする武士道(新渡戸稲造先生著)に代表される思想の行きつくところに有ると思います。もう一つは、治世から乱世となって約20年近く、あと40数年続く乱世のつぎの時代『創造的文化社会』への道しるべ成るものが、残念ながら今のこの国には見当たらない。はてさてどうしたものか?ついつい長くなりました、ではまた機会があれば、
    • good
    • 0

ずばり、「愛国心」「武士道」「親父の威厳」でしょう。

    • good
    • 0

失ったものなんて何もありません。

『戦争に負けたときに何もかも失ったのです』。で、その後、身につけたものや覚えたものは沢山あります。
 似非民主主義
 利己主義
 快楽主義
 マインドコントロール
 サブリミナル
 無関心
 etc
 そしてもっとも幅を利かせているのは『勝てば官軍』という意識。
全部アメリカからもらいました。でも今ではそれを凌いでしまったのかも知れないね。
    • good
    • 0

皆さんが色々書いておられるので、蛇足になりますが、



「教科書」を挙げてみます。もちろん、学校の教科書では
無く、生きていく為の「教科書」です。
具体的には欧米人にとっての「聖書」やイスラム圏での
「コーラン」。つまり、その民族や社会の無意識の部分で
共通して保持されている最低限の道徳規範、とでも
言いましょうか。

 私はあくまで個人的にですが、戦前までの日本人の
「教科書」として儒教、「論語」やその他の四書など
が挙げられる、と考えています。ここに日本人の、道徳
規範(美徳)の基礎が発見できそうです。

kuppa67さんが仰る通り、資本主義は日本人の道徳規範を
保持出来ません。従って、現在の様な社会情勢になってしまって
いますが、選択肢は2つです。欧米風の資本主義をこのまま
上辺だけ守り、道徳を見捨てるか、日本独特の新しい
イデオロギーを形成するか。う~ん、大変そうだなあ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました.とても参考になりました.私はこの問題を調べることができずに困っていました。やはりわからない事は恥をしのんで人に聞いてみることもいいかなと思いました.今回は本当にありがとうございました

お礼日時:2001/03/01 15:36

もう色々答えが出ていますがどれも尤もの様に思います。



私は節度と言う生活姿勢が無くなったと思います。
日本人は色々な場面で節度を口にし心掛けていました。
そして分相応な生活を送ること日々の拠所としていました。

節度も,分相応も死語に近くなっています。
そして利己的で排他的な部分がだんだん多くなって来ています。

節度は人に思いやりと他人への干渉の有り方を教え礼儀を要求します。
分相応は驕りを防止し謙虚さを産み付けました。

かくて、礼を失し、自分勝手な個人主義とメデイアの為だけの言論の自由が生み出され、勤勉が忘れ去られることに成ったのだと思います。
    • good
    • 0

思いやり、情、潔さ、

    • good
    • 0

日本人の失った美徳と一言で言うなら、「恥」という感覚がなくなったと言うことでしょう。



 文化的視点でみると、日本の文化は恥の文化であり、西洋は罪の文化であるといわれます。これは、日本は判断基準を身近な集団(村や集落、学校、地域)に置き、その中で恥であるかどうか?が行動の基準となります。
 これに対して西洋はキリスト教等の絶対神に対して良心に逸脱しない行為であるかどうかが問題であって周りの人がどうであるか?はあまり関係がないのです。判断基準は神の言葉である聖書や教典にのみ存在します。西洋においても宗教観が薄れていますから、これが現在もそのままというわけではありません。しかし、思考的には余り変化がありません。
話がそれましたが、日本においては恥の基準が変化すれば、過去にあったもの(ここでは美徳)が失われたようにも見えます。
よく言われるところでは、次の三点
1.食欲
2.睡眠欲
3.愛欲
を人前で出さなかったと言われます。
封建的な匂いがしますが・・・・。
確かに電車の中で抱き合ったり、キスしたり、いちゃついたりするのは40年前では考えられなかったでしょう。ハンバーガーをながら歩くという物を食べながら歩く事は無かったのです。ご飯は食卓で食べなさい!といわれるように。恥と思う基準が変化しているのです。気がついてはいませんが。
これは「今時の若い者は」という言葉によく表れているのではないでしょうか?
よく周りを見るといろいろあるのでは?
    • good
    • 0

小津安次郎の東京物語をみたら、この質問の答えがありますよ。

言葉のリズム、しぐさ、態度、映画の中では、一人だけしにます。すごく、かなしい話しです。質問の答えは、すべてこの映画の中にあります
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q40年前、40年後(?)といった雑誌の企画

数か月前くらいに、40年前の社会、40年後の社会について、さまざまな分野の識者が、それぞれ論じる、といったような雑誌の企画を、本屋でみかけました。
40年だったか、50年だったか、20年だったかは、忘れました。
買おうかと思ったのですが、買いませんでした。今となって、買っておけばよかったかなと思っています。
文芸春秋ではなかったと思いますが、そんな感じの雑誌だったと思います。

その雑誌が何であったか、ご存知の方、教えていただけませんでしょうか。

ネットでちょっと見ても、見つからないので、質問する次第です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国立国会図書館の提供する「NDLサーチ」で「雑誌・論文」を「年前 年後」のキーワードで検索したところ、112件がhitしました。うち、数ヶ月前ということであれば、下記の資料ではないでしょうか。

掲載誌名 新潮45 / 新潮社 [編]
出版年 2012-05
掲載巻 31
掲載号 5

Q日本人は謙遜が美徳とされますが、反面見栄っ張りな部

日本人は謙遜が美徳とされますが、反面見栄っ張りな部分もあると思いませんか。

Aベストアンサー

見栄っ張り、というのは世間体のことだと
思います。

最近は、これを軽視する人が増えてきたようですが
問題だと思います。

簡単に説明します。

欧米のキリスト教圏では、道徳倫理の基準と
なるのは神様です。
神様が見ているから悪いことはするな、という
ことです。
しかし、
日本にはキリスト教のような神様はいません。
その代わりになるのが世間です。
神様がみているが、世間様がみている、世間に申し訳ない
となるのです。
そうやって倫理や道徳が保たれて来たのです。

世間体が、少し悪い方に出たのが、見栄っ張り
だと思います。

Q大恐慌前後の失業率(日本1928年~34年推計値とアメリカ1928年~34年)を教えてください。

 大恐慌前後の失業率(日本1928年~34年推計値とアメリカ1928年~34年)を教えてください。
 特に、日本の32年推計値6.9%(朝日新聞12.25)は、農業従事者の失職を「失業者」にカウントできていないのではないか、実態はアメリカの失業率(25%)と同じくらいではなかったのか、という疑問を持っています。
 いま、失業の爆発に対処する緊急共同提案「パンデミック失業を救う無料の介護サービス」をブログhttp://cid-23673586dd710ec5.spaces.live.com/?lc=1041で作成中です。
 ふまじめな質問でないということを知っていただくため、目次と骨子だけを送らさせていただきます。

緊急共同提案
仮題「パンデミック失業を救う無料の介護サービス」
田中雄二ほか(田中http://docs.google.com/Doc?id=dfrzv3md_2dsbkxpd5)
2008.12.24更新
【目 次】
<1> 骨子
<2> 積算根拠
<3> 問題点
<4> その他

<1> 骨子
 世界大不況による雇用崩落で1000万人以上が失業し、その割合は7人と1人となる。
 雇用を大量に創出するためには、熟練を要しない労働を提供する必要がある。かつては道路・ダムなどの土木作業がそれを担ったが、今の日本ではもうその必要性がない。
 非熟練の労働が必要とされる分野は、介護である。
 そこで、失業者を介護要員として雇用する。
 財源20兆円は、赤字国債でまかなう。
 この費用による介護サービスは無料とする。
 給与の支給は、介護会社の人件費を補填することによる。
======
 以上の提案を研究中です。共同で研究していただけませんか。
 ただし、この研究では、私も含め、著作権を放棄していただきます。緊急性と公益性のためです。しかし各人の努力は評価しなければならないので、コメントにはハンドルネーム・実名・筆名をつけてください。
 
 研究、提案、資料提供では、特に現役公務員や政策立案者の参加をお待ちしています。ぜひ、仮名でどうぞ。ただし根拠資料は公表資料に限ります。さらに、幅広い参加のため、政党名、官庁名、官職名の明示はおことわりします。

 大恐慌前後の失業率(日本1928年~34年推計値とアメリカ1928年~34年)を教えてください。
 特に、日本の32年推計値6.9%(朝日新聞12.25)は、農業従事者の失職を「失業者」にカウントできていないのではないか、実態はアメリカの失業率(25%)と同じくらいではなかったのか、という疑問を持っています。
 いま、失業の爆発に対処する緊急共同提案「パンデミック失業を救う無料の介護サービス」をブログhttp://cid-23673586dd710ec5.spaces.live.com/?lc=1041で作成中です。
 ふまじめな質問でないとい...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずコメントを書きます。
私の見解は、質問者の方と違っていますので、お手伝いはできませんが。


>特に、日本の32年推計値6.9%(朝日新聞12.25)は、農業従事者の失職を
>「失業者」にカウントできていないのではないか、実態はアメリカの失業
>率(25%)と同じくらいではなかったのか、という疑問を持っています。

当時の日本の農村社会は、大家族制が残っていました。
実際は居候であっても、親兄弟の農業の手伝いをすることで、とりあえず衣食住は何とかなった時代だと私は思っています。
そういう人を失業者としてカウントするかどうかは、ただの数字いじりにしか過ぎないのではないでしょうか?


>世界大不況による雇用崩落で1000万人以上が失業し、その割合は7人と
>1人となる。

8人中1人が失業。つまり、失業率が12.5%まで上昇するとお考えでしょうか?
今のところ私の主観レベルですが、そこまで失業は悪化しないと思います。

ただし、その成否は政治が決定しそうです。
麻生政権の批判が強いため(半ばマスコミが作り出したものだと私は思っていますが)、与野党まじえて政局争いが活発です。
来年3月まで争いが続き、重要な景気対策が何も進まなければ、質問者の方が予想した事態に進むかもしれません。

しかし、政府による景気対策が前進すれば、そこまで失業率が悪化する前に歯止めはかかると思います。
熟練を要しない労働として、建築・土木の他に、農林水産業の活性化を私は期待しています。

また生活レベルさえ問わなければ、都会でのアルバイトもまだまだ多いです。
政府が低価格の住宅を供給し、アルバイトで生計可能になれば、世界経済が盛り返して輸出が回復するまで、何とか持ちこたえることも不可能ではないでしょう。

その他、質問にあるように介護分野での雇用も、予算さえ確保すれば十分可能でしょう。

とりあえずコメントを書きます。
私の見解は、質問者の方と違っていますので、お手伝いはできませんが。


>特に、日本の32年推計値6.9%(朝日新聞12.25)は、農業従事者の失職を
>「失業者」にカウントできていないのではないか、実態はアメリカの失業
>率(25%)と同じくらいではなかったのか、という疑問を持っています。

当時の日本の農村社会は、大家族制が残っていました。
実際は居候であっても、親兄弟の農業の手伝いをすることで、とりあえず衣食住は何とかなった時代だと私は思っていま...続きを読む

Q日本人は変わらないことが美徳とされているのでしょうか?

「信念を貫く」「変わらぬ想い」「武士に二言はない」
などと変わらない気持ちが美徳というイメージがありますが
毎日何かを学び、毎日違う生活をすることで時間とともに変化し、考え方も変わるものですよね。

意見がコロコロ変わるのは信用をなくすと思いますが
変化することを美徳する言葉などはありますでしょうか?
「温故知新」でしょうか?
「変わらないことが是」と表現することが多いように感じます。

Aベストアンサー

ちょっと質問内容とは違うかも知れませんが、
 日本人特有の美徳として、会社に尽くす と言うのがあると思います。

 いくら 会社に尽くしても、会社は従業員を駒としか見ていません。
  確かに 表向きは人材は宝 等と謳っています。
しかし 現実は違います。

 サービス残業が会社に尽くす事と思っているかたも居るみたいですが、 こんな馬鹿らしい事は無く、後輩の為にもなりません。

  日本人の美徳は間違いが多いと思います。

Q自民党や自公政権時は、日本郵政や農協や日本医師会やトラック協会や経済団

自民党や自公政権時は、日本郵政や農協や日本医師会やトラック協会や経済団体や創価学会などが、選挙時に自民党や公明党に投票するよう職員に指示していましたが、

民主主義の根幹は、どういう組織(会社、所属団体、労働組合、宗教団体など)に所属していようが、その組織に左右されることなく、身内や友人知人にも左右されることなく、自分の良心に従って、あるいは自由意志で投票するのが、基本だと思うのですが、なぜ前のようなことが許されてきたのでしょうか。

警察自身が、自民党の味方で、同じような選挙活動をやっていた同じ穴のむじなだから、厳しく取締りをしてこなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

これが相撲協会の選挙みたいに投票する人間がごく少ない場合ならともかく、
大量の有権者が存在する政治家の選挙では
秘密投票である以上、投票場で誰に投票したかは本人にしか分からない訳で、
組織の指示に従ったかどうかなんて本人以外の誰にも分かりません。
だから「組織が支持した候補に投票しなかったから処分」なんて事は起こりえません。
したがって、組織の指示に従わない自由があり、強制力も事実上存在しない以上は
結局のところ自由意志での投票という基本はなんら損なわれていないと思います。
そもそも公職選挙法228条の投票干渉罪は
「投票所(期日前投票所を含む。以下この章において同じ。)又は開票所において正当な理由がなくて選挙人の投票に干渉」
することなんで、事前に所属組織が指示してても構成要件を満たしませんし。

最終的に組織の指示する候補を国政の場に送り出すべきだと判断した人は指示に従うでしょうし、
それをよしとしない人は別の候補へと投票するだけでしょう。
私自身、職員でこそありませんが身内に特定郵便局長を持つ身で、しばしば特定の候補に投票するように頼まれましたが、他の候補に投票したことも少なくないですし。

これが相撲協会の選挙みたいに投票する人間がごく少ない場合ならともかく、
大量の有権者が存在する政治家の選挙では
秘密投票である以上、投票場で誰に投票したかは本人にしか分からない訳で、
組織の指示に従ったかどうかなんて本人以外の誰にも分かりません。
だから「組織が支持した候補に投票しなかったから処分」なんて事は起こりえません。
したがって、組織の指示に従わない自由があり、強制力も事実上存在しない以上は
結局のところ自由意志での投票という基本はなんら損なわれていないと思います。
そも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報