ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

あえて単純に質問させていただきます。

学生の本分は勉強ではない。という意見を目にしたのですが
これは本当でしょうか?

A 回答 (4件)

学生の本分は勉強です。


仕事をしている人間の本分は仕事です。
社会にでる前の人間の本分は社会にでるための準備や人生勉強です。
既婚者の本分は配偶者に誠実であることです。

以上の例題は一人の人間が全て同時に満たすことができる属性ですと教えてあげてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

学生の本分は勉強であり
仕事をしている人間の本分は仕事である。
ということですね。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/01/12 05:09

嘘です



あえて単純に回答させていただきます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

嘘であるということは
学生の本分は勉強である。ということですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/12 05:05

 たとえば今の大学生の本分は、社会に出るのが怖いので暇つぶしをすることや、部活動をしたり友達をつくったりすることなんだそうです。


 その意味では本当です。

 「学生の本分は、勉強(商品の値段を安くして売ること)ではない」
 これも本当です。

 しかし本道的には、学生の本分は勉強(学問や技芸を学ぶこと)です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

学生の本分は勉強である。ということですね。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/01/12 05:05

勉強の定義にもよりますが…



社会勉強と考えると、学生の本分は勉強以外はないと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

勉強の定義も考えた法が良かったですね。
ちょっと考えてみます。

お礼日時:2009/01/12 05:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む


人気Q&Aランキング