痔になりやすい生活習慣とは?

歴史を勉強してみたいのですが、よい方法はありますか?

私は一応、社会人で、文系はからっきし苦手なのですが、興味が出てきました。独学では少々厳しそうですし、通信教育とか、単発の講義とか。高校の日本史・世界史、あるいは中学歴史から?

特に試験対策とかの目的ではなく単純な好奇心からです。
なんか漠然としててすみませんが、なにか手がかりがあれば?と思っています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

NHK高校講座で無料で授業がみれます


http://www.nhk.or.jp/kokokoza/

語学春愁社の参考書は大変わかりやすいです
http://www.goshun.com/highschool/list.php?Catego …
http://www.goshun.com/highschool/list.php?Catego …

代ゼミTVネットも無料視聴できる授業もあります
http://bb.goo.ne.jp/special/yozemitv/hist/date02 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:28

自分は「勉強」してみたことがないので分かりませんけれども、


興味を持った人物について小説でも伝記でもいいので読んでみて、
そこの時代から遡ったり、横のつながりで他の人物や事件について読んで行ったり、ということならします。

小説やマンガはフィクション(虚構)が入ってますのでそこは考慮しないといけませんが、
時代の流れを見るには便利ですし、
無味乾燥に年表を眺めているよりは、生きた人間という感じを持てます。
興味を持つ取り掛かりとしては悪くありません。

ちょっと昔の女子なら『ベルばら』を読んで、革命だとか三部会だとか単語ぐらいは知っていたりしますし、
フェルゼンがアメリカ独立戦争に行ったので、「フランス革命とアメリカ独立戦争は同時代」というのが分かったりします(笑)
フランス宮廷に外国貴族が来ていたんだなあ、ということも分かります。
今となってみると、オスカルの髪型はありえないと思いますが・・・・。

『日出る処の天子』を読み進んでいくと、
まあほとんど(完全?)フィクションなんですけど、
「蘇我氏が仏教系、物部氏が神道系で仲が悪かった」というのを一発で覚えられます。

最初から見るのでなく、遡る(のも、けっこう勧める人の多い方法だと思います。
太平洋戦争について読んでいると「え、ロンドン軍縮会議って何?」とか
「満州っていつから?」とか「なんで日本が南洋の島々を統治してたんだっけ」など、前の時代が気になってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:29

図書館にて、歴史の本を何冊か借りてきて、読んでみる。



本は、小説より短いトピックスを収録しt単行本タイプのものが読みやすいかと思います。最初は、興味のある項目を選んで乱読してみる。
なれてきたら、全体を精読する。

私は、この方法で勉強しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:29

NHK高校講座の日本史、世界史、地理、地学、をビデオに録画しながら視聴、受講してください。

ラジオ放送の現代社会、倫理も、番組を再生して聞いてください。
NHK「そのとき歴史が動いた」3月で終わりますが、結構面白い番組でした。ホームページから、番組のバックナンバーをのぞいてみてください。
あまりおすすめできませんが、ジャンプコミック「花の慶次・・・雲のかなたに」全18巻を読んでみて下さい。
図書館に行って、司書に歴史の本を紹介してもらう方法もあります。図書館で「板倉聖宣」いたくらきよのぶ、というひとの歴史関係の本をさがしてみてください。自然科学者である板倉さんが、理科、数学の視点から歴史をとらえた面白い本があるかもしれません。
仮説社http://www.kasetu.co.jp/
板倉さんの歴史の本が出版されている会社です。
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:30

エッセイから入って興味の持てる分野(時代、地域)を絞って行ったほうが


いいのでは?
例えば杉浦日向子の『一日江戸人』、河合 敦『目からウロコの日本史』
神一行『古代日本の謎』など。これらは古本屋の常連です。
難しい学術書ではないので気軽に読めるし、Book Offで安く買えるので
敷居が低いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:30

歴史は過去のことですよね つまり1秒前のことです


文系が苦手とのこと あんまり関係ないですよ 勉強の90%は暗記でしょう 化学式も大化の改新の年号も 覚えなければ点がとれないことは同じですので まあこのへんは置いといて いまあなたが日常生活のなかで興味のある事柄 また会社関係での特に引っかかること さらに趣味 それらの ルーツを探るのはどうですか ネット検索で十分です
ひとつ例を  時代劇それも大河で この間の篤姫で 江戸総攻撃のおり なんとしても阻止しなければと篤姫が西郷隆盛に斉彬の手紙を見せ
そのことが攻撃の中止に繋がったみたいなことでしたが
やはり小説のことです 背景を調べてみますと 勝が施した用意周到の作戦の結果が大きかったことがわかります
また馬に興味のあるかたは 新しく始まった大河 天地人で謙信が馬に乗るとき 馬の右から騎乗したか左からかを観察しています 鎧兜では左から騎乗するものだからです 日本の馬はポニーよりすこし大きい位だということも知っています これも馬というものの歴史ルーツを辿った結果です ひとつのキーワードから辿れるところまで辿る その途程にいっぱいの枝葉がついてきます 物事はそれひとつでなりたっているものではなく 網の目のように関係しあっているものですから 多くの
関連事項も知識の対象になってきます

年代と重要事項を知りたいというのであれば各回答者のとおりですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:31

本屋に行って、高校日本史・世界史の適当な参考書を一冊ずつ買い、通読することを勧めます。



参考書と言っても、東大受験者向けのものから「落ちこぼれ」対策のものまでレベルが何種類かありますが、なるべくビジュアルに書かれた易しめのものが良いでしょう。そういう参考書は
「歴史が嫌いで試験で点数を取れない人に、いかに歴史を少しでも理解してもらうか」
とノウハウを駆使して書かれていますので、質問者さんのような方に好適です。

こういった参考書を通読して日本史・世界史についての基礎的知識がつけば、しめたものです。
次のステップとしては
『中央公論社の叢書「日本の歴史」「世界の歴史」』
(共に文庫本で出ています。また、図書館で必ず所蔵しています)
を読めば、ここで歴史カテゴリの質問に回答できるくらいの知識が身につきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:31

学習漫画が良いでしょう(昔は集英社だったけれど今は小学館?)。

図書館にも置いてあります。ちゃんとした先生が監修しているので内容も基本を押さえ、しっかりしています。
歴史小説も悪くはありませんが、良質のものでないと内容がいい加減(現代風な考え方になっている、洞察が不足、表面的、単なる英雄史観)なものも多いので、あまりお勧めしません。特に理系の方なら、そういう情緒的な方面でなく、理詰めで攻めていくべきだと思います。
本当は中公文庫の「日本の歴史」「世界の歴史」が良いのですが、大部だしそれ以前の流れが頭に入ってないと大変だと思いますので、次のステップで良いでしょう。
なお、全体の流れは頭に入れておくべきだと思います。歴史はあることが次につながっていくので、一つの時代しか知らないと片輪になってしまいます。社会人の教養として知りたいのであればなおさらです。一つの時代や人物に深く入るのはそれからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:32

学生にも言えるのですが、歴史は興味をもつことが一番。


そして興味をもつ近道は、歴史小説や歴史マンガを読むことです。

書店やマンガ喫茶に行って、興味のあるマンガや小説を片っ端から読んでください。
そして興味のある作品について、同じ作者の別の時代の作品を読んだり、また同じテーマを扱った別の作者の作品を読むのです。

また疑問に感じた点については、歴史の専門書やネットで調べることで、歴史に関する知識が加速度的に増えていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:29

映像が一番です。

一番簡単で安価なのはNHK教育の高校講座。
日本史と世界史を見ればいい。あれはきちんとできた教材で
内容も充実している。

歴史の勉強と言う意味では、日本は通史でやりたがるけど、
頭からケツまでやれば安心というような、薄く広い受験教育の馬鹿げたやり方で、
歴史は期間を限ったテーマ史で深くやるのが世界的には一般的だし、
大人の勉強方。受験が関係ないならおさら。
だから好きなテーマを選んで、深くやっていくのも手だ。
その場合は書籍でもいいしなんでも。
基本的に浅い勉強は何の意味もない。すぐ忘れるだけ。
深くやって初めて、少しは頭に残る。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
コピペですみません…参考にさせていただきます!

お礼日時:2009/01/24 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界史をざっと学ぶのに良い本をご存知ですか?

高校で世界史をほとんど履修しないまま、社会人になってしまった者です。
今思えば、「履修漏れ」にあたるのかもしれませんが、高1のときに週1時間あっただけで、しかも、古代中国の「邑」?についてのみの授業でした。最後の1ヶ月ぐらいだけ、突然ルネッサンスについてもやりました。
大学受験でも当然選択せず、恥ずかしながら特に興味もなかったため自分で勉強することもなく今まで来たのですが、
世界史についてあまりにも知識がないことに、こんなことでよいのかと最近不安を覚えました。
しかし、世界史を勉強したいと思っても、範囲が広すぎてどうしていいのかよく分かりません。教科書がいいかもしれないと思い、見てみましたが、もともとさほど歴史好きというわけでもなく、読み進みません。
一般常識としての世界史を広く浅く学ぶのに適した本をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。
たとえば「日本の戦国時代、ヨーロッパではこんなことがあって、アメリカ大陸ではこんなことがあって、アジアでは…」といったふうに、同時代に世界で何があったのかを理解できるような本を探しています。物語風というか、読んでいて面白い、と思えるようなものだと、なおうれしいです。
よろしくお願いいたします。

高校で世界史をほとんど履修しないまま、社会人になってしまった者です。
今思えば、「履修漏れ」にあたるのかもしれませんが、高1のときに週1時間あっただけで、しかも、古代中国の「邑」?についてのみの授業でした。最後の1ヶ月ぐらいだけ、突然ルネッサンスについてもやりました。
大学受験でも当然選択せず、恥ずかしながら特に興味もなかったため自分で勉強することもなく今まで来たのですが、
世界史についてあまりにも知識がないことに、こんなことでよいのかと最近不安を覚えました。
しかし、世...続きを読む

Aベストアンサー

いきなり蛇足で申し訳ないのですが、歴史関連の本を読む場合、例え専門書であっても「これは著者が採用した一説(仮説)に過ぎないんだ」ということは頭の片隅にでも置いておいてください。
というのも、歴史学というのは自然科学のように真実が分かる事はほとんど無く、せいぜい表面的な事しかわかりません。
少し暴論を言えば「歴史は全てフィクションだ」といっても過言ではない位です。
そして、多くの歴史は政治的に利用されるモノであるという事です。

と、前置きが長くなりましたが、幾つか気軽に読める参考書を。

『いっきに読める世界の歴史―どこから読んでも面白い!』
単行本: 415ページ
出版社: 中経出版 (2004/11)
ISBN-10: 4806121258
鶴岡 聡 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%81%E3%82%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E2%80%95%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%82%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%84-%E9%B6%B4%E5%B2%A1-%E8%81%A1/dp/4806121258/ref=pd_sim_b_3/249-9294089-9877129?ie=UTF8&qid=1192964097&sr=1-17

一項目5ページで要点を纏めてあります。
基礎中の基礎知識、世界史玄関の表門にあるインターホンを押した感じ。
また、現代の世界情勢と関連づけて解説されているため、歴史と政治が切っても切り離せない関係であることが感じられる。

『一冊で世界史をメインに日本史ものみこむ本』単行本(ソフトカバー)
出版社: 東京書籍 (2000/09)
ISBN-10: 448779594X
寺沢 精哲 監修
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E5%86%8A%E3%81%A7%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2%E3%82%92%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%93%E3%82%80%E6%9C%AC-%E5%AF%BA%E6%B2%A2-%E7%B2%BE%E5%93%B2/dp/448779594X/ref=sr_1_3/249-9294089-9877129?ie=UTF8&s=books&qid=1192965718&sr=1-3

世界史と日本史を結びつけて考えるのに良い本。
こちらの方が、ご希望に近い感じですね。

『歴史の読み方―日本史と世界史を統一する』
単行本: 286ページ
出版社: 弓立社 (2001/04)
ISBN-10: 4896671015
岡田 英弘 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%96%B9%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E3%81%A8%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2%E3%82%92%E7%B5%B1%E4%B8%80%E3%81%99%E3%82%8B-%E5%B2%A1%E7%94%B0-%E8%8B%B1%E5%BC%98/dp/4896671015/ref=sr_1_2/249-9294089-9877129?ie=UTF8&s=books&qid=1192965718&sr=1-2

歴史をダイナミックに捉える独特の史観の持ち主である著者が書いた論文と講演集を纏めた本。
彼の史観は独特で、岡田史観とも称されているおり賛否両論あるが、それ故に面白い。

『歴史とはなにか』 (文春新書)
新書: 222ページ
出版社: 文藝春秋 (2001/02)
ISBN-10: 4166601555
岡田 英弘 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%AB%E3%81%8B-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A1%E7%94%B0-%E8%8B%B1%E5%BC%98/dp/4166601555/ref=pd_sim_b_2/249-9294089-9877129?ie=UTF8&qid=1192965718&sr=1-2

歴史を考えるとき、忘れがちなモノを思い出させてくれる書。
そして、小中高では教えてもらえない事。
中でも、「歴史は自分の立場を正当化する「武器」」という言葉は含蓄がある。
歴史を読む前に読んで欲しい本。

『過去の終焉―現代歴史学への提言』
出版社: 法律文化社 (1975)
J・H・プラム(著)鈴木 利章 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E7%B5%82%E7%84%89%E2%80%95%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AD%A6%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8F%90%E8%A8%80-1975%E5%B9%B4-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%88%A9%E7%AB%A0/dp/B000J9EXDM/ref=sr_1_1/249-9294089-9877129?ie=UTF8&s=books&qid=1192967083&sr=1-1

古書ですので、図書館等にあれば読んでみてください。
上記の『歴史とは何か』との問いを扱った本です。
歴史を「過去」と「歴史」に分けることにより、「歴史とは現状を正当化するための武器」という面を浮き彫りにしつつ、歴史家の役割に言及するなどの歴史哲学を提示しています。
ちょっと専門書色が強いですが、蛇足ついでに紹介しておきます。

以上、参考になれば幸いです。

いきなり蛇足で申し訳ないのですが、歴史関連の本を読む場合、例え専門書であっても「これは著者が採用した一説(仮説)に過ぎないんだ」ということは頭の片隅にでも置いておいてください。
というのも、歴史学というのは自然科学のように真実が分かる事はほとんど無く、せいぜい表面的な事しかわかりません。
少し暴論を言えば「歴史は全てフィクションだ」といっても過言ではない位です。
そして、多くの歴史は政治的に利用されるモノであるという事です。

と、前置きが長くなりましたが、幾つか気軽に読め...続きを読む

Q歴史を勉強したいのですが・・・。

30代の女性です。
自分のこどもが小学校、中学校・・と成長していき勉強をしている姿を見るにつけ、私も英語やら中国語や資格試験等は勉強してはいるけれど、学生時代歴史の勉強はずいぶん苦手意識からやってこなかったなぁと、今になって恥ずかしく思います。

学生時代、歴史というと、つまらない年号を覚えるだけなんて先入観があったんです。でも日本史でも世界史でも、勉強することで、現在の世界がどのように作られてきたか、日本と世界のかかわり等を知ることもでき、とても意義のある科目なのですよね。
映画を観るにも、新聞を読むにも、人と話をするにも、歴史の知識は必要です。
学生時代、どうしてこういうことに気がつかなかったんだろう?

30代後半の私が「歴史(日本史・世界史ともに)を勉強したい」と思ったら、どこからスタートしたらよいのでしょうか?小6のこどもの社会科の教科書を読み始めたらいい?小6よりもっと低い学年のからがいいのかな?そして徐々に中学生の教科書・・・という風に?

歴史に詳しい方のアドバイス、お待ちしています。
よろしくご教示願います。

30代の女性です。
自分のこどもが小学校、中学校・・と成長していき勉強をしている姿を見るにつけ、私も英語やら中国語や資格試験等は勉強してはいるけれど、学生時代歴史の勉強はずいぶん苦手意識からやってこなかったなぁと、今になって恥ずかしく思います。

学生時代、歴史というと、つまらない年号を覚えるだけなんて先入観があったんです。でも日本史でも世界史でも、勉強することで、現在の世界がどのように作られてきたか、日本と世界のかかわり等を知ることもでき、とても意義のある科目なのですよ...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね~、みなさんの発言にあるように
「マンガ」→「小説」
で覚えていくのが一番よさそうですね。

マンガで歴史に興味を持てるようになれば、自然と
小説にも入り込めます。
歴史小説を読み漁るようになれば、日本史の流れは
自然と頭の中に入るようになります。

教科書を読むのは、その後でもいいくらいです。

私の場合は
 「三国志  」(横山光輝;マンガ) 小・中学生
 「史記   」(小学生向けの本)  小・中学生
 「項羽と劉邦」(司馬遼太郎;小説) 中学生
 「竜馬がゆく」(司馬遼太郎;小説) 20歳頃
と進んでいき、後は一気呵成に司馬サンの作品と、
他の作家(海音寺潮五郎;池波正太郎など)にハマッて
いきました。

マンガでは、上記の三国志の他に
 ・伊賀の影丸(伊賀のカバ丸ではありません ;^^)
 ・エロイカ (ナポレオン。ベルバラの続きになっている)
ですかね。
それから、下記の方の発言にある
 ・るろうに剣心・花の慶次郎・あさきゆめみし
 ・日出処の天子・天上の虹
もひととうり読んでいます。

「封神演義」については、マンガの方がかなり原作を外れ
ており、当然ながらベースとなった中国史をかなり無視し
ていますので、原作の小説を読んだ方が歴史の勉強にはなる
でしょう。

石ノ森正太郎の「マンガ日本の歴史」が通史という観点で
はよさそうなのですが、あいにく読んでいませんので詳しい
意見は控えます。
それから「ベルバラ」もまだ読んでないですね。読もうか
と思いつつも、ちょっと男性には近づきがたい雰囲気があ
りますので...

おっと大事なのを一つ忘れていました。
 「風雲児たち」 (みなもとたろう;マンガ)
です。コレさえ読めば、江戸時代全般、特に後期から幕末
にかけての歴史はバッチリです。
日本史の教科書なんて目じゃありません。それに読んでいて
とにかく面白いですし。


時代別にまとめると
[大和時代]
 ・日出処の天子(山岸凉子)
[奈良時代]
 ・天上の虹  (里中満智子)
[平安初期]
 ・空海の風景 (司馬遼太郎)
[平安末期~鎌倉幕府成立]
 ・吾妻鏡   (竹宮恵子)
 ・義経    (司馬遼太郎)
[応仁の乱~戦国初期]
 ・箱根の坂  (司馬遼太郎)
[戦国時代]
 ・天と地と  (海音寺潮五郎)
 ・国盗り物語 (司馬遼太郎)
 ・反逆    (遠藤周作)
 ・関ヶ原   (司馬遼太郎)
[江戸時代]
 ・風雲児たち (みなもとたろう)
[幕末]
 ・風雲児たち 幕末編(みなもとたろう)
 ・竜馬がゆく (司馬遼太郎)
[明治時代 中期]
 ・坂の上の雲 (司馬遼太郎)
といったところでしょうか。

そうですね~、みなさんの発言にあるように
「マンガ」→「小説」
で覚えていくのが一番よさそうですね。

マンガで歴史に興味を持てるようになれば、自然と
小説にも入り込めます。
歴史小説を読み漁るようになれば、日本史の流れは
自然と頭の中に入るようになります。

教科書を読むのは、その後でもいいくらいです。

私の場合は
 「三国志  」(横山光輝;マンガ) 小・中学生
 「史記   」(小学生向けの本)  小・中学生
 「項羽と劉邦」(司馬遼太郎;小説) 中学生
 「竜馬が...続きを読む

Q日本史・世界史を趣味の範囲で勉強したい!

日本史・世界史を大学受験のためにがっつり勉強するのではなく、趣味の範囲でそこそこがっつり勉強したい!

すみません。長い上にくだらないですが読んでくれたらうれしいです。

わたしはついこの間まで受験生でした。
所謂MARCHの中のある1つの大学に合格できたから一応よかったのですが、よくなかったのは数学受験だったことです。
私は最初国立を志望していたため数学が二次試験にありました。
しかし、いくらやっても国立二次のレベルに到達できなく10月ごろに挫折してしまい数学受験で私立専願に変えました。
そのときセンター対策で日本史を一通りやっていたのですが、今の時期から私立の日本史は間に合わないなと判断し、がっつりやっていたのは数学だったため数学で受験しました。
私は日本史が大好きだったため、11月以降はずっと「初めから日本史で受験がしたかった…」というのを引きずっていました。
受験が終わった今もその気持ちが薄れません。
しかし、日本史の為だけに浪人する気持ちにもなれません。
自分が受かった大学はそんなに嫌でもないし、自分の1年を捧げるほど早慶に魅力を感じません。
だから浪人はないなと思い、ものすごくもやもやしていました。本当は日本史で受験に勝負したかったです。
でもいつまでもそんなこと言ってられないと思ってさっき思いついたのが、大学が始まる5月まで自分で日本史、ついでに世界史をそこそこ勉強しよう!です。

めちゃくちゃ長くなりました(^^ゞ
が、これが今の私の心境です…
日本史・世界史を趣味の範囲で勉強するときどんな参考書が役に立ちますか?
やはり山川が出している詳説の教科書でしょうか?
問題を解いていく…というような受験っぽいことはあまりしたくなく、学校の授業みたいにノートにまとめていきたいです。
特に日本史はある程度自分なりの勉強の仕方みたいなのがあるのですが、世界史は全くと言っていいほど分かりません(>_<)

今年受験を終えた方や、受験の後に趣味の範囲で勉強をした方の回答をお待ちしています。

あと、補足です。
おそらく、「国立を途中で挫折するくらい中途半端な気持ちなら、なぜ最初から私立文系の専願で狙わなかったのか」と思う方が出てくると思います。
理由は私が地方の高校出身であり、最初から大学は国立しかないという変な固定観念があったからです…
今この狭い視野の考えだったことをものすごく後悔しています(;_;)
.

日本史・世界史を大学受験のためにがっつり勉強するのではなく、趣味の範囲でそこそこがっつり勉強したい!

すみません。長い上にくだらないですが読んでくれたらうれしいです。

わたしはついこの間まで受験生でした。
所謂MARCHの中のある1つの大学に合格できたから一応よかったのですが、よくなかったのは数学受験だったことです。
私は最初国立を志望していたため数学が二次試験にありました。
しかし、いくらやっても国立二次のレベルに到達できなく10月ごろに挫折してしまい数学受験で私立専願に変えまし...続きを読む

Aベストアンサー

趣味で歴史にどっぷりの人間です。受験はしていませんが、だからこそ歴史を勉強したくて、一所懸命勉強しました。
まず高校レベルの日本史・世界史は頭に入っているんですよね?もしまだだったら、まずは高校の教科書を頭に入れましょう。
あとはひたすら本を読むことをお勧めします。大きい書店に行って、歴史のコーナーで自分の読みたい本を探して読み漁っていくうちに、歴史にどっぷり浸かれると思いますよ。
手始めに中公文庫の「日本史」「世界史」のような全十数巻のもので全体を理解してください。何社からか出ているので、いろいろ読むといいですよ。高校の教科書が薄っぺらいと感じるほど、内容の濃いものが多いですし。
その後、その時々で興味のあるものを掘り下げていけるような本をまた探すという風にするといいのではないでしょうか。

歴史は一つのことがわかると、その先をもっと知りたくなりますよね。一つの歴史事実に関して、場合によっては様々な説がある場合もあります。そういうのに興味を持ったら、一人の先生の学説に捉われることなく、いろんな説の本を読むと本当に面白いです。
大学で専攻しないからこそ、自由に歴史を勉強できる利点にもなり得ます。

あと本は図書館で借りたりするのではなく、買うことをお勧めします。後でまた読むということができるからです。違う説を比べたくなることも出てきますし、忘れてしまったことをもう一度調べたり、単に読み返したり…。私は同じ本を何度も読みます。何度読んでも面白いですし。でも、何度読んでも全てを覚えられるものではないんです(頭が悪いだけでしょうけど)。まあ、だからこそライフワークになるんですよね。

趣味で歴史にどっぷりの人間です。受験はしていませんが、だからこそ歴史を勉強したくて、一所懸命勉強しました。
まず高校レベルの日本史・世界史は頭に入っているんですよね?もしまだだったら、まずは高校の教科書を頭に入れましょう。
あとはひたすら本を読むことをお勧めします。大きい書店に行って、歴史のコーナーで自分の読みたい本を探して読み漁っていくうちに、歴史にどっぷり浸かれると思いますよ。
手始めに中公文庫の「日本史」「世界史」のような全十数巻のもので全体を理解してください。何社から...続きを読む

Q個人的に哲学を学ぶにはどうしたらよいか

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだことの自慢みたいのが飛び交っていますが、たとえば私の質問を見てくれた、哲学者(?)の貴方は、哲学の書をやっぱり沢山読んでいるんですか?

 私は文章を書くのが好きなので、哲学的な考え方ができれば創作に役に立ちそうだなと思って、哲学を意識しておりますが、これまでの哲学を振り返っていたら、仕事も手につかなくなり、寿命が来てしまいそうです。
 また、生半可な知識だと訓話にもならず、似非哲学になってしまいます。哲学が何も見えないんですけど、何をしたらいいと思いますか?アドバイスをお願いします。

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだこと...続きを読む

Aベストアンサー

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といった実証的研究法を叩き込まれます。
データ解析のために統計学や情報処理の知識も必須です。
心理学は実証科学として哲学から分離独立した学問ですので当然のことです。
思弁的論考だけの卒論では卒業させてもらえません。

哲学や心理学で飯を喰おうというのであれば
上記のようなトレーニングが要求されますが,
そうでないのなら
まずは哲学史や心理学史の流れを頭に入れることから始められてはいかがでしょう。
独学者にありがちな独善的な思い込みに陥らないためにも,
学問の歴史的全体を俯瞰して
大まかな見取り図を頭の中に描いておくことは大切だと思います。

手ごろなものとして,こんな本はどうですか。

池田晶子(著)
『考える人―口伝西洋哲学史』 中公文庫

木田元(著)
『反哲学史』 講談社学術文庫

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といっ...続きを読む

Q趣味で日本史を詳しく知るための本

最近になって日本史に興味を持ち、本を読んだり、その場所を訪れ見たり考えたりすることが好きになったものです。
注目する人物を決めて、その人の本を読み漁るのが好きなのですが、先ずは日本史全体の流れを知り、そこから的を絞って深めていきたいと思っています。
そこで、学校の勉強ではなく趣味として楽しめ、日ま本史全体を知れるようなおすすめの本(シリーズでも)などありましたら教えて頂けないでしょうか?

※高校などの教科書よりももう少し深く、満遍なくかかれたものがあると嬉しいなと思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

趣味で始められるということですと、縄文時代から始まって次は弥生時代などとやったのではまず長続きしません。
全体を概観するのであれば、多少詳しい年表を購入されて、パラパラめくって眺められれば自然に流れは分かります。

日本史年表 単行本(ソフトカバー) 東京学芸大学日本史研究室 (編集)
社会科の先生方が使っている年表です

日本史年表 第四版 単行本  歴史学研究会 (編集)
資料も豊富で比較的見やすいかと思います。

いずれもAmazon等のネットで購入できます。

こんなサイトもあります。
コラムごとに拾い読みをしてみて下さい

徹底検証:「新しい歴史教科書」の光と影
www4.plala.or.jp/kawa-k/rekishi.htm

歴史書が面倒なのは、歴史観の問題があります。
同じ歴史上の事象を説明するのにも著者の主観が強く表にでてくる傾向があります。
中高等学校で学習する歴史はいわゆる正史と呼ばれる史料を元にして記述されています。
これに対して稗史と呼ばれる史料に基づく歴史書もあります。
歴史学というのはあくまでも文字史料のみをよりどころとした学問です。
膨大な文字史料の中からどの史料を使うかという選択の問題があります。
著者の主義主張に副った史料だけをピックアップして記述することができてしまうという学問です。
なかなか中立的な記述をするのが難しい学問分野だということをご理解願います。

現在は端境期と言いますか、いろいろな書籍が出回っています。
いわゆる自虐史観と呼ばれる観点からのものが相変わらず出回っています。
一方で上記のサイトのような、ある意味で過激なぐらい現在の教科書の記述を非難する立場から書かれているものもあります。

これからいろいろな書籍を読まれたり見学にいかれたりされるかと思いますが、なまじ解説付きの書籍を読まれていると、私が知っていたことと違う、という事態に直面して混乱してしまいます。
年表でご自分なりのイメージを作られておかれたほうが、本を読むにせよ、見学に行くにせよ、へぇ~こんなこともあったんだと素直に受け入れることができて常に新鮮で新しい発見をすることができます。

趣味で始められるということですと、縄文時代から始まって次は弥生時代などとやったのではまず長続きしません。
全体を概観するのであれば、多少詳しい年表を購入されて、パラパラめくって眺められれば自然に流れは分かります。

日本史年表 単行本(ソフトカバー) 東京学芸大学日本史研究室 (編集)
社会科の先生方が使っている年表です

日本史年表 第四版 単行本  歴史学研究会 (編集)
資料も豊富で比較的見やすいかと思います。

いずれもAmazon等のネットで購入できます。

こんなサイトもあります。
コラ...続きを読む

Q独学で世界史

センターは世界史でいこうと思っている高1です。

2年で世界史の授業がないので、3年で追い込まれないために独学で教科書を使って勉強しようと思うのですが、どのように勉強すればいいでしょうか?

暗記は得意なほうです。

教科書だけを使って、お願いします。

Aベストアンサー

世界史ってそもそも地域帝国(イスラム、インド圏、中国圏、ヨーロッパ圏他)などがそれぞれ展開していくものです。

他の回答者さんおっしゃる通り、試験はヨーロッパ史そして日本との関係の深い中国史。

独自の文化を編み出したり、ある文化が伝播し影響受けて、また融合して自分の文化を編み出すそういう連続ですよね。

インド、中国ともに外の少数民族に征服されながら、築いた文化に征服した人たちも同化していくというものをたどります。

同じく、中国などでは放牧の民族のほうが戦闘能力が高く、文化を築いた農耕民族が征服されながら、文化は征服した人たちをも同化するなどです。

ヨーロッパでは当時では進んでいたイスラムと対立でスペインでレコンキスタなど起きます。

日本人では戦国時代が人気あるように世界史でもそういう動的なものって、歴史的に覚えやすいです。

また内的事情での変化では、現在であればフランス革命後など、改革とはなんだったかとの意義を考えていくと今の時代と同様いろいろその時代に感情も共感、没入しながら、今の時代の出来事のように関連して覚えていけます。

そのためにお金を使うと学生などは無理とすれば、地域の図書館で趣味で読み進めれば、土台と築きやすいと思います。

好きであれば、どんどん頭に入る。そういう分野だと思います。

世界史ってそもそも地域帝国(イスラム、インド圏、中国圏、ヨーロッパ圏他)などがそれぞれ展開していくものです。

他の回答者さんおっしゃる通り、試験はヨーロッパ史そして日本との関係の深い中国史。

独自の文化を編み出したり、ある文化が伝播し影響受けて、また融合して自分の文化を編み出すそういう連続ですよね。

インド、中国ともに外の少数民族に征服されながら、築いた文化に征服した人たちも同化していくというものをたどります。

同じく、中国などでは放牧の民族のほうが戦闘能力が高く、文化を...続きを読む

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Q大人になってからの日本史の勉強法

テストのための日本史ではなく、教養としての日本史を勉強したいんです。
海外でホームステイをした時に日本のことを聞かれても満足に答えられず、とても恥ずかしい思いをしました。また海外に長期で行きたいと思っています。
違う国の人と触れ合う機会があれば、相手の国のことを知りたいと思うのは当然ですよね。外国の人は自分の国のことをよく知っているなと、思いました。
私が知らなすぎただけかもしれませんが。。。
本屋にも行ってみましたが、分厚く難しそうなものしか見当たりませんでした。読書は好きですが、あんな難しそうな本ではとても読めそうにありません。
どなたか、初心者でも読みやすそうな本を知ってる方はいませんか?
国際交流って英語がしゃべれるとかではなく、いかに自分の国を説明できるかなんですね。。。
思い知らされました。

Aベストアンサー

海外の人に日本を説明するのであれば、No.3の方と同じく
井沢元彦の「逆説の日本史」シリーズはオススメです。

何巻だったか忘れましたが、まえがきか何かで海外で
日本のことを説明するのに、役にたったという記述が
あったと思います。

正直、古代史については、眉唾ものの記述が多いのですが、
それでも「怨霊信仰」についてクドイほど説明をして
いるのは、非常に重要なポイントです。

古代史をすぎれば、あとは普通に読めます。眉唾の記述も
グッと減ります。
また、斜めよみしても、十分面白いと思います。

ただ、論理的な説明が多いので、そういうのが苦手な
人には、相性が悪いかもしれませんね。


あと江戸時代から幕末が対象ですが、
「風雲児たち」
がムチャ面白いです。マンガですが、下手な歴史書を
何冊も読むよりも、よっぽど勉強になります。
それでいて、ポイントはきちんと押さえています。
何より面白いです。(ギャグ盛りだくさん。^^)

最初は潮社から出版されていたのですが、最近リイド社
からワイド版で復刊されています。
ちょっと大きい本屋のマンガのコーナーに行けばあると
思いますので、ぜひ読んでみてください。

絶対にオススメです!!

海外の人に日本を説明するのであれば、No.3の方と同じく
井沢元彦の「逆説の日本史」シリーズはオススメです。

何巻だったか忘れましたが、まえがきか何かで海外で
日本のことを説明するのに、役にたったという記述が
あったと思います。

正直、古代史については、眉唾ものの記述が多いのですが、
それでも「怨霊信仰」についてクドイほど説明をして
いるのは、非常に重要なポイントです。

古代史をすぎれば、あとは普通に読めます。眉唾の記述も
グッと減ります。
また、斜めよみしても、十分面...続きを読む

Q日経新聞を読む人と読まない人

日経新聞を読む人と読まない人
社会人2年目の男性です。
先日、何気なく会社に配達される日経新聞を読んでいたら
別の課の上司に褒められました。
その方は「日経新聞を読む人と読まない人では差が出てきて、
毎日ちゃんと読んでいれば必ず君のためになると思うよ。」
と仰っていたのですが、本当でしょうか?
皆様のご意見をお聞かせ下さい、お願いします。
日経新聞を読み続ける事が自分の為になるなら定期購読も考えています。

Aベストアンサー

 日経新聞でも経済週刊誌でも、自腹で購読をお勧めします。
 又、経済本や、自己啓発本等も自腹購入をお勧めします。
 なぜなら、この手の書物は面白くないからです。モチベーションは「読まないと勿体ない」です。
 自腹で無ければ、そのうちに読まなくなります。
 会社から疲れて帰って来て、眠たいのに、自腹で購入でなければ読めません。
 会社から配給された本は皆、読まないのはモチベーションが無いからです。

 10万円程度でも構いませんから株式購入もお勧めします。これもモチベーションの為です。
 小額でも株式に注意を払うようになります。
 自分で自分を騙す方法を考えて何とかモチベーションを継続して下さい。

 最初は面白くありませんが、有る時に、用語に慣れて時代の流れが読める様な気になります。
 そうすると、先回りの攻撃と防御、リスクの取り方(ハイリスクロ-リターンとローリスク
 ノーリターン等)が分かり、勝負時に打つ手の選択肢が広がります。
 上手なリスクハンドラになれます。目標はここです。これになると仕事が面白くなります。

 中小企業でも、大企業でも、優良な会社の社長は概して麻雀等のギャンブルが強いものです。
 企業運営でも永く運営するにはギャンブル的な勝負時が何回か出てきます。孫さんしかりです。
 勝負時に流れが読めるように、打って出る為のデータを多く持つ方が有利になります。
 又、勝負に負けても切替が早く、善後策も次から次へと打てるようになります。
 将来、優秀なリスクハンドラになる事をお祈り致します。  

 日経新聞でも経済週刊誌でも、自腹で購読をお勧めします。
 又、経済本や、自己啓発本等も自腹購入をお勧めします。
 なぜなら、この手の書物は面白くないからです。モチベーションは「読まないと勿体ない」です。
 自腹で無ければ、そのうちに読まなくなります。
 会社から疲れて帰って来て、眠たいのに、自腹で購入でなければ読めません。
 会社から配給された本は皆、読まないのはモチベーションが無いからです。

 10万円程度でも構いませんから株式購入もお勧めします。これもモチベーションの為です...続きを読む

Q日本史や地理をもう一度、楽しく勉強してみたい

私は社会人で、仕事もしています。以前にあるところで簿記を勉強しました。講義のDVDを見ながら個人学習していくかたちのものなのですが 、すごく私にあっていると思いました。
なぜなら、先生の講義がわかりやすくてほんとに楽しく勉強できたからです。独学で問題集だけでならこんなに楽しく最後まで勉強できなかったと思います。
 そして、無事日商簿記2級を取得する事が出来ました。それから"もう一度いろんなことを勉強してみたい"と思うようになりました。資格を取るための勉強というより学生時代の勉強をもう一度してみたいと思うようになりました。 ほんとうに恥ずかしながら、高校卒でたいして勉強もしてこなかった私にとって、社会人大学も、ちょっと大変そうで抵抗があります。日本史や地理の勉強が楽しそうだなと思いもう一度勉強してみたいのですが、社会人で教えてくれそうなところもありません。 日本史や地理などの講義のDVDって販売してないでしょうか。色々探してみたのですが見当たりません。また、わかりやすく教えてくれるようなところがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本史についてですが、学ぼうなんて堅苦しいことは考えずに
歴史関係のマンガや小説を読むことからはじめたらどうでしょうか。

興味が出てくれば、勉強なんて思わなくても自分で関連する
資料を探しはじめたりします。

とりあえず手始めとして、参考URLをご紹介します。

参考URL:http://www.geocities.jp/sou_nihonshi/index.html


人気Q&Aランキング