「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

私は小学校の頃に担任の先生に
「おこなう」と言う漢字は「行う」と書き、送りがなは「う」だけ。
よく「行なう」と間違える人がいるので気を付けましょう。
と教わりました。

しかし最近、テレビのテロップ、新聞、雑誌などでたまに「行なう」と標記してあるのを見かけます。
気になったので辞書(本とネット)で調べたところ、「行う」だけの物と、両方記載している物がありました。
パソコンの漢字変換ソフトATOK、IME共にどちらにも変換されます。

これは、本来どっちが正しいのでしょうか?
どちらでも構わないのか、「行なう」が最近使ってもいいように認められたのか。
甚だ気になって仕方がありません。
何か知っている方はおりませんでしょうか?
気にするだけ無駄なんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昭和34年(1959)7月11日内閣告示第1号の「送りがなのつけ方」では、次のようになっています。



通則
第1 動詞
1 動詞は、活用語尾を送る。
 例 書く 読む 生きる 考える
   ただし、次の語は活用語尾の前の音節から送る。
     表わす 著わす 現われる 行なう 脅かす
     異なる 断わる 賜わる  群がる 和らぐ

これを廃止して、昭和48年(1973)6月18日の内閣告示第2号「送り仮名の付け方」では、次のように改められました。

単独の語
1 活用のある語
通則1
 本則 活用のある語(通則2を適用する語を除く。)は活用語尾を送る。
  〔例〕憤る 承る 書く 実る 催す ……
 許容 次の語は、( )の中に示すように、活用語尾の前の音節から送ることができる。
    著す(表わす) 著す(著わす) 現れる(現われる)
    行う(行なう) 断る(断わる) 賜る(賜わる)

許容 とは 「本則以外に、これによってよいものをいう。」「本則又は許容のいずれに従ってもよいが、個々の語に適用するに当って、許容に従ってよいかどうか判断し難い場合には、本則によるものとする。」というものです。

  
そして、昭和56年(1981)10月1日の内閣告示第1号「常用漢字表」の「行」字の訓「おこなう」の表記例としては「行う 行い」があがっているだけです。

つまり、1960年度から1973年度までは、「行なう」が正しい。
1974年度以後は「行う」が本則、「行なう」が許容。
実際には、3通りの方式があります。

1 行う  行った  行く 行った
2 行う  行なった 行く 行った
3 行なう 行なった 行く 行った

1959年度以前、人それぞれの方式でおこなわれていたようです。例えば
 活用語尾を送る
 仮名3字目以後を送る
 訓は全部仮名書きにする
など……

担任の先生は1950年以前に生まれた方では?

新聞社や出版社、放送局は、内閣告示に準拠しています。朝日新聞が「行なった」に切り換えたら、こちらのほうが正統な表記になる、というほどには朝日新聞社が日本国政府を凌駕してはいません。


       
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく教えていただきありがとうございます。
内閣告示までされていたんですね。全然知りませんでした。いい勉強になりました。
私が小学校に通ってたのは20年位前で、当時の担任の先生は50歳前後でしたので、1950年以前うまれでしょう。

お礼日時:2009/01/25 09:44

学校で教わる送り仮名のつけ方は、先の回答にある「内閣告示」に依っています。


ですから“「行う」が正しく、「行なう」は間違い”と先生は言われたのだと思います。

ただし、これもまた先の回答にあるように、「行なう」はその「内閣告示」でも許容範囲ですから、全くの間違いというわけではないと思います。

また、私の個人的な思いで言えば、「行う」にした場合、「おこなった」と「いった」とが、どちらも「行った」になってしまい、混乱する可能性があると思うのです。
もちろん、文脈からいって間違うことはほぼないといってもいいのですが、それでも稀に「え、どっち?」と思うことはありますし、一目で「いった」か「おこなった」かを見分けるには「おこなう」の方に「な」を送った方がわかりやすいと思うのです。

特にテレビのテロップなどは、前後の言葉がなく、ある一部分だけを取り上げることがあります。そうすると、そのテロップが出た瞬間だけをぱっと見た人は迷うこともあると思います。
そういう意味からも「行なう」としているものが増えているのだと思います。


蛇足ですが、「行う」と「な」を送らない表記にしているのに、「おこなった」の時だけ「な」を送るという不統一は、編集者の立場としては美しくないと思いますので、「行なった」と表記するのであれば「行なう」とするのがよいと思います。

いずれにしても、「内閣告示」や文化庁が示している国語表記の基準以外はすべて間違いというわけではなく(例えば常用漢字以外は使ってはならぬとは言えないわけで)、日本語表記にはいろんなバリエーションがあるので、その都度、書いた人がどういう思いで書いているのか、表記の基準にどんなこだわりを持っているのかなどを、いちいち考える必要があるのかもしれません。
ある意味、めんどくさい話ではありますが、それだけ日本の国語は豊かなのだと私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誤読を防ぐために進化しているんですね。
教えていただいてすっきりしました。いい勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/25 09:49

 これは、新聞社や出版社、放送局によって対応が違います。


 
 『朝日新聞 用語の手引き』によると「行う」が正しいことになって
います(朝日がすべて正しいとは限りませんが……)。
 ただし「行った」と書いたときに、それが「いった」なのか、
「おこなった」なのか、判別しにくという指摘もあります。
 今の、放送、出版の現場では、それぞれ表記のガイドラインを設けて
います。それぞれの番組や出版物で、より視聴者や読者がわかりやすい
と判断したほうの表記を使うようにしているのです。
 そんな事情で「行なった」と「行った」が混在しているので、間違え
ているわけではありません。
 今のところ、「行った」のほうが正しい表記といますが、流れとして
は「行った」から「行なった」に移行としつつあります。こんな書き方
はイヤなのですが、朝日新聞が「行なった」に切り換えたら、こちらの
ほうが正統な表記になるのだと思います。そのころには、学校教育の現
場でも「行なう」と教えられるでしょう。

 言葉は、変化していくものですから、仕方ないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読み取る側の誤読を防ぐために日本語も進化していることがわかりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/25 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「おこなう」と「行う」の表記について

「おこなう」についてですが、ビジネス文書で表記をする場合は「おこなう」or「行う」のどちらが正しいのでしょうか。
前の職場では「おこなう」と教えられ、今度の職場では「行う」と教えられました。

それとも状況によって使いわけるのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いわゆる漢字を開くか閉じるか、の問題ですね。
「いく」と混同される可能性がある状況では平仮名。無い状況では上司に従えば良いと思います。

また、「おこなう」と「行う」では前者の方が柔らかく、後者の方が固いイメージがあります。
どちらのイメージを持たせるべき文なのか、で使い分けるのもよいかと。

Qこの言葉遣いは正しいですか?

志望動機を書く際に、
「~だと思ったので志望しました。」という表現は適切ですか?
思った"ので"というところが、少し気になります。
思ったため、とか感じたため、の方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

採用などで多く志望理由など拝見してきた者に過ぎません。

NO1の回答者の方の通りかとおもいました。

同じように前の部分が分からないので断言できませんが「○○と思い志望しました」や「○○と考え志望しました」など数えあげればキリがない面もあるかと思います。

「○○と思い志望に至った次第です」など書き方も考え出すと入れ替えなどによりいくらでも変えることはできると思います。

しかし、あまりその程度の違いで合否や印象に大きく影響を及ぼすことではないと思いますし、肝心なのは内容かと思います。

字数制限などがあると思いますので「○○と思い志望致しました」など簡潔な方が無難かと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「取組」と「取り組み」の違い

文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。
どなたか、違いのわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。
そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。

【通則 6】
本則は「取り組み」
複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。

許容は「取組み」
読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる

【通則 7】
「取組」
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
(1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q企業からのメールに返信する、しないの区別

お世話になっております。今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。


私は現在就職活動をしている就活生です。

このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。○○株式会社~」のようなメールが来ることも多くなりました。

内容としては「お越し頂きありがとうございます~」という、ただ「説明会に来たこと」についてのメールや、それにプラスしてエントリー前であっても「○○月□□日に説明会があります。」というものがあります。
これについてはマナー上返信するべきなのでしょうか?

もしも返信するとすれば
件名を「メールを確認致しました」
内容は「ご連絡いただきありがとうございます。○○大学△△学部の□□です。 今後ともよろしくお願い致します。」
というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを言うだけで十分でしょうか?

私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが、企業の人事の方から発信されたメールであれば、たとえ内容がテンプレートであっても返信をするべきなのではないかと思います。
今回は返信する際のメールの内容もお聞きしたいのでよろしくお願いします。


そこで質問があります。

1. 上記のような「説明会参加」に対するメールには返信をするべきなのでしょうか?

2. もしも1.のようなメールに返信する必要はない場合、そのメールに説明会の予定などが書かれていても返信をしなくてよいのでしょうか?

3. もしも1.のようなメールに返信するべきであるならば、どのような感じで書くべきでしょうか?上に書いたような「メールを確認したこと」を伝えるだけでいいのでしょうか?下記の私が考えた例文の添削をお願い致します。

4. 加えて、ビジネスマナーとして「返信をしなくてもよい」場合のメールがあれば教えていただければと思います。


添削をよろしくお願いいたします。


(件名) ご連絡いただきありがとうございます。(企業からのメールの件名を()内に書く)

(内容) ○○株式会社  △△部 
     
     ~~課 □□様


     お世話になっております。○○大学○○学部○○学科 (私の名前)です。

     お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。

     会社説明会の際にはよろしくお願い致します。

     ―――――――――――――――――――――――――   
     名前(よみがな)
     ○○大学 ○○学部 ○○学科

     〒~~~~
     (住所)
     (携帯番号)
     (携帯とパソコンのメールアドレス)
    ―――――――――――――――――――――――――

    (以下、企業からのメール本文を引用)


お手数をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

お世話になっております。今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。


私は現在就職活動をしている就活生です。

このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。○○株式会社~」のようなメールが来ることも多くなりました。

内容としては「お越し頂きありがとうございます~」という、ただ「説明会に来たこと」についてのメールや、それにプラスしてエントリー前であっ...続きを読む

Aベストアンサー

>件名を「メールを確認致しました」
>内容は「ご連絡いただきありがとうございます。○○大学△△学部の□□です。
> 今後ともよろしくお願い致します。」
>というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを
>言うだけで十分でしょうか?

受け取ったと言うことだけで充分です。
受け取ったよ、という内容が先の文です。お間違えなく

>私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが

 必要ですよ。
なぜ、そー思うのですか?

自動かどーかどーやって判るの?

1.必要
2.バカかお前は?
3.先の文でいい
4.あなたの立場で返信しなくていいメールは無いから気にしなくていい

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

QWordに新しいページを挿入する、いらないページを削除する方法は?

1、Wordに新しいページを挿入するにはどうすればいいのでしょうか。
2、いらないページを削除するにはどうすればいいのでしょうか。
初心者の質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

たとえば1ページと2ページの間に新しいページを挿入する場合。
2ページの先頭でカーソルを点滅させて、キーボードのCtrlを押しながらEnterして下さい。
2ページ目が3ページに行って、2ページ目が新規に出来ます。

いらないページについては、そのページをすべて選択して、deleteして下さい。

Q保育での「せいさく」の漢字表記、「製作」「制作」どちらが正しいですか?

保育で工作などをすることを「せいさく」と言いますが、漢字表記は「制作」「製作」どちらが正しいのでしょうか?

どちらの表記も見かけることがあり、どちらでも正しいのかと思ってしまうのですが。

保育現場や養成校で、教わったという方いらしたら、教えてください。

Aベストアンサー

元・幼稚園教諭です。

日本語としては、「制作」の方が正解ですが、
私の場合、幼稚園の指導要録や、カリキュラム、月案・週案・日案などでは「製作」の方を使っていました。

私は旦那の転勤等で、全国各地の6つの幼稚園+1つの保育園での勤務経験がありますが、
7園とも、「製作」でしたよ。

何の迷いも疑問もなく「製作」を使っていましたが、
言われてみると、おかしいですよね。


人気Q&Aランキング