うちの旦那は剣道で椎間板ヘルニアになりました・・・!(10年前位)
この時期になると寒さもあってか腰痛に悩まされてます。
本人は整体、針灸とか行ってみたのですが気休めにしかならない!と言ってます
すこしでも楽にしてあげる事できないでしょうか?
お医者さんにいってもやはり様子を見よう!という事で薬でまぎらしてるだけです。
どうにもならないとは思わないのです。
なんか良い治療法がありましたら教えてください。お願いします。
(骨と骨がすれて痛くなる様です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

椎間板ヘルニアの治療については、整体治療では、長期間の時間が掛かります、私は、交通事故での後遺症等の吐治療には、大阪・岸和田市の浄心庵(長尾弘先生)での治療が効果があります、一度尋ねられたら如何がでしょうか。


 直ぐ治ります。
    • good
    • 0

きちんと検査をしてくれる病院を探すといいと思います。


あらゆる検査をしてあらゆる治療をしても効果がない場合は手術も
選択肢に入れることもやむを得ないでしょう。
痛みがひどいときはまず安静第一。鎮痛剤の使用も。
膝のしたに枕などを入れて膝を曲げた状態にすると楽かもしれません。
動くときは病院・薬局で売られているバンドを使用するといいと思います。
湿布するのもいいですがしっぷしたまま暖めると火傷するのでご注意を。
布団は少し堅めの方がいいでしょう。体重が増えると腰に負担がかかるので
体重は増やさないように。
手術は方法によっては10日ぐらいでギプスをまいて歩行できたりする事も
あるので医師とよく相談してください。
信頼の出来る病院を探すために色んな病院に行くのは恥ずかしいことでは
ありませんよ。お大事に。
    • good
    • 0

まずあなたのヘルニアは本物でしょうか?ヘルニアの原因の軟骨はレントゲンには写りません。

脊髄や椎間板の造影撮影やMRIでないと正確な診断はできないことをご存じですか?よく腰のレントゲンだけで「椎間板ヘルニア」と診断するお医者がいるそうです。きちんとヘルニアの専門医で正しい診断をしてもらいましょう。その上で治療方針を決めていくことだと思います。目下のお医者さんに「よくならないのでどこかよい先生を紹介して下さい」とお願いしてもいいでしょう。
    • good
    • 0

私も学生の時にヘルニアになり、接骨院や整形やマッサージなどに通いました。


足がしびれ感覚が無くなり、動くこともできず、整形で手術を進められましたが
その頃は治癒率は50%でしたので止めました。友達にカイロを進められ、
通いました。今までとは違う感覚でこれなら良くなるのではないかと思い今では
普通に生活をしています。カイロは先生によって違いがありますから、混んでいる
治療院を探してみてください。何回か通うことが大事です。一ヶ月ほどで結果は
出ると思います。現在は手術はかなり治癒率も上がり、良くなっている方も沢山いますから
もちろん、整形の先生にちゃんとした診断も必要だと思います。手術の必要なヘルニアと
やらなくても良くなるヘルニアがあります。
とりあえず、痛みのある所は炎症を起こしていますから、ビニール袋に角氷を入れて
冷やしてください。かなり痛みは軽減すると思います。何回もやってください。
ほとんどの痛みは生活習慣病なので、負担になっている事が必ずあります。
負担にならないように生活を改善することが必要です。運転などのお仕事をしている方が
皆がみんな腰痛ではありません。痛みは一番弱いところに起こるので背筋などを鍛える事も
必要です。大腿の裏の筋肉やふくらはぎは縮まり硬くなっています。ストレッチを
して下さい。かなり腰にかかる負担は軽減します。一時的な方法では良くなる事はありません。
今まで、何十年もの間の積み重ねです。
お大事に。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?



更に、
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(髄核ヘルニア)
このページの治療の項を参照してください。
「キモパパイン」はどうでしょうか・・・?

腰痛の経験から、一番良いのは時間はかかりますが、「整体」で良い先生(?)を見つけて治療される事だと思いますが、見つけるのが大変かもしれません?

それでも改善されないようであれば、「キモパパイン」かもしれませんね・・・?

主治医とご相談される事をお勧めします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=43866,
    • good
    • 0

 痛みがひどいうちは安静臥位にし、まず椎間板にかかる負担を軽くすることが大切です。

その際、骨盤にベルトをつけ下方へ引っ張る「持続牽引」という方法と、薬物による治療を併用して痛みや炎症を抑えます。これで1~2週間様子を見て、痛みがなくなれば、今度は「間欠的牽引」や温熱療法、腰痛体操、コルセットによる装具療法で2、3ヵ月かけて少しずつ日常生活に復帰できるようにします。それでも痛みが続いたり、再発したりして社会生活上の制限が著しい場合には手術治療もあります。

 普段から適度な運動をすること、腰痛体操で腹筋や背筋を鍛えること、腰に急激な負担をかけないよう気を配ることが大切です。 普段より腹筋・背筋の筋力を強くし、状態の良い時にこそ腰痛予防体操などを心掛けることが大切です。

以下のページを参考にして下さい。

腰痛は自分で治す
http://www.lifepassport.or.jp/medical/katei/kate …

腰椎椎間板ヘルニア覚え書き
http://mura.pekori.to/cgi/out/note_hernia.html

腰痛体操
http://www.daiichipharm.co.jp/health/pap/waist/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング