位置情報で子どもの居場所をお知らせ

フィルムの一眼レフカメラNikonNewFM2を使い始めました。
今日やっと初めての現像に出した所です。
できあがりを見てみると、順光の物は大変満足できる仕上がりだったのですが、逆光写真が全然ダメです。
全体的にグレーに飛んでしまってる写真が多々ありました。
これは露出アンダーという事でしょうか???

まだきちんとした教本のような物は読んでいないので、ざっくりとした理屈しかわかっていません。
そこでフィルム一眼のベテランさんにお聞きしたいのですが、、、

逆光写真を綺麗に撮るコツって何ですか?

設定など、気をつけている点を教えて下さい。

「フィルム一眼での逆光撮影」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

FM2は確か中央部重点平均測光で露出をはかり、縦に+○-と表示されていましたっけ?(昔知人のカメラを使った記憶ですが・・・Canon党なのでうろ覚えです)



逆光で露出計が○を表示した状態でシャッタを切れば、ドアンダーになりコントラストの無い写真になります。
空の明るさの方に露出計が引っ張られてしまい眠たい写真になりやすいです。

逆光の場合は、露出計の表示より絞りを開けるか、シャッター速度を遅くして露出計の+表示状態でシャッターを切ってあげる必要があります。

風景の場合逆光で撮ろうとすると、コントラストのない写真になりやすいですよ。

空の明るい部分が入らない状態で、建物の露出をはかり撮影すれば建物は明るく撮影できると思いますが、青空は白く飛びます。

青空を撮りたいのであれば順光状態が絶対条件です。(フィルターでの特殊撮影は除く)

ストロボを使った日中シンクロで逆光撮影が可能なのは数mまでですので、今回の画像ではストロボの光は有効的に届かないとおもいます。
ガイドナンバーの異常に大きいストロボであれば届く可能性はありますが、スナップ撮影では難しいですね。
(ストロボは登録商標だったと思いますが、Canonの取説ではストロボと表現されていたのでストロボとして表現を使っています)

適正露出を知りたいのであれば、被写体の光の状態(この場合は陰となっている建物)を測光し露出を合わせて撮る必要があります。
近寄ることが難しいようであれば、グレーの標準露出板を光と陰の状態を合わせて測光し露出を合わせます。
グレーの表示板が無ければ、手の甲を露出板の代わりに使っても良いかもしれません。(カメラ雑誌等では手の甲と表記されていますが、手の甲は日焼けの状態で変わるので自分は手のひらの方を測光して露出を合わせていましたけど)

一度カメラ雑誌で、露出の基礎を読まれた方が良いですよ。
また、シャッター速度と絞りの関係と表現の違いを学べば思い通りの作画が出来るようになれますよ。

レンズに表記された
絞り値 F1.4、2、2.8、4、5.6、8、11、16、22(←の真ん中の半絞りもあり1/2ステップ)
シャッター速度
ISO感度は密接な関係があります。

ISO100で1/250 f8 の場合 1/125 f11 は同じ露出です。
ISO400であれば 1/250 f16 で撮影できます。

まずは、順光で撮影することに気をつけて撮影してみてください。

光の状態により色温度が異なってくるというものもありますし、
レンズの収差と口径食や周辺光量の落ち込みといったものもあります。
奥が深いのでじっくりと覚えていって撮影を楽しんでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まさに、まさに私の求めていた回答が!!
じっくり読ませて頂きましたが、おっしゃる通りだと思います。

露出は◯にあわせて撮影しました。
したがって、仕上がりがしっかりアンダーになってしまったわけですね。
+で撮った方が良いとのアドバイスも、ありがとうございます!
次回はそうしてみます。

それから風景の逆光は、やはり上手く撮れないんですね。
私は旅行が好きで、このような建物を撮影する事が多いのですが、そういう場合は順光にこだわっていられないですよね。
なので逆光の場合はどうすれば???と思い、質問させてもらいました。
今まではコンデジをメインで使っていたので、逆光モードを選択すれば良かっただけですが、フィルムはそうはいかないんですね。
勉強になります!

また、たくさんのレクチャーをありがとうございます。
何回も読み返して、しっかり理解したいと思います。

全体的には思った以上に納得のいく写真が撮れたので、一眼に対して、今すごくワクワクしているトコロです。
この奥深さも、勉強のし甲斐がありそうで、楽しみです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2009/02/14 23:28

人物撮影のように3メートル前後ぐらいならばストロボも有効ですが、建物になるとあまり効き目がありません


 真夏のカンカン照りなら影の部分は黒くなりますが、明るい曇りや冬の青天ぐらいならば露出補正をすればもっとよくなります
ネガカラーフイルムなら2段か3段くらい補正しましょう
 これだけ建物が入っていれば自動露出でももう少しはほどほどに写るとはおもいますが全体にくすんでますね もしかすると100を400で撮ってませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
露出補正でどうにか対処できるんですね!
次回、いろいろ試してみようと思います。

ISOですが、100のフィルムをきちんと100設定で撮りました。
実はこのフィルムの1本前、うっかり400に設定してしまっていて、途中であわてて変更したという経緯が…(´v`;)
でも現像時に補正されたのか、綺麗にプリントしてもらえました。
おっちょこちょいで、いけません=3

お礼日時:2009/02/14 23:12

露出不足にありがちな、黒の色がもやっとしていますね。


バックに空が入っていますが、よほど青空でない限り空が入ると露出がアンダー気味になります。
ただ、写真を見る限り青空ですし、被写体も黒いので露出がアンダー側に引っ張られることは普通はあまりありません。
ピントを合わす際、AFフレームに何か光を反射するようなものが入ったのかもしれません。

一番注意が必要なのは、バックが曇り空のときです。
曇り空は、そのままで撮影するとものすごくアンダー露出になります。
そういうときは、+1.5以上の露出補正が必要です。
人物撮影ではストロボも有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とてもわかりやすい解説、たすかります。

今日撮影したものなんですけど、肉眼で見た空は、青すぎない程度の晴天でした。(成功写真も、空は薄い水色です)
やはり露出がアンダーになってしまったという事ですかね。
光を反射する物が入ってしまったかはわかりませんが、露出がなかなか判断できなかった記憶があります。
今まではよくトイデジカメを使って、空+建物の写真を撮っていたので、同じようなノリで撮ってしまいました。
フィルムだとやはり、ひと工夫必要なんですね。

それから曇天時の注意もありがとうございます。
撮影時にデータをメモして、適性露出を勉強したいと思います。

お礼日時:2009/02/14 23:05

NewFM2は、中央部重点測光マニュアル露出機ですが、この場合、主要な被写体の可也の部分が中央部にあるので、此処まで酷い露出不足にはならないと思います。



この写真だけでは、原因の特定には到りませんが、内蔵露出計が狂っているか、シャッターの作動がおかしいかだと思われます。
ところで、この写真はポジですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
写真はネガで、ちょうどこの反対側から撮影したものは、大変綺麗に撮れました。
下の方は白い塗り壁ですが、櫓部分は濃い茶色の、木造です。
太陽がこの写真のもう少し左側に出ている形だったので、「逆光でつぶれてしまったんだな」と感じました。

他の写真が綺麗に撮れている事を考えると、露出計の狂いより、私の撮影ミスだと思います(´v`;)

お礼日時:2009/02/14 22:56

空が青く出ていますから逆光ではないでしょう。


この写真の場合は空は適正だと思われます、中央の櫓の様な建物が
アンダーで不満足だと思われます。
櫓を適正に写そうと思われたら、
櫓と同じ光線状態の、この写真で下に切れている建物部分に、少し
接近してファインダー一杯に入れ露出値を計り設定して、元の撮影
場所から撮影する。
望遠ズームなら櫓がファインダー一杯になるまでズームして露出値
を計り設定する。
逆光なら順光青空を計り、その値より3段オーバーにする。
撮影対象方向に自分の手の甲をカメラ側に向け露出を計り設定する。
また対象物が、この様に黒か濃い色の場合は、対象を計った値そのま
まではオーバーになってしまいます。
グレー色より濃い色ではマイナス補正 明るい色ではプラス補正を
濃度により補正量は変わります。
また、この写真の場合 櫓を適正で出すと空は真っ白で味気ない写真に
なってしまうかもしれません。
またグレーになっているのは、真っ黒くつぶれる露出値をプリント時に
補正が掛かっているのです、ネガカラーでしょうか?
色の反射率による違いを適正に撮影するには、撮影回数での感か
入射光式露出計かお安いグレーカードです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても専門的なご意見で、しっかり理解できたか自信はありませんが、かなり参考になりました。
そういうテクニックがあるんですね。
まだ一眼レフは始めたばかりで、今回24枚撮りのネガ×2本を現像したばかりなんです。
撮影状況のメモも行っていなかったので、これからはマジメにメモを取った方が良さそうですね。
回数を重ねて、状況に応じた撮影ができるよう、頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/14 22:48

写真を拝見した印象ですが、逆光というより全体的な露光不足のような気がします。


シャッタースピードが速すぎて露光が不足するとこのような写真になってしまいます。
お使いのカメラのことは存じませんが、オートで撮影すると背景の明るさを測ってしまい、目標物が暗くなってしまいますので露出補正があるのならプラスに補正してください。
また、意識的にオートでカメラの指示したスピードより遅いスピードで撮影する方法もあります。
NO,1さんも書かれていますが、日中シンクロも有効な方法でしょう。
特にモデルさんを撮影する場合は逆光の方が髪のシルエットが浮かび上がり、綺麗なのですが顔が暗くなってしまいますのでストロボを使います。
こうすることによって目にキャッチライトが入るので綺麗な仕上がりになってくれます。
あまり至近距離でのストロボは嫌がられますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょうど反対側から撮影したものは、綺麗に色が出ていたので、「あぁ、逆光だったか」と思った次第です。
ちなみに使っているカメラはフルマニュアルなので、絞りを決めてから、シャッタースピードを決めて撮影しています。
次回はシャッタースピードに注意してみようと思います。
それからモデルさんの撮影に関しても、ありがとうございます。
まだ人物をメインにした撮影はした事がありませんが、いずれ挑戦してみようと思っているので、参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/14 22:41

逆光撮影する場合は、露出を加減してもどちらかの映像が飛んでしまいます。

一番簡単な方法は光量を背景に合わせて昼光ストロボ撮影を行うことです。出来ない場合は、印画紙に焼き付けるときに部分的に露光時間を加減して焼き付けを行うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
逆光には、ストロボがいいんですね。
ただこのように大きな建物の場合、ストロボは意味がないと思うので、建物に露出を合わせる事になるんでしょうか。

お礼日時:2009/02/14 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィルム一眼レフ、光の溢れる写真が撮りたい

フィルム一眼レフをはじめて間もないのですが、逆光時の設定があまりわかっておらず、失敗ばかりしています。
フレアを入れたり、光で溢れた写真が撮りたいのですが、うまくいかず、
人物が真っ黒になったりします。
逆光時でも、人物が黒く潰れず顔などもちゃんと写っていて、柔らかい光の中にいる様な写真が撮りたいです。
今はシャッタースピードオートで、露出も補正も0で撮影しています。

そういう写真を撮る時、どういった設定で撮れば黒くつぶれず上手くいくのでしょうか?
半逆光くらいがいいのか...
プラス補正か、マイナス補正か、、教えていただきたいです。

それと、雑誌を見ていて、こういう写真が撮りたい!と思った写真があり、
カメラの設定が
F1.8・F5.6・1/250s
と書いてあったのですが、これはどう見ればいいのかわからなかったのですが
なぜF値がふたつ書いてあるのでしょうか?
F1.8はレンズの事でF5.6が撮影時の設定でしょうか?

Aベストアンサー

F1.8がレンズの開放値でF5.6が実際の使用した絞り値です。
1/250は露出時間(シャッタースピード)です

逆光時には通常はプラス補正します。
明るくなる方です。

ただ、補正にも限界がありますからストロボを使うのですが、そのまま使うと光源が強すぎるので
私はティッシュ数枚かガーゼを輪ゴムでストロボに巻き付けて使います。

他に人がいるのであれば、レフ板も有効です。

この場合のレフ板というのは何も本格的なものでなくても光をある程度反射できればOKなので

極端な場合、新聞紙でも大丈夫です。

またフィルムもネガカラーだけでなくポジフィルムを使ってみることも上達の方法だと思います。

ネガの場合だとプリントの際に補正されますので自分が感じた写真とイメージが違うことがあります。

ポジだとラチチュード(許容範囲)が狭いことで扱いは難しいですが、条件が合った場合には写真集に匹敵するような
鮮やかな写真が撮れます。

頑張ってください。

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む

Q有効期限切れのフィルムについて

有効期限が切れたフィルムは、期限からどのくらい経ったものまでなら使えるものでしょうか?保管状態なので一概に言えないのはわかりますが、最大で、これだけ年数が過ぎたフィルムでもちゃんと使えたよ、といった情報などが聞きたいところです。
普通のネガフィルムの場合で教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネガで10年なら普通に使えますよ
使った事があります。

感度が低くなってるのと発色に難がありますが、プリントの時に調整できますし
あと、ボケた画像になりますが

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Qフィルムを巻取る前にフタを開けてしまった。

トイカメラを使用しています。
初めて使うアナログのカメラで、、
失敗しました。

初めて使うカメラで、、
散歩中フィルムがなくなったので
巻取ろうとしましたが、
巻とれないな?と
フタを開けてしまいました。

その後すぐに下のボタンを押したままだったら
巻きとれることに気付きました。

フィルムが光に当たったら
ダメになると聞いたことがありますが
フタを一度開けたら、
とった写真全てが、ダメになるのでしょうか?

(まだ巻取ってない時に開けたので
もしだめなら、現像にだすのを止めようかと思います)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

開けていた時間と光の当たり方によりますが、最後まで撮りきった状態で開けたのなら、フィルムの最初の方は助かる可能性が高いと思います。(フィルムが何重にも重なっていますから、中心部まで光が届きにくいからです)

ダメもとで現像に出してみてください。多少の光線引き(赤や白いもやもやしたもの)が見られますが、そんなに支障はないと思います。

QニコンFM2のレンズについておしえてください!

中古でニコンのnewFM2を買おうとおもっています。(本当はFM3が欲しいのですが予算的に・・・それとも多少がんばってFM3にしたほうがよいでしょうか。う~ん。)それで、レンズについて教えていただきたいのです!Aiニッコール50mmF1.4というのがもっとも標準なレンズらしいということでコレにしよう!とおもうのです。が、中古カメラのサイトなどをみるとたくさんレンズがあります。Ai 50/1.4 と Ai-S 50/1.4 の違いがわからないんです。FM2にはどちらでも装着できるのでしょうか?どうぞご教授よろしくおねがいいたします!m(_ _)m

Aベストアンサー

#4です。

nikkorのMFレンズは理解してただけたようですね。

>AFは装着できないのですよね???

AF用のnikkorレンズもMFのボディに使えます。
一部機種を除いてですが、殆どのAFレンズが使えますよ。
使えないのは末尾にGのつくAF nikkor、デジタル用のDX nikkor、
プロネア用のIX nikkorです。
この3シリーズは電気的に絞りをコントロールし、絞りの調整は
ボディ側のダイアル設定しますので、レンズに絞りリングがありません。
同じFマウントなので物理的に装着は出来ますが、絞りのコントロールが出来きません。
ご質問の「シグマ 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO」は通常のAi AF方式の
レンズですので問題なく装着できます。
ただ、これは私見なのですが、Nikonと言えばやはりnikkorレンズの描写力が
一番ではないでしょうか?
確かに28mmで F1.8と言うスペックは魅力的ですが、まずは35mmか28mm位の
Ai nikkorを購入してnikkorの描写力を味わってからレンズメーカーのレンズで
遊ぶと言う方法のほうをお勧めします。
それと、件のシグマのレンズはあくまでもAF用ですので、
ヘリコイド(ピントのリング)の感触が軽くあまりいいものではないと思います。

個人的にはAi nikkor 35mm F2をお勧めしますね。
35mmと言う画角は、人間が目視で風景等をみた感じに一番近い感じがしますので
最初に使われるレンズとしてはもっとも自然な感じで被写体を捕らえることが
出来ると思うからです。
本来から言えばこちらが標準レンズと言っても差し支えないと思います。
28mmまで画角が広くなってしまうと最初に使われる際に違和感を覚えると思いますので。
35mmにはF1.4も有るのですが非常に高価ですし、F2でも十分な開放値を
持っていますので使用するに当たって不満は出ないと思います。

#4です。

nikkorのMFレンズは理解してただけたようですね。

>AFは装着できないのですよね???

AF用のnikkorレンズもMFのボディに使えます。
一部機種を除いてですが、殆どのAFレンズが使えますよ。
使えないのは末尾にGのつくAF nikkor、デジタル用のDX nikkor、
プロネア用のIX nikkorです。
この3シリーズは電気的に絞りをコントロールし、絞りの調整は
ボディ側のダイアル設定しますので、レンズに絞りリングがありません。
同じFマウントなので物理的に装着は出来ますが、絞りのコントロ...続きを読む

Q写真が白とびしちゃうのはなぜ?

OLYMPUSのOM10(マニュアルアダプター付)でフィルム撮影しているのですが、最近撮った写真を現像にだしてみると、全部白とびしています。
まるでセピア色に遜色したような印象です。フィルムはISO400のを使いました。晴天の空も白く曇り空のような印象です。

これは使ったフィルムが古かったせいでしょうか?買ったのは1年近く前ですが、ずっと暗所にしまってありました。それともカメラの方の電池不足?とかでしょうか?

Aベストアンサー

#5.8.12です。

思いついたので記入します。
(#13さんが言った通りなのですが、)

晴天時、ASA400でF1.8あたりで撮影するとシャッタースピードが追いつきません。
OM10は1000/1秒が最速のシャッタースピードですのでファインダーを覗いて
シャッタースピードが1000/1以上オーバー
(多分赤いランプがピコピコすると思いましたが・・・)
になると露出オーバーとなります。

私もボケ気味の写真が好きなのでなるべく開け気味で撮影するのですが
コンタックス139も1000/1がいっぱいいっぱいなのでその場合は、
シャッタースピードが許されるギリギリの範囲で絞りを開けます。
(マニュアル機のNikon FMも1000/1秒なのでその範囲でがんばっています。)

ラチチュードの広いネガでも露出オーバー気味の写真はちょっとつらいかもしれませんね。
(露出不足には結構強いのですけど・・・)

それではがんばってください。

QPENTAX SPの露出計が動かないのですが・・。

このカメラは家の中から偶然発見されました。
せっかくなので使ってみようと思ったのですが、露出計が動きませんでした。
いろいろと調べ、上記カメラ用のHBアダプターとSR626SW(時計用)というものを買って交換したのですが、それでも露出計の針がびくともしません。
レンズとボディ部分両方にオートとマニュアルのスイッチがあるのですが、両方ともマニュアルにして露出ダイヤルを回しても針が動きません。
これは露出計が壊れていると考えていいのでしょうか?
それとも私のやり方が間違っているのでしょうか・・・?
せっかくアダプターを買ったのになんだか残念。
マニュアル撮影のみでがんばれっていうことなのか、教えてください・・。

Aベストアンサー

私は以前、露出計が動かないのを直したことがあります。
やり方は、ボディの底に付いている4個のネジを外し、底カバーを外します。底カバーを外すと電池室もいっしょに外れますが、ボディ側の電池室が来るあたりに長さ1センチ、幅2ミリくらいの金属片が付いています。
その金属片の先端が電池室の中央にある小さい金属の部品と接触するようになっています。

その接触不良が原因だったようで、それぞれの金属が接触する部分をきれいにしたら直りました。
ダメモトでやってみたらどうでしょう。

Qネガはオーバー目に露出をかけたほうが良いですか

カラーネガで撮影する場合、常時オーバー目(プラス1段くらい)で撮影したほうが情報量や粒状性の観点から良いという意見がある一方、ネガといえど適正露出が好ましいという意見があります。
実際のところどうなのでしょうか?ご意見いただけると有り難いです。

Aベストアンサー

まず、カメラは常に適正露出をはじき出さないという点を踏まえて。
反射率(画面全体が白っぽいか黒っぽいか、また非常に強い点光源があるか、など)
で適正のための補正を掛けた上で、ネガの場合にどうすかですが。

結局、カメラに寄ります。
まず、多くの入門一眼レフ(ネガ使用を想定されているため)は
0.5段ほどプラス目に設定されているものが多いです。
なので、一般論では答えは無いのです。

その上で、カラーネガでは掴み難いですが、
標準的なネガの濃さを把握できれば、カメラの固体差を含めて、
どうしたらいいか沢山撮る中で分かってきます。

で、ざくっと言うと、ストレート焼きするなら問題ないですが、
部分的に調整しようとすると、アンダーなネガが好ましくないです。
もちろん、オーバーすぎると階調が出難いですが・・・。

粒状性は気にしなくても良いですが、情報量から言えば、
アンダーで良いことはありません。

ただ、いつも適正露出をはじき出せるわけではないでしょうから、
すこしオーバー目の方がマシという訳です。

個人的にはアンダーには-0.5、プラスには+1.0なら大丈夫と思っています。
もちろん、キレイなネガという意味では適正に越したことはありません。

ちょっと説明不足ですが、当然適正がよい、
ただし、いつも本来の意味で適正を与えられる訳でもないので、
アンダーよりはオーバーの方が救出しやすいというのがそのように言われる訳だと思います。

まず、カメラは常に適正露出をはじき出さないという点を踏まえて。
反射率(画面全体が白っぽいか黒っぽいか、また非常に強い点光源があるか、など)
で適正のための補正を掛けた上で、ネガの場合にどうすかですが。

結局、カメラに寄ります。
まず、多くの入門一眼レフ(ネガ使用を想定されているため)は
0.5段ほどプラス目に設定されているものが多いです。
なので、一般論では答えは無いのです。

その上で、カラーネガでは掴み難いですが、
標準的なネガの濃さを把握できれば、カメラの固体差を含...続きを読む

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む


人気Q&Aランキング