『ブローカー失語におけるコミュニケーション方法として
        五十音表の活用はあまり効果的ではない』
というようなことを耳にし、
自分でもいろいろ調べているところなんですが・・・_(++)/

どなたか情報をお持ちの方いませんか~?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 失語症者は話す側面だけではなく、聴く、読む、書く、(計算)といった側面も障害されます。

ですから50音表を提示しても読む能力も障害されている為、失語症者にとってはあまり有効なコミュニケーション手段ではありません。
 ですから重度の失語症の患者でも一番可能な手段として、Yes-No反応を用いるとコミュニケーションをとることが可能でしょう。
    • good
    • 0

 ブローカ失語は、運動性失語とも言われ、人の言っている事は理解できるが、自分から言葉として表現することが出来なくなるタイプの失語です。

ちなみに、言語の理解が出来なくなるタイプの失語をウエルニッケ失語と言います。脳梗塞や、脳出血の起こった部位により、どのタイプの失語が出現するか決まりますが、なかなかきっちりと、これはどの失語だ、と区別することは難しいのが現状です。
 一般的には、脳梗塞などでブローカ失語になった場合、本当にその失語がブローカ失語なら、上記のように理解は出来ているはずなので、できるだけ具体的な質問をして、はい、いいえなどを、首振りなどで答えられるようにするのが良いと思われます。また、普通は病気が回復していく途中である程度までは回復します(全く良くならない人もいますが)。リハビリとして新聞や、本などを声を出して読ませたりするのがよいようです。頑張って練習させてあげてください。
    • good
    • 0

 まず、最初にボクの知識は大学教養科目レベルなので、参考程度に留めておいてください・・・(実体験に基づくものではないので…)


 ブローカー失語って「入力」は正常だが「出力」が困難、という失語症ですよね。
 つまり、こちらの言っていることは普通に理解しているわけです。
 出力も短い言葉「はい、いいえ」など…ならOKって人もいると聞いたことがあります。
 だから、できるだけ、「はい、いいえ」で答えられる質問形式をとったり、相手が答えた後に「○○なの?」と確認してみたりすると良いのではないでしょうか?
 再度言っておきますが、確証のある答えではないので(心理学部でもないし…)参考程度にしておいてください…

参考URL:http://www.wnn.or.jp/wnn-v/database/kaijo/onepoi …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞による言語障害。(直る確率は)

脳梗塞で言語障害が重く残ってしまいました、
聞き取りは多少できますが、発声が言葉になりません、
リハビリを三ヶ月~六ヶ月行っても直らないと、
いろいろ検索しても直る確率が低いようで現実どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

父も、60代の時に脳梗塞になり、右半身麻痺と言語障害になりました。
退院後も呂律が回らず、何を言っているのか理解できませんでしたが、徐々に、生活を共にしている母が理解出来るようになり、偶に訪れる家族には、母が通訳してくれるので、やっとコミュニケーション出来るようになりました。

2~3年以上か経ってからは、少しずつ、母以外の者も大凡の事は理解できる程度には回復して来ました。
ただ、この頃は、単語を間違えました。
例えば、本人は、その日が「日曜日」である事を分かっていて、「日曜日」と言っている積りが、「水曜日」等と発言して仕舞う事もありました。

でも、最終的には、日常生活では、殆ど支障のない位に回復しましたよ。
体の麻痺の方も、最初は杖に頼ってよたよたとゆっくりな歩調でしたが、こちらも最終的には、杖も突かずにふつうに歩けるようになりました。

専門家ではないので、一般論は言えませんが。。。
病気の大小、本人の努力、周りの者の協力等によっては、ある程度の回復は可能なのではないでしょうか。
今日よりは、明日!という単位でなく、1年後、2年後、3年後という単位で見れば、徐々に良くなって行くように感じていました。

退院して来たころには、「俺も、あと5年だから。。。」と言っていましたが、その「あと5年」を3回+α生き、晩年は、体の麻痺も言語障害も意識するほどの事は無くなりました。
これも、第三者の家族から見ればであって、本人は、人知れず歯がゆい思いをしていたのかどうか分かりませんでしたが。。。

本人の努力と家族の協力があれば、少なくても現状よりは良くなるのではないかと思います。
勿論、個人差もあるのでしょうけれど、まったく希望がない分けではないと思いますので、頑張って欲しいですね。

父も、60代の時に脳梗塞になり、右半身麻痺と言語障害になりました。
退院後も呂律が回らず、何を言っているのか理解できませんでしたが、徐々に、生活を共にしている母が理解出来るようになり、偶に訪れる家族には、母が通訳してくれるので、やっとコミュニケーション出来るようになりました。

2~3年以上か経ってからは、少しずつ、母以外の者も大凡の事は理解できる程度には回復して来ました。
ただ、この頃は、単語を間違えました。
例えば、本人は、その日が「日曜日」である事を分かっていて、「日曜日...続きを読む


人気Q&Aランキング