裁判所を国民により利用しやすいようにするというけど、いまいちわかりません。
それと司法改革がうまくいったとして訴訟件数が裁判所の処理能力を超えるほど
増加してしまって、個々の事案が正常に判断されず、判決ミスが生じる危険性が
ないとはいえないとおもうのですが、どうなんでしょうか。
最後に、国民が司法参加するとしてその責任ってどこからくるのでしょうか?
義務だとしたら、いったい何の義務?

A 回答 (1件)

たしか司法改革の議論には裁判官や弁護士さんの増員なども含まれていたと思います。

司法改革が上手く行われたとしたら処理能力アップもされるでしょうし、御心配の点は改善されると思います。

国民の司法参加に関しては、義務として課せられるものではなく最近の司法に対する国民の不信感から生まれた「私達の意見を判決に反映させろ」という、権利(?)を訴える話から出ているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスどうもありがとうございます。自分でも調べてみます。

お礼日時:2001/03/08 18:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報