土木・測量関係の会社の
求人の仕事内容に書いてあったのですが,何でしょう.

A 回答 (2件)

測量するために、地面にうつ木杭と板切れの組み合わせで測量ポイントをつくる作業を言いますね。


 丁張及び遣方とあわせて覚えたほうがいいでしょう。

*丁張かけ
*丁張杭
*遣方
*水盛遣方
 基本中の基本でしょうか。
http://www.mito.ne.jp/~hatiiti/shnchiku/oobu/3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

画像で一発でわかりました.
ありがとうございました.

お礼日時:2003/02/26 22:31

工事現場や道の補修現場などで見られた事があると思いますが、簡単に言うと杭と板などで作った基準や


目印を「丁張」と言います。

基礎工事を行なう前に実際の工事をする所から少し離れた所に、丁張を作りますが、この作業を「かける」と
いいます。

いくつかのポイントとなる地点を決め、各地点のレベル(高さ)、縦、横の関係を測量して決めて、
その付近やその場所に杭を打ち、方向や傾斜を示す板を打ち付けます。

実際の工事になると、枠があったり、コンクリートをすでに流していたりで、本当の基準点を測ることが
出来ませんので少し離した所にそこから測ります。

工事の基準となる点を作ることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答,ありがとうございました.

お礼日時:2003/02/26 22:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土木のの丁張りのいついて

土木の施工をしております。初歩的な質問ですが、切土および盛土丁張のかけかたがいまいちよくわかりません。法方を現地に落とすとことはできるのですが、高低差があったりしたときの対応が現地でわからないです。設計図には、測点の断面しか出ていません。現場監督初心者なのですが、丁張りの設置仕方、それも測点間(20m)でいいのでしょうか。同じ土木の監督をしている方、おしえてください。わかりやすいサイト等ないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に法面の勾配は一定に保たれるのが普通ですが、法肩のラインが直線でなかったり下の状況
(工事出来る範囲の敷地など)によって、特に切土の場合岩盤の影響などからその勾配が許容の範囲で
変わることもあります。

測点での成果はもちろん記録や検査の対象になります。
(また、工事着手前に現場を実測点検しておくことは、設計変更の対象の糧です)
詳しく図面や設計書(工事共通仕様書なども)を見てみないとわかりませんが、色々な面で特記されて
いる事柄もありますからご注意ください。

そんな中で先輩たちはどうしていたのでしょうか? それに見習うのが一番手っ取り早いのです。
他には中間測点を設けたり、補助杭(丁張り)を設けるのは工事上の都合ということになります。
これはオペレーターの技能や現場での作業の性質から判断し会社での慣習によるところが多いです。
それらの具体的なやり方については施工計画書の中にうたわれるのが常識と思われます。

もっとも、法面肩のポイントが決まればその相手先真下の位置に関しては、最近のトランシットや
セオドライトでは簡単にポイントをその中間も設定求めるうることができるでしょう。
高低差が大きく影響するような場所では、完成形になるようあらかじめ計算されたその点での
高さの指示も必要になってくるのではありませんか。

そうして合算された土の移動量(切土・盛土)が設計書にも掲載されていると思います。

一般に法面の勾配は一定に保たれるのが普通ですが、法肩のラインが直線でなかったり下の状況
(工事出来る範囲の敷地など)によって、特に切土の場合岩盤の影響などからその勾配が許容の範囲で
変わることもあります。

測点での成果はもちろん記録や検査の対象になります。
(また、工事着手前に現場を実測点検しておくことは、設計変更の対象の糧です)
詳しく図面や設計書(工事共通仕様書なども)を見てみないとわかりませんが、色々な面で特記されて
いる事柄もありますからご注意ください。

そんな中で先輩...続きを読む

Q土木工事の丁張について教えてください。

路体の盛土・切土の丁張を、かける場合測点のセンターを、出してから出したセンターにトランシットを据えて丁張を、かけますか?
それともトラバー点から見える範囲のポイントを出して丁張を、かけますか?

Aベストアンサー

 トラバー点から出すのは、道路センターの始点と終点の2点のみにしておくべきです。
 曲線道路なら、始点と終点に加え、Rの中心点も出します。

 法肩の点をピンポイントにトラバーから出すのは、おすすめできません。
 測量誤差が大きくなってしまいます。
 可能な限り、道路センターから出すべきです。

 工事の都合で道路センターを死守できないときは、センターの逃げの点をつくっておき、そこから距離を追い出してピンを打ち、その点に据え直して法肩を振り出すべきです。
 測量作業で最も誤差を生じやすいのは角度です。
 手元で1ミリ狂っても、100メートル先では誤差は何倍何十倍にもなります。

 通りを通す、距離を追う、という作業を第一にしましょう。
 振り角で出す点は、距離が遠いほど誤差が大きくなるのです。

Q勾配の距離の計算方法

ある図面を見ていたら、水平距離50mで縦断勾配2パーセントの側溝を施工するという図面があつたんですが、この場合2パーセントの勾配がついた距離はどのように計算すればいいのでしょうか?
たぶん説明不足だと思うので補足ですが、不等辺三角形に似ていて、底辺の直線が50mで斜辺が2パーセントなので、三平方の定理を使うのかなとも思いますが、いまいちわかりません。
答えより特に計算方法を教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>不等辺三角形に似ていて、

 直角三角形です。直角を挟む角の底辺側が50m、高さがその2%で1mとなります。従って斜辺の長さは、

L=√(50^2+1)=50.01m

となります。

 ただし、建築や土木などの場合、側溝の施工延長というのは、法面排水などの余程傾斜の大きいところでない限りは、水平投影長の値をそのまま使うのが普通です。
 上記の計算だと、水平投影長にたいして1cmしか違いません。50mの施行延長だと、この程度の数値は施工誤差に含まれるので、無視されます。そもそも、一般的な側溝の製品は、1本あたり2m(製品によっては60cm、あるいは1.0m)ですから、施工延長で1cmというのは施工できません。
 わたし自身、土木の設計に関わっていますが、そのような計算はいちいちしませんし、現場の施工業者からも求められません。

 いうわけで、この場合は50mのままとするのが正解です。

Q土木でいう平面図・断面図・展開図の意味

こんにちは。
中途採用で、土木建築の会社に勤務しています。
基本的なことがまったくわかりませんが、ここで
働くしか、今のところ道はありません。
ところで、設計で、平面図・断面図・展開図というのが
ありますが、その意味とか、役割とかを教えていただけないでしょうか。小生も約1週間かかりで調べていますが、
まだ、ヒットしません。ちなみに建築はすぐにヒットしました。

Aベストアンサー

普通の部屋で考えましょうか。

<平面図> 天井から見下ろした絵です。四方の壁部分だけは(通常の場合)断面なので、三本線のコンクリートのハッチング+仕上げ厚さ(20ミリなど)になってます。階の数+屋上分の平面図が存在します。

<断面図> 部屋の中に立って、壁面を見てる絵です。この場合も左右の壁部分は断面になります。
ある意味平面図も部屋を横軸方向に切ってますから、横断面図ですが、一応縦方向に切ってるものをいいます。GL(グランドレベル=地面高さ)から屋上までを一気に切ってる断面図を「かなばかり図=矩計図)」とも呼んでます。
断面図は特に詳細を示したい部分を切ってるのが多いです。

<展開図> 部屋から壁を四方向に全部見た絵です。当然展開図は四面になります。 主に、壁仕上げの平米数を積算する時に必要な図です。

ついでに<天伏せ図> 天井を見上げてる絵です。しかし勝手反対(鏡像)になってますので、注意してください。


部屋内を例に挙げましたが、外構も同じ要領です。わからなければ、随時補足願います。説明ベタですみません。

普通の部屋で考えましょうか。

<平面図> 天井から見下ろした絵です。四方の壁部分だけは(通常の場合)断面なので、三本線のコンクリートのハッチング+仕上げ厚さ(20ミリなど)になってます。階の数+屋上分の平面図が存在します。

<断面図> 部屋の中に立って、壁面を見てる絵です。この場合も左右の壁部分は断面になります。
ある意味平面図も部屋を横軸方向に切ってますから、横断面図ですが、一応縦方向に切ってるものをいいます。GL(グランドレベル=地面高さ)から屋上までを一気に切ってる...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q測量、丁張設置について

例えば道路工事するのにまず丁張を設置しますよね。基準点や境界の座標データは役所にもらうと思いますが、構造物の位置(擁壁、水路等)を出したい場合は、ソフトを使って計算しないとダメなんですか?
5mピッチで擁壁の位置、水路の位置(座標)を出したいです。

CAD図面から拾っている人もいますが、もし図面が正確じゃなければ現場で合わないし大変な事になると思うのですが・・・。

Aベストアンサー

公共工事の道路工事する為には、役所から提供された基準点や境界の座標データを基にして、役所の工事監理者の立ち会いを求め基準点を現場に設定します。
構造物の位置(擁壁、水路等)を出したい場合は、その基準点にトランシットをセットして全て出す事となります。
分からない部分や疑問が出た場合は、速やかに役所の工事監理者に問い合わせ指示に従うようにして下さい。
また、工事に際して作成した座標図、その他施工図を作成したら、そのつど役所の工事監理者に承諾、承認を受けて下さい。
基準点からの境界の座標データを基に座標図を作成するのが最初の仕事です。
座標計算は、手計算でもかまないですが計算ソフトを使うと楽です。
ご参考まで

Q土木設計の基本中の基礎を教えてください。

こんばんは、いくつか 教えてほしいことがあります。
土木設計 災害復旧計画図面作成部署にいます。
一つは、旗揚げという意味です。会社内の人によっては、あげそこ(土台)のことをさしているようで、他には寸法線のことをさしているような感じです。定かではないので
教えてください。
ふたつめは、フトン籠の地面下3mmの埋め込み部分のことをなんと呼ぶのかを教えてください。
みっつめは、水路の高さに勾配がある場合の、展開図の引き方を教えてください。
最後に、きょう社長からもっと勉強しなさい、といわれましたが、何をどういうふうに勉強すればわかりません。CADは当然練習していますが、図面の引き方の勉強となる
サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

1.旗揚げについて
 通常、旗揚げは寸法や引き出し線のことをいいます。
 たとえば、寸法以外に材料名称などを記載する様なものも旗揚げといいます。

2.埋込み部分について
 「根入れ」でしょう。擁壁などの埋込み部分などもそのように云います。

3.展開図について
 展開図ではなく、縦断図では?
 それとも「高さ」というのは、水路の天端の部分のことでしょうか?
 その場合は、基本的に擁壁などの展開図と同じです。変化点に引き出しを入れて、その部分の高さを記入します。もちろん、同一地点に置ける水路の底高も入れます。
 勾配の変化点は目地が入りますから、構造的には別物になります。従って、目地間距離はできるだけ切りのいい寸法を設定することが重要です(そうじゃないと現場で施工できません)。できれば10cm単位に丸めるべきでしょう。
 それと、現況地盤線を入れることを忘れてはいけません。測量データから概算でもいいので、各ポイント毎の高さを割り出して、細めの実線で記入しておきます。

4.図面の描き方について
 これは解説しているようなサイトはおそらくないでしょう。
 土木に関しては、基本的にJISで定められています。土木製図に関する書籍が専門書として売られているので、個人で購入することをお勧めします。私もそれで勉強しました。
http://pub.maruzen.co.jp/shop/4810602648.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4395040128.html

1.旗揚げについて
 通常、旗揚げは寸法や引き出し線のことをいいます。
 たとえば、寸法以外に材料名称などを記載する様なものも旗揚げといいます。

2.埋込み部分について
 「根入れ」でしょう。擁壁などの埋込み部分などもそのように云います。

3.展開図について
 展開図ではなく、縦断図では?
 それとも「高さ」というのは、水路の天端の部分のことでしょうか?
 その場合は、基本的に擁壁などの展開図と同じです。変化点に引き出しを入れて、その部分の高さを記入します。もちろん、...続きを読む

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

QU字溝の継ぎ目はどのように接続すればいいですか?

ホームセンターでU字溝を購入して、家の周りに側溝を作ろうとしているのですが、その継ぎ目はどのようにしたらいいのでしょうか?両方のU字溝を水で濡らしておいて、セメントで接続するだけでいいのでしょうか?それとも、何か特別な接着の材料があるのでしょうか?
素人でも、水漏れしないように作りたいと思います。ご教授願えませんか?どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

道路用側溝の施工方法は次のとおりです。
1.側溝の高さ位置を決める。
2.土を掘削
3.掘削底を均す。
4.砕石(0-40mm)を仕上厚さ10cmを側溝の幅+10cmで締め固める。
5.空練したモルタル(1:3)を側溝幅で厚さ3cmで敷き側溝を設置。
6.側溝ジョイント部の目地をモルタル(空練ではない。)で埋める。このときカーブ部がある場合は、継ぎ目上から見て側溝外側両サイドをL20cmほど、W5cmほどでコンクリートで補強する。
7.コンクリートが乾燥したら脱型し埋め戻す。
という具合ですが、実際はここまでしなくともいいでしょうから、適当に手を抜いて下さい。

※1 湿地であるということなので、車が載らないことを前提に側溝側面に穴の開いたもの(ウィープホール型)を使用すると湿地では有効でしょう。
 若しくは、普通の側溝の穴なしでも目地を詰めないことで同様の効果を得ることができます。
 どちらの場合も、側溝側面の埋め戻しに単粒度砕石(5-25mm)を入れるとベストです。

※2 それと、円滑な排水をするためにも勾配は少なくとも2%程度は付けるべきです。水平に設置するのは難しく逆勾配になることもあり得ます。

>水漏れしないように作りたいと思います。
蛇足ですが、湿地である場合は水漏れし易いように作るのが普通です。(集水させるため)
 又は、側溝は表面水のみを受けて水漏れなしとし、その側溝側面に有孔管(安価です)を設置して単粒度砕石で巻き、地中の水を排水するのもいいでしょう。

道路用側溝の施工方法は次のとおりです。
1.側溝の高さ位置を決める。
2.土を掘削
3.掘削底を均す。
4.砕石(0-40mm)を仕上厚さ10cmを側溝の幅+10cmで締め固める。
5.空練したモルタル(1:3)を側溝幅で厚さ3cmで敷き側溝を設置。
6.側溝ジョイント部の目地をモルタル(空練ではない。)で埋める。このときカーブ部がある場合は、継ぎ目上から見て側溝外側両サイドをL20cmほど、W5cmほどでコンクリートで補強する。
7.コンクリートが乾燥したら脱型し埋め戻...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報