「教えて!ピックアップ」リリース!

長男(4歳)について相談させてください。

昨年の夏、戸建を購入したため、一駅先の地区へ引っ越しました。
保育園には、0歳から通っており、慣れ親しんでいましたのでこれまでは通わせていましたが、今年2人目を出産したことや今後小学校へあがってからの友人関係のことも考え、この4月から近所の保育園へ転園させました。

まだ、転園して1週間ですが、「●●(現在)の保育園へ行きたくない」「前の保育園へ戻りたい」とポツリといいます。元気もないです。
お迎えに行っても、一人でいるような様子です。

前の保育園は、とても楽しんでいたので、胸が痛みます。
先生からは、子供は順応性があるのですぐ慣れますと言われていますが、実際のところどうなのでしょう。個人差もあると思いますが、どのくらいで慣れるものなのでしょう。

ちなみに、前の保育園と比べると人数は半分でアットホームだとは思うのですが、遊び方などが異なり、面白くないようです。

二人目の育児休暇中なので、ストレスを溜めさせないように少し休ませようかとも思いますが、そうすると慣れるのにより時間がかかってしまいそうです。

転園のご経験のあるかた、アドバイスなどを頂けると嬉しいです。

A 回答 (4件)

大人でも新しい環境に慣れるまで数ヶ月かかりますよね。


子供は大人より順応性があるのでもっと短い期間でなれると思いますので家で多少ぐずることがあっても、見守ってあげて下さい。

我が子達は二人とも年中になる時に転園しました。
一人は初日から楽しく通い、もう一人は10ヶ月ほどなれるまで時間がかかりました。
子供の性格にも左右されると思います。

お子さんは前の園では楽しく過ごされていたようなので、きっとあっと言う間に慣れると思いますよ。

お休みさせるのが良いのかどうかは難しいところだと思います。
たとえばストレスが影響して血尿が出るほどになったりした場合なら
無理のない範囲でお休みもいいかもしれません(そういうお子さんを知っていますが、そのお子さんはそのまま通い続け、2ヶ月で慣れました)
ご参考にして下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

子供の性格によっても、慣れるまでの時間が異なるのですね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/12 17:18

転園経験はありませんが、途中から入ってきた子ども達の様子をみていますと、ずっと居た子ども達と途中からの子どもでは見えない壁があるように感じました。

親の目から見てそう感じ取れました。やはり不安という感じを出していました。
 しかし、半年したら友達関係も出来てくるのか楽しく過ごしていたようですね。参観や交流とか親が参加する行事で見ている限りにおいて。
 本人達はどうかわかりませんが、次第に仲間になっていきます。小学生3年になり、あのときの見えない壁はどこにいったのかと思うような連帯感がはっきり見えました。年長の時のお泊まり保育でも、完全ではないけれども違和感も少ない感じでした。親も同じように不安な感じもあったので、それもあるのかなぁと。
 学童に入っても同じようなメンバーなのですが、しっかりと同じ仲間としての子ども達の姿がありました。

 先生達も努力されていたようです。遊び方も異なるけれども、新しい遊びが面白いと感じ始めれば大丈夫です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですね。不安そうな表情って分かりますよね。ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/12 17:20

お子さんの元気がない様子をみているのはとてもお辛いと思います。


でもお母様もこうなることを全く予想していなかったわけではないと思いますので、まずはお母様が毅然とした態度でNo1様の仰るように1ヶ月は様子をみましょう。
まだ新しい園での生活リズムもお友達の名前もわかっていない段階でしょうし。

泣かずに行ってくれるだけ凄いですよ!
ひとまずここは子どもの力を信じましょ!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。我慢している様子が分かりとても可哀想に思ってしまいます。もう少し様子をみます。

お礼日時:2009/04/12 17:19

最低一カ月は様子を見てください。

改善がなければ先生に相談してください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。1ヶ月くらいは、様子見必要ですね。

お礼日時:2009/04/12 17:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

goo of things いまここ