プロが教えるわが家の防犯対策術!

体力づくりの動機ややり方は
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4858176.html
こちらで質問しています。

今日、実践しましたが、ジョギング程度のスピードでも開始後5分くらいでへばりだし、15分も持たない位で歩いてしまいました。
呼吸を整えて少し走っては歩き、、、を続け30分は続けましたが…
それでも体力は少しずつでもつきますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

それでもつきますが、もっともっと、思い切り速度を落としてください。

もしくは、へばる前の「ちょっときつくなってきたかな」くらいのところで歩きに変えて息を整えてからまた走るようにするか、走るのが難しいようであれば、いっそ最初から早足で歩くだけでもかまいません。思い切り早足で歩くと、けっこう心拍数は上がります。ちょっと汗ばむかな、でも隣の人と会話しながらでもつらくないな、くらいの息の上がり方で、30分以上続けるのがいいんです。

どの程度がジョギング程度のスピードかというのは、その人の体力によって違います。いまのあなたにとって、中学・高校時代の「ジョギング程度」は、実はジョギング程度ではないんです。また、ジョギングというのは案外速く、持久力をつけるためのトレーニングでは、ジョギングよりもさらにゆっくりのほうが効果的です。

実は、ある程度速度があるほうがバランスを取りやすく、走りやすいんですね。それで、走り慣れない人ほど速く走ってしまいがちです。ゆっくり走るのは案外難しく、ゆっくり走ることで、むだなくバランスよく走るためのフォームの改善にもなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答有難う御座います。

早速、今日再びやってみました。前回よりもスピードを落として普通の徒歩の速度よりもちょびっとだけ早いくらいのペースで走りました。

どんなに遅い速度でもとりあえず「走っている」格好になっていればいいんですよね??
それでなんとか30分走りきることが出来ました。

実は、走る前に縄跳びで100回普通とび×10セット(1セットごとに5~10分のインターバル…長すぎですがw)
をしてからの長距離走でしたので、自分でも走れたことにビックリしています。

体力をつけるには、距離走よりも時間走とネットにあったのですが、今後走ることに慣れてきたときにスピードをあげる必然性はあるのでしょうか。
距離走<時間走ならば、同じスピードで時間を長くしたほうがいい、ということでしょうか??

お礼日時:2009/04/09 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング