新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

 「国際人」という英語でよく使われるのはどの表現ですか。
I'd like to be a(n) ( ) who can speak English.

1. international person
2. internationally-minded person
3. cosmopolitan person
4. global citizen
5. citizen of the world
6. member of the international society
7. 上記以外

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

それぞれ意味がかなり違いますので、「どんな国際人」になりたいかによります。

国際人って、けっこう責任重大なんですよ。
    • good
    • 2

cosmopolitan ならそれ自身に person の意味を含みますね.


ということでちょっと調べてみたんだけど.... cosmopolitan の (名詞としての) 主要な意味は「世界のいろんなところにいって様々な経験をした人」という感じらしい. まあ, 確かに「国際人」といえるな.
主題とは外れますが, この形で「who can speak English」なら問題ないのではないでしょうか>#1. これが「, who can speak English」だとどうかなぁと思いますが. 前者だと「一口に『国際人』といっても英語のできる人もいればできない人もいけるけど, その中でも英語のできる人になりたい」ってニュアンスだし, 後者では「『国際人』ってのは英語ができるんだけど, その国際人になりたい」ってニュアンスですよね.
    • good
    • 1

cosmomolitan でも良いのでしょうが、後にはあえて「person」を付ける必要もないようです。

全体の文意で最適の「国際人」を選ぶのは本当に難しいですよね。


cosmopolitan
【名-1】国際人、コスモポリタン
【名-2】汎存種
【形】世界主義的な、国際的な、外国人への偏見がない、洗練された◆ギリシャ語で「全世界」を意味する kosmos と「市民」を意味する polites が語源。cosmopolitan は「世界をよく知っている」「国際的な」という意味で、人や街、環境、職業などを形容する。人についていう場合、自分は cosmopolitan である、と自称するのに使われることが多いのが面白い。
・London has a cosmopolitan atmosphere. ロンドンには国際的な雰囲気がある。
・Is New York or London more cosmopolitan? ニューヨークとロンドンはどちらがより国際的だろうか。
【@】コスモポリタン、コズモポリタン、【変化】《複》cosmopolitans、【分節】cos・mo・pol・i・tan
    • good
    • 1

これは好みの問題かも知れませんが、一番的確に本来の「国際人」を表現しているという意味では、、、、、、、



2)の「international-minded」〈国際感覚で考え行動出来る人)、、、、「internationally-minded」も使われますが、やはり「international-minded」の方が汎用性はあるのかと。また、よく似た「global-minded」もある程度認知されては居ます。

1,3,4,5,6,には「この国際感覚で考え行動する本当の国際人」を表現するには一長一短があるのかも。

蛇足ですが、「英語が出来る・くっ喋れる」からといって本来の意味の「国際人」とは、、、、必要条件の一つ位かな。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。私自身はcosmopolitanという単語しか覚えておりませんでしたが、この表現はあまり使わないのでしょうか。

お礼日時:2009/04/16 10:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q「心掛ける」の言い方。

「心掛ける、~するようにしている」の言い方について教えてください。
「心掛ける、~するようにしている」というと、try to や make it a rule toが思いつきますが、
try toは「やろうとしているけど、やったがかどかは不明」という感じがするような...
make it a rule toは少し堅い感じが...

1、make it a rule toを使った表現方法の一例などを頂けると嬉しいです。

2、私は、なるべく人を褒めるように心掛けている。
  私は、いつも笑顔でいるように心掛けている

上記英文の、英語の達人さま方の表現方法を学びたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

profitable-dさん、こんにちは

try toでも良いのですが、確かにこれは「~をやろうとしている」と言う意味合いが強いですね。
make it a rule toは確かに「心がけている」のですが、~する事を決めている、予定しているという意味合いが強くなりますね。
たとえば:
I make it a rule to spend 30 minutes for studying English everyday.
わたしは、毎日30分間英語の勉強をしようと心がけている(決めている)。
ですね。ただし、強い意志の元ではmake it arule toで「心がけている」と言う意味で使ってよいと思われます。

>私は、なるべく人を褒めるように心掛けている。
>私は、いつも笑顔でいるように心掛けている

上記のような場合は「気をつけている」と言う意味合いが強いと思われますから、"keep my eye open for"が適当でないでしょうか。

I (am) keep(ing) my eye open for complimenting whatever people do when they are trying hard.

I (am) keep(ing) my eye open for making a big smile all the time when I talk to people.

こんな感じでいかがでしょうか?

などでいかがでしょうか?

profitable-dさん、こんにちは

try toでも良いのですが、確かにこれは「~をやろうとしている」と言う意味合いが強いですね。
make it a rule toは確かに「心がけている」のですが、~する事を決めている、予定しているという意味合いが強くなりますね。
たとえば:
I make it a rule to spend 30 minutes for studying English everyday.
わたしは、毎日30分間英語の勉強をしようと心がけている(決めている)。
ですね。ただし、強い意志の元ではmake it arule toで「心がけている」と言う意味で使ってよ...続きを読む

Q学位とか、学士とは(bachelor degree)

学位とか学士とよく聞きます。いったいどういうことを学位、学士と呼ぶのでしょうか。。。(ばかですみません、)
大学を卒業すれば学士なんでしょうか?それともなにか試験をうけて
合格する必要があるのでしょうか。
いま 外国人に、(Do you have bachelor degree or master?)
ときかれていて。私は短期大学を普通に卒業しただけなのですが。。
わかりやすく説明おねがいします・

Aベストアンサー

2年生の学校を卒業すると、準学士(Associate)の資格を得ることができます。
4年生では学士(Bachelor)、大学院に進学、卒業すると修士(Master)、さらにその上に博士(Doctor)と、資格を得ていきます。卒業さえ無事にできれば、誰でも学位を得られますよ。

Q“each day”と“every day”の違い

“each day”と“every day”は『毎日』と言う意味ですが、この2つには違いがありますか?また同じように代用してもよいのでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出していますので私からも書く必要は無いと感じています。

非常に似た表現だと言う事の証明として、each and everyと言う表現は多くの業界、例えばビジネス、で使うことを避けるべきだ、としています。

また、同じフィーリングだけど対象となるものが二つなのか二つ以上なのかでも使い方が変わります。 eachが二つですね。 each shoe/leg/parentと言う感じです。 その反対がbothとなります。

everyが使われる多くの反対がAllになります。(すべてと言う事ではありません。 Not every "every" means opposite of "all, however.

ちょっと時間がないので適当なサイトを今調べてみますね。

良いものがありましたのでご紹介します。 私の回答より良くまとまっていると思います。 (Gの回答はいつもまとまっていないじゃないか!!!)

参考URL:http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/learnit/learnitv110.shtml

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出...続きを読む

Q英語関係の仕事に就きたい を英訳すると・・・

英語を活かせる仕事に就きたいと英語で言うにはどう言ったらよいでしょうか?

全然しっくり来るのが思い当たりません。

I'd like to get a(any) job....
で始めても続かないし、
そのあとに、
I can make the most of my English skills.
と言う文を入れるなら、
I'd like to master English.
という文が必要だから・・・

「英語の使える仕事に就きたいので英語を上達させたい」
もしくは、
「英語を上達させて、いつか英語を使える仕事を見つけたい」
という感じにしたいのですが、
どうも英作文がうまくできません。

模範解答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 色々言い方はあると思いますが私の場合ですと;

*英語を活かせる仕事に就きたい
I would like to be in a job where I can make the most of my English language skills.

*英語の使える仕事に就きたいので英語を上達させたい
I hope to improve my English language skills in order to get a job that I could put that in practice.

*英語を上達させて、いつか英語を使える仕事を見つけたい
I would like to improve my English language skills, so that one day perhaps, I could get a job that this may come in handy.

ご参考になると幸いです。

Q[seem]と[seem like]の使い分け?

NHK英会話講座より
C:--------------
It seems so pointless. あまりに無意味よね。
-------------
And I started reading some books about caring for pets. It seems like a lot of work.
それでペットに関する本を何冊か読み始めたら。
すごく手間がかかるみたいで。

(質問)上記には[seem]と[seem like]が使い分けられています。[seem]も[like]も「~のような」の意味だと思いますが、重複しているのでは?
[look like],[sound like]なら理解できますが。私の考え違いと、使い方についてご指導をお願いいたします。参考例もよろしく。  以上

Aベストアンサー

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」という意味になります。そして,be の代わりに look, seem, sound を用いることもできます。like は前置詞と考えると後に名詞がきます。すなわち,a lot of work という名詞を seem の後に続けようと思うと,like が必要になってくるのです。
 like を形容詞と考えれば,seem like で seem +形容詞で統一することも可能です。
 ただし,特にイギリスでは,look, seem, sound の後に like なしで,名詞を置くことも多いようです。また,その際は,look to be 名詞,seem to be 名詞のように to be をはさむことも多いと思います。

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」とい...続きを読む

Q4人に1人の割合で

こんにちは。

4人に1人の大人が肥満だと考えられる。
one in four adults is concidered obese.

という文章があったのですが、この4人に1人の
ところは one out of four adultsとしても
意味は同じでしょうか?

私はこの割合を表す言い回しをout of で覚えて
いたので、本にinを使った用法で書かれていたので
混乱しています。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。7/29のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<この4人に1人のところは one out of four adultsとしても
意味は同じでしょうか?>

似ていますが、微妙に違います。

1.日本語の「4人に1人」の「に」は、指定されるものを示す格助詞として使われています。

2.英語のone in four adultsのinは、数量などを制限する前置詞として使われています。

3.従って、「制限された数量を指定する」意味として、「4人に(1人)」はone in four adultsで正しい使い方になります。

4.out ofの原義は、outは「外へ」と意味の副詞、ofは「~離れて」という分離を表す前置詞として用いられており、複合されたのが、out ofとう前置詞です。意味は「~の中から(外へ)」となります。

5.つまりout ofは「外へ」「離れて」という動作を示唆しますから、consider「~とみなす」という静的な動詞には不適なのです。動詞が次のような場合は使えます。

例:
One out of four adults is eliminated.
「大人4人のうち1人が除去された」



ご質問2:
<私はこの割合を表す言い回しをout of で覚えていたので>

1.恐らく次のような言い回しを目にされたからだと思います。
例:
one chance out of ten
「10に1つのチャンス」

in nine cases out of ten
「10中8、9」

2.これらの表現は、chanceやcaseに「偶然性」「事例」といった、「割合」を示唆する意味が既にあるので、このような意味になるのです。また、原義には「10のチャンスから任意に選ばれた1つのチャンス」という意味があります。

つまりこれらの名詞のない、one out of tenだけでは「割合」を表すことはできません。数詞だけで割合を表すには、one in ten「10に1つ」となります。

ご質問文のone out of four adultsの例だと、「4人の大人のうちの任意の1人」という意味になるだけで、「4人に1人」という割合の意味にはならないのです。

以上ご参考までに。

こんにちは。7/29のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<この4人に1人のところは one out of four adultsとしても
意味は同じでしょうか?>

似ていますが、微妙に違います。

1.日本語の「4人に1人」の「に」は、指定されるものを示す格助詞として使われています。

2.英語のone in four adultsのinは、数量などを制限する前置詞として使われています。

3.従って、「制限された数量を指定する」意味として、「4人に(1人)」はone in four adultsで正しい使い方になりま...続きを読む

Qcompare with/compare to の違いについて?

前置詞について質問をよろしくお願いいたします。
(1)Olivia is compareing the strawberry shortcake with the muffin.
(2)Butch is compared Sylvia to rose.
私の考えでは、(1)はショートケーキもマッフィンも同じ御菓子なので、同種のもの同士を比べる時はwith,(2)はシルビアとバラを比べているので、異種のものを比べる時はtoを使う。と推測しました。正しい判断基準を教えて下さい。お願いいたします。 以上

Aベストアンサー

>Butch is compared Sylvia to rose.
compared は comparing でしょうか。

 高校時代,compare A to B は「A を B にたとえる」,compare A with B は「A を B と比較する」と覚えたものです。昔の単語集にはそのように書いてあったような気がします。

 しかし,実際には,「たとえる」の場合は必ず to ですが,「比較する」の場合は,with, to ともに用いられます。日本語で「~に比べて」「~と比べて」のどちらも使うのと似ています。
 なぜか,「~に比べる」となると,「~と比べる」が自然になります。
 英語では,どちらかというと,be compared と受身になると,with よりも to の方がよく用いられるようです。

 今回の文では,「シルビアという女の人をバラにたとえている」「シルビアがバラに似ていると考えている」ので,to が用いられているのでしょう。ご質問者の言う「異種」というのと同じなのかもしれませんが,「たとえる」とか,「~に似ていると言う」という訳の方がいいでしょう。

>Butch is compared Sylvia to rose.
compared は comparing でしょうか。

 高校時代,compare A to B は「A を B にたとえる」,compare A with B は「A を B と比較する」と覚えたものです。昔の単語集にはそのように書いてあったような気がします。

 しかし,実際には,「たとえる」の場合は必ず to ですが,「比較する」の場合は,with, to ともに用いられます。日本語で「~に比べて」「~と比べて」のどちらも使うのと似ています。
 なぜか,「~に比べる」となると,「~と比べる」が自然にな...続きを読む

Q6月に高3進研マーク模試を受けましたが、この点数だとどれぐらいの偏差値

6月に高3進研マーク模試を受けましたが、この点数だとどれぐらいの偏差値になりますか?

国語…130/200
数IA…65/100
数IIB…87/100
英語…159/200
リスニング…28/50
地理B…88/100
現代社会…77/100
物理…81/100
化学…83/100
5-7+リス(理系)…721/950

Aベストアンサー

平均点を満点の40~45%、標準偏差を満点の10~15%で計算してみるといいですよ。だいたいの目安です。

QIt is because~.という英文

お世話になります。becauseの使い方について質問させていただきます。

英語で、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」のように、最初に結論を述べ、次にその理由を述べる文をつくりたい場合、“I think~. It is because~.”とするのは、正しい英文法でしょうか?

英語圏在住経験の長い友人に聞くと、It is because~.のような文も違和感はないとのことでしたが、手元のどの辞書をみても、becauseをこのように、名詞節を導く接続詞として解説したものはありません。
(もちろん、It is because~that~.のような強調構文の場合は、このような使い方も許されると思いますが、私がお聞きしたいのは、単純にIt is because~.という形です。)

私は学校英語だけで英語を勉強してきた人間ですが、私なら、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」といいたい場合、“I think~. The reason is that~.”と書きますが、こちらの方が不自然でしょうか?

英語圏の在住経験が長い方、英文法を研究してらっしゃる方のご意見をうかがえれば幸いです。

お世話になります。becauseの使い方について質問させていただきます。

英語で、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」のように、最初に結論を述べ、次にその理由を述べる文をつくりたい場合、“I think~. It is because~.”とするのは、正しい英文法でしょうか?

英語圏在住経験の長い友人に聞くと、It is because~.のような文も違和感はないとのことでしたが、手元のどの辞書をみても、becauseをこのように、名詞節を導く接続詞として解説したものはありません。
(もちろん、It is because~that~.の...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと前にも質問があったと記憶していますが,
This/That/It is の後だからといって,
because ~ が名詞節と考えなくてもいいと思います。

be 動詞は究極の copula であり,形容詞・名詞に限らず,
さまざまな表現を続けることができます。

ジーニアスには
前に文があって,
I think that is because ~.
研究社の英和大辞典には
That's because ~. がいくつも出てきます。

コウビルド英英辞典でも
This is principally because ~.
が出ています。

#1 で申し上げたように,this/that/it はすべて,前に書かれている内容です。
This is why ~. That's why ~. という表現がありますが,
これと因果関係が逆になるだけ。
why ~は名詞節としてわかりやすいのはあります。

副島氏も言ってましたが前の内容を表す this = that = it

でも it はちょっと弱いかな。


人気Q&Aランキング