ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

マーチの一角に過ぎない中大法がなぜ
過去に東大に匹敵する司法試験合格者を輩出できたのでしょうか?
偏差値では早慶上智に劣り、同志社とほぼ同等のレベルで
どうして国家試験の最難関を突破することができたのでしょうか?
司法試験の受験者数なら早慶も同じくらいだとおもうし
偏差値と比例しない過去の合格者数が不思議でなりません。
もしかして昔は早慶より難関だったのでしょうか?
司法試験に特化したマル秘のノウハウでもあるのでしょうか?
早慶に一般企業の就活では敵わないので
負け戦をしない苦肉の策みたいなものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

女子 ライン」に関するQ&A: ラインの終わらせかたについてまよっています。 自分は高校生で、同じ部活の女子とラインをしていて、自分

A 回答 (21件中1~10件)

質問者さんは中央がお嫌いのように感じてしまいますねw


あるいは、「認めたくない」といったところでしょうか?

さて、質問内容に対する答えですが、他の投稿者さんの回答を整理すれば、もう答えは出ているはずです。

>マーチの一角に過ぎない中大法
まず、ここの認識が間違ってます。
中大法のレベルはマーチのレベルではありません。
あくまで中央大学がマーチという枠に属しているだけで、中央法の偏差値はマーチの偏差値ではありません。

>偏差値では早慶上智に劣り
確かにその通りですね。
ただ、そうは言っても1~3程度の差(年度によって違います)ですので、あまり偏差値の差は参考にできないと考えるべきでしょう。

>もしかして昔は早慶より難関だったのでしょうか?
そうです。
他の多くの方が回答されているように昔は早慶より難関でした。
今でも法曹界における学閥は、東大と中央が二大勢力ですし、司法試験合格に向けたバックアップ体制もしっかりしてるので今でも早慶とかわらない実績を維持できているのです。
「数の論理」を仰いますが、これは早慶もやってることはあまり変わりません。純粋に「質が高い」と言えるのは一橋を筆頭に上位国立だけであって私立の質など大差ありません。

>早慶に一般企業の就活では敵わないので負け戦をしない苦肉の策みたいなものでしょうか?
というより、それぞれの大学には中心となる戦略というものがあります。中央の場合は司法試験ということです。
    • good
    • 19

司法試験に合格できる人とそうでない人の大きな違いは、


「論理的思考能力」が高いか低いかです。

これは大学受験に必要な能力ではなく、訓練によって取得できる能力です。(ロジカルシンキングともいいます)

この能力は、ロースクール試験の適性試験でも試される能力で
法曹になった場合、この論理的思考能力が不足していると
裁判に負けてしまうと聞いたことがあります。
東大生であっても司法試験に落ちる理由は、論理的思考能力が
大学受験では身につけられないことを証明していると思います。

中央法では、大学の4年間、司法試験勉強のために大学挙げて応援しているようです。中央は、法曹界に絶対的な地位を確立しているため、教授陣や、現役の弁護士や裁判官OB・OGが教えてくれたり、 司法試験等の難関資格試験勉強専用の「炎の塔」を建て、司法試験受験生に、一人に一机+ロッカーを提供し、司法試験受験仲間に囲まれ、苦しい勉強もお互い乗り切っていける環境もあるようです。
だから司法試験合格率も高いんだと思います。

平成20年 旧司法試験 大学別合格者数
1 東京大 25
2 京都大 14
3 中央大 13
4 早稲田大 12
5 慶應義塾大 11
6 一橋大 6
6 大阪大 6
7 同志社大 5
-------------------------------------------------
平成20年度 新司法試験 大学院別合格者数
1位 東京大法科大学院    200名
2位 中央大法科大学院    196名
3位 慶應義塾大法科大学院  165名
4位 早稲田大法科大学院   130名
5位 京都大法科大学院    100名
6位 明治大法科大学院     84名
7位 一橋大法科大学院     78名
    • good
    • 10

過去からの推測。



親世代に聞くと、
1960年代、70年代までは
経済学部>>>>>>>法学部だったようで
早稲田も同志社も慶応も経済学部が法学部より偏差値も人気も
上でした。
親戚で明治のOBだった人は早稲田落ちですが、
中央など受けもしなかったそうです。
それが文理分けが進んだことと、弁護士人気、などにより経済学部
より法学部が人気になったようです。
中央はもう何十年も司法試験を頑張ってる大学だったので、
法学部人気、弁護士人気が高まるごとに偏差値を伸ばしていった
感があります。
また東大早慶法落ちの受け皿になれたのも良かったですね。
東大早慶法の一般層は、国1や企業に引き手あまたなので、
そこそこ優秀な中央法の学生が懸命に頑張れば司法試験に
通ることができたんだと思います。
つまり理科大や東工大と同じく「マジメ大学」なのです。
このような不況期だと大学ブランドより実力が重要視されますから、
中央のようなマジメタイプは伸びるわけです。
関西では京法落ちで中央へ行く人が多いですね。
京法受けるぐらいだからかなり優秀です。
法曹狙いなら慶応でも早稲田でもなく中央を選ぶのです。
「わざわざ東京に行くのだから絶対に司法試験に受からねばならない」
と言う思考だとそうなります。
    • good
    • 5

現在慶大法学部に通っている者です。

今では慶大法学部は私立文系の最難関で、以前からの看板学部の経済よりも入るのが難しい言われています。でもやはり昔は「阿呆学部」だったみたいですね……。
確かに中大法学部の過去の栄光はすごい物だったようです(まあ今でもMARCHの中では別格ですが)。私の親戚で、家族そろって中大法出身の家もあります。中には裁判官をしていた法曹界では有名な人もいます。また、私の叔父は附属杉並高校から「お得な」中大法に進学しました。自分は理系に適性があると思いつつ、大嫌いな暗記を覚悟で進学したというから驚きです。叔父はその後大手銀行に就職し、成功を収めました。ただ、当時(80年台半ば)でも早慶より下位の大学(中大法も含む)から大手銀行への就職は困難を極めたようです。今でも伯父は、出身大学を訊かれると「中大『法学部』です」と学部まで答えるそうです。
慶應の話に戻りますが(蛇足かもしれませんが)、創立者の福澤諭吉は何度も政府から要職を依頼されたにも拘らず、すべて断ったそうです。その義塾が今日国家試験に多数の合格者を出しているのは、いささか滑稽な気もします(かく言う私も例外ではないかもしれませんが)。
    • good
    • 2

以前和田秀樹がいっていたのですが


立地(ロケーション)が強さの秘密なんだそうです

司法試験特に旧司法試験は超難関で大学の授業ではとても追いつかない
そこで都心の予備校にいって切磋琢磨しながら勉強する環境が
非常に重要なんだそうです
つまり勉強の場は大学ではなく予備校でありどこ大の学生で
あるかはほとんど関係ない逆にいえば優秀な予備校がひしめいている
東京都心であることが非常に重要なんだそうです

元々中央大は東京都心の神田(確か)という最高の条件でしたが
八王子に移転してしまい少し凋落しましたこれは先の説明どおり
優秀な予備校に通いづらくなったためです
    • good
    • 1

1975年頃、受験をした者です。



当時でも、ダブル合格者は、
早稲田・法>中央・法 でしたけどね。
慶応VS中央 は母数が少なかったはずです。
当時は、法曹を希望に入れての受験では、私立では、
早稲田>中央>明治 のラインの受け方が多かったです。

それで、司法試験合格者が多かったのは、
一つに、それを目指して進学している人が多いから、に尽きます。
受験者数が多いのです。結構、浪人を何年してでもという人が多かったです。早慶の場合、民間就職や、その他の公務員にさっさと変える人も多くて。多浪の人数が少ないです。
受験者の数が多い、もう一つの理由が学生数。
当時はまだ、中央は夜間もありました。
早稲田はすでに夜間は社学にまとめられていましたし、慶応は夜間はありません。
更に、中央・法は通信もあります。慶応の通信は文学部しかなかったように記憶しています。

また、当時は資格予備校がなくて、真法会のような大学の援助のある団体が指導の中心でした。そういう点では強かったです。
但し、定員がありますので、そこに入れない人は大差がなかったのかもしれません。

慶応は確かに当時は評価がイマイチでしたけど、法曹を熱望していない人は、中央をけって慶応は普通にありました。特に女子は中央はイマイチ人気がなかったです。
女子では、
慶応>上智>立教または青学 というラインの受け方をしている人が多かったです。
    • good
    • 3

ご参考にどうぞ






学部紹介

中央大学の看板学部。『法科の中央』としての輝かしい伝統と実績を有する、我が国を代表する名門学部のひとつであり、『法律学科』・『政治学科』・『国際企業関係法学科』の3学科からなる。法曹界を始めとして、政界・官界・財界・ジャーナリズム界などに数多くの有為の人材を輩出し続けている。2010年をもって、創立125周年を迎える。東京大学の『赤門』に対して『白門』と呼ばれる。

特に法曹界において、『中大閥』は『東大閥』と並び多大な影響力を有しており、最高裁判所裁判官、地方裁判事、検察庁幹部、東京地方検察庁特別捜査部(東京地検特捜部)部長などの歴任者数は、全私立大学の中でも群を抜いて最多である。弁護士数も全私立大学の中で最多で、国内の弁護士の4人に1人は、中央大学法学部の出身者である。また、財界においても大きな影響力を有しており、現在の日本経済団体連合会(経団連)会長は、法学部法律学科の出身者である(私学出身者の経団連会長就任は、日本史上初)。政界・官界においても内閣総理大臣・各省庁大臣(法務大臣や外務大臣等)・事務次官・都道府県知事、市長を含め、数多くの人材を輩出しているが、ここでは割愛する。学部単位では、東大法を除き、ここまで法曹界、政界、官界、財界に影響力を有するところはないだろう。

戦前の『高等文官試験:司法科』、戦後の『旧司法試験』・『新司法試験』の全てにおいて、累計合格者数は東京大学に次ぐ全大学中2位の実績を誇っている。また、中央大学は東京大学・早稲田大学とともに、定員300人という日本最大の法科大学院を擁しており、更に法科大学院入試においても、2004年の開校初年度から現在に至るまで、国内の全法科大学院の中で最多の出願者数を集めて続けている。これらのことは、同大学が全国から法学の分野において高い信頼と期待を寄せられていることの証左といえる。2006年に実施された記念すべき『第1回新司法試験』の合格者数では、東京大学を抑え、全大学中1位の栄誉に輝いた。また今年の新司法試験でも東大に次ぐ2位(新卒合格者数は1位)となった。司法試験界では、昭和初期の時代から東大法科・中大法科が首位を争っており、今後も首位争奪戦を繰り広げるものと予想される。
    • good
    • 4

gokyusawanのおっしゃるとおりだと思います


中大はお茶の水を去った時から没落しました
しかし没落してもマーチというくくりに入っているのは地力でしょう
OBの協力により司法試験はまだトップクラスにいますが、お茶ノ水時代の王座は取り戻せません
再度駿河台へキャンパスを戻してほしいものです
    • good
    • 3

>マーチの一角に過ぎない中大法がなぜ


過去に東大に匹敵する司法試験合格者を輩出できたのでしょうか?
マーチという受験用語が出来たのは、1970年代です。
中央大学法学部が東大を凌いで20年連続司法試験合格者数トップを
成し遂げたのは1951年~1970年までなので若干時代が異なります。
有名な話ですが、当時は私大の最難関は、政治の早稲田、経済の慶応、
法律の中央と呼ばれ、法学部では中央が突出していました。
特徴的には全学部バランス良く入試難度が高い早稲田、早稲田と並ぶ
難関でありながら法学部だけは低調だった慶応、逆に法学部だけが
突出していた中央と今とは異なる序列でした。

>偏差値では早慶上智に劣り、同志社とほぼ同等のレベルで
どうして国家試験の最難関を突破することができたのでしょうか?
偏差値で早稲田に負け始めたのは1970年代、慶応上智に負け出したのは
1980年代になってからです。同時期から中央は司法試験で苦戦し始めま
したが、「法科の中央」のブランドもあり、司法試験の合格者数では
1980年代までは早稲田と、1990年代後半までは慶応と比較して優位を
保っていました。

>司法試験の受験者数なら早慶も同じくらいだとおもうし
偏差値と比例しない過去の合格者数が不思議でなりません。
もしかして昔は早慶より難関だったのでしょうか?
法学部は早慶より難関でした。
1960年代以前は中央>早稲田>>慶応
1970年代は早稲田=中央>慶応
1980年代は早稲田=慶応>中央
1990年代以降は慶応>早稲田>中央 の序列です。

偏差値と比例しないではなく、偏差値の低下と比例して合格実績は落ち
ています。
慶応は1980年ごろ(4教科入試時代)までは早稲田、中央に偏差値に関
して大差で負けていました。この頃までは慶応の合格者数は数名~20名
程度でした。一方の東大は90名~120名、中央・早稲田は80名~100名程
度出していました。
2教科入試になった現在は3教科入試の早稲田、中央に比べて偏差値で優
位に立っています。

>司法試験に特化したマル秘のノウハウでもあるのでしょうか?
司法試験で有名な大学ですからノウハウはあると思います。以前は、
もぐりの他大生が多かったとも聞きます。今は他大も司法試験に力を
入れ、予備校もありますので、マル秘というものはないのではないで
しょうか?

>早慶に一般企業の就活では敵わないので負け戦をしない苦肉の策みたいなものでしょうか?
実業界でも中大法学部出身者はかなり多いですね。中大全体でも私学
では慶応、早稲田に次ぎます。法学部単体で早慶と比較すれば、大差が
ないと思われます。
法曹界以外でも、同じ法学関連で官界、政界にも人物が多いです。
以前は東大、早大に次ぐ国会議員を出していましたし、現在でも
衆議院で東大、早大、慶大に次ぎ4番目に、参議院で東大、早大、
京大、慶大に次ぎ5番目に輩出しています。
負け戦をするための苦肉の策ではないと思います。
    • good
    • 9

数日前、たまたまお茶の水の明治大学キャンパスを訪れました。

新しい高層ビルのリバティタワーが目を惹きました。道路を挟んで向かい側にはかなり傷んだ古い校舎が窮屈そうに並んでいました。今の学生はちょこちょこっと電車で移動できる場所で学び、またちょこちょこっと移動して遊びに行ったりバイトしたりという生活に憧れるのでしょうね。

一方、中大多摩キャンパスは、まさに広大で、講義棟・研究棟、厚生会館、サークル会館、炎の塔、体育館、グラウンド、たくさんの桜の下でお花見が楽しめる中大のシンボル、白門プロムナード(公園)が整然と配置されていて、さながらアメリカの大学のキャンパスか、旧帝大のキャンパスを思わせるゆとりに満ちています。この桜を眺めながら4年間かけて中大生になっていくのでしょう。中大の校訓、「質実剛健」これはどこでもありますが、加えて「家庭の情味」。この校訓は実にユニークです。学生が望むもの、そして恩師として、先輩として、親心として与えてやりたい人格形成・勉学環境が十分に整えられている背景はこの校訓なのかなと思います。

自分の子どもを進学させるなら、のびのびと大きな器をもった人間に育ってほしい。そういう意味では親の世代なら中大キャンパスにはむしろ感慨を持つのかも知れません。

国公立大の授業料が私立とあまり差がなくなった今日、大切な青春の日々をどのような環境で過ごすか、この選択肢が広がったという面もあります。志望校選択にあたっては、大学を知り、冷静かつ総合的に見極める目が必要だと思います。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早稲田大学法学部と中央大学法学部のどっちがいい?

現在浪人一年生です。
早稲田大学法学部と中央大学法学部のどちらに進学しようか迷ってます。どちらも(中央は明日ですが)センター利用で合格が決まりました(決まります)。
私は、将来は司法試験を受けて法曹界で働きたいと思ってます。が、大学四年間でどう変わるかわ解りません。

まず中央大学に行きたいと考えるのは
詳しくは知らないのですが中央大学は法学部在学中に安価でOBからの添削指導が受けるシステムがあると聞いております。司法試験受ける多くの方が何らかの塾に通うらしいですが、東京での下宿にお金がかかりますので、できるだけ親に迷惑かけないよう塾には行かないつもりでいます。そのため中央大学のこのシステムはうれしいです。
また、法科大学院の合格者数・合格率ともに中央の方が勝っております。

次に早稲田大学に行きたいと考えるのは
単純に大学の名前です。やはり受験勉強する中でずっと早稲田のほうが(偏差値が)高いという認識で来たので、何となく早稲田のほうがいいんじゃないかなと思えてしまいます。もし中央よりも早稲田が良いという認識が社会レベルであって、司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際に、早稲田の名前が有利に働くのなら早稲田も捨てがたいです。

以上のことを踏まえまして以下のことにお答えいただきたいです。

(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)
(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?
(3)そのほかに早稲田あるいは中央の良いところ。
(4)上記を踏まえて最終的にどちらを薦める?

にお答えいただきたいです。

現在浪人一年生です。
早稲田大学法学部と中央大学法学部のどちらに進学しようか迷ってます。どちらも(中央は明日ですが)センター利用で合格が決まりました(決まります)。
私は、将来は司法試験を受けて法曹界で働きたいと思ってます。が、大学四年間でどう変わるかわ解りません。

まず中央大学に行きたいと考えるのは
詳しくは知らないのですが中央大学は法学部在学中に安価でOBからの添削指導が受けるシステムがあると聞いております。司法試験受ける多くの方が何らかの塾に通うらしいですが、東京での下宿に...続きを読む

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。


(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)

詳しいシステムはわかりませんが、
早稲田大学の場合、稲門会というOB組織があり、法曹関係のOBとの強いつながりが予想されます。

(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?

早稲田のほうが良いです。

(3)そのほかに早稲田あるいは中央の良いところ。

早稲田大学の場合、高田馬場キャンパスで4年間を過ごせるので、
学生街の雰囲気に浸り、早稲田祭で大いに盛り上がり、また文学部キャンパスなどを含め膨大な種類の科目から、
自分の学びたいことを選ぶことができます。
早稲田は7限まであるので、集中的に科目を履修して平日にあき時間を作ることもできますし、
留学制度が盛んなので、王道な欧米圏への留学以外にも、同志社大学への国内留学、中央アジアなどへの短期留学も考えることができます。

一方、中央は4年間八王子なので、勉強以外の面ではちょっと・・どうなんでしょうね。

(4)

明らかに早稲田です。
もし法曹につきたい場合、大学院で中央のロースクールに行けば良いのではないでしょうか?

合格おめでとうございます。


(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)

詳しいシステムはわかりませんが、
早稲田大学の場合、稲門会というOB組織があり、法曹関係のOBとの強いつながりが予想されます。

(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?

早稲田のほうが...続きを読む

Q中央大学の法学部が評価されてるのは法学科だけ?

中央大学を受験するにあたって、法学部の評判が良いと聞きました。
今のところ将来的に司法試験を受けるつもりは無いので法学部の政治学科を受けようと思っています。
ここで疑問が湧いたのですが、俗に言う「中央の法」とは法学部の中でも法学科のみをさしているのか学部全体を指しているのか教えて下さい。
評判で大学を選ぶことがあまり良くないのは自分でも分かっていますが、どうしても気になったので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

質問が二つあるようです。

・俗に言う「中央の法」とは法学部の中でも法学科のみをさしているのか学部全体を指しているのか教えて下さい。

「中央の法」と言えば中央大法学部全体を指します。
「中央法科」と言えば中央大法学部法律学科のことです(法学科ではありません)。

・中央大学の法学部が評価されてるのは法学科だけ?

評価自体は法律学科(の司法試験合格者実績)が中心でしょう。毎年報道もされて目立つからです。東大や早慶に遜色ない「目に見える数字」は関係者の溜飲を下げる格好の宣伝材料です。

法律学科出身の人はこだわりがあるようで「法科」あるいは「中央の法の法」などと言って違いをほのめかします。

しかし法曹以外のひとには学科などどうでもいいことです。早稲田政経の「政治学科」と「それ以外」の関係も似たようなものです。

Q中央大学法学部法律学科 『法科の中央』について

これだけの実績を誇るのに、どうして中央法科は大学受験で早慶法には敵わないんですか?




中央大学 法学部 法律学科

 どうしてここだけ早慶レベルの偏差値なの?って言いたくなるぐらい他学部との差がデカイ看板の中の看板。『法科の中央』としての輝かしい伝統と実績を有する、我が国を代表する名門学科のひとつである。以下の実績については全て事実である。

◆実績

 日本の私立大学を代表する看板学部として、早稲田大学政治経済学部(政治学科)・慶應義塾大学経済学部とともに『日本私学三大看板学部』と並び称される。戦前は「三田の理財、早稲田の政治、駿河台(中央)の法学」と称された。法曹界を始めとして、政界・官界・財界・ジャーナリズム界などに数多くの有為の人材を輩出し続けている。
 また三権の長(内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官(第18代大審院長・林頼三郎。林は検事総長も歴任している))を全て輩出した唯一の私学でもある。
 古くから中央大学法学部は東京大学法学部と並び称され、東京大学の『赤門』に対して『白門』と呼ばれる。2010年をもって、創立125周年を迎えた。

 法曹界において、中大閥は東大閥と並び多大な影響力を有しており、最高裁判所裁判官、地方裁判所裁判官、検察庁幹部、東京地検特捜部部長などの歴任者数は、全私立大学の中でも群を抜いて最多である(東大に次ぐ2位、もしくは東大・京大に次ぐ3位)。最高裁判所判事においては14名を輩出しており、慶應が過去に1名、早稲田が過去に0名であるところをみると、まさにダントツである。http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/news/contents_j.html?suffix=k&mode=top&topics=16664 
 弁護士数も全私立大学の中で最多(東大に次ぐ2位)で、国内の弁護士の4人に1人は、中央大学法学部の出身者である。戦前の高等文官試験(司法科)、戦後の旧司法試験、平成の新司法試験の全てにおいて、累計合格者数は東京大学に次ぐ全大学中2位の実績を誇っている。http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/life/d07_02_j.html
 なお、私学出身の検事総長は過去に2名いるが、いずれも本学科の出身者である。http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/news/contents_j.html?suffix=k&topics=12941
 法曹を目指す学生は、司法試験受験研究サークル「真法会」に入る事が当然となっている。また、明治42年に私学で初の法務博士号を授与された花井卓蔵も本学科の出身者である(花井は第3代検事総長・弁護士・政治家でもある)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E4%BA%95%E5%8D%93%E8%94%B5

 中央大学は早稲田大学とともに、定員270人という日本最大の法科大学院を擁している。2006年に実施された第1回新司法試験の合格者数では、東京大学を抑え、全大学中1位であった。慶應ロースクールによる司法試験問題漏洩事件があった第2回試験は第3位だったが、第3回以降は4年連続で、東大に次ぐ第2位となっている。司法試験受験界では、昭和初期から東大法科と中大法科が首位を争っており、今後も首位争奪戦を繰り広げるものと予想される。

 官界においても、私学最多、ダントツの事務次官、地方首長を輩出している。

 財界においても大きな影響力を有しており、前日本経済団体連合会(経団連)会長である御手洗冨士夫は、本学科の出身者である(私学出身者の経団連会長就任は、史上初であった)。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E6%89%8B%E6%B4%97%E5%86%A8%E5%A3%AB%E5%A4%AB

 政界においても、東大・京大・早慶に次ぎ全大学中5位の国務大臣を輩出しているが、列挙しきれないため割愛する。



◆受験について

 中央大学法学部の中でも特に法律学科は、東京大学・京都大学といった最難関国立大学法学部受験生の併願学科のひとつとされていること(東京大学文科I類などの受験生は、将来の法科大学院入学試験、国家公務員試験などの各種国家試験の受験を考慮に入れて、早稲田大学・慶應義塾大学の法学部とともに同学科を(特にセンター試験単独利用方式入試で)受験する傾向が強い)もあり、私学において屈指の高難易度を誇る(代ゼミ最新偏差値では67となっており、早稲田大学法学部と並ぶ難易度である)。

 また、国公立大学医学部医学科受験者も、多数がセンター試験単独利用方式入試で受験している。更に東大に毎年50人以上の合格者を出すトップレベルの進学校(例えば、開成高等学校)等からの受験者が多いことも、その要因として挙げられるだろう。また、各地方のトップ公立高等学校(例えば、愛知県立岡崎高等学校や宮城県立仙台第二高等学校、福岡県立修猷館高等学校)や地方トップ私立高等学校(例えば、ラ・サール高等学校や愛光高等学校)等からの受験者が多いことも特徴である。

 新司法試験において高い合格率を誇る慶應義塾大学法科大学院http://www.ls.keio.ac.jp/entrance_info/entrance_2011.pdfや一橋大学法科大学院にも多数の合格者を輩出しており、卒業時点においては、早稲田大学法学部を抜いたと言えよう。早稲田大からは法学部生の他にも政治経済学部生や社会科学部生もロースクールを受験するが、中央大からロースクールを受験するのは99%が法学部生であることを考えると、中大法学部の圧勝と言える。

 多くの法律学科生は、東大をはじめとする旧帝大や一橋大・早慶法学部に落ちて泣く泣く入ってきただけであり、愛校心は薄い。ただし司法試験の勉強に適した環境を求めて地方旧帝を蹴って来た学生もおり、不用意に突っ込むとヤケドするので扱い方には注意するように)。

 地方旧帝大法学部の当落線上にいるレベルの高校生では、私立専願の巣窟である早慶上位学科(法・政治・経済)には受からない(これは彼らの能力が劣っているという意味ではなく、国立と私立の入試問題の傾向が著しく異なるため早慶用の対策は必須であるが、国立受験生はそこまで手が回らないからである)。ゆえに、早慶上位学科を飛び越えて本学科に来ると言われている。地方のトップ進学校出身者が早慶に比べて多いのも大きな特徴である。

 上述のように、本当に難関国立大落ちが多く、いわゆる私立専願で3科目しか勉強していないような人間はあまりいない。東大等の最難関国立大法学部生の頭脳を知っている中央法科の学生は、概して謙虚である。ここに、中央法科が難関の資格試験において実績を残している秘密がある。ちなみに、早慶法学部は3教科しか勉強していない私立専願者(と東大落ち)で溢れ返っている。

 とある学生『自分は国立大志望で7科目も勉強したのに、そして浪人までしたのに、私立大にいることが今でも辛いというか、気に食わないですね。早慶受験生は勉強しない英作文やリスニング、二次試験用の数学、現代文論述、漢文、社会2科目の論述試験対策…。もともと私立志望なら、英・国・社の3科目しか勉強していないはずなので(しかもマーク式のみ)、数学や理科も勉強したのにも拘わらず、その人たちと一緒なレベルになりますからね。受験生時代に東大目指していようが、私立文系大学生には変わりありません。こんなことなら、自分も早慶専願でいけばよかったなと思いました。そしたら早慶法にも受かってたかもしれないのに。まあ未来なんて誰にも分かりませんけどね。』 ←怨むなら努力が足りなかった自分を怨め。

 …と、以上のように難関国立大落ちが多いことや、山の中での地味なキャンパスライフ、そして慶應・早稲田レベルの偏差値を誇るのに多くの場面で中央大学、あるいはMARCHとしてひとくくりにされてしまうことから、学歴厨をこじらせやすいようだ。そのエネルギーを資格取得に回しているとかいないとか。

これだけの実績を誇るのに、どうして中央法科は大学受験で早慶法には敵わないんですか?




中央大学 法学部 法律学科

 どうしてここだけ早慶レベルの偏差値なの?って言いたくなるぐらい他学部との差がデカイ看板の中の看板。『法科の中央』としての輝かしい伝統と実績を有する、我が国を代表する名門学科のひとつである。以下の実績については全て事実である。

◆実績

 日本の私立大学を代表する看板学部として、早稲田大学政治経済学部(政治学科)・慶應義塾大学経済学部とともに『日本私学三大看板学...続きを読む

Aベストアンサー

クソ長いコピペの割に質問は最初の一行だけで、しかも答えは最後に出ているようですが。

 都心にないこと。
 他学部のレベルが早慶に見劣りすること。
 法学部卒の進路は法曹だけではないこと。
 その法曹の道も近年色褪せていること。

理由としてはこれで充分だと思うのですが。

Q1950年代から1990年中期までの早稲田大学と慶應義塾大学の印象は?

1950年代から1990年中期までの早稲田大学と慶應義塾大学の印象は?

終戦後の1950年から1999年までの早稲田大学と慶應義塾大学について,
皆様はそれぞれどういう印象がありますか?

早稲田でしたら「個性の集まり」「吉永小百合の母校」
「今ほどの高レベルではなかった」「野球とラグビーと駅伝」など,
慶応義塾でしたら「坊っちゃん学校」「経済学部が著名」など
いろいろ各校で印象があるでしょうが, 聞かせてください!

後慶應義塾大学についてはIII部(通信教育)の法学部政治学科で
どのような教育が現在なされているかも分かる人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

現在は文学部が就職に不利というイメージから低い評価を受けていますが、当時は早大文、慶大文は評価が高く数々の著名人を輩出していました。慶應商学部、早稲田法、商も当然にして人気がありました。どうしても慶應にという人は妥協して法学部に入りました。どうしても早稲田という人は、教育、第二部(夜間)の文・法・商・政経(その後の社学)という選択ですね。森喜朗もサッカーの川淵氏も二部出身者です。
当時の慶應法は中央法や早稲田法に比較すると無名に近い存在でしたが、入試に数学が必須だったので、中央や早稲田の法学部生に比べてより国立大学に近い文系科目、理系科目にバランスのとれた学力を持っていたのでしょう。
中央は法学部のほかに商学部、特に会計学科は名門です。当時もかなりの難関でした。公認会計士に3年生4年生が合格するのが珍しくない大学なんてそうそうありませんから。

Q法政大学と中央大学の評判

春から大学生になります。
法政大学社会学部の社会学科と社会政策科学科に合格しています。
中央大学総合政策学科も受験して、明日発表があります。

中央大学は受かっているかまだ分かりませんが、
仮に受かっているものとして質問したいと思います。

まだどちらの大学に行くか、(法政に行くとしたらどちらの学科に行くか、)
決めかねています。

また、最近、学習院が法政に代わり、
MARCHからMARCGになりそうだという話を耳にします。

そこで、法政の社会学部と、中央の総合政策の、
生徒の雰囲気、勉強のレベルなどを少しでも知りたいと思い質問しました。
今頃になってこんな質問、と思うかもしれませんが、どうかよろしくお願いします!

二つの大学に詳しい方、学生さんなど、ぜひご回答をお願いします。

Aベストアンサー

元塾講師です。

 まずは、合格おめでとうございます。
 受験生としては合格してから考えるのもアリです。実際私も、「全部合格したら○○、第二希望は△△」等と考えていましたが、いざ合格してみるとやはり考え直してみたものです(実際は予定と同じになりましたが)。
 マーチがマージ(?)になりそうだということは恐らくうわさで、現在でもマーチとG-マーチとしてはずされているのは学習院であり、法政ではありません。ただ、確かにマーチの中でも法政の影は薄くなりつつあり、他のマーチに落ちた人が進学するという「マーチとしては下の部類にいる」ことは間違いありません。受験生増加が著しい明治や、お洒落な感じがある青学・立教、試験に強い・法学部が看板の中央に比べ法政にはこれといった特徴がありません。近年はそのせいで受験生の獲得に乗り出し、学部名にカタカナを入れているものが目立ち、逆に不信感を買っているのが現状です。学習院は学生数が少なかったり、筆記試験が多いためにマーチ志望者が敬遠しやすい、皇族のイメージがあるために他と括りにくい、単に学習院を入れた合う言葉が見つからなかった等の理由で一緒にされなかったのでしょう。

 私自身は法政の経済学部に合格しましたが、入試日にびっくりしたことがあります。昼休みに屋上に行ってみるとゴルフ場が見えるではありませんか。それどころか、ゴルフ場以外は一面木だらけ。そのキャンパスで4年間過ごすかを調べていなかったので私が原因ですが、「合格しても行きたくない」と思いました。
 勉強する内容も大事ですが、何をしたいか等も大事です。キャンパスのアクセスというのは結構大事で、あなたのように学問に対するこだわりがそれほど強くない人はそうした理由で決めるのはアリです(別に勉強内容がそれほど強くない人がいるのは悪いことではありませんし、高校の時点でそれを求めるほうが無理であり、東大はそのために、3年次に進振りがあります)。特に4年間どのキャンパスでどのように生活するかもネットで調べられるので調べてみてください。また、入りたいサークル等を調べると複数キャンパスがある大学の場合は、いけないサークルもあるので注意が必要です。そういった意味では、キャンパスが一つの上智や学習院、文理で真っ二つな中央等は決めやすいです。
 私の兄弟に中大(非総合政策)がいますが、言っていたのは「総合政策の学生もなにない。山に囲まれた雄大なキャンパスで勉強することが中大生で、学部間で違いなんてない、まぁ私が勉強しなかっただけなんで、ちゃんとしている奴もいるかもしれないが、私の眼には映らなかった」です。そんな兄弟は法学部です。
 あと、一度通う可能性のあるキャンパスに行ってみましたか?中には可能性がかなりない・行きたくないキャンパスもあります。バイトやサークル活動等は学生生活の大きなウェイトを占めますし、資格勉強をする場合も同様です。都心がいいのか、郊外がいいのか等もあります。時間もそれほどないはずですが、行ってみる価値はありますよ。
ご参考までに。

元塾講師です。

 まずは、合格おめでとうございます。
 受験生としては合格してから考えるのもアリです。実際私も、「全部合格したら○○、第二希望は△△」等と考えていましたが、いざ合格してみるとやはり考え直してみたものです(実際は予定と同じになりましたが)。
 マーチがマージ(?)になりそうだということは恐らくうわさで、現在でもマーチとG-マーチとしてはずされているのは学習院であり、法政ではありません。ただ、確かにマーチの中でも法政の影は薄くなりつつあり、他のマーチに落ちた人が進学す...続きを読む

Q3、40年前の私立大学入試

3、40年前は、私立大学は今ほど人気がなく、早慶でも、そこまで難易度は高くはなかったという話を聞いたのですが、これは事実でしょうか?

Aベストアンサー

本当です。30年前か、40年前かというので、話は違ってくると思います。

当時は、頭がよくて、なおかつ裕福な人だけ大学に進学する傾向がありましたから、競争率自体は、低かったと思われます。

県立のトップ高校でも、進学せずに就職したり、結婚する人が結構いましたから。

また、早慶だけでなく、願書さえ出せば合格する大学もあったそうです。(青山学院大学とか日本大学など)。

今から45年位前の話です。


親がそうそうたる大学を出ていても、子供はそれに及ばずというケースも多々ありますよね。
そういうのも、時代背景とか関連があるのかもしれないです。

でも当時は、国立大学の人気が高く、旧帝大なんか今よりはるかに難しかったものと思われます。

Q日本大学法学部は私立大学の中で高学歴な部類ですか?

日本大学法学部は私立大学の中で高学歴な部類ですか?


2010年代々木ゼミナールの偏差値ランクは57なのですが、
私立大学の中で難関といえるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

2011年度 代々木ゼミナール最新偏差値データ
http://www.yozemi.ac.jp/rank/gakubu/index.html

面白い変化で言いますと、早稲田政治経済が私大1位を奪還しました。
69でトップです。
バブル期まではずっと私大1位で90年代は慶応法、早稲田法と横並びだった記憶があります。
2000年度頃から慶応法が約10年間1位だったはずです。
早稲田人気ですね。

次いで慶応法、慶応経済の68。

早慶以外だとICUの66が来ます。
65で上智、中央、64で同志社、立命。
日大法は56ですね。


これ考えるとトップの早慶と比べれば12ポイントも差がある。
国公立の事も考えれば、「真ん中ぐらい」と言えますね。
僕は評価してますけど。
まず立地がいい。だからバイトやサークル、授業などでマイナスが無い。
次いで
毎年
10人以上が司法試験に
100人以上公務員試験に受かってます。

学生数は多いけれどトップ3%程度をキープできれば、
十分に、トップ大学の学生以上の位置を確保出来ます。


これは早稲田などもそうなんですけど、マンモス大学は下位の70%ぐらいは最初から「捨て駒」にされて、切り捨てられるイメージです。
これは大学側も承知でそういうやり方をやってると思う。

独ソ戦で勝者ソビエトが取った戦略と同じです。ソビエトは勝ちましたが、
独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1128万人で、ドイツ兵500万人の2倍以上。
民間人の犠牲者をいれるとソ連は2000~3000万人が死亡してます。
ソビエトは人口1億人ぐらいしかいないので、これメチャクチャな数字ですけど。

問題は受験者や学生がそれを認識してるかどうかでしょうね。
してれば、そこにいるメリットはあるけど、
してない人が多いと思う。
誰でもタモリや大前研一になれたらラクだけどね。

2011年度 代々木ゼミナール最新偏差値データ
http://www.yozemi.ac.jp/rank/gakubu/index.html

面白い変化で言いますと、早稲田政治経済が私大1位を奪還しました。
69でトップです。
バブル期まではずっと私大1位で90年代は慶応法、早稲田法と横並びだった記憶があります。
2000年度頃から慶応法が約10年間1位だったはずです。
早稲田人気ですね。

次いで慶応法、慶応経済の68。

早慶以外だとICUの66が来ます。
65で上智、中央、64で同志社、立命。
日大法は56ですね。


これ考えるとトップの...続きを読む

Q中央大学法学部と慶應大学商学部について

中央の法学部と慶應の商学部のどちらに入学するか迷っています。
法律も学びたいのですが、商業についても学びたいです。
この2学部の環境・支援・就活などの状況をふまえたうえで
どちらが良いのか、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

公立高校出身で慶應商卒です。環境・支援・就活共、何せ昔の経験しかありませんが、参考になればと思います。

まず、実社会での卒業生の評価ですが、中央法、慶應商、どちらもいいです。総じて就活では、昔も今も(入社)応募に際して、中大法だから慶大商だからハンデがあるとは考えにくいです。各企業は新卒者の大学別に採用枠を設けている場合が多いと聞きます。中大枠、慶大枠の有る無しについては、企業によっては、正直少し微妙な点はあります。ただ、中大OBに言わせると、法学部は他学部とは別格らしいですから、(「他学部」の方、申し訳ありません)気にしなくてもいいと思います。慶大枠の無い企業、聞いた事がないです。希望の企業に入れるかは同じ大学のライバルとの勝負になります。時の運、あるいはその企業との縁・相性という要素も多分にあります。

次に、気にしていらっしゃる俗にいうブランドイメージ、まず慶應商に関しては、馬鹿商、楽商、某巨大掲示板に書かれていますが、気にしないことです。自分自身、慶大出身という目で世間様から見られることはあっても、慶應商出身でどうのこうの言われたことは卒業後、全くの一度もありません。付属高校から商学部に進学する生徒の比率は確かに文系では法学部・経済学部に比べて少なめです。これは、単に商学部が昭和33(1958)年設立という比較的若い学部なので、はるか昔からの伝統で付属高校から商学部に進学する生徒数が少ない、これだけの理由です。出来のいい学生は出来る、そうでない学生は出来ない、慶大の他学部でも、中大でも同じことです。

単位の取りやすさ、どこの大学・学部にもにも楽勝科目、楽勝ゼミはあります。履修カリキュラムの点から、慶應商が慶大の他学部より楽勝だという客観的合理的根拠はどこにもありません。

昔話になりますが、自分の在学中、学部のクラス、ゼミとも有名進学校出身者が多かったです。それと学内(慶應義塾なので、塾内と言います)で「学部の格」の違いなどあれこれ言っている学生(塾生)は自分の周囲には一人もいなかったです。そんなこと言う暇があったら、大学生活をもっとエンジョイしますよ。某掲示板であまりにも根拠のない書き込みがされているので、長くなりました。

余談ですが、慶大生に対する金持ちで「ちゃらい」学生ばかりだという世間様の評価、単なる偏見で事情が全く分かっていません。当たり前な庶民的な学生も多かったです。

一方、中大法に関しては、あまり内部の様子は分かりませんが、イメージとしてやっぱり名門だと思います。中大法OBの方の回答があるといいですね。

出身大学・学部など卒業してしまえば、飲み会で単なる酒の肴になる程度で、実社会に入ればその人の置かれた環境、能力、それとやはり時の運がその後の人生を決めていきます。出身大学ではもはや人生は保証されません。むしろ、大学生活で何をしたいのか、何を学びたいのかを考えてみて下さい。中大、慶大とも教育・研究の特色、履修内容はウェブサイトに出ているはずです。

ちなみに、将来専門職を目指すとして、中大法で法曹を目指すにせよ、慶大商で会計士・税理士を目指すにせよ、大学学部以外の場でその道の勉強が必要になります。専門職として必要な知識と大学の学問とは別のものだからです。法曹ならば、2011年に旧司法試験は廃止ですから、新司法試験を受けるにはロースクール(法科大学院)卒業が前提です。
また、会計士ならば、専門学校で試験対策をするケースがほとんどです。それと、一般企業に入っても配属先にもよりますが、学部の科目内容、法学部なら素人発想ですが会社設立、商契約、知的財産権などの法律の知識、商学部なら経済・財務・会計、経営・マーケティングの知識は実務で役立ってきます。

とにかく、どちらもいい所ですから、大学生活で何をしたいのか、何を学びたいのかをじっくり考えましょう。キャンパスライフについて、現役の慶大生の書き込みがあると今の慶大のが分かるのですが。

以上、夜中にいろいろ書き込みました。参考になりますか?

公立高校出身で慶應商卒です。環境・支援・就活共、何せ昔の経験しかありませんが、参考になればと思います。

まず、実社会での卒業生の評価ですが、中央法、慶應商、どちらもいいです。総じて就活では、昔も今も(入社)応募に際して、中大法だから慶大商だからハンデがあるとは考えにくいです。各企業は新卒者の大学別に採用枠を設けている場合が多いと聞きます。中大枠、慶大枠の有る無しについては、企業によっては、正直少し微妙な点はあります。ただ、中大OBに言わせると、法学部は他学部とは別格らしいで...続きを読む

Q早稲田大学の凋落の原因は何でしょうか。

受験生の娘を持つ父です。87年に早大・政経を卒業して、今は東海地方の某市で会計士事務所を主宰しています。娘が大学受験で早慶を目標に頑張っており、色々と自分の経験からアドバイスなどしているところです。ところが、約20数ぶりに母校の早稲田のことを調べますと、あまり良い評価がなされておらず、むしろこの20年間の凋落ぶりに愕然としてしまいました。私見ですが、早慶両校は時代によって浮き沈みはあるものの、ほぼ互角の良きライバル校という認識でおりました。実業界をはじめ、司法試験、公務員試験その他、スポーツを除くほとんど全ての分野で、現在の早稲田は慶応の後塵を拝しているようです。娘は法律系を第一に考えているようなのですが、特に早稲田の法学部は慶応の法学部に比べて差をつけられているようです。実際、娘の先輩方も両校の同系列の学部に合格した場合、8対2ぐらいの割合で慶応を選んでいるようです。自分が受験生だった80年代は、むしろ早稲田の方に人気があったように思うのですが・・・。
早稲田は何故ここまで凋落してしまったのでしょうか。大学卒業後、東京を離れて地方暮らしだったため、この20年間こういった情報には疎遠でした。今の早稲田は自信をもって勧められない大学なのでしょうか。OBとしても寂しい限りです。
 この辺の事情にお詳しい方がおられましたら、お教え下さい。

受験生の娘を持つ父です。87年に早大・政経を卒業して、今は東海地方の某市で会計士事務所を主宰しています。娘が大学受験で早慶を目標に頑張っており、色々と自分の経験からアドバイスなどしているところです。ところが、約20数ぶりに母校の早稲田のことを調べますと、あまり良い評価がなされておらず、むしろこの20年間の凋落ぶりに愕然としてしまいました。私見ですが、早慶両校は時代によって浮き沈みはあるものの、ほぼ互角の良きライバル校という認識でおりました。実業界をはじめ、司法試験、公務員...続きを読む

Aベストアンサー

娘さんを早稲田に行かせたいのですね。その気持ちよく分かります。
早稲田の凋落の原因ですが、
1、下位学部(人間科学、スポーツ科学)の存在→入りやすさ(学部を選ばなければ理論)
2、メディアの悪い影響。スーフリ事件以降、「和田大学」と揶揄する人もいる。お笑い芸人やスポーツ選手の活躍は目立ちはするものの、相対的に早稲田というブランド価値を損ねることもある。→芸能入試、下品(失望)、視聴者に入りやすそうなイメージを抱かせる
3、経済的な事情から地方の優秀層は東大か地元の国立志向に(そういう人は意外と単願)。早稲田は地方出身者が多いという。
4、大学全入時代の影響。勉強をする人はするがしない人はしない。都市部(慶応人気)と一部の地方の上位校(国立志向)のみ受験熱。大学名より資格、技術。ナンバー1よりオンリー1現象。
5、安定志向の医学部人気。今や東大京大といえども医学部に学生が取られないように必死。
6、早稲田より慶応の方が各高校で合格する人が少ない→偏差値の低い人は最初から慶応を受けない。逆にいえば早稲田の方が数を打てば当たる(ような気がする)。そして実際まぐれで入る人が増えている。つまり、定員と学部の数の影響。
7、早稲田は数が多いのでいいことも目立つが悪いことも目立つ。高度情報化社会の影響。成功する分だけ失敗する人がいる。ネットで最も叩かれる大学でもある。
8、予備校の影響。地方は地元の国立大学の合格者数を売りにする。
といったところでしょうかね…。

娘さんを早稲田に行かせたいのですね。その気持ちよく分かります。
早稲田の凋落の原因ですが、
1、下位学部(人間科学、スポーツ科学)の存在→入りやすさ(学部を選ばなければ理論)
2、メディアの悪い影響。スーフリ事件以降、「和田大学」と揶揄する人もいる。お笑い芸人やスポーツ選手の活躍は目立ちはするものの、相対的に早稲田というブランド価値を損ねることもある。→芸能入試、下品(失望)、視聴者に入りやすそうなイメージを抱かせる
3、経済的な事情から地方の優秀層は東大か地元の国立志向に...続きを読む

Q中央法法 か東北経済か

静岡在住の者です。
息子の進学先(大学)で悩んでいます。
できるだけ多くの視点でアドバイスをいただければ在り難いと思っています。
息子も私も悩んでいます。
息子は、まだ、受験真っ只中なので、私が代わって質問しています。

【状況】
a) 中央大学法学部法律学科(合格済)
b) 東北大学経済学部
( 試験はこれからですが 模試 A評価なので合格するかもしれません )
【質問】
もし両方合格した場合どちらに進学するのがよいでしょうか?、
どちらに進学するのが一般的でしょうか?
いろいろな視点でアドバイスを頂けると在り難いです。

【息子と私思い、認識は以下のようなものです】

・将来絶対にこの道に進みたいいうものがまだ、決まっていないため、
法学部か経済学部かと思っている。

・今のところ法律家になりたいとは思っていない。
( 興味はあるが、最近は、司法試験合格しても、
厳しい現実が待っていると聞いているため )

・一般企業やマスコミに就職したいと思っている。

・特に、マスコミ関係には、興味がある。
( どちらもマスコミには強い大学ではないことは認識している )

・公認会計士にも、興味がある
( 法学部でもその気になれば公認会計士になれる?かも
と思っている。中央は公認会計士試験合格者もたくさん出している )

・大学の「格?」のあくまで個人的なイメージ 「 帝大 > 中央」
・多少ブランドイメージも気になる。個人的なイメージでは 「 帝大 > 中央」

・司法試験受けるなら 「中央 > 帝大」

・中央の法曹界での先輩方の活躍や実績については認識している

・地理的には、やはり東北は田舎(?遠方)ではある。
就職活動など考えてもいろいろな面で東京は有利。

・中央は学生もまじめで、環境できる環境もあり、
みんな一生懸命勉強していると聞いている。

静岡在住の者です。
息子の進学先(大学)で悩んでいます。
できるだけ多くの視点でアドバイスをいただければ在り難いと思っています。
息子も私も悩んでいます。
息子は、まだ、受験真っ只中なので、私が代わって質問しています。

【状況】
a) 中央大学法学部法律学科(合格済)
b) 東北大学経済学部
( 試験はこれからですが 模試 A評価なので合格するかもしれません )
【質問】
もし両方合格した場合どちらに進学するのがよいでしょうか?、
どちらに進学するのが一般的でしょうか?
いろいろな視点でアド...続きを読む

Aベストアンサー

関西出身で東京の大学へ行きました。また仙台や九州暮らしを経験した立場から
書き込みます。

結論は皆さんのおっしゃる通り、先ずはお子さんの希望を優先すべきです。
そのうえで私からの意見を書き込みます。

まず最初に静岡県は変わった?県で、西部・中部・東部・伊豆地方で
首都圏や中京圏に対するスタンスが違うことはご存知ですね。

西部の浜松北や磐田南あたりの高校だと名大の受験者が多いのに、
逆に伊豆や東部の、例えば沼津東や韮山あたりの高校になると名大よりも
東北大受験者の数が格段に多くなります。

ですから関西や中国四国九州地方に比べても、静岡県は東京の有名私大への
人気も結構高くなります。

毎週放送されているNHKの「テストの花道」の中で特集されていた浜松北高の子の
ケースが良い事例です。
彼は第一志望の京大経済でA判定を出したものの、センターで大失敗をやらかし、
最終的に慶応商学に進んだという事例でしたが、放送後の関西受験関係者は、
関西ではあり得ないな。その成績だったら一浪してでも京大(もしくは東大)を狙うだろうな
という意見でした。

関西と静岡県での京都大学に対する重みの違いが大きいのでしょうが、
まあ地域性とはこのようなものです。 
ですからお父様のこの質問も静岡県居住者としては最もだと思います。

そうはいっても静岡県自体は、いまだに国立大の評価が高いので地元で就職されるならば
東北大をお薦めします。
しかし東北大は旧帝大ですが、やはり地方国立大学の性格を併せ持つ旧帝大です。
それが東大や京大・阪大との違いです(まあ大阪も田舎という意見は抜きにして)。

理系での研究力や開発力は周知のとおりですが、こと文系学部では他の
有名大学より優れているわけではありません。
私も受験時には関西で行われた東北大・九州大の合同説明会へ行きましたが
東北大の先生でさえも「文系に関しては正直、京大・阪大・神戸大に勝るもの
は何かと聞かれたら答えられない」とおっしゃっていましたが、それが本音でしょう。
ですから極端な話、経済学を学びたかったら地元の静大人文学部経済学科でも構わないわけです。

また東北大は秋田や岩手や山形あたりにの地元トップ高校のエリートたちが集まってくるので、
真面目な学生が本当に多いです。
東北地方では「お山の大将」ですし、他大学との競争もないので他大学からの刺激は少ないし、
100万都市の仙台であってもグローバル的な影響を受ける割合は東京や大阪の比ではありません。

ですから自分から何かを求めるタイプならば構いませんが、多数の文系学生は
お山の大将という居心地の良さの中で4年間を過ごしてしまいます。

早慶あたりに見られるいろんなタイプの人間(一貫組には特に多いけれど)はあまり多くありません。
外資系や商社に入社して世界で勝負しようとか、映画監督になったり、マスコミ関係の寵児になろうとか
そういった夢を持っている学生は少ないです。
だから最初から東北大を受験するのだけれど。

資格試験に関しても、この状況が当てはまります。
無理して勉強しなくても地元には有力企業や官公庁がありますし、そういった資格への情熱は
中央大学などと比べて、どうしても薄くなってしまいます。

仙台の町は本当に暮しやすくて、地元の名声もあることから4年間をのんびりと暮してしまう
学生は多いです。東北電力や七十七銀行や岩手銀行やJR東日本といった地元の有力企業へも
優先して入社できるし、東北の有力企業の中での東北大の影響力は大きいです。

静岡県の有力企業でも同じことが言えます。
静岡県は県別の工業生産額では東京や大阪や神奈川を差し置いて日本一ですからね。
有力企業や有力企業の工場も多い場所ですが、そういった企業においても
エントリー段階で東北大の名前で落とされることはありません。

特に重厚長大系企業は旧帝大は人気がありますし、地元で就職するならば断然東北大を薦めます。

ただこと資格試験となると、中央大学の「炎の塔」はご存知ですよね。
受験仲間同士で日々切磋琢磨できるし、OBである弁護士や公認会計士のバックアップも素晴らしい
ものがあります。

あの雰囲気は東北大学では絶対に味わえません。
東北大の学生はのんびりしているから。もったいないのですがね。

ですから、資格試験狙いならば反対に断然中央大学です。
しかし就職となると、どうしても早慶や上智や旧帝大よりは下に見られますから
不利になると思います。

最後に弁護士についてですが、マスコミの負の記事に乗せられる人が多いですが、
日本の資格業の中で弁護士だけは特別と思ってください。
他資格は軽く見る霞ヶ関でも、弁護士会には一目置いているのは事実です。
弁護士資格は日本では強いですよ。

関西出身で東京の大学へ行きました。また仙台や九州暮らしを経験した立場から
書き込みます。

結論は皆さんのおっしゃる通り、先ずはお子さんの希望を優先すべきです。
そのうえで私からの意見を書き込みます。

まず最初に静岡県は変わった?県で、西部・中部・東部・伊豆地方で
首都圏や中京圏に対するスタンスが違うことはご存知ですね。

西部の浜松北や磐田南あたりの高校だと名大の受験者が多いのに、
逆に伊豆や東部の、例えば沼津東や韮山あたりの高校になると名大よりも
東北大受験者の数が格段に多くな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング