プロが教えるわが家の防犯対策術!

4端子回路で、縦列接続しました。

実験で縦列接続前の二つの回路の実測値を測り、その二つの回路のFパラメータを行列で掛け合わせ、実際に縦列接続したあとの回路のFパラメータと一致しているかどうかを調べたのですが、全然一致しませんでした。

Aは2倍以上、Bは約1.7倍、Cは約1.3倍、Dは約2.3倍の値の違いとなりました。
なぜこんなにも差が開いてしまったのでしょうか。理想的な実験状態でなかったことが一つの理由としては考えられますが、こんなにも違いが出てしまうとは思えません。

どういった理由でこのような差がでてしまうのかわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

ふたつを掛け合わせた計算値は合っています(正確には2.49894, 55.10138, 0.143732, 3.17099)。



このような測定の誤差要因として考えられるのは電圧計と電流計の内部抵抗です。内部抵抗があらかじめ分かっていれば正確なFパラメータを計算することができます。内部抵抗が分かっていない場合には、異なる2つの4端子回路のFパラメータの測定値(内部抵抗を無視して計算したもの)と、それらを直列接続したもののFパラメータの測定値(内部抵抗を無視して計算したもの)から、電圧計と電流計の内部抵抗を逆算することも可能です。

しかし、Fパラメータの実測値 F1 = [ 1.35, 18.28, 0.079, 1.03 ] 、F2 = [ 0.998, 22.59, 0.063, 1.346 ]、F1*F2 = [ 1.812, 34.48, 0.0615, 1.284 ] から、内部抵抗をを逆算してみると、電圧計の内部抵抗が200Ωくらい、電流計は5Ωくらいとひどい結果になりました。

どんな電圧計と電流計で測定しているか分かりますか?元の測定値も分かれば教えてください(↓)。
 出力を開放したときの入力電圧 V1open と入力電流 I1open と出力電圧 V2open
 出力を短絡したときの入力電圧 V1short と入力電流 I1short と出力電流 I2short

この回答への補足

回答ありがとうございます。

V1は常に1Vで固定しています。

一方の回路では
出力端解放状態でのA1は50.82[mA],V2は0.7405[V]
出力端短絡状態でのA1は51.98[mA],A2は50.47[mA]

もう一方の回路では
出力端解放状態でのA1は63.44[mA],V2は1.002[V]
出力端短絡状態でのA1は59.60[mA],A2は44.27[mA]

でした。

実測した縦列接続は
出力端解放状態でのA1は33.93[mA],V2は0.552[V]
出力端短絡状態でのA1は37.24[mA],A2は29.00[mA]

でした。引き続きよろしくおねがいします。

補足日時:2009/04/26 12:50
    • good
    • 0

#5 の蛇足。



たとえば、位相データ {a, b, c, d} があれば、
 |A B| | 1.35*e^ja 18.28*e^jb |
 |C D| = | 0.079*e^jc  1.03*e^jd |
です。

ちなみに、
 D = A*D - B*C = 1.35*1.03*e^j(a+d) - 18.28*0.079*e^j(b+c)
だが、
 a+d=72 度
 b+c=113 度
なら、D = 1 になる。
 
    • good
    • 0

疑問点がもう一つ。



交流信号での測定だと思われますけど。
測定値は絶対値だけですが、位相データは?
    • good
    • 0

ANo.1&3 さんのご指摘通り、受動素子なら A*D - B*C = 1 が成り立つはずですが、3つともそうなっていないですね。


もう一方の回路のほうの測定値が変です。出力開放時に 出力電圧>入力電圧 になっているため、A < 1 になってしまいます(受動回路では A > 1 )。
さらに、もう一方の回路のほうで、入力電流が、出力を開放したときのほうが大きくなっているのも変です。出力を短絡すると入力電流は増えるはずです(他の2回路はそうなっています)。測定データは正しいですか?

tcnksukimaさんの一方の回路のFパラメータの B と C の値に間違いがあるようです。もう一方の回路と、縦列接続でのFパラメータは合っています。間違いを正しく直しても結果がおかしいのは同じです。
    • good
    • 0

>縦列接続前の二つの回路のFパラメータはそれぞれ (1.35,18.28,0.079,1.03)と(0.998,22.59,0.063,1.346)



どちらも行列式が 1 じゃない。
少なくとも passive 2-ports ではありませんね。
だとすると、まず測定が要注意。

…という一般論的コメントしかできません。
    • good
    • 0

「誤差」にしては「値の違い」がでかすぎ。


実験の実測か、行列の掛け合わせのどちらかがおかしそう。
数値例は?

この回答への補足

(A,B,C,D)の形で表します。

縦列接続前の二つの回路のFパラメータはそれぞれ
(1.35,18.28,0.079,1.03)と(0.998,22.59,0.063,1.346)
で、ふたつを掛け合わせたものは
(2.498,55.1,0.144,3.16)と計算しました。

縦列接続後の回路の実測値は
(1.812,34.48,0.0615,1.284)
でした。引き続きよろしくおねがいします。

補足日時:2009/04/26 08:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流電力のマイナス部分

R-C、R-L交流回路で、瞬時電力の波形を測定したときに、電力がマイナスになりますがこれはどういうことを意味しているのでしょうか? またどうして起きるのですか?
おわかりの方は是非教えてください.

Aベストアンサー

nanashisan の回答でよいとおもいます。若干補足を。

電力がプラスなら電力を消費し、電力がマイナスなら電力を発生(発電)しています。損失の無いLやCは全く電力を消費しませんので、プラスの時は電力を貯蔵し、マイナスの時に吐き出しています。プラスマイナスゼロということです。
発電所の発電機はマイナスの電力を消費します。(つまり、電力を送り出します)

発電機を外からまわすのをやめると、モータに変わってしまって、電力を消費するようになります。(これは余談です)

Q電圧計の可動鉄片形、整流形、可動コイル形

電圧計の可動鉄片形、整流形、可動コイル形の直流電圧の理論式を全波整流と半波整流の二つの場合で、熱電形の指示V1(全波整流)、V2(半波整流)を使って表したいのですが、各理論式はどうなるのでしょうか?求め方のヒント(積分を使う?)でもいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっと、ゴメン。
熱電型や可動鉄片型でも直流測定は可能。だけど…まあ、そんなもんだ。

この問題は、それぞれの方式が平均値を取るか実効値を取るかを理解できれば、解ける問題ですよ…

Qエミッタ接地増幅回路について教えてください><

教えていただきたいことは2つあります。
(1)エミッタ接地増幅回路はなぜ入出力波形の位相が反転するのでしょうか。
(2)エミッタ接地増幅回路はなぜ入力電圧が大きくなったとき出力波形が歪んでしまうのでしょうか。

1つでもわかる方がいらっしゃいましたらどうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLのトランジスター(エミッタ接地)増幅回路について
Ic-Vce特性と負荷線の図を見てください。
参考URL:
ttp://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

(1)
バイアス電圧を調整して図4の動作点(橙色の点)をVbe特性の中心に設定してやり、その動作点を中心に入力電圧Vbeを変化させてやるとVceとIcが負荷線上で変化して動きます。入力電圧Vbeが増加すると出力電圧Vceが減少し、入力電圧Vbeが減少すると出力電圧Vceが増加します。つまり出力電圧波形の位相は入力電圧の位相が逆になります。つまり、入出力波形の位相が反転することになります。

(2)
入力電圧Vbeが大きくなったとき出力波形が歪んでしまうのは、動作点が負荷線の線形動作範囲の上限に近づくとそれ以上Vceが頭打ちになって、出力電圧波形が飽和してしまいます。言い換えればコレクタ電圧Vceは接地電圧と直流電源電圧Vccの範囲でしか変化できません。その出力電圧波形は入力電圧Vbeが負荷線上の線形増幅範囲だけです。線形増幅範囲を超えるような大振幅の入力Vbeを入力すると出力電圧の波形が飽和して波形の上下が歪んだ(潰れた)波形になります。

お分かりになりましたでしょうか?

参考URL:http://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

参考URLのトランジスター(エミッタ接地)増幅回路について
Ic-Vce特性と負荷線の図を見てください。
参考URL:
ttp://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

(1)
バイアス電圧を調整して図4の動作点(橙色の点)をVbe特性の中心に設定してやり、その動作点を中心に入力電圧Vbeを変化させてやるとVceとIcが負荷線上で変化して動きます。入力電圧Vbeが増加すると出力電圧Vceが減少し、入力電圧Vbeが減少すると出力電圧Vceが増加します。つまり出力電圧波形の位相は入力電圧の位相が逆になります。つまり、入出力波...続きを読む

Qなぜ商用電源は正弦波交流?

どうして商用電源は正弦波交流なのでしょうか?

正弦波交流の理由をどなたかご教授ください。

Aベストアンサー

電気を発生させるには磁場を動かす必要がありますが、もっとも簡単に
磁場を連続して動かすにはどうすれば良いでしょうか。
直線運動させるととんでもないスペースが必要です。
円運動させるのがもっとも合理的ではないでしょうか。
つまり、発電機は磁石が円運動して周囲のコイルに電流が発生しています。
円運動ですから固定したコイルとの距離はサインカーブで変化するでしょう。
したがって...

Qなぜ等電位線に電流線を書くとき直交するのか?

タイトルに書いたように
電流分布を調べる時に等電位線に対して
電流線は直交するように描くのですが、どうして直交なのでしょうか?

事前に調べたのですが
等電位面と電気力線の関係はたくさんでてくるのですが
上記の質問に対しての記述は出てきませんでした
やはり似たような理由なのでしょうか
お願いします

Aベストアンサー

等電位線は、字のごとく、その場所の電位が何ボルトかを表す線です。
電界(電場とも言う)の方向は電気力線で表され、等電位線と直交します。
電流は電位の高いところから低いところに向かって流れます。
ということは、電流は電界の方向に沿って流れます。
よって、電流は等電位線と直行して流れるということです。


地図を想像してください。
山のてっぺんからボールを転がすと、等高線(等電位線に相当)と直交する方向に転がります。
等高線が詰まっているところは、傾斜(電界に相当)が強い場所です。

QFパラメータの定義とは

4端子定数のFパラメータの物理的定義を教えてください。

物理的定義というものの意味が分からず、どういった形で回答すればいいのか全く分りません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の質問(http://sanwa.okwave.jp/qa3658293.html)の回答にFパラメータの意味が出ています。

Q直流電圧を測定するのに適する電圧計

電圧計の可動コイル形、可動鉄片形、熱電形で直流電圧を測定するのに適する計器の順序を理由もいれて回答してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

可動鉄片と電熱型は交流測定用ですよ?
直流ではピクリとしか動きません。
動作原理を調べてみましょう。(習ってますよね)

可動コイル型の特徴はコイルに流れる電流の大きさと回転モーメントが比例するってこと。
かなり要約したので、これだけでも答えとしては有効ですが、レポートにするなら
やはり動作原理を調べてみましょう。

QT型等価回路とπ型等価回路について

アナログ電子回路を勉強しています。

T型等価回路とπ型等価回路について、以下が分かりません。

(1)T型等価回路とπ型等価回路の違い
T型とπ型は何が違うのですか?
一瞬、π型はgmで制御できるのかと思いましたが、T型でもβib = gmvbe と変換できますよね(合ってますか?)。
容量のあるなしで低周波も高周波もT型で表せるのに、なぜπ型に変換する必要があるのでしょうか。

(2)π型等価回路はエミッタ接地回路以外にも使えますか?
コレクタ接地やベース接地にも適用できますか?
「エミッタ接地高周波ハイブリッドπ型等価回路」などと参考書に記述されており、
エミッタ接地にしか適用できないのでしょうか。


T型までは順調に理解できていたのに、突然π型が登場して意味不明になってしまいました。
分かりやすく、かつ詳しく教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は。

ご質問の回答として、こちらの文献(http://www.konoie.com/taro/documents/analog_sys.pdf)が非常に参考になると思います。17ページの「アーリーの等価回路による設計」にT型等価回路とπ型等価回路について書かれている内容がとても分かりやすいかと思います。

Q電圧降下法による抵抗の測定

電圧降下法による抵抗の測定において、抵抗値Xの高低により電圧計の接続個所を変える理由がどうしても分かりません。

どうか理由を教えてください。

Aベストアンサー

電流計と電圧計との位置関係で、被測定抵抗値により電圧計を電流計の前に入れるか後に入れるかと言う質問と思い回答します。

電圧計の針が振れる為には電流が流れる必要があります。
その電圧計を流れる電流が被測定抵抗を流れる電流に比べ無視できる値であれば前後どちらに入れても構いません。
が、無視出来ない場合は前に入れるか後に入れるかを判断する必要があります。
同時に電流計には内部抵抗があり、そこを電流が流れると電圧降下が生じます。この電圧降下が抵抗の両端の電圧に比べ無視できるか否かにより電圧計の挿入位置が変わります。

特に0.5%誤差品の特級と呼ばれる電圧計、電流計の内部抵抗はほとんどの場合無視できない値です。

Q負の電力

R-L,R-L-C直列回路で、波形のグラフ書くと、
マイナスの電力が発生しますが、これはどういうことなのでしょう?
またプラス部分よりもマイナス部分の電力がはるかに少ないのですが、この理由を教えてください。

Aベストアンサー

#1の ymmasayanです。関連質問に対する回答です。

> では、モータ(?)はどうして電力を取り出しているのでしょうか?不思議でたまりません。何方か解決してください。( 回答者:brogie さん)

R,L,Cは受動回路といってエネルギーを消費するか、蓄積/放出する事しか出来ません。ところが発電機や電動機(モータ)は能動的なもので、エネルギーを生み出すことが出来ます。モータがエネルギーを生み出すとは?・・・

例で説明します。2台の乗用車を太い棒で連結します。前の車だけエンジンをかけて走ると前の車がエネルギーを生み出し、後ろの車がエネルギーを消費します。
逆を考えると、後ろの車がエネルギーを生み出し、前の車がエネルギーを消費します。

発電機とモータの話に戻ります。発電機とモータを電気的につなぎます。(結線)発電機を外から回すと電力を発生し、この電力でモータが回ります。ところが、モータを外からもっと速い速度で回すと、モーターが電力を発生し、その電力で発電機を回す状態に変わります。(不思議ですね?)実は発電機とモータはもともと全く同じものなのです。

発電機(とモータ)を簡単に説明します。原理的にはコイルの中で磁石を動かすと言うことにつきます。コイルの中で磁石を動かすとコイルに電圧が発生します。(誘導起電力)。抵抗をつなぐと電流が流れます。(誘導電流)この誘導電流は磁石の動きを妨げる方向に流れます。(逆起電力)従って抵抗で消費したエネルギー分だけ磁石の動きが重くなります。つまり、磁石を、無理矢理強い力で動かすと、そのエネルギーが抵抗で熱に変わる。これが発電機の仕組みです。機械的エネルギーを電気的エネルギーに変換しています。
モーターはこれを全く逆に考えます。コイルの中に磁石を入れ、コイルに電流を流すと磁石が移動しようとします。磁石には重いものがぶら下がっています。強い電流を流すと磁石は思いものでも動かします。つまり、電気エネルギーが機械的エネルギーに変換されたわけです。

#1の ymmasayanです。関連質問に対する回答です。

> では、モータ(?)はどうして電力を取り出しているのでしょうか?不思議でたまりません。何方か解決してください。( 回答者:brogie さん)

R,L,Cは受動回路といってエネルギーを消費するか、蓄積/放出する事しか出来ません。ところが発電機や電動機(モータ)は能動的なもので、エネルギーを生み出すことが出来ます。モータがエネルギーを生み出すとは?・・・

例で説明します。2台の乗用車を太い棒で連結します。前の車だけエンジン...続きを読む


人気Q&Aランキング