光学系に用いるレンズや波長板には、ARコーティングがされているらしいのですが、その原理が分かりません。
レンズなら99%反射、波長板なら99%透過するというのですが、この原理をできるだけ詳しく教えていただけないでしょうか。
参考書なども教えてもらえると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

反射防止」に関するQ&A: 反射防止膜

A 回答 (1件)

「反射防止コーティング」で調べると、資料がみつかるかと思います。


考え方としては、適切な屈折率(√(n1*n2)だったかな)で、光学的に1/4波長の厚さの膜をコーティングすると、膜の両面での反射が干渉して打ち消す(結果、反射を抑えることができる)という代物だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「反射防止コーティング」で検索したところ、いろいろ分かりやすい説明がありました。
助かりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/06/03 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光学材料

光学材料

吸光度計について調べていたら光学材料というワードが出てきたのですが、吸光度において光学材料とは何を指しているんですか?
光学材料で調べてみると石英やガラスのことが出てくるのですが、光学材料とは吸光度計のセルのことを指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

普通、「光学材料」といったら、光に関係する応用に用いる材料のことです。
応用はいろいろあるから、光学材料と一言で言ってもいろいろあります。

光学材料の英訳の「Optical Materials」などという名前の論文誌もあるくらいです。

物質科学という学問分野のうちの一大分野です。

光に関係する性質を応用するので、吸光度測定をして評価をするということでしょう。

例をあげると、光シャープフィルターをつくるための合金半導体や合金半導体の
ナノ粒子をドープしたガラス、反射防止コーティングを作るための、屈折率の異なる
透明材料(MgO、チタニア、シリカ)、紫外可視域の発光材料としてのGaNやZnO、
赤外通信用のEr添加ガラス、広い意味で光触媒も含まれるでしょうし、
誘電体もふくまれそうです。

Q光学系について(偏光子や波長板)

レーザビームを用いた実験をしています.
しかし光学系に関して(本当はレーザ自体)全く知識が無く,
さらに文献を読んでも,上手く理解できません.
過去の質問で偏光子と波長板の違いについての説明があり,
とてもよく判ったのですが,それでもまだ判らないことだらけなのです.
前置きが長くなってしまいましたが,波長板を用いて偏光面の角度を変えて実際にはどのような意味(現象)があるのでしょうか?
さらにはレーザを通すために用いられる,光学系の一般的な用途と意味を簡単に教えていただけないでしょうか?
申し訳ありませんが宜しくお願い致します.

Aベストアンサー

>なぜ1/2波長板はレーザビームの出力を調整できるのか,
単体でビーム出力を調節できるわけではありません。
1/2波長板は入射した直線偏光の偏光方向を自由に変えることが出来ますね。(波長板を回転することにより)
その後に偏光子を固定で置いたとします。
偏光子(偏光板、検光子も同じ物)は特定の偏光方向の光のみ通す素子ですから、レーザー光の偏光方向を偏光子が通さない方向にすると、光は偏光子をとおりませんので出力は0になりますね。
逆に偏光子の通る方向にレーザー光の偏光を向けてあげれば出力は最大となるわけです。

よく行われる方法です。

>そして1/4波長板は何のために直線偏光と円偏光を切り替えるのか,
いろんな目的で行われることがあり、特にこれのためというものはありません。

1)その後の光学系に偏光依存性があり、その影響を小さくしたい
 (擬似的な無偏光状態にしたい)
2)偏光子とともに使用して光アイソレータ(よくレーザダイオード、光ファイバーなどで戻り光防止に使います)として使う
3)偏光解析でキャンセラーとして使う
4)分子の光学異方性を調べたいため
5)反射光と散乱光を分離するため
etc....

など数は多すぎてなんともいえません。

では。

>なぜ1/2波長板はレーザビームの出力を調整できるのか,
単体でビーム出力を調節できるわけではありません。
1/2波長板は入射した直線偏光の偏光方向を自由に変えることが出来ますね。(波長板を回転することにより)
その後に偏光子を固定で置いたとします。
偏光子(偏光板、検光子も同じ物)は特定の偏光方向の光のみ通す素子ですから、レーザー光の偏光方向を偏光子が通さない方向にすると、光は偏光子をとおりませんので出力は0になりますね。
逆に偏光子の通る方向にレーザー光の偏光を向けてあげ...続きを読む

Q光学純度とエナンチオマー過剰率は多少意味が異なっているらしいのですが、

光学純度とエナンチオマー過剰率は多少意味が異なっているらしいのですが、文献を調べてもわかりません。

また理論的には光学純度とエナンチオマー過剰率は一致するのですが、実測値は異なります。
この原因は何によるものなのか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

エナンチオマー過剰率はNMRやHPLCなどの分析装置によりエナンチオマー比を求め、算出した値で、光学純度は旋光度から求めた値であることが多いです。
一致しない要因は溶媒の効果やシフト試薬、キラルカラムの固定相などの影響のためです。

Q波長板と光学軸

波長板の説明の文章を下記に見つけました。

http://www.kogakugiken.co.jp/products/retardation.html

内容を読んでいくと、光学軸の方向を相互に直交させた二枚
の水晶板を張り合わせているようです。


ところで、ヘクト 光学II 80ページの光学軸の説明を見ていると、
"光学軸に垂直な成分は強く吸収される"とあります。


ここで生じた疑問は、波長板において、光学軸を相互に直交させて
張り合わせた水晶板は、各板において、光学軸に対して直交成分
が減衰されるとすれば、結果として、垂直、水平成分、ともに
減衰されてしまうのではないだろうか、ということです。

垂直な成分の減衰という解釈が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

>>
ところで、ヘクト 光学II 80ページの光学軸の説明を見ていると、
"光学軸に垂直な成分は強く吸収される"とあります。
<<
これは一般的な話としてかかれている訳ではなく、特定の話でかかれているか、あいるはなにか別の説明の中で出てきたものだろうと思います。
その本を所有していないので、詳しくは解説できませんが。

”光学軸に垂直な成分が強く吸収される”という一般法則はありません。

Q添付画像の有機化合物は光学異性体ですか?

高校化学の質問です。
添付画像の有機化合物について、メチル基はすべて環の平面の同じ側にあるとして、上の二つ、下の二つは、それぞれ光学異性体でしょうか?
たぶん、光学異性体だろうとは思っているのですが、この手の環化合物はあまり教科書や参考書にでてこないので、確認です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そう, どちらもそれぞれ光学異性.

Q偏光子、検光子、1/4波長板の物理的な原理

タイトルの通りなんですが、偏光子・検光子・1/4波長板の違いや、それぞれの物理的な原理などを教えていただけませんか?

Aベストアンサー

偏光子も検光子も直線偏向板です。
光の入射側に入れる場合が偏光子、反射や透過側に入れるのが検光子といいわけているだけです。

1/4波長板は、位相をπ/4ずらす機能が付いていて、ある偏向面で直線偏光を入射すると円偏光になります。入射偏向面を90度ずらすと左右の回転方向が変わります。中途半歩な偏向面で入射すると楕円になる。
これらは逆変換もできます。円偏光→直線偏光

詳しい原理は図を見ながらじゃないと理解しにくいので、調べてみて下さい。

QRCで構成されたLPFとHPFのバンドパスフィルタの特性について

RCで構成されたLPFとHPFのバンドパスフィルタの特性について

BPFをRCのLPFとHPFで構成した場合、BPFの利得はLPFの利得とHPFの利得の積になると思うのですが
SPICEシミュレーション(HSPICE)で周波数特性を出力したところ
理論よりも利得が低くなってしまいます。
LPFとHPFの間の電圧を出力してみると、周波数特性が階段状に歪んでいました。
また、このBPFに使ったものと同じLPFとHPFを単体でシミュレートすると、理論通りの結果を返します。

BPFの利得が理論通りにならない原因が分かる方、ご教授お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>BPFをRCのLPFとHPFで構成した場合、BPFの利得はLPFの利得とHPFの利得の積になると思うのですが SPICEシミュレーション(HSPICE)で周波数特性を出力したところ 理論よりも利得が低くなってしまいます。

RC の LPF と HPF を (たとえば、終端 zero - open の条件で) 個別に設計し、それをタンデム接続したからじゃありませんか?
もしそうなら、皆さんのコメントにもあるように、LPFの利得とHPFの利得積にはなりません。

BPF の BPF-伝達関数 G(s) を作り、回路展開するのが常道です。
RC の受動回路なら、たとえば、
 G(s) = Kp/{(p+a)(p+b)}
といった形。
  

QX線の波長と強度の測定原理とは?

高校の教科書を読んでいて疑問に思いました。
X線のスペクトルと強度を測定原理は簡単にいうとどういうことでしょうか?

自分なりにいろいろ考えてみたのですが、X線を何かで回折させて、
光電効果で現れる電流を波長ごとに測定して強度を知る、みたいな
感じでしょうか?

簡単で結構ですので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>光を波動現象とみなすと…ということは粒子とみなした場合と波動と見なした場合で
>エネルギーの定義が異なるということでしょうか?

 いいえ。基本は同じです。(物理現象として同じものは、同じでなければいけません)
 No.2では、分かりやすくするために「(2)そうすれば、1個のX線は、特定のエネルギー(振動数)と1個分の強度(振幅)を持つことになります。」と書きましたが、この場合は、「特定の振動数と1個分の強度(振幅)でエネルギーが決まる」と書くのが正しいということです。

 ただし、「1個分の強度(振幅)」が、振動数によって変わり、かつその波は連続派ではなく、限定された時間内の「波束」なので、結局「エネルギーは、その振動数で決まる」というのと同じことだと理解すればよいと思います。
(波束はこんなイメージ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E6%9D%9F)

 波のエネルギーは「振動数の2乗×振幅の大きさの2乗」というのは、次々に連続してエネルギーが供給されるような、無限に連続した単振動の波に対して導かれるものだと思います。求め方は、下記などを参考にしてください。
http://homepage2.nifty.com/eman/dynamics/wave_energy.html

 同じ「波動」といっても、連続した単振動のような場合と、上記の「波束」のような場合があることを理解してください。そして、X線や放射線(ガンマ線)の場合は「波束」です。これが粒子としての「光子」(あるいは「光量子」)に相当すると考えてください。


>また教科書では光子1個のエネルギーはhνとあり、これは光子の運動エネルギーとは書いて
>ありません。しかし運動エネルギーと考えていいでしょうか?

 これも、理解しやすいように「運動エネルギー」と書きましたが、光子には「質量」がないので、正確には「運動エネルギー」とは呼べません。
 「通常の粒子であれば運動エネルギーに相当するエネルギー」と理解してください。


 おそらく、高校物理では、上に書いたような内容で限界なのだと思います。興味があれば、大学の理科系に進んで、量子力学や相対論をきちんと学んでください。

 No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>光を波動現象とみなすと…ということは粒子とみなした場合と波動と見なした場合で
>エネルギーの定義が異なるということでしょうか?

 いいえ。基本は同じです。(物理現象として同じものは、同じでなければいけません)
 No.2では、分かりやすくするために「(2)そうすれば、1個のX線は、特定のエネルギー(振動数)と1個分の強度(振幅)を持つことになります。」と書きましたが、この場合は、「特定の振動数と1個分の強度(振幅)でエネルギーが決まる」...続きを読む

Q薄膜の各n,kから透過率を計算するには?

以下の構造の試料の透過率を,以下の光学定数を用いて表そうと考えています。入射方向は 1. → 4. で,波長はλ[nm],垂直入射です。

1. 空気 n0 = 1.0
界面1(r1, t1)
2. 吸収のある薄膜 n1 - i k1, d = 100 nm
界面2(r2, t2)
3. 吸収のある基板 n2 - i k2, d = 1 mm
界面3(r3, t3)
4. 空気 n4 = 1.0

こう書くとレポートのように見えるかもしれませんが,レポートなどではなく研究で困っています。UV-Vis 透過吸収スペクトルのみを用いて薄膜部分の膜厚を求める必要性が生じ,何せ非専門の分野ですので非常に困っております。とりあえず,お伺いしたい点が2点あります。

1. 計算の流れとして,各界面におけるエネルギー透過率 T1, T2, T3 を計算し,T_total = T1 * T2 * T3 とすればよいのでしょうか?

2. 吸収を含む膜内多重干渉の取り扱い方が分かりません。すみませんが,T2=…という式で解いていただけないでしょうか?

どうか,よろしくお願いいたします。

以下の構造の試料の透過率を,以下の光学定数を用いて表そうと考えています。入射方向は 1. → 4. で,波長はλ[nm],垂直入射です。

1. 空気 n0 = 1.0
界面1(r1, t1)
2. 吸収のある薄膜 n1 - i k1, d = 100 nm
界面2(r2, t2)
3. 吸収のある基板 n2 - i k2, d = 1 mm
界面3(r3, t3)
4. 空気 n4 = 1.0

こう書くとレポートのように見えるかもしれませんが,レポートなどではなく研究で困っています。UV-Vis 透過吸収スペクトルのみを用いて薄膜部分の膜厚を求める必要性が生じ,何せ非専門...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)Yはすべて通分されてなくなってしまうと思うのですが,それで宜しいのでしょうか?
多分そのようになると思います。
Yは真空中のアドミッタンスで、この概念が電気回路の方から導入された物です。
計算上このようにした方が分かり易いと言うことで使われています。

>(2)δの中身の虚部は,最終的にはどう処理すればよいのでしょうか?
既におわかりのように、式の上では強度計算のために複素数の絶対値の2乗をとっています。
つまり、複素数×複素数のc.c.を行っているので答えは実数となります。

>(3)α = 2κ = 2*Im[N1],すなわち薄膜部分の虚部の2倍で良いのでしょうか?
薄膜ではなくて、基盤の消衰係数 Im[N2] = κ2の2倍(α= 2*κ2)です。
これは、電場E = exp [ - i * (N * k・r - ωt) ] という式を考えると、N = n - i * κを代入して、
(ここで、k・r は、k,rをベクトルとして・は内積記号です)
E = exp [ -i * (k・r - ωt) ] * exp [ - κ * k・r ]
と、第二項は吸収を表します。電場の二乗が光強度に比例しますので、
I = |E|^2 = E * E~(c.c)
とすると、吸収項は exp [ - 2 * κ * k・r ]
となります。なので吸収係数は α = 2 * κ となります。

>(4)dは薄膜部分のみの厚みで良いかと思いますが,Lは基板のみ厚みでしょうか?
   それとも薄膜部分も含んだ厚さなのでしょうか?

基板のみの厚みです。初めの方の境界面aは、既に空気-薄膜-基板間を厚み0の一つの境界面aで代表させていますので。

では。

>(1)Yはすべて通分されてなくなってしまうと思うのですが,それで宜しいのでしょうか?
多分そのようになると思います。
Yは真空中のアドミッタンスで、この概念が電気回路の方から導入された物です。
計算上このようにした方が分かり易いと言うことで使われています。

>(2)δの中身の虚部は,最終的にはどう処理すればよいのでしょうか?
既におわかりのように、式の上では強度計算のために複素数の絶対値の2乗をとっています。
つまり、複素数×複素数のc.c.を行っているので答えは実数と...続きを読む

QCIE色度図で光の波長の数値を用いてどの色になるか見るには

CIE色度図で光の波長の数値を用いてどの色になるか見るには

実験で白色無機ELの製作をしております。
完成したデバイスの光がCIE色度図により白色光であることを証明したいのですが、測定の際に分光器では光の波長帯(nm)と相対的な光強度(Arb.Units)しか測ることが出来ません。
この場合どのようにしてCIE色度図で表せばよいのでしょうか。

現れた波形がもし590nm、490nm帯の場合、添付図のような黒線の線上の色になると考えて良いのでしょうか?
恐らくそんなに単純では無いのでしょうが、どうにかして証明したいと思います。

どなたかご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

2つの色を混合したときの色度座標ですが、一方の色の光束を F1 (lm)、色度座標を ( x1, y1 )、もう一方の色の光束を F2 (lm)、色度座標を ( x2, y2 ) としたとき、混合色の光束は F1+F2 (lm)、色度座標 ( x, y ) は
   x = ( F1*x1*y2 + F2*x2*y1 )/( F1*y2 + F2*y1 )
   y = ( F1 + F2 )*y1*y2/( F1*y2 + F2*y1 )
となります。この点は2つの光源の色度座標 (x1, y1)、(x2, y2) を結ぶ線分上にあります。また、2つの光源の明るさが同じとき( F1 = 2 のとき )
   x = ( x1 + x2*y1/y2 )/( 1 + y1/y2 )
   y = 2*y1/( 1 + y1/y2 )
ですが、この点が線分の中点に来るのは y1 = y2 のときだけです。

白色の色度座標を通る線分の両端の色を混合すれば白色が作れますが、混合して白色を作る組み合わせは無限にあります。なお、混合色の色度座標は、色度座標の定義から計算できます(以下の連立方程式の解)。
  x1 = X1/( X1 + Z1 + F1 )、y1 = F1/( X1 + Z1 + F1 )
  x2 = X2/( X2 + Z2 + F2 )、y2 = F2/( X2 + Z2 + F2 )
  x = ( X1 + X2 )/( X1 + X2 + Z1 + Z2 + F1 + F2 )、y = ( F1 + F2 )/( X1 + X2 + Z1 + Z2 + F1 + F2 )

2つの色を混合したときの色度座標ですが、一方の色の光束を F1 (lm)、色度座標を ( x1, y1 )、もう一方の色の光束を F2 (lm)、色度座標を ( x2, y2 ) としたとき、混合色の光束は F1+F2 (lm)、色度座標 ( x, y ) は
   x = ( F1*x1*y2 + F2*x2*y1 )/( F1*y2 + F2*y1 )
   y = ( F1 + F2 )*y1*y2/( F1*y2 + F2*y1 )
となります。この点は2つの光源の色度座標 (x1, y1)、(x2, y2) を結ぶ線分上にあります。また、2つの光源の明るさが同じとき( F1 = 2 のとき )
   x = ( x1 + x2*y1/y2 )/( 1 + y1/y2 )
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報