私立文系世界史選択の高3です。
慶應義塾大学を受験するかどうかで迷っています。
大学では西洋史を勉強したいと考えているのですが、早慶上智ではどこが一番よいのでしょう? その三校以外に良い大学があるとは思いますが、学校から「実際に入る入らないにかかわらず目標は高く設定しておけ」と言われますのでとりあえずその三校で比較すると、どこが一番西洋史を勉強するのに適しているでしょうか?慶應は小論文があるので、目指すのならば講座を取ろうと考えています。

特に差がないのでしたら、雰囲気で選ぼうと思います。資料やオープンキャンパスに行った限りではそれぞれ

早稲田:放任主義、騒がしい
慶應:ある程度レールはひいてくれそう、大学から入ると馴染み難い?
上智:地味、アットホーム

というような印象を持ちました。実際のところどうなのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

上智」に関するQ&A: 上智大学

A 回答 (2件)

こんにちは。



質問者さまの志望大学ではありませんが、
西洋史を専攻していました。

大学には、ほかの大学からの客員教授のかたもいらっしゃいますので
一概に「どこがいい」とは言いがたいです。
現に私は私立大学ですが、大半の授業が東大からいらした先生でした。

ただ西洋史というとわりとキリスト教が欠かせない要素になっていますので(私はキリスト教信者ではありませんが)上智のほうが、3つのなかから選べと言われたら多少専門的かなという感じはしますが
早稲田でも西洋史(私の大学では「西洋史」として講義していた)吉村作治先生とかいらっしゃいますし、NO.1さんのおっしゃるとおり「先生」で選ばれたほうがいいでしょう。
予備校の先生や先輩に話が聞けそうだったら、そのへんを相談してみたらいかがでしょう。

勉強以外だったら、自分の好みのところにいけばいいと思います。
サークルも他大学のサークルに入ることもできますし
「大学の枠」に必ずしもとらわれることはないのです。

ご参考まで。
受験勉強がんばってくださいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり教えてくれる先生が重要なんですね。そういう選び方をする発想はなかったけれど、なんだか妙に納得した気分です。高校の先生にも相談してみようと思います。行きたい大学に行けるよう頑張ります。
返答が遅れて申し訳ありません。パソコンを触れない状況だったもので…。

お礼日時:2009/06/08 17:05

貴方の印象で選ばれると良いでしょう。

私立学校の場合には、どうしても「学風」という文化があります。その文化の中で、良い教師に恵まれればよいだけです。だから、国立・公立とは違って、教師で選んでみてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
校風や立地でばかり考えていましたが、どんな先生がいるのかは確かにとても重要ですね。先生についても出来る限り調べてみようと思います。

返答が遅れて申し訳ありません。パソコンが触れない状態だったもので…。

お礼日時:2009/06/08 16:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西洋史を学ぶならどの大学?

西洋史を学ぶならどの大学?

史学科といっても、日本史がやはり中心で、世界史といってもせいぜい中国史で、西洋史はどの大学も教授の数が少ないですし、軽視されてる気がします。まあ、それは仕方のないことかもしれませんが、自分が受ける大学でどこが一番いいのかなあと思い、質問するに至りました。
明治大学 文 中央大学 文 法政大学 文 國學院大學 文
を受けるつもりですが、どこが一番いいでしょうか?ちなみに西洋史の中でも興味があるのは、中世フランスあたりです。 

Aベストアンサー

西洋史学系の大学院生としてアドバイスさせていただきます。
関東圏の中堅私立大学を中心に考えておられるようですので、以下に主要大学の担当教授のご専門を紹介しておきます。

早稲田大学:甚野尚志先生(中世ヨーロッパにおける教会・聖職研究)
中央大学:杉崎泰一郎先生(中世フランスの修道院・聖域研究)
明治大学:斎藤絅子先生(中世ベルギー・フランスの法律・都市共同体の研究)
青山学院大学:渡辺節夫先生(中世フランスの王権・政治研究)、那須輝彦先生(中近世の教会音楽の研究)
東海大学:三佐川亮宏先生(東フランク王国の政治研究)

國學院の西洋史部門は非常に弱く、おそらく近代イギリス史担当の大久保先生か非常勤講師の方に師事することになるでしょう。同じく法政だと後藤先生が担当になるかと思われますが、中世というよりは古代末期が専門です。立教大だと小井先生になりますが、こちらは近世フランスが専門。帝京大だとフランス革命史が専門の宮崎先生。
いずれの教授も著名な研究者ですが、質問者様のご希望とは専門とする時代がズレています。どこの大学へ行かれてもそれなりには学べますが、やはり専門に勉強されるなら専門家のいるところで学ぶべきだと思いますので、あまりお勧めしません。

最初に挙げた5つの大学、特に早稲田の甚野先生の研究室は非常に精力的に活動されているようで、学会でもよく報告を見かけます。
質問者様が挙げられている大学のうちでは中央か明治がいいですね。教員の層もそこそこ厚いので、途中で違う時代や地域に関心が移っても勉強できると思います(中央はやや古代史が弱いですが・・・)。
青山学院は教員数が多く、関心の変化の幅に合わせるという意味では一番いいんじゃないでしょうか。

あえて順番をつけるなら(1)明治、(2)中央、(3)法政、國學院は番外、出来れば代わりに早稲田や青学を視野に入れる、って感じになるかと。
ただし、研究休暇で長期間講義を持っていなかったり、もうすぐ退任されるという教授もたまにおりますので、これと決めて受けるなら、間違いの無いよう事前に大学側へ確認されることをお勧めします。
頑張ってください。

西洋史学系の大学院生としてアドバイスさせていただきます。
関東圏の中堅私立大学を中心に考えておられるようですので、以下に主要大学の担当教授のご専門を紹介しておきます。

早稲田大学:甚野尚志先生(中世ヨーロッパにおける教会・聖職研究)
中央大学:杉崎泰一郎先生(中世フランスの修道院・聖域研究)
明治大学:斎藤絅子先生(中世ベルギー・フランスの法律・都市共同体の研究)
青山学院大学:渡辺節夫先生(中世フランスの王権・政治研究)、那須輝彦先生(中近世の教会音楽の研究)
東海大...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報