以前の関係スレを見ているのですが、どうも素人にはわかりにくい無塚しい理論があるようです。
分子が通過する光子を捉えきれずに逃がしてしまうという現象のように理解したのですが、金属は1ミクロン以下でも光を通さず、水は何十メートルの厚さでも何もないかのように通過するのはやはりこの理屈なのでしょうか。どうも理解できません。水やガラス、ある種の透明プラスチックの間に共通点はあるのでしょうか。あるのでしょうね。私にはまったくないように思えます。
原子は基本的にすかすかで、ほとんど何もない空間であるときたことがあります。それが本当なら物質は皆透明に近いのではないでしょうか。金などの超薄い箔は原子が百くらい重なっただけのものもあるらしいのですが、こんな層を光が通らないのは何か積極的な阻止構造があるような気がするのですが、わかりやすく教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>> >基本的には「結晶」になれば、透明です


>> ガラスや水は巨大な近似単結晶だということでしょうか。
>> 結晶だと分子がそろっているので光が通り抜けやすいということなのでしょうか。

巨大な近似的な単結晶を作っているという発想も、あながち間違いではありません。ただ、液体のため、結晶構造は持っていないという考え方でも結果的に同じです。散乱を起こす粒子単位そのものがないため、また、金属のような自由電子もないため、透明に見えます。なお、可視光で強い吸収がないのも理由の一つになります。薄い色はありますので、厚いガラス、深い湖には、色を見ることができます。あまりに厚くなると、結果的に不透明になります。

>> >遷移軌道に入っている電子が励起によるので
>> こういった現象がここでは起こらないのは単に物性の問題なのだと解釈できるのでしょうか。

例外もありますが、元素そのもの種類によると考えて良いかと思います。電子軌道の構造によります。

ちょっと意地悪な例を追加しておきます。
世の中には、「構造色」というモノがあります。これまでの話にも関わりますが、元素や分子そのものの性質でできる色とは違い、物質の表面の形状だけで生じる色のことです。水やガラスの話で、構造を持たないから透明なんだという説明の逆の話です。
蝶の紫色は、その蝶を集めてその色を取りだそうとしても取り出せません。表面のスリット構造による光の散乱・回折で生じる色だから、構造を壊してしまうと無くなる色です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご丁寧なご回答ありがとうございました。
おかげさまで疑問が解消いたしました。
金属を別にして勝手にまとめてみます。
表面がなめらかで散乱しないこと
細かい結晶構造ではない
元素の電子軌道の構造が光子を捉えない形になっている。
(ガラスは結構多くの元素でできている(Si、O、Naなど)ようですが、これらは皆そういう性質を共有しているのですね。)
長年の疑問が解消し、すっきりしました。

お礼日時:2009/05/17 16:22

私は問題集などを作っている編集者なので、「専門家」ではないですが。



>> 自由電子がほとんどないと思われる金属以外の物質がなぜ基本的に不透明なのかということです。

金属の「金属光沢」については、自由電子によるものといわれています。
単原子膜になるくらいまで金属を薄く延ばすと金属光沢が消えます。金箔だと、赤みを帯びるようです。光を吸収する(不透明にする)のは、自由電子というよりも遷移軌道に入っている電子が励起によるので、「金属光沢」の例とはちょっと原因が異なります。また、原子核の間隔によって、
散乱が起こりやすい波長などができます。波長が打ち消される場合は波ができなくなります。

>> 特にガラスや水など、それに液状の非金属が透明性を持つように思うのですが、温度による相変化と結晶化非結晶化などの分子のそろい方は透明性と関係はないのでしょうか。それともすべて自由電子のふるまいで説明がつく問題なのでしょうか?

自然界に多いコロイド(牛乳など)は、不透明ですが、これは粒子構造をもっていることによる散乱のためです。原子レベルではなく、もっと大きな単位での話ですね。

日常、身の回りにあるプラスチック、合成繊維は、基本的には「結晶」になれば、透明です。ただ、性質を良くするために混ぜものがあったり、結晶構造を崩したりします。透明かどうかは、結晶しているかどうか(結晶が崩れているとその境目で光が屈折や散乱するために不透明になります)によります。色は、意図的に染料や顔料を混ぜて付けています。
ちなみに、お話の「ガラス」は、液体ですね。粒子や結晶の境目が内ので、不透明になる要素がないので、透明になります(色が付くかは別の話)。

いくつもの原因・要素を同列に話しているのが、混乱されている素になっている気がします。

この回答への補足

ご丁寧なご回答ありがとうございます。私の疑問が貴回答で相当ほぐれた感じがします。
自由電子の件はほぼ理解できた気がします。

>光を吸収する(不透明にする)のは、自由電子というよりも遷移軌道に入っている電子が励起による
>粒子構造をもっていることによる散乱のためです
散乱が起こるのが普通なのでしょうね。これは素人として理解できます。
これらでほぼ不透明の原因は解けるわけですね。

これからが 本番なのですが、
>基本的には「結晶」になれば、透明です
ガラスや水は巨大な近似単結晶だということでしょうか。
結晶だと分子がそろっているので光が通り抜けやすいということなのでしょうか。それとも金属でなく表面が滑らかなことが原因しているだけなのでしょうか。>遷移軌道に入っている電子が励起によるので
こういった現象がここでは起こらないのは単に物性の問題なのだと解釈できるのでしょうか。

補足日時:2009/05/17 11:36
    • good
    • 0

不透明かどうかは、光の粒子の性質より、波の性質をみた方が分かりやすいかも。



ひとつめ。
原子核に捉えられている電子の中には、割と自由に動き回れるものがあり、そいつが軌道を変えると、エネルギーを放出したり、吸収します。
その軌道の変化は連続しておらず、特定の波長の光のみを吸収します。

この吸収する部分が可視光にあるものは、色を持っていて、色が濃くなると、透明には見えなくなります。逆に、可視光にないものは、透明に見えます。これが1つめ。

原子核に捉えられている電子の中には、割と自由に動き回れるものがあり、電子や原子核の近くを光が通るときに、散乱が起こります。散乱が起こると光が曲げられるため、透明には見えなくなります。金箔など、金属を単原子分子膜にまで薄くのばすと、光は透過されるようになります。
霧や雲が不透明なのと、原理は似ています。薄いと散乱されず、厚いと散乱されます。

貴石(宝石)の中には、特定の光の向きだけ通すという偏光性をもつ結晶もあります。基本的には、光を粒子と捉えるよりも波と捉える方が分かりやすいかと思います。

この回答への補足

ご丁寧なご回答ありがとうございます。

貴回答を私なりにまとめてみました。ま違っているかもしれません。

「電子の中には、割と自由に動き回れるものがあり」=自由電子でしょうか?そうカッテニ解釈して次に進みます。

自由電子は特定の波長だけを吸収したり、散乱させたりする。
つまり光を通さない。
吸収する波長が可視光でないものは光を通すことになる。
波長だけでなく、その波の一定方向しか通さない物質もある。

つまり水やガラスやアクリル樹脂などは、たまたま分子の自由電子が可視光の範囲の波長を吸収しないからだ、と仰りたいのですね。
この点はわかりました。

金属が光を通さないことは素人目にははっきりしています。
自由電子が非常に多いせいだと解釈したのですが間違っているでしょうか?

私が疑問に思うのは、自由電子がほとんどないと思われる金属以外の物質がなぜ基本的に不透明なのかということです。
これについてのご回答はこれまでなかったように思うのですが。
ガラスとシリコンとは素人にはほぼ同じものだと承知しているのですが間違っているのでしょうか。
アクリル樹脂と他の樹脂(たとえばナイロン系)との光の透過性の差はどうして出来るのでしょうか。
これらはまだ解明されていないのでしょうか?
それとも説明するまでもない簡単な常識的なことなのでしょうか?

補足日時:2009/05/16 22:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、ここをお借りして補足のようなものをかかせていただきます。
素人考えですが、特にガラスや水など、それに液状の非金属が透明性を持つように思うのですが、温度による相変化と結晶化非結晶化などの分子のそろい方は透明性と関係はないのでしょうか。それともすべて自由電子のふるまいで説明がつく問題なのでしょうか?専門家氏がそう仰るならそう考えるのにやぶさかではありません。
すべて単純に考えてしまう性格なもので。

お礼日時:2009/05/16 23:39

金属には自由電子があり絶えず流動しています


これが光の浸透を阻害しているのです
でもまったく透過しないということはありません
というよりも大変によく透過するのです
カメラや眼鏡のレンズには金属の膜がコーティングされていてレンズの明るさを増すのに役立っています
要は密度というか光が通過するときに出くわす粒子の数によるのです

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
>要は密度というか光が通過するときに出くわす粒子の数によるのです
これは素人にもわかります。
何十メートルという水の深さとか、1メートル近いアクリル水槽の壁を光は通過しますが、0.1ミクロンというような金属の膜を光は通過できません。この事実と貴方の説はひどく矛盾しているように思えます。
なぜ金属の薄膜が光をより良く通すのに役立つのでしょうか。自由電子が光子を捉えるという原理とはまったく異なったものがそこにはあるような気がします。ちなみにこのレンズ表面の膜はどのくらいの厚さなのでしょうか?
もし回答者様が私を混乱させる目的で来られたのでなかったのなら、そのあたりをわかりやすくご説明いただく必要があったのではと思います。できれば再度のお越しをお願い致します。

補足日時:2009/05/16 09:23
    • good
    • 0

元化学系です。

・・・が、あんまり専門ではなかったので授業で微かに聞いたうるおぼえな知識なので、他の方補足をお願いします。

確か、物質が光(電磁波)を吸収、反射するかは大まかに言うと電子の作用によるものだったと思います。ある種の結合状態や電子の状態によって(電子のエネルギー状態によって)、どの波長の電磁波を吸収するかが決まるんじゃなったかと。
金属は自由電子を持っていて、自由電子は取れるエネルギーの幅が広かったから殆どの電磁波を反射する。水も別に何でもかんでも透過するわけでなく、マイクロ波を吸収しますよね(電子レンジの原理)。いやそれは別の理由だったかな?まぁともあれ、ガラスも単に可視光を吸収しないから透明に見えるだけで、別の波長を吸収してたりするわけです。

とか、そんな感じだったと思います。適当な説明ですみません。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
>物質には電子がある
>電子が通過する電磁波にかかわってくる
>電子の状態は物質によっていろいろ違う
>自由電子は電磁波を反射する
>金属は自由電子を持っている
>だから金属は電磁波を通さない
>水もガラスも一応電子を持っているが
>可視光の範囲の電磁波は捉えない。
たまたま水、ガラス はそういった共通(つうか類似)の原子(いや、分子か)構造を持っているということなのですね。
少しわかってきました。
ありがとうございました。

補足日時:2009/05/16 07:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qocnフレッツ光に入ってて、通信速度測定して下り70mbps、上り50

ocnフレッツ光に入ってて、通信速度測定して下り70mbps、上り50mbpsぐらいはでるんですが、なかなか開かないサイトが多々あって↓

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100426このサイトそんなに重いとも思えないのに5~10秒ほど開くのにかかりますその間まったくページが表示されない

教えてgooはすぐに開きます。 遅い原因はなんなのか?また早くする方法があるなら教えてください。

あともう一つ、動画投法サイト(youtubeなど)はどんなに通信速度速くても、再生速度よりわずかに早いぐらいしかストリーミングダウンロードされていかないですよね?

Aベストアンサー

 他の方の仰る様に、アクセス先のWebサイトの作成形態や、利用ルーターの設定MTU数値が規定外数値だったりすると、アクセス先のパケットロスが生じる為にアクセスしにくい、若しくは開けないWebサイトが出てきたりします。
 一応念のためですが、ルーターのMTU設定値を確認してみて下さい。最適数値は、NTT東エリア等の通常のBフレッツコースですと1454が最適値で、Bフレッツ・プレミアムやNTT設備にCTU利用環境でしたら、1438です。

Q眼で1ミクロンのサイズのものは認識できますか?

表題の案件、
形状は 分かりませんが 可能でしょうか?

Aベストアンサー

1ミクロンは0.001mmで、100倍の顕微鏡で見ても0.1ミリでしかないわけです。

金属組織の磨き傷は1ミクロンの傷があると、腐食した時に目立つので残す事は許されない。
しかし、腐食する前の状態で1ミクロンの傷を肉眼で確認する事は殆ど出来ない。

これが3ミクロンを越えると、なぜだか見えてくるのが不思議。

Q光プレミアムでの速度測定

今日、Bフレッツから光プレミアムに変更しました。
変更後、NTTの担当者がインストールしたフレッツ接続のソフトで速度測定を行ったら、91M出てました。
Bフレッツのときは17Mだったので、かなりよくなったたと思ったのですが、以下のようなサイトで測定すると18Mでした。
http://www.musen-lan.com/speed/

NTTのソフトで測定する速度と言うのは、フレッツスクウェアとかの速度なのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フレッツ光プレミアム開通おめでとう御座います。

フレッツ測定サイトの測定結果が91Mbpsはかなり速い方ですね。私の所では84Mbpsです。
フレッツ速度測定サイトはフレッツ網内に有る測定サイトでBNRスピードテストはフレッツ網から外に出てプロバイダに接続後、スピードテストサイトが有るサーバーに接続して速度を測定しますのでフレッツ測定サイトの速度に比べて速度は落ちます。

各速度測定サイトの結果を書いときます。
フレッツ速度測定サイト    84.05Mbps
Radish            85.45
ブロードバンドスピードテスト 65.2
gooスピードテスト 27.21
GyaOスピードテスト 27.551
BNRスピードテスト    52.281
価格COMスピードテスト 27.6

Q原子と原子の空間

H2OとかH2とか原子や分子があります。それらがイオン結合とかナントカ結合とかで
くっついているというのは勉強しました。原子核に対して電子はとても小さいというのもわかります。
最近ヒッグス粒子という存在が確認されたのもしっています。
ところでそのナントカ結合とかでくっついていてもおそらく原子と原子の間は空間があると思うのです。
その空間には何が存在しているのですか。仮に原子を全て取り除いた1立方mほどの空間が私の目の前約1メートルにあったとします。
その空間はどのように見えるのでしょうか。
また原子やヒッグス粒子も一切存在しない空間ってこの森羅万象の中に存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

 直接見たことはありませんので、他人の話の受け売りです。

 原子の大きさ(電子が原子核の周りを回っている軌道の大きさ)に対して原子核の大きさは、約1/30000(3万分の1)です。
 昔よく言われたのは、原子の大きさを野球場とすると、原子核は野球ボール。電子はほとんと点です。

 その間は何? 真空です。何も存在しない空間です。

 原子ですらこんな「スカスカ」状態ですから、原子が結びついてできる分子や物質は、これ以上の密集度にはなり得ません。つまり、物質とは、何もない空間の中に、ところどころに原子核(=それを構成する素粒子)が浮いている、という状態です。気体も液体も固体も同じです。(通常の密集度以上に圧縮されたものが、「ブラックホール」ということなのでしょう)
 もっとも、素粒子自体も「反粒子」と対になると消滅するものなので、素粒子自体が「空間から何かが抜けた穴」みたいなものかもしれません。

 我々の日常的な「感覚」「知覚」の世界とは全く違う次元の世界が、そこにあるということでしょう。

QiPhone7 速度測定アプリで 20Mbpsか20ちょい パソコン(T451/58E)のコントロー

iPhone7 速度測定アプリで 20Mbpsか20ちょい

パソコン(T451/58E)のコントロールパネルのネットワークとタスクの表示 のとこは、144.0Mbps(時々72.0Mbpsになったりしますが)


フレッツ光プレミアムマンションタイプ
ルーター WR8600N

ですが、これってどんなもんですか?。 また、これがフレッツ光ネクスト スーパーハイスピード隼?に変わったら速度どれくらいアップしますか?。最大1Gbpsとのことですが、実効速度?は実際いくつくらいになりますか? 1Gbpsとはいかなくとも今より間違いなく早くなるですか?(何倍かにはアップしますか?)。 スマホ や パソコン のサイトへのアクセス 読み込み時間 がその何倍か分短くなるのですか? 単純計算ですが

Aベストアンサー

No.1です。実は1個上の質問でうっきうきで質問してたりしますが、
まさしく今の契約がフレッツ光プレミアムマンションタイプで来週隼になります。

でもまぁ、線自体が物理的にかわります(電話回線から光回線)業者の人が来て線を入れていきます。

>違うものになりグレードアップ という感じですか?
これがまさにその通りです。なので誰も何も何倍になるって保証は言えないんです。全般的には上がると言えるが、それを保証することは絶対にできない、って感じです。

Q目に見えない原子と目に見える原子がある?

・二酸化酸素も酸素も窒素も、原子として見ることができる。
・原子は特別な顕微鏡を使えば、目で確認できる。
こう習いました。しかし、その二つは矛盾していると思います。
特別な顕微鏡を使えば原子は目に見えるっていいますが、
その顕微鏡のレンズとプレパラートの間には空気があります。
空気は、窒素や二酸化酸素で出来てますから、当然空気も
顕微鏡で確認できると思うのです。
そうなれば、顕微鏡を使っても、見えるのは窒素や二酸化酸素だけだと思うのです。
それとも、目に見える原子と目に見えない原子があるんですか?
目に見える原子と目に見えない原子があるなら、
二酸化酸素や窒素は、永遠に観察できないということですか?

Aベストアンサー

特別な顕微鏡というのは、電子顕微鏡等、電子を透過させて像を得る顕微鏡のことです。
電子を飛ばして観察するのですが、観察対象と電子放射点との間に余分な原子が存在すると、それに電子が跳ね返され、観察出来なくなります。
よって、電子が飛ぶのに邪魔にならないよう、顕微鏡内部は真空かつ湿度を0%にします。

なので、電子顕微鏡で生きたまま微生物等を観察するのは不可能です。
ただし、赤血球(直径7μm)などの比較的大きなものはそれほど真空にする必要はありませんので、観察出来ます。

Q回線速度測定について

いまNTTのフレッツ光を使ってます。

ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。
しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、
【あなたの回線速度は94.034M】

どっちが正しいですか?
その理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、【あなたの回線速度は94.034M】

NTTの顧客情報サービスサイドとは、正しい名称は、NTT東(西)の「サービス情報サイト」で、旧「フレッツスクウェア」のことですね。(名称が変更になったと、画面に出ています)
こちらの測定サイトは、プロバイダの混み具合も、プロバイダへの接続回線等々も、「含んでいない」測定サイトです。
この測定サイトはNTT東(西)のフレッツ網内での測定サイト、プロバイダや回線等の混み具合に影響されません。

なお、この、NTT東(西)の「サービス情報サイト」(旧フレッツスクウェア)は、NTT東(西)のフレッツ契約のインタネット回線だけに無料で接続できるサイトです。
フレッツ契約以外のインタネット回線は、接続出来ません。
フレッツ契約なのに、NTT東(西)の「サービス情報サイト」へ接続出来ないかたは、接続用の設定が出来ていないと思われます。

フレッツ契約かどうかを確認するには、NTT東(西)からの請求書・契約書等のインタネット回線にフレッツと付いているなら、フレッツ契約です。
または、プロバイダとの請求書・契約書等の料金プラン名に、やはり、「フレッツ」、または、「FOR フレッツ」と付いているなら、フレッツ対応のインタネット回線です。

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線...続きを読む

Q原子とは何でしょうか?? 全てものは、原子によって作られていると理科で

原子とは何でしょうか?? 全てものは、原子によって作られていると理科で習いました。そして、理科の教科書に、銀原子の写真がありました。そこで思ったのですが、
1、原子が写真に写るということは、固体なのでしょうか??
2、ならば、液体とはなんですか??
3、なぜ、金属などはつながっているのでしょうか?
4、はさみで、金属を切るとき、原子が切れるということはないのでしょうか?
5、写真に写るのに、なぜ空気があるのに光が見えるのでしょうか?
 
長い質問ですが、1つでもいいので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.見えるということは透明では無いということということにします。
そうすると、固体以外にも見えるものはたくさんあります。
色のついたガスもありますし、例えば融けた金属等は液体ですが見ることは可能です。
固体であることと見えることはイコールではありません。

2.液体は、物質を作る粒子がそれぞれ引き合う力でまとまっている状態です。
まとまっていますが、動くことは出来ます。
固体は位置関係が決まっており動かず、気体はまとまる力よりも粒子のエネルギーが強いので拡散していきます。

3.金属は格子状に電子が並び、その間を自由電子が行き来しています。
そのような電気的エネルギーにより結合している状態です。

4.原子を引き離すことは簡単ですが、原子自体を破壊するのはかなりのエネルギーが必要です、ですので切れることはありません。

5.空気は光をほとんど反射も吸収もしませんので、空気を通してもほとんど影響ありません。他の物質からの光を見ることも写真に取ることも出来ます。

物質の三態、視覚、原子、それぞれ調べるとよりすっきりすると思います。

ちなみに、わかりやすくするために一部不正確なところはありますので、
正確なものを求められる場合は改めて調べて下さい。

1.見えるということは透明では無いということということにします。
そうすると、固体以外にも見えるものはたくさんあります。
色のついたガスもありますし、例えば融けた金属等は液体ですが見ることは可能です。
固体であることと見えることはイコールではありません。

2.液体は、物質を作る粒子がそれぞれ引き合う力でまとまっている状態です。
まとまっていますが、動くことは出来ます。
固体は位置関係が決まっており動かず、気体はまとまる力よりも粒子のエネルギーが強いので拡散していきます。

3.金属は格...続きを読む

Q複数の速度測定で結果バラバラ

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0

回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/
サービス/ISP:光プレミアム ファミリータイプ/その他
サーバ1[N] 16.1Mbps
サーバ2[S] 17.1Mbps
下り受信速度: 17Mbps(17.1Mbps,2.13MByte/s)
上り送信速度: 32Mbps(32.1Mbps,4.0MByte/s)
診断コメント: 光プレミアム ファミリータイプの下り平均速度は
31Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、
もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から30%tile)

PCはバイオノート ペンティアム4 2.4G メモリ1Gです。
この測定ってどのように判断すればいいのですか?
下の測定が正しいならちょっと遅いような気がしますが・・・。
何か設定があるのでしょうか??

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版...続きを読む

Aベストアンサー

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大速度を知るためであるため、遠く離れた海外のサイトで速度を測って、遅いなぁという結果が出てもあまり意味はありません。
ですから、自分の回線からより近く、太い線でつながっている信頼できる速度測定サイトの結果を信用するのがよいと思います。

フレッツの場合、フレッツスクエアに速度を測る場所があり、ここで計るとインターネットのバックボーンの影響を受けずに正確な数値が得られます。
http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html など
フレッツ以外でも例えばeoなどのプロバイダは、自己のネットワーク内に独自の速度測定サイトを持っているのでそう言ったところを利用するのも方法です。

それらが無い場合は、インターネット上のサイトを利用するしかありませんが http://netspeed.studio-radish.com/ などが正確な結果を出しているように思います。
ある程度混雑の影響を受けるため、正確な結果を得たいのなら、最も空いている平日の午前4時頃に利用すると良いかと思います。

注意しなければならないのは、これらの方法で計った言わば最高速度はネット上では出ない場合がほとんどという事です。
ネット上では相手までの回線全てが影響しますから、最適な環境で測った速度はほとんどアテになりません。
最高速度を測るのは、問題のない環境で接続できているかの確認、他の人と比べて早いかどうかといった事に使われることが大抵です。

お使いになっている環境を見る限りPCの性能は不足していないと思いますよ。
上りがやや遅いですが、これはAFDの設定で改善できるかもしれません。
Nettuneを使用すれば簡単に設定できます。
あるいは、無線LANを使っているならそれくらいで妥当だと思います。

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大...続きを読む

Q広島(原子爆弾)のようになる可能性もありますか?

知識が無いので、アホな質問ですいません。
福島の原発で、最悪の場合は、広島(原子爆弾)のようになる可能性もあるのでしょうか。

Aベストアンサー

核爆弾のような爆発は起こりません。原爆のような爆発を起こさせるにはある程度以上のウランなりプルトニウムなりの密度が必要ですが、原子炉用の燃料はそれよりも低い濃度でしか核分裂を起こす物質が存在しないからです。

核爆弾では高濃度に濃縮された核物質を爆発を起こさないように小さく分けておき、起爆するときに一塊にして一気に核反応を起こさせるか、不純物を混ぜて濃度をある程度落としたものを爆薬で包み込み、爆薬を爆発させ一気に圧縮して(爆縮レンズと言います)一瞬にして核物質の密度を非常に高くして一気に核反応を起こさせます。原爆のような爆発を起こさせるには原子炉用の燃料などより高密度な核物質が必用です。


人気Q&Aランキング