東北地域、雪はそれなりで、寒いことは寒い地域です。友人が新築を計画しています。ダイライト工法とHATO工法(セルローズファイバー断熱)の併用で、高気密高断熱を謳っている自然素材を多用する地元の工務店です。それに火の見える薪ストーブと補助暖房としてはFFストーブも付けるという計画でいます。当然オール電化ではありません(電磁波がいやという奥様の意見)。住宅地域なので、薪ストーブはまずいんじゃないかなあ、と意見しましたが、すっかり奥様の自然志向でそれで行くということで話がまとまってます。
 で、基本的に高高住宅と薪ストーブは相性がいいんでしょうか。薪ストーブだとどうしてもログハウスというイメージで、何か高気密だと酸欠で危ないような気がするのは、単なる誤解ですか。お教えくださいませ。あまりよろしくないというのであれば、忠告しようかと思っています。今赤ん坊が生まれたばかりだし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

寒冷地かつ高気密高断熱住宅であれば、密閉式の薪ストーブがお奨めです。



燃焼機器はおよそ次のように分類されます。薪ストーブも同様です。

●解放式・・・・・・・・・室内の空気を使って燃やし、排気ガスを室内に放出する
●半密閉式・・・・・・・・室内の空気を使って燃やし、排気を煙突で直接屋外に放出する
 ○自然排気式(CF)    送風機を使わずに自然の力で排気を行う
 ○強制排気式(FE)    送風機を使って強制的に排気を行う
●密閉式・・・・・・・・・屋外の空気を使って燃やし、排気を煙突で直接屋外に放出する
 ○自然給排気式(BF)   送風機を使わずに自然の力で給排気を行う
 ○強制給排気式(FF)   送風機を使って強制的に給排気を行う

皆さんが「外気導入」と書いているのは「屋外の空気を使って燃やす」ということであり、
「外排気型」というのは「排気を直接屋外に放出する」ということだと思います。

高気密住宅では解放式は絶対ダメ。排気ガスが室内にあっという間に充満してしまい、
健康を害しますし、排気ガスに含まれる水蒸気が結露を引き起こす可能性があります。
半密閉式も、せっかく暖めた室内の空気をストーブの燃焼のために使ってしまうし、
強風時に煙突から排気ガスが逆流してしまう可能性があったりしてあまり良くありません。
逆に、密閉式であれば、室内の空気を使わず、室内に排気ガスも出てきませんので、
心配されているような酸欠ということにはならないでしょう。
ですので、冒頭に記したように、密閉式のものをお奨めします。

ただし薪ストーブ(特にガラス窓のあるタイプ))は、輻射熱がかなり強いですので、
体の同じ部分が長時間薪ストーブに向いていると、乾燥してピリピリしてきます。
その状態がさらに長時間続くと、低温やけどの恐れもあります。
生まれたばかりの赤ちゃんは、薪ストーブからある程度距離を離して、
かつ直接輻射熱が当たらないようにしてあげてください。
あと問題は、stoatsさんが書かれている通り、排気ガスがご近所さんに及ぼす影響。
薪ストーブメーカーは「煙はほどんど出ない」と言うかもしれませんが、
「ほとんど出ない」ということは「若干は出る可能性がある」ということです。
また煙はなくても臭いが出たり、灰を掻きだすときに舞い上がり、煙突から出てしまうこともあります。
上手に使えば悪いものではないと思いますが、取り扱いにはご注意ください。
    • good
    • 0

他の方々も回答されている通り、外排気型でしたら問題はありません。

むしろ、問題になるのは煙突の方で、そこそこ家同士の間が離れているのなら良いのですが、密集地となると近隣の家に煙の被害を出すことになるので、そちらに気を使った方が良いかと思います。
    • good
    • 0

外気導入の機種なら基本的に屋内の空気は使いませんので汚れません。

燃焼の輻射熱で温度が上がるだけです。
もちろん薪を入れる時とか着火補助などでドアをあける場合はありますが、問題にはならないでしょう。
    • good
    • 0

高気密高断熱で薪ストーブの家はあります


メンテナンス及び薪の確保が大変ですが、問題は特にないと思います
    • good
    • 0

外気導入にすれば、酸欠の心配はありません。


むしろ、24時間換気(1種、3種)との相性があまりよくないですので、
ファンのON/OFFスイッチをつけておいたほうがいいでしょう。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。ところでなぜ24時間換気と相性がよくないのですか。それとフアンのスイッチ? 申し訳ありませんが、もう少し説明を加えてください。

補足日時:2009/05/18 13:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q■輸入薪ストーブについて教えてください

新築で薪ストーブを設置したいのですがこみこみどれくらいかかるのでしょうか? 予定吹き抜け 垂直屋根抜きH=6m程度 部屋のコーナーに設置耐火ボード3枚 薪ストーブ30万程度予定です。

また、薪ストーブ本体を検索すると値引きで売っていないのですが、輸入薪ストーブは値引き無しなのでしょうか?

併せて教えてください。

Aベストアンサー

「薪ストーブ」で検索すると、値引きしているところ、ありますよ。

自分は以前検討し、購入を諦めました。
一切燃やさない飾りならいいですが、きちんと使用するストーブは、維持費と手間暇がかかります。
煙突掃除はもちろん、本体のサビや欠けの補修は絶対必要。部品交換などもそれなりに必要なのだそうで。
自分で薪入手、薪割りができるか?(できずに購入だと、灯油や電気暖房より燃料費がかかる)も、重要です。

また。薪ストーブについてのきちんとした法規制は、日本にはほぼありません。
達磨ストーブの時代の法のままだそうです。
ですので、安かろうで購入し、きちんとした薪ストーブ設置の安全基準を知らない業者/設計者に
設計/設置を頼むと、あとで後悔するかもしれません。
最初は問題なくても、5年、10年経つうちに、薪ストーブ周辺の壁が低温炭化して、
ある日、発火。という事があり得るからです。

質問主さんも、薪ストーブを飾りではなく使用したいのでしたら、「安い」で選ばず、
「設計段階からの、防火アドバイス」「メンテナンス請負、またはやり方の指導」
「交換部品等の取り寄せに責任を持ってくれる」「安全な設置ができる」
などを、重視されたほうが、よろしいかと思います。
自分が参考にした薪ストーブについてのサイト、URL貼っておきます。

参考URL:http://www.japanfirewoodstovelife.co.jp/,http://flamewatchers.com/

「薪ストーブ」で検索すると、値引きしているところ、ありますよ。

自分は以前検討し、購入を諦めました。
一切燃やさない飾りならいいですが、きちんと使用するストーブは、維持費と手間暇がかかります。
煙突掃除はもちろん、本体のサビや欠けの補修は絶対必要。部品交換などもそれなりに必要なのだそうで。
自分で薪入手、薪割りができるか?(できずに購入だと、灯油や電気暖房より燃料費がかかる)も、重要です。

また。薪ストーブについてのきちんとした法規制は、日本にはほぼありません。
達磨ス...続きを読む

Q高気密高断熱工法 気密試験C値の件

高気密高断熱住宅の気密試験について、次の2点を教えてください。

(1) 気密試験の実施時期

施工のいつ頃、何回、気密試験を行うものなのですか。
例えば木工事が終了した時と引渡し時とかですか?
本当の住宅性能を測るのであれば、完成時に測定するのが適当かと考えてます。木工事終了時であれば、それ以降にまだ電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

(2) 検査結果の定量的【良】判定値(妥当値)

地域(1)(2)区分で2.0以下、(3)以上の地域で5.0以下と定められているかと思います。
0.9以下を基準値としている場合、本当に適切な数値ですか?高性能住宅の場合はどのくらいの数値なのでしょうか?

よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

>断熱気密工事終了時と竣工引渡し前では、検査結果にいおて一般的に後者の方が
>気密度合い劣位となりますでしょうか。

通常、竣工時、C値が落ちたとしてもごくわずかです。ほとんど変わりません。
ただ、余談ですが・・・外断熱工法のうち、断熱材が突きつけで、テープで気密を取るウェイトの高いものは、経年変化的に、また、大きな地震力を受けた後など、未知数の部分はあります。

>電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

こうゆうこともほとんどありません。
高断熱・高気密をコンスタントに施工しているビルダーさんは、元請は言うまでもなく、電気設備・給排水衛生設備業者も、勘所をよく理解していますから。
(その逆だと、ちょっと心配はありますが・・・)

Q薪ストーブ設置された方教えて下さい

教えて下さい薪ストーブは定価売りの店が多いのでしょうか? ある高級インテリア店に行ったら定価売りとのこと 薪ストーブチェーン店はあまり値引きしませんでしたストーブのみ1割引き位でした。

ここでお聞きしたいのですが薪ストーブはどれくらいの値引きが普通なのでしょうか?

煙突・炉台も値引きはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

高級インテリアショップではなくメーカーの日本代理店が正規店と認めた正規代理店に行かれることをお勧めします。

私も昨年新築時に検討し、薪ストーブ専門店と言われるお店と話を進めましたが技術的、金額的に納得できず、そのブランドの正規輸入代理店のホームページの正規代理店リストをみるとそのショップは正規ではありませんでした。そこで最も近い正規代理店に連絡し仕様を打ち合わせると先のショップより40万程安価に導入することが出来ました。

お尋ねの件はまずどのブランドか?輸入代理店はどこか?を調べて正規代理店に相談するのが良いかと思います。(他にもブランドはありますが、代表的なブランドの国内代理店です。)

ヨツール:http://www.tokep.co.jp/jotul/
モルソー:http://www.shingu-shoko.co.jp/~stove/morso/index.html
バーモントキャスティングス:http://www.firesidestove.com/

Q高気密高断熱の住宅工法またはハウスメーカー

高気密高断熱住宅で性能の高い工法はどのようなものでしょうか?またどこのハウスメーカーのどのプランが性能が高いか教えてください。

Aベストアンサー

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ違っていたことを、よく覚えています。
それでも疑り深い私は、札幌のトステムの工場まで見学に行きましたが。
実際1年ほど勉強しましたから、建築の際にはプロの言っている事はほとんど理解できました。

スーパーシェルも近年「スーパーシェル2×6」に進化し、さらに性能がよくなったようです。
地元に認定工務店があるようでしたら、ご一考の価値はあると思います。

今でもモデルハウスはよく見学に行きますが、「(スーパーシェルは)高かったでしょう?」
と聞かれますが、実際は驚くほど安かったです。
完全2世帯住宅で床面積が広いこともありますが、単純に坪数で割ると
40万を切ってしまいました。
ビルダーさんの努力によるところ大なので、参考にはならないとは思いますが、
ハウスメーカーと比べて、決して高くはならないと思います。

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ...続きを読む

Q薪ストーブ

新築に薪ストーブを取り付け予定です。
広い敷地で分譲地ではありませんが、周辺にお宅がないわけではありません。

見渡すと、周辺に薪ストーブをしているお宅が4軒ほどあります。

薪ストーブをされている方にご質問です。

周囲への配慮をどのようにされておりますか?
おすすめメーカーなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
あと、薪置き場も重要ですね。
雨があたらず、風通しはよく、日当たりもよく、家の中から直接いける場所が理想です。
広さは焚き方にもよりますが一冬で4畳半は必要とも言われています。
広ければ広いなりに、翌年以降の薪の乾燥にも使えるので、無理のない範囲でなるべく広くしておいたほうがいいでしょう。
薪割りスペースも一緒に確保できるとベストですね。

Q木造在来工法での高気密高断熱住宅の建築は可能か?

設計がしっかりしていれば、木造在来工法で高気密・高断熱で結露しない住宅の建築は可能でしょうか?

木造の高気密・高断熱で結露を防ぐには外張り断熱しかないのでしょうか?

木造だと経年変化による気密性、断熱性の低下が大きいと読んだことがあるのですがいかがだでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設計よりも施工の精度ではないでしょうか。
私は建築界にゼネコン・設計事務所・大学教員として40余年携わりました。
私は13年前、木造軸組の在来工法(基礎は布基礎)で自宅を建てました。
近年、高気密・高断熱と称される建物になっていると思います。
外壁は外断熱・屋根も外断熱で棟部分に通気金物を付けています(大建工業仕様)。
内部の仕上げ下地は石膏ボード(12ミリ+9ミリ)二枚重ねなどで、柱の間など断熱材などの隙間埋めは標準仕様です。
床に就いてもフローリングは杢板(15ミリ)・捨て床・杉板(18ミリ)で、必要に応じて遮音板(12ミリ)を挿入しました。
但し、地域は九州で窓は二重ガラスの必要性は認めませんでしたので、熱線吸収ガラス(5ミリ)を入れただけです。今にして思えば複層ガラスがベターだったかとも。
経年変化は、外部塗装に見られますが、軸組等基本的部分には見られません。2年前の福岡県西方沖地震で震度:6弱の揺れを体験しましたが、建物・敷地には何の異常も見られませんでした。
要するに、施工業者の資質が大きいと思います。
拙宅の施工者は忠実に設計の趣旨を理解して、施工してくれました。
こんな業者は少ないように見聞します。

設計よりも施工の精度ではないでしょうか。
私は建築界にゼネコン・設計事務所・大学教員として40余年携わりました。
私は13年前、木造軸組の在来工法(基礎は布基礎)で自宅を建てました。
近年、高気密・高断熱と称される建物になっていると思います。
外壁は外断熱・屋根も外断熱で棟部分に通気金物を付けています(大建工業仕様)。
内部の仕上げ下地は石膏ボード(12ミリ+9ミリ)二枚重ねなどで、柱の間など断熱材などの隙間埋めは標準仕様です。
床に就いてもフローリングは杢板(15ミリ)・捨て床・...続きを読む

Q長野県上田市で薪ストーブを使用されている方

長野県上田市で薪ストーブを使用されている方いますか?
薪ストーブの設置を考えているのですが、薪の入手をどのようにされていますでしょうか?
分かる範囲で教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 いいですね、薪ストーブの暖かさや温もりは最高です。燃えて揺らいでいる炎を見ていると安らぎます。前に座ると他に動けなくなってしまいます。

 薪材の手配は、薪ストーブを何のために設置してどのように使用されるのかによるものと思われます。これによって薪材の手配などが大きく左右されるからです。上田市と言いましても、結構広くて地勢も平地から山間部まであります。市街地・郊外それとも別荘地帯なのでしょうか?また、主暖房・副暖房・趣味でのご使用をお考えなのでしょうか?煙が出たり薪材を燃やしたその特有の臭いはかなり離れていても風向きによっては遠くまで届きます。

 私は、東信州の別荘で田舎暮らしなどを楽しんでいます。年間4か月はここで生活しています。薪ストーブは6~8月以外は使っています。冬季は温風暖房機2台と合わせての使用ですから外は氷点下であろうと家の中は室温20度と快適です。

 薪材は林野組合から6Tトラックで買い付けました。(結構な値段でしたよ。)これで5~6年はもちますが・・・。玉切りにするだけで家内と丸4日間かかりました。これに加えて敷地の立木を日当たりを考えながら伐採したり近隣の造園業者から廃木(生木)をもらって運搬したりとそれはたいへんでした。車を運転していても薪材になりそうなものが目につくと興味が移ってしまいます。でも、これが楽しいのです。田舎暮らしは楽しい反面、結構忙しくてたいへんです。

 薪材はドングリの仲間(クヌギ・ミズナラ・クリ・カシなど)や広葉樹が最適です。キリ・シラカバなどは柔らかくて火持ちしません。カラマツ・アカマツなど針葉樹は脂が多く出るので日中に他のものと一緒に燃やします。趣味での使用なら製材所などからの端材でまかなえるでしょう。

 薪ストーブの設置をお考えなら、老婆心ながら次のことをお勧めします。それは、ストーブの専門店(HMは不適)での相談(パンフレットの収集だけでも効果的)や実際に薪ストーブを使用している家主から話を聞いてみることです。設置に当たっては、薪ストーブの置き場所・煙突の回し方・屋根と煙突の位置関係・地勢と風向きなどによって燃え方が左右されます。もちろん、有効な薪材の判別や燃やし方などは多少の慣れが必要でしょう。

 薪ストーブのある空間・生活を楽しんでみてください。

 いいですね、薪ストーブの暖かさや温もりは最高です。燃えて揺らいでいる炎を見ていると安らぎます。前に座ると他に動けなくなってしまいます。

 薪材の手配は、薪ストーブを何のために設置してどのように使用されるのかによるものと思われます。これによって薪材の手配などが大きく左右されるからです。上田市と言いましても、結構広くて地勢も平地から山間部まであります。市街地・郊外それとも別荘地帯なのでしょうか?また、主暖房・副暖房・趣味でのご使用をお考えなのでしょうか?煙が出たり薪材を燃...続きを読む

Q高気密高断熱住宅なのに寒いのです。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上がると言うことなのです。そんな恐ろしい事はできません。お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。今の時期はかめ虫も家の中に入って来てます。これって隙間があると言う証拠ですよね?吹雪の時はカーテンがゆらゆら風に揺れてました。この冬は大雪との事・・。今から灯油代の事が心配です。もしかして欠陥住宅なのでしょうか?世の中の高気密高断熱住宅にお住まいの方、お宅もそうですか?その位は当たり前なのでしょうか?!!暖かい家を夢みてたのにとても残念です。冬が来るのが怖いです。もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか教えてください。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上が...続きを読む

Aベストアンサー

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられます。
(冷輻射を感じない、天井と床の温度差が無いなど、色々理由はありますが省略します)
高断熱高気密住宅で20度であれば、「別に大丈夫だけどチョッと寒いかな」という感じです。

脱衣室が13度‥‥‥ セントラルヒーティングでありながらこの温度というのは、高断熱高気密住宅においては考えられません。

灯油代が一月に4万円‥‥‥ 信じられません。

質問者さんのお宅は、明らかに高断熱高気密ではありません。
おそらく、北側の部屋の窓などが結露してませんか?


>もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか
ということですが、正直言って良い案が浮かびません。

以前、質問者さんと同じような状況の方が、その家の建築士と施工者を相手に訴えを起こした事がありました。
私は専門家としてその家の調査をしたのですが、高断熱高気密とはかけ離れた家でした。
しかし、高断熱高気密住宅にして欲しいという要望は、契約書やその他書面として示されてはいなかったので、
建築士と施工者に「そんな希望は聞いてない」と突っぱねられ、勝ち目はありません。

断熱気密工事をやり直せばよいのでしょうが、現実的なことではありませんし、
せめて、灯油代の負担を少なくする方策として、
セントラルヒーティングを止め、普通の家のように、各部屋個別に暖房するしかないかも知れません。

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられ...続きを読む

Q薪ストーブの煙突は壁だしOK?

新築に太陽光をのせる関係で、本来屋根だしが理想的な薪ストーブの煙突を、我が家は壁だしにします。

壁だしにすることは、百害あって一利なしとよく聞きます。
その理由も知ってます。

薪ストーブを壁だしにしている方、もしくは、詳しい方、壁だしにするわずかなメリットがもし!ございましたら教えてください。

一利なしなんでしょうが、何か専門の方もしくは、実際薪ストーブをされている方ならお分かりかなと、質問させていただきます。

あと、ペレっトストーブの良さや、薪ストーブに比べて維持費はどうなのか、こちらもあわせて、ご教示いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

壁からの煙突も良くありますし、北欧などでは集合住宅では各階のパイプスペース付近のダクトスペースに接続する場合もありますのでどちらでも可能と思います。

しかし、薪ストーブか太陽光発電のどちらかを止める方が良いと思います。

煙突とパネルの距離が相当開いていれば良いですが、そうでなければパネル面に煤が着いて行き発電能力が落ちてしまう可能性が有ります。

表面はガラスのようですから雨で流れますが、煤は意外と多く出ますし蓄積して行きます。

屋根に上がって発電パネルを清掃するのも素人では危険です。

又近所のお家とある程度の距離が無いと煙と臭いでも近所迷惑になる事も配慮が必要です。

煙突はパネルを止めて屋根面でなるべく高くするなどの考慮が必要かもしれません。

その場合の煙突掃除が可能かどうかの検討も必要です。

状況によりますから、専門の方に見て頂いてアドバイスをお願いする方が良いと思います。

Q高気密高断熱住宅は根太レス工法が適してますか?

高気密高断熱住宅は根太レス工法が適してますか?

タイトル通りですが、高気密高断熱住宅は根太レス工法が
適してますか?そうだとすれば、その理由を教えて下さい。

また、一般的に根太レス工法と従来からある根太工法どちらが
どの程度普及してますか?

また、根太レス工法の材料費と工事費は、根太工法の何割増に
なりますか?

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。

>高気密高断熱住宅は根太レス工法が適してますか?
一概に優れているとは言えません。
高気密高断熱住宅の施工で一番大事な部分は、断熱材の充填もありますが、室内側に張る防湿層フィルムの施工が最も重要となります。
特に床や梁部分の施工に注意が必要です。
この部分の施工をおろそかにすると、内部結露の原因に成る場合があります。
確りと施工する事が重要と言う事です。
断熱施工知識と技術の確りとした業者なら問題ありませんが、そうでない業者の場合はお勧めではません。

>一般的に根太レス工法と従来からある根太工法どちらがどの程度普及してますか?
根太レス工法は、一般的に多くなってきたのは10年前からです。
施工割合としては、従来からある根太工法がまだ多いでしょうね。
在来軸組工法における根太レス工法は、3~4割くらいでしょう。

>根太レス工法の材料費と工事費は、根太工法の何割増になりますか?
概算で申し上げますと、大工工賃で建坪当たり0.25人工の節減となります。
例として建坪が30坪の場合
大工工賃18,000円/坪なら
30×0.25×18,000=135,000円の節減となります。

根太レス工法は、在来の剛床工法から改良された工法で、必然的に剛床構造となります。
建物の構造耐力としては、水平力に対しての建物の変形に強い構造体となります。
従いまして地震時における建物の耐力は、一般的な在来工法の建物より丈夫に造る事が出来ると言う事です。
一長一短がありますので良く吟味して決めるようにしましょう。

ご参考まで

北国の設計屋さんです。

>高気密高断熱住宅は根太レス工法が適してますか?
一概に優れているとは言えません。
高気密高断熱住宅の施工で一番大事な部分は、断熱材の充填もありますが、室内側に張る防湿層フィルムの施工が最も重要となります。
特に床や梁部分の施工に注意が必要です。
この部分の施工をおろそかにすると、内部結露の原因に成る場合があります。
確りと施工する事が重要と言う事です。
断熱施工知識と技術の確りとした業者なら問題ありませんが、そうでない業者の場合はお勧めではません。

>...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報